白菜 炒め。 白菜と豚バラのキムチ炒めのレシピ・作り方

おいしい肉野菜炒めのレシピ/作り方:白ごはん.com

白菜 炒め

プロの技を伝授!材料を炒める順番や火加減などのコツが分かります 野菜炒めにありがちな失敗は、水っぽくなってしまったり、べたべたになってしまったり、肉が硬くなってしまったりすること。 でも、プロの野菜炒めはシャキシャキ食感で肉はやわらかく、味もしっかりついています。 プロのレシピからさまざまなテクニックを教えてもらいましょう。 こうすることで肉も固くなりません。 火が通りにくいにんじんは水を加えて炒めるなど、小さなポイントを丁寧におさえていくと美味しく作ることができます。 弱めの火でゆっくり炒め、最後に味つけをすることで野菜から水分が出るのを防ぎます。 卵は先に炒めて取り出しておき、肉と野菜を炒めた後に加えることでふんわり仕上がります。 味つけでこんなに変わる!野菜炒めの調味料バリエーション どんな調味料を使うかで大きく変わる野菜炒めの味つけ。 さっぱり味から濃厚な味まで、同じ材料でも全く違う味を楽しめます。 その秘密は醤油と同量のオイスターソースに加え、ゼラチンを使うことです。 スパイシーにしたい時は、最後にブラックペッパーとレッドペッパーを多めにふります。 中華風の味付けで作ったあんが八宝菜風の炒め物です。 冷蔵庫の半端に残った野菜で作りましょう。 具材もトマトやきゅうりでさっぱりと食べられます。 少し濃い味がお好みの方は鶏がらスープの素を入れても。

次の

白菜と豚肉の中華風炒め

白菜 炒め

栄養価(100g中)• カロリー:約 144Kcal• 脂肪分:約 12g• 白菜の葉=4枚• チンゲン菜=1株• 生シイタケ=4個• 乾燥キクラゲ=30g位• 豚バラ肉=150g• ニンニク=15g• ショウガ=15g• 塩=3g程• 紹興酒=50cc• 醤油=10cc程• 八角=1個• トリガラスープ=100cc• スープストックが有る方はそれを使った方が美味しく出来ます。 最後にチンゲン菜を入れて軽く鍋を返し、鍋肌から醤油を入れて軽く炒めたら出来上がりです。 好みで最後に分量外のごま油を回し入れれば香りは一層引き立ちます。 (が、カロリーは増えます(笑)) ショウガ、ニンニク、紹興酒、八角、ごま油の香りが複雑に絡み合いかなり美味しいと思います (我ながら(笑)) この、 ショウガ、ニンニク、紹興酒、八角、ごま油は、中華料理っぽく仕上げたいときに入れると一味も二味も違う中華料理に仕上がります。 (つうか、普通に中華料理になる。 ) で、食べるときの 注意! 食べるときは八角は取り除いてください! 八角をそのまま食べると、口の中に八角の キツイ香りが広がりすぎます。 八角はあくまでも香り付けの香辛料なので食べないでくださいね!(笑).

次の

白菜のレシピ

白菜 炒め

特集はおいしい夏野菜です。 長野県の八ヶ岳山麓は高原野菜の産地で知られていますが、実はこの時期、白菜の出荷が盛んになります。 「夏白菜」のおいしさを知る地元の農家に、自慢の料理を教えてもらいました。 白菜の収穫は空気がヒンヤリと涼しい、早朝4時半ごろから始まります。 白菜農家・井出永一さん: 「手で触って、しっかり詰まってるなっていうやつを採ります」 南牧村の農家・井出永一さんの畑では今月7日から出荷を始めました。 標高800メートルほどの畑から徐々に高い畑へ。 白菜の収穫は10月まで続きます。 白菜農家・井出永一さん: 「今年は大きな霜にあたらなくて、順調に生育しています。 夏白菜は、雨も降ってしっかりみずみずしい白菜ができる」 父・修一さん(71): 「出荷できるとその喜び、感動的なものがある。 高原野菜で有名な南牧村ですが、最も出荷量が多いのは、実はこの「夏白菜」。 北海道を除けば、夏場、全国に出回る白菜のほとんどはこの地から出荷されているのです。 (記者リポート) 「冬の鍋などのイメージが強い白菜ですが、この八ヶ岳のみずみずしい白菜、どういうふうに変身するんでしょうか」 井出さんの妻・梓さんと収穫を手伝う、ご近所の浜佑子さんがよく作るという夏白菜料理を教えてもらいました。 まずは…。 浜佑子さん: 「サラダがおすすめです。 すごくみずみずしくて、水分たっぷりでシャキシャキで甘くて」 新鮮な白菜は生で食べるのがおすすめ。 切り方のポイント!鮮度を保つため、外側から順に使う。 繊維に垂直に千切り。 浜佑子さん: 「音がすごいですよね、シャキシャキ。 オリーブオイルを入れます」 お薦めの味付けは3種類。 オリーブオイル、しょうゆ、こしょうに、のりをまぶした和洋折衷のテイスト。 こちらは、ごま油と韓国のりで「韓国風」に。 変わり種は、あらかじめ塩もみした白菜をスパイスの「クミン」で和えた「塩クミン」です。 夏にぴったりのサラダが揃いました。 浜佑子さん: 「(農家は)たくさん白菜を食べていかなければいけないので、それぞれの家庭で工夫しながら食べています」 次は白菜と相性の良い豚肉を使います。 ポイント!白い部分と葉で切り方を変える。 葉は繊維に垂直にザク切り。 妻・梓さん: 「軸の部分と葉っぱの部分で切り方を変えて、歯ごたえの違いを出すのがポイントです」 「葉柄」と呼ばれる白い部分は…。 妻・梓さん: 「縦に切ると歯ごたえがシャキシャキしておいしいので、縦に切ります」 こちらは繊維に沿って細長く切ります。 豚バラ肉と一緒に炒めオイスターソース、しょうゆ、ブラックペッパーで味付けすれば出来上がり。 続いては、フライパンにバターをたっぷり溶かし、入れるのは水を切った白菜の浅漬けです。 梓さんは岐阜県の飛騨高山の出身。 漬物を炒めて食べる「漬物ステーキ」という郷土食があり、それを応用した一品です。 焦げる手前までしっかり炒めたら溶き卵を回し入れます。 妻・梓さん: 「ちょっとかき混ぜて…」 しょう油で香りを付けカツオ節を振りかければ完成です。 妻・梓さん: 「卵でとじるので味がまろやかになって、子どもも食べやすいし、七味をかけると大人のおつまみにも。 (白菜の)甘さとみずみずしさが違うので(地元・高山より)おいしさは増すと思います」 最後は子どもたち一押しのスープです。 千切りにした白菜とコーンをバターで炒めます。 妻・梓さん: 「しんなりしてきたので、ここでお水を」 顆粒だしを入れて煮込んだ後、水と同量の牛乳を加え、最後にみそで味つけをするとコクが出るそうです。 サラダ、炒めもの、スープ。 様々な料理がそろいました。 家族で試食! 希咲ちゃん(小3): 「おいしい。 白菜と牛乳は合う)なんかさ、びっくりするけど、おいしい、甘い」 果歩ちゃん(小1): 「(Q. お父さんの白菜は)おいしい!(Q. 何がおいしかった)お肉のやつ」 永一さんは炒め物をご飯に乗せて。 白菜農家・井出永一さん: 「うまっ!めっちゃシャキシャキでおいしいです。 バリエーションがあるんだと再認識しました」 記者も漬物ステーキを…。 記者: 「シャキシャキした白菜の浅漬けの旨みはそのままなんですが、意外にもバターの香ばしさがとっても合います」 妻・梓さん: 「どっちかというと冬のイメージだと思うんですけど、標高が高くて寒暖差がある分、甘みがある白菜なので、買ってすぐ生で食べていただきたいですね。 みずみずしくておいしいですし、炒めても煮込んでも調理しやすい食材」 冬の野菜というイメージを覆す、産地ならではの料理。 外出を控えまだ家で過ごす時間が多いという皆さん、旬の「夏白菜」で食卓を飾ってみてはいかがでしょうか。

次の