ひょう けん の 魔術 師。 魔術師

さいほう結晶装備の手順記録(1)~ローブ系~ │ 雪豹の記録保管庫

ひょう けん の 魔術 師

【モンスター効果】 1 :手札のこのカードのみがP召喚に成功した時に発動できる。 このカードの攻撃力は元々の攻撃力の倍になる。 2 :1ターンに1度、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターとフィールドのこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで除外する。 で登場した・の。 のにのを与える、自身のをの倍にする、自身を含むの2体をするを持つ。 1 のにより2800となるので、大抵のをできる。 しかし、この1枚のみかつからの場合と大きく制限されており、頻繁に扱えない点が大きな欠点となる。 の長所であるからのの際には機能しない上に、 2 のを使うと数値も元に戻ってしまう。 また、での展開からやに繋げれば、2800相当の戦力を確保するのは難しくない点も意識しておく必要がある。 一応、のを多く消費した終盤近くなら狙う余地はあるか。 いずれにせよ、 2 のとは噛み合わないため、こちらのはあくまで選択肢の一つとして考えたい。 2 のは1のみの。 厄介なのをこので取り除き、その間に別ので攻めるのが主な運用になるだろう。 一時的でしかないが、ではないためにを突破しやすく、やの再で繰り返し活用できる。 特にされるとが無くなるに使えば、実質的な封じとなる。 手軽に何度もできるから、ではソースとして有力である。 このはのにも使用できるため、だけでなくへの活用も可能となる。 のをすれば時にに配置できる。 も変えられるため、下方向以外にが伸びているであれば有効に扱える。 代表的なところでは、や、等を能動的にする事でをできる。 単発の完全なではない事によって毎繰り返しが使え、長い目で見てに繋げやすい。 を取るため、を選択して毎を出したりすることも可能。 他にも、のように防御面が脆いの避難、や等の回避、を一時的に空けて系統のを満たす事などができる。 また、をした場合、次のまで2体がを受け付けないため、の亜種ととらえることも可能。 戻ってきた2体に加え、そので新たに展開するものを含めての等を想定して動けば、選択肢を大きく広げることができる。 ただし、大抵の場合、までの間はを大きく空けることになるため、その点には注意したい。 で与えるには「それぞれ」という表現がない。 そのため、あるにがされた場合、その中は他のにされなくなる。 なお、などのを受けた場合は、全てのを一度に守ることができる。 1 のは、のこのと同時にからした場合はできない。 また、時のの枚数は問わず、からしたのがこののみであればできる。 要するに「を行った結果、から出したこの1枚だけが時にできる」となる。 2 のは、自身以外の1体をとしてする。 なお、にそのまたはこののどちらかがを離れていた場合、もう一方はされない。 に《刻剣の魔術師》がになっている場合は、《刻剣の魔術師》をし、で戻す。 「刻剣」という言葉は造語である。 で登場したの存在やピアノの鍵盤のような意匠の装飾を考えるに、「黒鍵」の捩りと思われる。 この装飾は「時」をモチーフとすると共通している。 「剣」は持っている武器を、「刻」という字は(の背景やアニメで初めてされた際の背景に時計の文字盤が演出されていることから)「時を刻む」という意味を当てての選択だろう。 ・からよりされる。 自身のでが倍になり、をしたが、返しのにのでしてされた。 後にと共にからされ、・と共にのとなった。 「遊矢vsカイト」戦ではと共にに置かれ、(アニメ)でのを倍にした。 アニメでのは、に置かれた際に終了時までにいる1体のを倍にするだった。 また、 2 のは自身のを封じるだった。 は別物になったが、は大幅に強化されている。 モンスター効果の 1 について Q: 1 のは、がこの1枚のみの状況でした時にのみできますか? それとも、の枚数にかかわらずからこの1体のみをした時にできますか? A: 1 のは、として上に出てきたのが、のこののみだった場合にできるとなります。 従って、が複数枚ある場合でも、の際にからこのだけをしたのであれば、する事ができます。 この場合、 1 のはできますか? A:はい、できます。

次の

遊戯王OCGカード考察:刻剣(こっけん)の魔術師

ひょう けん の 魔術 師

概要 [ ] 「根源」へ至ることを渇望し、そのための手段としてを用いる者。 なお、根源への興味がなく、他の目的のために魔術を扱う者は「魔術使い」と呼ばれる。 魔術師とは根源への挑戦者であり、あり得ない事に挑むことが魔術という学問の本質である。 しかし、根源への到達は一代程度の研究では不可能である。 代を重ねて研究を子に継がせ続け、より強い魔力を持つ子孫を作り、子孫もそれを繰り返す。 その道のりに果てはない。 仮に辿り着ける資質を持った子孫が現れても、最後にはが待っている。 魔術師が最初に習うことは、「オマエがこれから学ぶことは、全てが無駄なのだ」ということだという。 魔術師たちの日常は、その大半が「研究」で占められ、それ以外で魔術を用いるものは少数派である。 例えば魔術を使用して労働を行い、その代価として賃金を得ている魔術師は少ない。 研究対象ではなくツールとして魔術を使う者 は単なる「魔術使い」であり、魔術師からは軽蔑の視線を向けられる。 また、魔術師だからといって日常生活で魔術を使うものは少ない。 基本的に親から子へ一子相伝で自分たちの魔術と研究を受け継いでいくが、これは魔術刻印が複製できないことが大きな原因である。 選ばれた後継者一人だけがその家の全ての魔術を受け継ぐことになり、このような家を「魔術師の家系」と呼ぶ。 反対に後継者以外の子には親が魔術師であることすらも教えない。 ただ、魔術回路は必ず遺伝するわけではなく、魔術師が子を成せないということもあり得る。 その場合、魔術回路を持つ子供を養子にして家を存続させる。 ただ、魔術刻印は複製は無理でも株分けは可能であり、ある程度以上の規模を持つ魔術師一族の場合は自身の家系に問題があった場合のスペアや単純に人手を増やすためなどの理由で「分家」を作る事はある。 魔術の研究は己一人のものではなく、先祖が成した成果を魔術師は背負っている。 ゆえに、まっとうな魔術師にとって、子に「魔術師になんてなる必要はない」と言ったり、自らその血統を絶えさせるようなことをする者は、度し難い異端なのである。 なお、何代も続く古い家門を持ち、研究のための資金を維持し続けられる、という境遇の由緒正しい魔術師は、表の社会では貴族・富豪である場合が多い。 人間性に関しては一般的な価値観からかけ離れており、一般人の命には関心を持たず、目的のためなら、実験材料にすることも厭わない。 このように魔術師は特有の危うさを持っており、一言で言うのならば道徳が欠けている。 例外もいるが、一般人から見た魔術師は総じて人でなしであり、は「汚職に勤しむ悪徳政治家と大差ない」と評している。 属性 [ ] 魔術師個人が持つ、その魔術師がどのような特性の魔術と相性が良いか、どのような特性を持ちやすいかを定める要素。 時計塔では古代ギリシャの四大元素に、空と架空元素2つを加えた7つの属性を定めている。 通常は1人に1つの属性だが、なかには2つを兼ね備えた二重属性、さらには五大元素全てを兼ね備えた「アベレージ・ワン」の魔術師も存在する。 また五大元素は魔術の流派によって異なり、東洋の五行説が有名である。 起源が強く出る余り、通常の分類に収まらない例も存在する。 属性の判定方法に「聖別」があり、これは香を焚き、タロット占いらしきもの、性格診断の質問を通して属性を調べるが、五大元素以外は特定できない。 五大元素 【火】生命と死の象徴とされ、破壊的な魔術との相性は良い。 最も多いとされる属性。 「ノーマル」と呼ばれる。 【地】詳細不明。 【水】詳細不明。 間桐家が代々持つ属性。 【風】希少な属性。 「ノウブル」と呼ばれる。 蒼崎家の属性。 【空】上記の四大に新たに加わった、天体を構成する第五の元素。 エーテル。 【アベレージ・ワン】上記の五大元素全てを併せ持つ。 架空元素 【虚】魔術において、「ありえるが、物質界にないもの」。 虚数とも呼ばれる。 【無】魔術において、「ありえないが、物質化するもの」。 物理学や数学で用いられる「無」とは意味が異なる。 その他 【剣】が体内に「全て遠き理想郷」を埋め込んでいたことで変化した。 特性 [ ] 魔術の基本となる五大元素魔術は、五大元素を直接操るもの。 そこに「強化」、「投影」、「転換」といった特性を加えることで用途を広げる。 「強化」一つとっても、五大元素に応じて5種に分かれる。 火属性の強化であれば火の勢いが強まるし、水属性の強化なら水の勢いが強まる。 魔術が高度になると特性の方が表に出て、属性は傍目には分かりにくくなるが、それでもその根底には確かに属性が存在する。 代々の研究成果、刻印に遺された神秘により、家系ごとに専門とする特性がある。 但し属性と違って後天的に習得することも無茶ではない。 例として遠坂凛は遠坂家に伝わる「転換」の他に強化も使う。 衛宮士郎の「剣」と間桐桜の「虚数」は属性とも特性とも言われている。 属性一覧 [ ] 属性 該当者 備考 【火】 地と火の二重属性 ゲセルツ・トールマン 火と水の二重属性 火と風の二重属性 【地】 地と風と水の三重属性 地と火の二重属性 妖精郷を経たことで変質 地と風と水の三重属性 【水】 アシェアラ・ミストラス 地と風と水の三重属性 風と水の二重属性 火と水の二重属性 地と風と水の三重属性 【風】 地と風と水の三重属性 風と水の二重属性 火と風の二重属性 地と風と水の三重属性 【空】 【アベレージ・ワン】 【虚】 水属性から転向 ライノール・グシオン 【無】 魔術師一覧 [ ] 真性の魔術師ではない、単に魔術が使えるだけのもの、かつては魔術師であったモノも含む。 『冠位時間神殿 ソロモン』プロローグより。 17-22• 133• 「バルトメロイ・ローレライ」『Character material』p. 16 リンク [ ]•

次の

さいほう結晶装備の手順記録(1)~ローブ系~ │ 雪豹の記録保管庫

ひょう けん の 魔術 師

担当は【梱枝りこ先生】です。 素晴らしい表紙になっていますので、是非ご覧ください。 ・あらすじ アーノルド魔術学院。 そこは、世界中からあらゆる魔術師が集う世界最高峰の魔術学院。 魔術の真髄を極めようと、数多くの魔術師がその世界に足を踏み入れる。 そして、その学院にレイ=ホワイトもまた入学しようとしていた。 しかし彼は、学院始まって以来の一般家庭出身の魔術師。 魔術師の家系でもなければ、もちろん貴族ですらない。 そんな彼を周りの者は侮蔑し、見下した。 だが皆は知らなかった。 彼こそが、世界七大魔術師の中でも最強と謳われている【冰剣の魔術師】であることを。

次の