る ぅ ころ 写真。 大衆酒場 鶏だし煮込み とりころ(地図/写真/久喜・加須/居酒屋)

プリント写真・フィルム写真のデジタルデータ化は、あのころ写真館にお任せ下さい

る ぅ ころ 写真

「おのころ島」を漢字で書くと• 写真:粒あんこ 手水舎 おのころ島は漢字で書くと「自凝島」と書きます。 先ほどの、おのころ島が出来たお話の中に、「 自ずと 凝り固まって 島となりました。 」との内容と合わせて、 自凝島となり、日本神話では「国生みの地」と言われる場所となったそうです。 意味を知ると、とても面白く、さらにおのころ島神社に興味が湧いてきますね! 「縁を結ぶ」強力な神様が祀られている• 写真:粒あんこ おのころ島神社正面 おのころ島神社の御祭神は伊弉諾命と伊弉冉命です。 この二神だけでも、ご縁のパワーを貰えそうですが、さらに!合わせて祀られているのが、「菊理媛命(キクリヒメノミコト)」です。 この菊理媛命は伊弉諾命・伊弉冉命が喧嘩をした時、仲を取り持った事から縁結びの神様と言われています。 この三神が祀られているため、 強力な縁結びのパワースポットとして人気があります。 神が「夫婦」の道を開かれた鶺鴒石で縁結び! 縁結びの起源• 写真:粒あんこ 鶺鴒石 伊弉諾命・伊弉冉命は、このおのころ島で、石の上で鶺鴒(セキレイ)の夫婦が契りを交わすのを見て、 日本で初めて夫婦となった神様です。 知れば知るほど、縁結びのご利益がある理由が分かってきますね。 鶺鴒石へのお祈り方法• 写真:粒あんこ 鶺鴒石への願い方法 【新しい出会いを授かりたい方】 まず「白い縄」のみを握り、続いて「赤い縄」のみを握り、その後、思いを込め祈ります。 おのころ島神社のみどころ おのころ島神社正殿• 写真:粒あんこ 正殿 鳥居を入って正面の社が本殿です。 おのころ島神社の正殿は、伊勢神宮の建物と同じ造りで建てられています。 こちらで結婚式を挙げる事もできるそうですよ。 御神木• 写真:粒あんこ 御神木 正殿左にある、小さな社。 この中に夫婦松(こえ松)の御神木があります。

次の

大衆酒場 鶏だし煮込み とりころ(地図/写真/久喜・加須/居酒屋)

る ぅ ころ 写真

電子データ化すれば、退色や黄ばみ等の劣化の心配は有りません。 電子データを入れた記録メディアそのものがしっかりしていれば寿命は永久と言ってよい程です。 今のままの状態で永遠に保存できるのです。 プリント写真だけでなく、手書きのイラストや文字も画像として電子データ化出来るので、大切な人から頂いた手紙、自慢の賞状やお子様の書いた絵などの保存にも使えます。 電子データ化することによって• 山積みのアルバム・写真もパソコンで管理が楽チン。 撮影した写真が何百枚もあってもパソコンで楽に管理ができます。 ネガの保管、アルバムの管理や場所で困る心配がありません。 パソコンや携帯電話の電子メールで遠くの人にも写真を手軽に送る事が出来ます。 画像を電子メールで送れば遠くに住む家族や友達に写真を見てもらえます。 自由に加工できるのは電子データならではのメリット。 画像合成等にも挑戦してみませんか。 自宅のプリンターで焼き増し印刷したり、写真店のプリントサービスも利用出来ます。

次の

NORIころこのブログ

る ぅ ころ 写真

雨にあたらないよう屋内に吊るされる干し柿 干し柿に用いられる柿は、そのままでは食べられない渋柿であり、乾燥させることにより、渋柿の可溶性の(カキタンニン、シブオール)が不溶性に変わって(渋抜きがされて)渋味がなくなり、甘味が強く感じられるようになる (その甘さはの約1. 5倍とも言われる)。 乾燥させずに生食される甘柿とは風味やが大幅に異なるため、甘柿が苦手でも干し柿は平気で食べる人もいるし、逆に甘柿が好きでも干し柿が苦手な人もいる。 甘柿は渋柿と違って渋抜きをせずに食べられるが、そのものは渋柿のほうがはるかに高いため、甘柿を干し柿にしても渋柿ほどには甘くならない。 表面に白い粉が付着していることが多いが、これは柿の実のが化したものである。 主に、、、からなる。 日本ではかつてこれを集めて砂糖の代用とし、中国ではこれを「柿霜」(しそう)と呼んでとした。 材料 [ ] 干し柿に使う渋柿は、乾燥しやすいよう、果実が小型のが用いられることが多い。 渋柿の主な品種として、日本では、((伊那盆地)産)や(原産)、(原産)、三社柿(富山県 (旧、旧))、などが挙げられる。 中国大陸ではの「水柿」、の曹州「鏡面柿」、の「牛心柿」、「尖柿」などが挙げられる。 台湾ではの四角に近い形の「石柿子」が挙げられる。 製法 [ ] 甲州百目の干し柿作り 日本では、へたに柄と枝の一部の付いた柿の実の果皮を剥き、枝と柄のT字型の部分を紐で結ぶ。 このT字型の部分をに喩えて「撞木」(しゅもく)と呼ぶ。 1本の紐に数個から十数個の皮を剥いた柿を結んで「連」となし、を避け、通風をよくするために、柿を結んだ紐を家の軒先などのの下に吊るして、乾燥させる。 乾燥は、天気の安定した時期に行う。 乾燥の開始から、十日前後で表面が乾いてくる。 この時に、実をつまみ揉むことで、干し柿の味が違ってくる。 さらに十日ほど乾燥させれば、完成する。 この製法から、「吊るし柿」(つるしがき)とも呼ばれる。 撞木を結ぶ紐は最近では製が主流であるが、元来はの葉、の実の外皮、などを使用した。 完全に乾燥させずに、水分を十分に残して果肉がまだ柔らかい状態でも、渋味がなくなるため、この状態で食べる場合もある。 その場合は乾燥させた干し柿と熟した柿の中間的な風味・食感となる。 ただしこの状態ではが生えやすく、長期間の保存はできない。 そういった水分を残した干し柿を、で燻蒸してある程度保存が利くようにしたものを、という。 かつてはそのまま乾燥させたためが入っていて当たり前であったが、現在は種抜き後に乾燥させる種無しの干し柿もある。 や橋本市などでは小さい柿をに刺して干した串柿が作られており、のの飾りなどに用いられる。 の「」は状のものをいう。 皮をむく方法として、足踏みなどで動く回転式皮むき機がよく使われている。 この外、を加えたに浸してから、水酸化ナトリウム水溶液に2分ほど漬けて皮を溶かす方法も用いられている 乾燥は、一般的に「柿篩」と呼ばれる直径1mほどの粗い目の籠に、蔕が上になるように並べ、籠を竹などを組んで作った棚に置き、日干しにする。 約10日で蔕が落ち込むようにしなびるので、平らに押しつぶして、ひっくり返して干す。 約3日毎に同じように押してはひっくり返す作業を、表面が湿らなくなるまで3-4回繰り返す。 他に、紐で蔕を結んで吊す方法もあり、その場合も、途中で紐から外して平らになるように押して整形し、籠で日干しする事が多い。 ただし、日本への輸出向けに作られているものは、日本の乾し方に準ずる。 乾燥しすぎない状態で「起霜」と呼ばれる工程を行う。 に干した柿の皮を敷き、日干しした柿を2つずつ蔕側を合わせるようにして並べ入れ、上にまた柿の皮を敷き、順に何層もいっぱいになるまで詰めてふたをし、冷たい場所で保存すると、表面に霜が十分に出る。 霜が出た後、甕から取り出して少し日干しし、カビが出たり、霜が溶けてしまわないようにする。 保存や出荷には目の粗い籠を使い、さらに水分を減らしたり、粉をふかせたりする。 中国大陸の産地としては、(など)、、などの・が多いが、ではが産地として著名である。 台湾ではが多い新竹県の、、などが「柿餅」の産地としてよく知られているが、中国大陸部と同様に籠に並べて天日干しにする。 朝鮮半島 [ ] 朝鮮半島では「 곶감」(コッカム)と呼ぶ。 日本のように紐で軸をくくって吊し柿にすることが多いが、中国と同じく籠に並べて天日干しにするものもある。 また竹串にさす串柿も作られる。 には、干してから蔕を切り落として中の種を取り、揚げを入れた、または、干し柿を切り開いて揚げクルミを巻いた「 곶감쌈」(コッカムサム)と呼ばれるものもある。 また、、と合わせて湯で煎じ、「」( 수정과、水正果)と呼ばれるの一種として飲むことも行われる。 歴史 [ ] 季節の風物詩にもなっている吊るし柿 の頃より美濃地方の名産品になっており、が自領の名物としてに贈ったがある。 この際、フロイスはおそらく干し柿のことを知らず、干しの一種と誤解していた。 干しイチジクは、ヨーロッパでは一般的なドライフルーツである。 に開催されたに、のが出品されて銀杯を受賞、のでは金杯を受賞した。 栄養 [ ] 最も多い栄養成分はである。 水分が減っている分、高カロリーな食品となっている。 も豊富である。 他にとして、、も多い。 はが豊富で、生の大きい物ならば一個で一日に必要な量は補給できるが、ビタミンCは干し柿にすると無くなり、その代わりにが増える。 しかし、食べ過ぎるとの作用で分の吸収が妨げられるという悪影響があるので、一日に食べる量は1、2個がよいとされる。 他にも柿自体に防止作用があり、の時によく熟した甘柿を一つ食べると気分が良くなるとされている。 生薬 [ ] 中国では「柿餅」(しへい)はの一つにもなっており、『』、『』などに記載がある。 『本草綱目』は、粉を吹いた「白柿」の性質を「甘、平、渋、無毒」、粉の無い「烏柿」を「甘、温、無毒」としている。 主に、肺を潤し、止血、下痢止めの作用があるとされる。 また、表面の白い粉を「柿霜」(しそう)と称し、性質は「甘、涼」、喉を潤おし、清熱、を切る作用があるとされる。 柿霜は粉をで集め、鍋で熱して液状にしてから、型に入れて固め、生薬として流通させる。 なお、へたも「柿蒂」(してい、柿 蔕)と称し、性質は「苦渋、平」、ヒドロキシトリテルペン酸、ブドウ糖、タンニンなどを含み、煎じて飲むとやに効くとされる。 出典 [ ]• 農産物の上手な利用法 干し柿・作り方のアドバイス• 胡書琴、「優質柿餅制作技術」『農家科技』2011年第10期p49、2011年、農家科技雑志社、重慶• 鈴木眞哉 『』 PHP研究所、2009年、50—53頁。 江蘇新医学院編、「柿餅」『中薬大辞典』、pp1527-1528、1986年、上海科学技術出版社• 江蘇新医学院編、「柿 蔕」『中薬大辞典』、pp1528-1529、1986年、上海科学技術出版社 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 周辺の特産品•

次の