あと 施工 アンカー と は。 あと施工アンカーのサンコーテクノ| 製品情報

建築:「あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針」について

あと 施工 アンカー と は

建築物の耐震改修で用いられるアンカーのことです。 今回は、あと施工アンカーについて説明します。 あと施工アンカーには、接着系アンカーと金属系アンカーがあります。 詳細は下記が参考になります。 なお、新築の建物に使うアンカーボルトは下記が参考になります。 あと施工アンカーってなに? 下図をみてください。 これは、あと施工アンカーの1つで、接着系アンカーの断面図を示しています。 このように、あと施工アンカーは、既存鉄筋コンクリート造の躯体にあらかじめ孔を空け、そこに接合するアンカー筋およびアンカー筋を埋め込む工法のことです。 あと施工アンカーの名前の由来は、「後で施工するアンカー」のことです。 「後で」とは、「建物ができあがった後で」という意味です。 後述する理由より、新築であと施工アンカーは使えません。 あと施工アンカーの種類 あと施工アンカーは、大まかに下記の2種類あります。 金属系アンカー• 接着系アンカー それぞれに特徴がありますが、接合方法に安定性のある接着系アンカーが一般的に用いられています。 金属系アンカー アンカーと既存鉄筋コンクリート躯体を、機械的に接合する方法です。 詳細は、下記の記事が参考になります。 接着系アンカー アンカーと既存鉄筋コンクリート躯体を、接着剤による接合する方法です。 詳細は、下記の記事が参考になります。 あと施工アンカーの分類 さらに詳細に分類すると、下図のように多くの種類があります。 あと施工アンカーは新築では使用不可 あと施工アンカーの使用は、新築物件には使用できません。 新築建物は、建築基準法により接合方法が規定されています。 主要な接合部は、高力ボルトやリベット、溶接のみ使えます。 また、あと施工アンカーは許容応力度や材料強度が建築基準法で規定されていません。 よって許容応力度計算が出来ないことを意味し、使用できないのです。 一方、耐震補強(改修)は建築基準法に縛られるわけではなく、「耐震改修促進法」という別の法律で設計法が示されています。 そちらの規準では、既存建物に対してあと施工アンカーの使用が認められています。 まとめ 今回は、あと施工アンカーについて説明しました。 あと施工アンカーの意味や使い方が理解頂けたと思います。 下記も併せて学習しましょう。

次の

あと施工アンカー引張試験|あと施工アンカーのトラスト

あと 施工 アンカー と は

ただし、あと施工アンカーの選択、母材の判断を伴うもの等は対象外とする。 M12以下 D13以下 特2種あと施工アンカー施工士 ねじ径22mm以下(異形棒鋼はD22以下)のあと施工アンカーを、決められた施工計画により、通常の用法に従って、適切に施工できる技術能力を有する。 ただし、あと施工アンカーの選択、母材の判断を伴うもの等は対象外とする。 M22以下 D22以下 第1種あと施工アンカー施工士 決められた施工計画により、あと施工アンカー工事を適切に施工できる技術および施工管理能力を有する。 また、あと施工アンカーの耐力試験結果に関する評価、あと施工アンカーの選択、母材の判断を伴うもの等の技術能力を有する。 第2種あと施工アンカー施工士または特2種あと施工アンカー施 工士の資格登録経験者であり、より太いねじ径のあと施工アンカーが可能である。 制限なし あと施工アンカー技術管理士 工事現場におけるあと施工アンカー工事を適正に実施するため、当該工事の施工計画および施工図の作成、工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工管理を適確に行うために必要な技術能力(あと施工アンカーの耐力試験結果に関する評価を含む)を有する。 第1種あと施工アンカー施工士の資格登録者、協会の指定する学歴ごとに定められた実務経験年数を経た者、協会の指定する技術資格保有者、または定められた年数以上の実務経験者である。 施工は できません あと施工アンカー主任技士 第1種あと施工アンカー施工士とあと施工アンカー技術管理士の両資格の技術的能力を有する。 本資格は、第1種あと施工アンカー施工士とあと施工アンカー技術管理士の資格を有するものである。 また、あと施工アンカー技術管理士は「技管」、あと施工アンカー主任技士は「主任」または「主任技士」と表示する場合がある。 資格の登録• 登録申請の期限 資格試験合格者は、筆記試験に合格した日の属する年度の翌々年度の9月30日までに資格の申請を行うことにより資格の称号が付与され、あと施工アンカー技術者認定資格登録証が交付されます。 期限までに登録申請を行わない場合は、登録する資格が抹消され再度受験しなければなりません。 資格の有効期限 資格登録を行うことにより、試験に合格した日から5年を経過した日の属する年度の3月31日までの有効期限となります。 但し、第1種実技試験(春)の合格者は、同試験の対象となる実技試験(秋)と同年度の合格とみなします。 資格の更新(5年後)• 技術者認定資格登録は、認定資格登録証に記載の有効期限までに協会の実施する資格に対応した更新講習の受講を要します。 申込時、受講料と更新登録料をあわせてお支払いいただき、受講日当日、更新講習終了後、更新された登録証をお渡しします。 資格取得の流れ はじめて受講・受験の申込をされるかたは、マイページを作成しユーザーIDを取得してください 個人情報を登録してください。 (受験申込時や更新講習申込時、顔写真や受験資格になる証明書などをアップロードします) ユーザ登録について• ユーザ登録=「JCAA会員」扱いではございません。 会員とは、JCAAの目的に賛同して入会した団体又は個人で、入会金及び年会費を納付頂きました正会員、また、JCAAを賛助するため入会した団体または個人で年会費を納付頂きました賛助会員、他、技術者会員、特別会員の方をさします。 資格試験合格者について• 資格試験合格者は、期限までに登録申請を行わない場合は、登録する資格が抹消され再度受験しなければなりません。 マイページについて• マイページの登録情報は最新にしてください。 マイページにおいて登録された情報において、各種ご連絡・通知等をいたしますので、登録内容は最新にしておく必要があります。 自宅住所や会社情報、メールアドレスが変更になった場合は、ご自身で登録情報を最新に修正してください。 最新情報に変更せず更新対象時にJCAA事務局と連絡をとれる手段がなくなり、資格の更新ができず資格が失効してしまった場合は、自己責任となります。 資格保有には受験からしていただくことになります。 各種通知は、ご登録いただいたメールアドレスにメールを送信いたします。 メールはプロバイダの設定で自動により迷惑メールフォルダに振り分けられる場合がございます。 メールが届かず、受講・受験できなかった場合、返金等はできません。 ご注意ください。 施工者の資格と管理者の資格について 第2種施工士登録者が、特2種施工士や第1種施工士の上位資格の受験をし合格され資格を登録申請した場合、資格は上位資格に統合されていきます。 登録証は1枚で表示され、現在保有している資格の有効期限欄に有効期限が表示され、下位資格の有効期限欄には「上位資格取得」と表示されます。 よって、資格更新時は、登録証に有効期限の表示されている上位資格の更新をしていきます。 第1種施工士と技術管理士を合格し、あとに取得した資格登録申請時、「主任技士」登録となります。 その際、主任技士の有効期限は、第1種施工士の有効期限に準じます。 あとに取得した資格の有効期限とは限りませんのでご注意ください。 また、施工者の資格である第2種施工士または特2種施工士と、管理者の資格である技術管理士の資格を登録された場合、上位資格とはならず2資格保有となります。

次の

資格認定制度‐JCAA 日本建築あと施工アンカー協会

あと 施工 アンカー と は

あと施工アンカーとはコンクリートに何かを固定する(取り付ける)コンクリート用のねじや釘のようなものです。 それを施工・管理するための資格があと施工アンカー施工士・ あと施工アンカー技術管理士です。 ただし,あと施工アンカーの選択,母材の判断を伴うもの等は対象外となる。 ねじ径20mm以下(異形棒鋼はD19以下)のあと施工ア ンカーを,決められた施工計画により,通常の用法に従 って,適切に施工できる技術能力を有する。 ただし,あ と施工アンカーの選択,母材の判断を伴うもの等は対象外とする。 また,あと施工アンカーの耐力試験結果に関する評価,あと施工アンカーの選択,母材の判断を伴うもの等の技術能力を有する。 最終学歴に応じた必要実務経験年数 大学(新/旧大学・高専専攻科)指定学科卒業(注2)、必要実務経験年数:1年以上(注3) 大学(新/旧大学・高専専攻科)その他学科卒業、必要実務経験年数:1年6か月以上(注3) 短期大学・高専(旧制専門学校含む)指定学科卒業(注2)、必要実務経験年数:2年以上(注3) 短期大学・高専(旧制専門学校含む)その他学科卒業(注2)、必要実務経験年数:3年以上(注3) 高等学校(専修学校・各種学校含む)指定学科卒業(注2)、必要実務経験年数:3年以上(注3) 高等学校(専修学校・各種学校含む)その他学科卒業、必要実務経験年数:4年6か月以上(注3) B. 実務経験者(必要実務経験年数:8年以上 (注3) (実務経験8年以上の方は、学歴・保有資格に関係なく受験可能) C. 指定技術資格保有者(注4) D. 第1種あと施工アンカー施工士の資格登録者 注1:実技試験(春)とは、秋の実技試験が不合格でも、筆記試験を免除され、翌春実技試験に再受験できる制度のことです。 但しこの実技試験(春)の合格者は、一般技術講習(初級)の受講が義務付けられています。 これは、あと施工アンカーの基礎知識再履修が重要との判断から決定をしています。 注3: 「必要実務経験年数」とは「建設業法に定める建設工事」の管理に関する業務に就いた年数のことです。 注4: 指定技術資格保有者とは、建築業法に記載1・2級建築士、監理技術者、主任技術者、施工管理技士などの資格のことです。 詳細は受験のご案内をご参照下さい。 注5: 合格者受験番号は、協会ホームページでこの日程より数日先行して掲載します。 合否通知は取纏担当者様へ直接郵送します。 anchor-jcaa.

次の