宝塚 ディナー ショー。 彩凪翔 初のディナーショー開催決定!【宝塚 雪組】|恋スル宝塚

彩凪 翔 ディナーショー

宝塚 ディナー ショー

この記事はいずれ2015年9月21日 21:00に移動します この秋、宝塚歌劇団月組は5つに分かれて公演していました。 そのうち、どうしても観てみたいと思っていたのが、トップ娘役の愛希れいかさんのミュージックパフォーマンス『Wander of Love』。 平たく言えばディナーショーのようなものです。 宝塚歌劇団はそもそも阪急電鉄の利用促進のために宝塚を観光地化することを目的に作られた経緯があります。 鉄道会社がプロ野球団や遊園地を作るのと同じです。 宝塚にも昔は阪急の遊園地がありましたし。 その延長で考えれば、関西中心に大手ホテルグループ『阪急阪神第一ホテルグループ』が宝塚歌劇団をホテルの集客に使わない手はない。 そのひとつがディナーショー。 さて、そもそも宝塚のディナーショーはなかなかチケットが取れません。 今回のディナーショーは東京3公演でたぶん約1000席分ぐらい。 普段の東京宝塚劇場公演は2000席の激情で40公演ちょっとなので約80000席以上のチケットがあるわけです。 こう考えると、この1000席をどのぐらいの人々で争うことになるのかがお分かりいただけるのではないでしょうか。 しかも、今回はあまりないトップ娘役によるディナーショー。 それだけ愛希さんが人気と実力を誇っていると目されているのだと思います。 しかも、演出は小柳奈穂子さん。 これは見逃せない。 そう思って、ホテル分の一般発売日に電話をかけまくりましたが、結局、チケットは取れず。 電話がつながる頃には販売終了のアナウンス。 そのため、気分はすっかりCS放送での放送待ちになっていた9月の中旬。 ある方面からチケットがあるとのお知らせをいただきました。 これは行くしかないと、ある方からある方をご紹介いただいて、無事、最終日のランチの回に観に行くことに。 今回の会場は新橋にある第一ホテル東京。 もちろん阪急系のホテルです。 JR新橋駅で下車し徒歩5分弱。 SL広場のある日比谷改札から徒歩5分で第一ホテル東京に着きます。 エレベーターで階へと上り、座席券を受け取って会場に入るとすでに満席に近い賑わい。 でも、ディナーショーは2回目なので、これは想像の範囲内。 雰囲気に負けずに席へと向かいました。 ディナーショーは前半1時間ぐらいが食事の時間で、後半1時間ぐらいがショーの時間のいう構成になっています。 食事の時間の1時間というのは微妙な長さで、以外と落ち着かない雰囲気なので皆さん、食事のペースが早く、それに合わせて給仕のペースも早いので、ショーの始まる30分前ぐらいには食事が終わっている人が多数。 その後はご歓談くださいといった感じ。 前回、ディナーショーに行った時も、ランチだったのですが、奥さんに連れられている旦那さん以外で来ているので男性というのはやはり珍しいようで、よく話しかけられます。 今回もお隣となった方と少しお話を。 基本的に人見知りなのでそのシチュエーションは結構、辛いのだけれど、今回は相手がとても年上だったので意外とやんわりとお話ができました。 その方はかなり精力的に観劇してらっしゃるようで、最近も宝塚までお出かけになられて、宝塚の舞踊会を観てこられたそうな。 やはり、北翔さんが素晴らしかったらしい。 また、東京でのほぼ網羅されているようで、それぞれの感想を話してくださった。 こういう機会はなかなかないので貴重です。 ものの見え方は人それぞれですから、自分の好みではないスターさんの魅力について聞かされると、そういう見方もあるのだなぁと面白く感じます。 そうこうするうちに、開演の時間に。

次の

水美舞斗くんディナーショーについて思うこと

宝塚 ディナー ショー

会場中そのお客さんに羨望の眼差しである。 リラ壁がなかったのは以外だけど、それでもてるちゃんの15年を網羅する曲ばかりだった。 ・デカとブンヤ(銀の狼)withあおい姉さん ・The Root Square Gang 凍てついた明日 withづっくん ・フレイヤの星(銀河英雄伝説@TAKARAZUKA)withずん ・恋は元々アンフェア(愛するには短すぎる)withるい 下級生二人にとってここでてるちゃんとデュエットできたのはいい経験になっただろうなぁ。 なかなかトップとデュエットなんて出来ないもんな。 客席にも降りてきてくれました・・・!美しすぎやろ・・・。 こなんな近くでラインハルト様観ることになるなんて!思わず \ジーク!ハイル!ジーク!ハイル!/と叫びそうだった・・・! そしてズンヒアイスも登場。 例えるならそう、「 乙女のポリシー」のような。 曲調はポップで楽しい感じなんだけど、エンディングということもあり少しの焦燥感が付いてくる、そんな感じの曲だった。 づっくんが「 幼なじみなんです、彼とは」っててるちゃんがはけた方に向って言うのよ。 もう、泣いてまうやろー!それでなくても泣ける歌なのに・・・!大好きだ! 御存知の通り(?)私はづっくんヲタですけど、今回はホントてるちゃんばっかり見てたね。 ほんとにかっこいいんだわ。 この人こんなにカッコ良かった?って何回も思いながら凝視したね。 つくつぐ退団が惜しまれる。。。 でもまぁ最後にかっこいい姿を間近で見ることが出来てほんとに満足でしたよ。 づっくんの客席降りは遠かったけど、てるちゃんお立ち台からこっち向いて歌ってくれたし(たぶん)、あおいさんの生歌声聞けたし最高でした! グスタフはそんなに前の方では見れないかもしれないからなぁ・・・。 日曜は梅田全ツ楽に行きますよ!よ!.

次の

宝塚のディナーショーを楽しもう!当日の流れなど解説します

宝塚 ディナー ショー

そして下の画像は、購入者に貰えたチケットホルダーです。 大正から令和の時を刻んでいる 開業93周年のホテルです。 この建物は来年の3月31日まで。 来春には新たな場所で新しいホテルに生まれ変わります。 ホテルの中に入り、ディナーショーが行われるお部屋は、6階の宝寿の間。 こちらは撮影OK。 こちらは、2020年卓上カレンダーと共に、会場先行予約販売商品です。 カラーは見ての通り 赤と 黒がありました。 さて、席につきます。 テーブルセットはこんな感じ。 ここからは ネタバレがありますので、見る方は 自己責任でお願いいたします。 テーブルセットの奥に置いてある用紙には、、、 表紙。 裏面はお食事のメニュー。 中を開くと、 左側にはセットリスト。 私には珍しく、お食事の写真を撮ったので、一気に紹介します! 鴨のフォアグラのパルフェとガランティーヌ コーヒーの香り クリスピーなりんごのタルトと 甘鯛の鱗焼き プロヴァンス風コンディマンと 国産牛フィレ肉のポアレ フィナンシェール風 彩りの温野菜とドーフィネ風ジャガイモのグラタン添え かぼちゃのティラミス キャラメルショコラとともに これにパンとカフェ コーヒー がお食事のメニューでした。 さて、そして15:00からショーのスタート。 セットリストは先程画像に載せましたが、見えにくいから、ここでももう一度。 1.宝塚我が心の故郷 2.花吹雪恋吹雪 『花吹雪恋吹雪』より ~エル・アルコン 『エル・アルコン』より 3.ミュージカル・メドレー 澄んだ夜空 永遠のオベリスク 散りゆきし花の舞 恋こそ我がいのち 炎の中へ 4.Blue Requiem 『凍てついた明日』より 5.妖しいまでに美しいおまえ 『さくら』より 6.ショー・メドレー エル・クンバンチェロ PARADISO キャリオカ レビュー・オルキス 7.月の満ちる頃~アイーダの信念 『王家に捧ぐ歌』より 8.Eres Mi Amor 『シークレット・ハンター』より 9.星を継ぐ者 『流星』より 10. Music is My Life 『My Dear New Orleans』より 11. やっぱり抜群の歌唱力! そしてトークも安定の面白さ。 チャーミングで、スタイルもいいし、天は二物も三物も与えちゃった?!って思えてしまう方。 でも、もちろん、それらはきっととうこさんの努力があってこそのもの。 そんなとうこさんだからこそ、とうこさんは私の憧れの女性の一人。 宝塚時代の曲のオンパレードで、曲を聴く度、その時の自分の状況とか思い出してしまって、涙腺緩んでしまう場面もありました。 とうこさんにとっても、宝塚時代、そして退団してからの10年間、様々なことがあったのだと思います。 柴田侑宏先生のお話で、とうこさんの涙腺が緩んだ時、もらい泣きしそうになりました。 絶対、柴田先生は、とうこさんを観てたはずですよ、とうこさん。 今回、ディナーショーに行って、やっぱりもっととうこさんの歌声を堪能したいなぁ。 と思いました。 『 箱舟』復活しないかなぁ。

次の