ペンキ ローラー。 【楽天市場】塗装用具類 > ローラー > ハンドル・継柄:ペイントジョイ楽天市場店

ペイントローラー 通販

ペンキ ローラー

DIYに欠かせない塗装作業。 塗る作業自体は楽しいですが、大変なのがあと片づけ。 道具を洗うと、洗い場もペンキだらけになって、掃除が大変だったり…。 そこで、ちょっとした工夫でそれらの苦労をちょっと軽減するアイデアをご紹介します。 2度塗り待ちの刷毛は冷蔵庫へ! via: 乾いてから2度塗りしたい時や、ペンキを塗っている途中にある程度の時間その場を離れなくてはならない時、刷毛をそのままにしておくと固まってしまうので、普通は一旦洗いますよね。 でも、食品保存用のジップ付きの袋に入れて冷蔵庫に入れておけば、乾燥してしまうことなく、次の出番までとっておけるんです。 刷毛を洗うたびに洗い場の掃除をしなければならないことを考えると、刷毛を洗う回数は少ないに越したことはありません。 ニオイ漏れ防止を強化するには、アルミホイルで包みましょう。 使う時は、常温に戻してから。 *油性塗料などの場合は、ニオイが漏れる可能性がありますのでご注意ください。 でも、毎回アルミホイルで覆ってその上にペンキを出せば、アルミホイルを処理するだけでOK!洗い場を経由することなく、何度でも使えます。 劣化防止にもなるので、より長く使えますよ。 マグネットは100円ショップのもので十分。 瞬間接着剤ではなく、多方向からの圧力に強い弾性接着剤で貼り付けると取れにくいです。 輪ゴム1本でペンキ缶を汚さない via: これは以前もご紹介していますが、刷毛に余分についたペンキをぬぐうのにペンキ缶のフチではなく、輪ゴムを使うアイデア。 ペンキ缶でぬぐうとフチが汚れてしまってフタが閉まりにくくなって残ったペンキの劣化を招いたり、フタについた塗料で手(手袋)や服を汚してしまう可能性も。 これなら輪ゴムを捨てればいいだけなので、最後までペンキ缶がきれいなまま、使い切れます。 ペンキ缶の溝に穴を開けて、拭き取る手間を軽減 via: via: 大きなペンキ缶の場合、使う分だけ別の容器に移す際、どうしてもフチの凹みにペンキがたまってしまいますよね。 ペンキのフチに数カ所、千枚通しとハンマーで穴を開けておくと、フチのペンキが勝手にそこから缶の中に落ちるので、拭き取る際にたくさんのペーパーや布を使わずに済みます。 小さな穴であれば急速に劣化することもありません。 長期保存する場合は、拭き取った後にダクトテープなどでふさいでおきましょう。 いかがでしたか?どれもちょっとしたことなので、すぐ実践できそうですね。 「ペンキ塗りは後が面倒だからな…」という方も、ちょっとした工夫で負担を減らしつつ、さらにDIYを楽しんでいただけたら幸いです。 その他のペイントにまつわる記事は。

次の

初心者のための塗装用ローラーの使い方講座

ペンキ ローラー

DIYに欠かせない塗装作業。 塗る作業自体は楽しいですが、大変なのがあと片づけ。 道具を洗うと、洗い場もペンキだらけになって、掃除が大変だったり…。 そこで、ちょっとした工夫でそれらの苦労をちょっと軽減するアイデアをご紹介します。 2度塗り待ちの刷毛は冷蔵庫へ! via: 乾いてから2度塗りしたい時や、ペンキを塗っている途中にある程度の時間その場を離れなくてはならない時、刷毛をそのままにしておくと固まってしまうので、普通は一旦洗いますよね。 でも、食品保存用のジップ付きの袋に入れて冷蔵庫に入れておけば、乾燥してしまうことなく、次の出番までとっておけるんです。 刷毛を洗うたびに洗い場の掃除をしなければならないことを考えると、刷毛を洗う回数は少ないに越したことはありません。 ニオイ漏れ防止を強化するには、アルミホイルで包みましょう。 使う時は、常温に戻してから。 *油性塗料などの場合は、ニオイが漏れる可能性がありますのでご注意ください。 でも、毎回アルミホイルで覆ってその上にペンキを出せば、アルミホイルを処理するだけでOK!洗い場を経由することなく、何度でも使えます。 劣化防止にもなるので、より長く使えますよ。 マグネットは100円ショップのもので十分。 瞬間接着剤ではなく、多方向からの圧力に強い弾性接着剤で貼り付けると取れにくいです。 輪ゴム1本でペンキ缶を汚さない via: これは以前もご紹介していますが、刷毛に余分についたペンキをぬぐうのにペンキ缶のフチではなく、輪ゴムを使うアイデア。 ペンキ缶でぬぐうとフチが汚れてしまってフタが閉まりにくくなって残ったペンキの劣化を招いたり、フタについた塗料で手(手袋)や服を汚してしまう可能性も。 これなら輪ゴムを捨てればいいだけなので、最後までペンキ缶がきれいなまま、使い切れます。 ペンキ缶の溝に穴を開けて、拭き取る手間を軽減 via: via: 大きなペンキ缶の場合、使う分だけ別の容器に移す際、どうしてもフチの凹みにペンキがたまってしまいますよね。 ペンキのフチに数カ所、千枚通しとハンマーで穴を開けておくと、フチのペンキが勝手にそこから缶の中に落ちるので、拭き取る際にたくさんのペーパーや布を使わずに済みます。 小さな穴であれば急速に劣化することもありません。 長期保存する場合は、拭き取った後にダクトテープなどでふさいでおきましょう。 いかがでしたか?どれもちょっとしたことなので、すぐ実践できそうですね。 「ペンキ塗りは後が面倒だからな…」という方も、ちょっとした工夫で負担を減らしつつ、さらにDIYを楽しんでいただけたら幸いです。 その他のペイントにまつわる記事は。

次の

初心者のための塗装用ローラーの使い方講座

ペンキ ローラー

セリアのペンキを動画で解説 使うペンキは「アースホワイト」色の水性塗料と刷毛、これらは全てセリアで購入可能です。 アースカラーは黄色味かかったアイボリーなので、ナチュラルな仕上がりになりそうな予感。 また水性塗料は水で薄めて、好きな濃さにすることが出来ます。 間違って手や服を汚してしまっても、固まる前にお湯ですすげばきれいに落とすことが可能。 さらに水性塗料はお湯で洗い流せばきれいに落ちるので、楽に片づけを行うことが出来ます。 今回はセリアの水性塗料を無印の棚に塗り、キッチンのホワイト化を目指すDIY。 棚の内側や底面などを塗る場合には、棚の向きを変えながら行うとペンキが塗りやすくなります。 そして一度塗りの後は約一時間半ほど乾燥させます。 ペンキを厚めに塗った場所も乾いたら、二度塗りに取り掛かります。 二度塗りすることで、塗りムラがなくなりきれいな仕上がりになるようです。 ナチュラル感を出したい場合はあえて塗りムラを残す方法もあるのですが、ムラなくペンキを塗りたい場合は2~4度ほど塗り重ねればOK。 コスパも良く、手軽に初心者でも使えるセリアのペンキ、DIYや家具のリメイクなどに使ってみてはいかがでしょうか。 セリアのペンキを使ったおすすめDIYアイデア それではここでセリアのペンキを使ったDIYアイデアを紹介していきます。 小引き出しをリメイク• オープンな棚をDIY• 自作のスピーカーを塗装• 木箱のリメイク• 引き出し全体をムラなく塗ったら、茶色のニスで汚し加工を施してビンテージ感を出しています。 引き出しの四隅部分を中心に、薄く付けたニスをポンポンと叩くようにして付けると自然な仕上がりに。 取っ手部分は塗る際には取り外しておいて、ペンキが乾いたら取り付ければ取っ手金具を汚すこともありません。 子供部屋にピッタリな明るい色で、飾り棚としても活躍しそうな仕上がりに。 こちらは夏休みの宿題で作った作品だそうで、セリアのペンキは取り扱いも容易なので子供でも使えます。 見た目もすっきりして、他の家具などとも調和がとれそうなDIYアイデア。 ニスはあえてムラを出すことで、より本物っぽく見える狙いもあります。 ツルツルとした空き缶は、あらかじめやすりかけやプライマーを吹き付けることでペンキの乗りが良くなります。 下地を塗ったらアクリル絵の具に砂を混ぜて、ザラザラした質感の仕上がりにしています。 セリアで買えるペンキローラーなどのアイテムをご紹介 セリアにはペンキだけでなく、それを塗るためのアイテムも充実しています。 液体のペンキを保持するのに適しており、スポンジを縦にすれば細く塗れ、横にすることで一度に広い面積を塗ることが出来ます。 またブライワックスなどの仕上げ材を塗るのにも便利です。 さらに塗りムラも防げると話題なので、刷毛の代わりに使ってみてはいかがでしょうか。 通常の刷毛が羊毛などの比較的柔らかい素材を使っているのに対して、ナイロン刷毛はある程度の固さや弾力があります。 そのためニスなどのドロリとした液体も毛先が曲がらずにきれいに塗ることが出来るのです。 しかし油性塗料にも使用できることから、万能の名がつけられました。 刷毛の素材は比較的柔らかい羊毛を使用しています。 毛の量が多いので、広い面世紀を塗るのに便利。 一方で抜け毛が多い場合や、油性塗料を使用する時には、一度使ったら洗って再利用は難しいので使い捨てと考えた方がよさそうです。 セリアの水性塗料ペンキ全7色をご紹介 それではここでセリアから販売されている水性塗料をご紹介します。 セリアでは随時新色が登場しているので、忘れずにチェックしましょう。 くすんだグリーンで、白が強めなので明るく見えます。 棚などのDIYの仕上げや小物のリメイクの他にも、このようなプラモデルの塗装にも適しています。 またペンキの匂いもほとんどないので、室内でも安心して使用できるのが特徴です。 何度か重ね塗りするとマットな質感を出せるほか、ニスやアンティークメディウムで汚し加工すると一層雰囲気が出ます。 さらにやすりであえてペンキを剥がすことで、使い古した感じを演出することも出来るので試してみてください。 取っ手部分もアイアンのアンティーク感のあるもので、ペンキの色ともよく合っているのではないでしょうか。 優しいアイボリー掛かった色合いで、キッチンや洗面所などのDIYで使用しても清潔感を出せそうです。 白木に塗る場合は、木目に沿って塗るときれいに仕上がります。 一度塗りではナチュラルな印象に、二~三度塗りでマットな印象へと変わります。 マットな質感で、プライマーをかけなくても塗料が剥がれることがありません。 またつやが無いので、フィギュアのボディを塗るのにもぴったり。 もちろん100均ということで、コスパも最高なのは言うまでもありません。 ウォールナットのような濃い木材のイメージを出すのにぴったりの色合いです。 セリアではこのように随時新色が発売されるので、こまめにお店をチェックしたいですね。 明るいグレーで、シルバーなどの金属っぽく見せたり、重ね塗りにも活躍しそうです。 樹脂やガラスなどツルツルとした面に塗装する場合は、紙やすりでこすってザラザラにするか、プライマーと呼ばれる下地材をスプレーして塗料が付着しやすくする必要があります。 またホームセンターなどではコーティング剤の取り扱いがあるので、水に塗れる場合や屋外で使用する場合はあらかじめコーティングしておいた方が良いでしょう。 ペンキと合わせて使いたい!セリアの仕上げ剤をご紹介 ペンキを塗った後にさらにもう一工夫すると、作品がもっと魅力的になります。 こちらは学校の黒板のようなグリーンが特徴。 特にDIY女子にも人気で、工夫次第で様々な使い方が出来そうです。 木の板に塗って小さい黒板のように仕上げたり、ドア全体に塗って黒板風に仕上げたりすることも。 塗料を塗るだけでカフェにあるような黒板になり、メニューを書いたり買い物リストを書き出したりと用途もたくさんあります。 お家をおしゃれなカフェ風にしたい方は使ってみてください。 またセリアにはチョークや小さい黒板消しの取り扱いもあります。 黒板塗料と併せて使えば、カフェ風看板もより本格的になりそうです。 撥水性がアップして、表面をコーティングしてくれます。 何度か塗り重ねることでその効果もアップすることが出来るつやだしニスは、透明なので元々の色や、ペンキで塗った表面をそのままの色で保護してくれます。 ライトオーク• メープル• ウォールナット 元々は木目を生かすためと、撥水性を高めるために塗ります。 何度か重ね塗りすることで、色も付き表面を保護する働きも強くなるようです。 最近ではこのニスを使って、塗装の仕上げとして汚し加工やアンティーク加工を行うことが多いようです。 使用方法としては適量のニスを刷毛で落とし、手や乾いた布などでトントンと叩くように色を付けていくだけ。 古びた感じになり味のある仕上がりになります。 ペンキの代用に最適なセリアのアクリルカラー6選 セリアにはペンキの代わりにもなる、アクリルカラーの取り扱いがあります。 コーラルレッド• クリームイエロー• アクアグリーン• また水に溶かすことで、油絵のように重ね塗りをすることが出来るのも魅力の一つです。 小物や趣味の物への着色の他、ネイルアートなどに使ったりする方もいるようです。 早く乾き、発色も良いので学校の上履きなどの布製品にも着色が出来ます。 またUVレジンの着色も可能で、ピアスなどのアクセサリー作りに使うことも可能です。 セリアのアクリルカラーは水性塗料などよりも色のバリエーションが豊富なので、混ぜ合わせることで自分好みの色を出せると人気です。 黒は汎用性が高いので、リメイクやDIYをするなら持っていても良さそうです。 また水性塗料で色を塗った後にアンティーク加工をしたり、新品の金属にサビが付いたように見せることも可能です。 また木材などに白いアクリル絵の具を塗り、やすり掛けを施すことでわざと古びた感じを出すことも出来ます。 白木のフォトフレームに塗れば、ゴージャスに変身させることも出来ます。 また何気ない雑貨も金や銀に塗り、ちょっぴりアンティーク加工をするだけでぐっと高級感のある見た目に変身。 クラシカルでゴージャスなインテリアにあこがれている方は、セリアのアクリルカラーでリメイクしてみてはいかがですか。 プライマーとは塗装面に使う下地材のこと。 プラスチックやガラスなど表面がツルツルした素材はペンキを塗っても弾いてしまい、うまく色が乗らない場合があります。 通常はやすり掛けなどを行い、表面をザラザラにすることで塗料の乗りをよくするのですが、このプライマーを使っても同様の効果が得られます。 またアルミやステンレスの他、クロムメッキなどの金属製品にも使えます。 耐水性や耐食性に優れ、耐薬品性もあるので特殊な塗料を塗っても大丈夫。 使い方は通常のスプレーと同様に良く振ってから使用して下さい。 また匂いが結構強いので、屋外の風上で使用するようにして下さい。 スプレーボタンを押しながら移動させていくと、まんべんなく表面にプライマーが付きます。 そのまま完全に乾いたらペンキなどを塗っていきましょう。

次の