りょう。 御村りょう

りょう次

りょう

女優・が、26日放送のドキュメンタリー番組『ソロモン流』(テレビ東京系 午後9時54分〜10時48分)に登場する。 同番組でりょうは、15歳のときに経験した両親の離婚やその後の実兄の死など、知られざる苦悩を初告白する。 涼しげな目元と存在感漂う強烈な個性……クールビューティーと称される彼女の素顔にカメラが初めて密着。 りょうは15歳の時、東京・原宿でモデルとしてスカウトされる。 ファッション誌を中心に活動し、大ヒットドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)で女優デビュー。 以後、数多くのドラマや映画に出演し存在感を示してきた。 2人の兄と弟、4人兄弟の3番目として生まれたりょうは、男兄弟に囲まれたため、非常に活発な女の子だったという。 小学生時代は草野球チームに所属し、「女の子っぽい遊びがイヤで、最終的にはピッチャーでキャプテンでした」と、笑顔で当時を振り返る。 ところが、彼女の生まれ育った街に帰るべき場所はない。 「両親は私が高一のときに離婚している。 兄弟ともバラバラ。 15歳から未だに父とも会っていない」。 この頃モデルとしてスカウトされ芸能界入りしたりょうは、東京で1人暮らしを始め、精力的に活動する。 切れ長の目、凛とした顔立ちから「クールでかっこいい女性」と称された。 だがそんな時、離れ離れに暮らしていた実兄の余命が数か月だという悲しい知らせを耳にする。 「病気を抱えていた兄が余命を宣告された時に、何がしてあげられるんだろうと思った。 でもそれまでほとんど付き合いはなかった。 でも兄は私のドラマなどを見ていてくれた。 兄が楽しみに見ていてくれているのだったら、私ももっと楽しまないといけないと思った」。 この辛い経験が女優という仕事に改めて向き合うきっかけになった。 苦しみ悩む彼女を時に支えてくれたのが、現在の夫であるTOSHI-LOWだった。 結婚し子供を授かり、忘れていた家族の温もりを再び手に入れた。 「結婚してはじめて甘えるということを覚えた。 今はお芝居が楽しく思えるようになってきた。 自分が楽しんでやっていることに対して、どんな評価をされても受け入れられるようになった」と、自身の心境の変化を明かす。 番組では、自宅での生活をテレビ初公開。

次の

「りょう」のローマ字表記を教えてください。

りょう

経歴 15歳の時にでされ、高校卒業後、モデル活動を開始。 「 涼しげな女性」に憧れていたという理由から当初は「 涼」という芸名で活動し、間もなく「 りょう」に変える。 の『』で女優活動を開始し、後に『』や『』に出演する。 歌手活動も行う。 4月1日に、と結婚し、7月27日に3400gの男児を出産した。 2012年4月14日、第2子となる2506gの次男を出産した。 4人兄弟の3番目(兄2人、弟1人)で、子どもの頃から男の子っぽかったという。 のファン。 彼らのライブを見てファンになり、『』で共演し仲良くなったそうで、その後も何度かバラエティ番組などで共演している。 最初、とメル友になったが、どちらかといえばの方が好きで設楽とメル友になりたかったと語っている。 本人曰く「恥ずかしくてアドレスが聞けなかった」。 現在は設楽ともメル友となり親しくしている。 設楽もりょうのファンで好きな女性のタイプを聞かれると「りょうさんのようにシュッとした方」と答えている。 を自称している。 第13話「分水嶺」(2003年) ゲーム• ホテルの窓から(、2012年9月2日 - 2014年3月25日) - 語り• ホテルの窓から〜見る知る歩く世界の街〜(BS日テレ、2014年4月3日 - 2015年9月27日) - 語り CM• 「」(1989年)• 端役で出演。 ただし、画像では確認不可能。 「レシェンテ」(1994年)• 「キリンラガービール」(1994年)• 「ブルガリアヨーグルト」(1995年)• 「ThinkPad」(1996年)• 「コカ・コーラライト」(1997年)• 「CAMEDIA C-1400XL」(1997年)• (2010年)• 「」(2011年)• 「チキンサンド」(2012年) 舞台• 「来来来来来」(ライライライライライ 2009年、• 「」 Season花(2017年3月30日 - 6月12日、IHIステージアラウンド東京) - 極楽太夫 役 CD シングル• HINTS OF LOVE(1996年、「レシェンテ」TVCM曲)• Hysteric Candy(1997年)• キエテヨ(1998年、NHK-BS『真夜中の王国』水曜日オープニングテーマ) アルバム• Indigo Blue(1998年) ビデオクリップ• Elevator Films(1998年11月26日) 受賞歴 1997年• 第12回 ベストドレッサー賞(『』) 2000年• 第14回 最優秀主演女優賞(『』)• 第1回 長編部門グランプリ(『双生児』) 脚注 []• 2007年12月15日放送『』()• 2009年4月7日放送回『』()• 『』()• 2015年7月20日. 2015年7月20日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年7月21日閲覧。 TBS. 2017年12月15日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年5月10日. 2018年5月10日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2018年12月4日. 2018年12月5日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年9月14日. 2019年12月17日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年5月22日. 2015年7月1日閲覧。 ステージナタリー. 2016年6月27日. 2017年4月4日閲覧。 外部リンク•

次の

御村りょう

りょう

清代初期の文人(ほしようれい)が執筆した文語体の怪異小説集。 青柯亭(せいかてい)本系統 では,16巻で445編を収めているが,ほかに12巻本,18巻本,24巻本やの約半分の量の手稿本がある。 所収編はすべて神仙,狐,鬼,化物,ふしぎな人間などに関係した物語やの記録的で,そのほとんどがの話に取材され,著者の明確な創作意識の下に執筆された。 とくに,本書のであるの伝奇小説系の物語は,空想力のあふれた手法で書かれ,の書にはみられない巧みな構成と,著者独特の簡潔な表現による精細な小説的とをもち,序次も整然としていて,怪異の世界と人間界との交錯したの世界をみごとに構築している。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説 中国、清 しん 初の文人蒲松齢 ほしょうれい の文語体の怪異小説集。 作者の生存中から評判をよび、写本によって読み継がれていたが、死後51年を経た1766年に最初の刊本青柯亭 せいかてい 本が刊行された。 445編を収めたこの版本の系統の16巻本が諸版本のなかでもっとも流布したが、現在では500編以上を収めた会校会注会評本が最良の版本である。 この怪異譚 たん の執筆期間は長年月にわたり、自序の書かれた1679年以後の作品もあるが、主要な編はこの年までに成立していたのかもしれない。 全編ことごとく神仙、狐 きつね 、鬼 コエイ (幽霊)、化け物、不思議な人間や事柄などに関係した話で、その多くは民間の話に取材している。 なかでも現世 このよ と冥界 あのよ との交渉の物語と狐の物語が他のものに比べてはるかに多い。 しかも妖怪 ようかい と人間との交情を中心に展開される情話が多い。 狐女と幽霊の女が1人の青年をめぐって寵 ちょう を争い、最後に3人とも二世にわたる縁を結ぶ「蓮香 れんこう 」、いかなるときにも笑いを失わずに人間に慰めを与える賢い狐女の物語「嬰 えいねい 」、牡丹 ぼたん と忍冬 にんどう の美しい花の精に無限の愛情を寄せる男の物語「香玉」などは、その屈指の代表的作品である。 これらの主要編は唐代の伝奇や明 みん の『剪燈新話 せんとうしんわ 』の系統に属するが、民間の話などをそのままに採録しないで、特異な物語を描き出そうとする明確な創作意識をもって執筆されている。 その結果、巧妙な構成をもち、典拠のある用語を効果的に駆使した独自の簡潔な表現による精細な描写が行われ、叙次も整然としている。 そこには怪異の世界と人間の世界との交錯が美しく展開され、エロティシズムの魅力も加わって、現実を写した小説からは味わえない人間の真と美とを感じさせ、中国怪異文学のなかで最高の傑作となっている。 伝奇系の作品のほかに、清初の志怪小説に似た簡単な異聞の記録も多いが、作者の文才によって、やはり他書のものにみられない味わいをもっている。 中国では「説聊斎 シユオリヤオチヤイ 」(聊斎を語る)ということばが怪異譚を話す意味を表し、怪異小説の代表としての地位を占めている。 日本には青柯亭本の出た翌々年にはすでに舶載されている。 いくつかの翻案があるが、日本に与えた影響は明治以降に注目すべきものがあり、そのロマン性と優れた描写とが多くの近代・現代の文学者や文芸界に、江戸期における『剪燈新話』を凌駕 りょうが する大影響を与えた。 3種の全訳本もあり、多くの読者を獲得している。

次の