履歴 書 本人 希望 欄。 履歴書の本人希望記入欄の書き方【例文あり】

履歴書の本人希望欄|特になしはNG!書き方と何を書くべきか等解説

履歴 書 本人 希望 欄

ここまで、本人希望記入欄の書き方や具体例を紹介してきましたが、最後に本人希望記入欄に「特になし」と書いたときに、考えられるデメリットについて見ておきましょう 「特になし」のデメリット:興味や意欲がないと思われる それでは、本人希望記入欄に空欄や「特になし」と書くことによるデメリットですが、企業や採用者によっては「特になし」という言葉を見ると、自分の会社に興味や意欲がない人なんだとマイナスに取られてしまう可能性があります。 また「特になし」しか記入していない人より、しっかりと自分の希望を書いている人を選ぶ傾向が高いみたいです。 こういったこともデメリットとして考えられるので本人希望記入欄は必ず書くようにしましょう。 「なし」の人は少数派!空欄には何かしら記入しよう 空欄がデメリットになるのはもちろんのこと、「特になし」と書いても悪印象につながりますね。 転職・就職するのであれば希望が「なし」というのは、あまり起こり得ないのではないでしょうか? 本人希望欄に書けるかどうかはさておき、就業に対する希望が「なし」「特になし」というのは、現実的に少ないでしょう。 ですから、履歴書の本人希望欄には空欄ではなく何かしら記入するのが好ましいです。 履歴書の本人希望記入欄はどう書くべきか? 履歴書には本人希望記入欄なるものがあります。 しかし、この履歴書の本人希望記入欄で特に希望職種なんてないよ、何でもやるからわざわざ主張するまでもないよ、という人もいると思います。 そんなとき、本人希望記入欄に「特になし」と書けばいいのでしょうか?それとも空欄のまま?まずは「特になし」という、書く事がないときの、履歴書の本人希望記入欄について見ていきましょう。 希望欄に一方的に書き連ねるのはマナーが悪い 履歴書の本人希望記入欄には、応募者の希望を一方的に書き連ねてはいけないです。 本人希望記入欄だからといって、前職よりも高い給与金額を書いたり、希望勤務地を書いたりする人がいますが、そういった事はマナー的にも良くないので記載しないようにしましょう。 「貴社規定に準じます」が適切な対応 たとえ履歴書の本人希望欄に希望することがなかったとしても、空白にしておくことや、特になしと記入するのはよくないです。 履歴書の本人希望記入欄もしっかりと記入しましょう。 履歴書を記入する際は、希望職種を明記するようにしましょう。 それ以外は「貴社規定に準じます」とするのが良いです。 空欄はNGですので、注意してください。 「貴社の規定に従います」も合わせて使われるケースが多い 上記で説明した「貴社規定に準じます」と合わせてよく使われるのが「貴社の規定に従います(貴社規定に従います)」という書き方です。 どちらかというと世間一般的には「貴社規定に準じます」より「貴社の規定に従います(貴社規定に従います)」の方が、条件等の交渉がしずらくなる、意味合いが重くなるといった印象を持たれています。 本人希望記入欄の書き方マナーとして「特になし」や空白にするのであれば、いっそのこと「貴社規定に準じます」や「貴社の規定に従います(貴社規定に従います)」と記入するようにしましょう。 「貴社規定に従います」以外を記入する時の注意点 本人希望欄には、特になしとは書かずに「貴社規定に準じます」だったり、あるいは「貴社の規定に従います(貴社規定に従います)」と書いた方が良い事が分かりましたね。 では、希望欄に「貴社規定に準じます」や「貴社の規定に従います(貴社規定に従います)」と書く点以外の注意点を見ましょう。 本人希望記入欄に希望職種は必ず書こう 希望職種は必ず書くことをオススメします。 その理由としては、希望職種が無記入だと、最悪、書類選考で落とされる場合があるからです。 希望職種を書く場合は、企業が求人広告に掲載している通りの正しい名称を記入するように注意しましょう。 また、職種を希望する理由を具体的に記入すると、高い入社意欲を示すことができて効果的です。 相談したいことがあれば一言だけ書いて、後は面接で言う 本人希望記入欄には、「給料・職種・勤務時間・勤務地・その他について希望があれば記入する」と記載してある場合が多いです。 しかし、この給料に関しては、本人希望を書くのは控えた方が印象もいいです。 もし給料に関して相談があれば、「給与については相談させてください」と一言書きましょう。 履歴書の本人希望記入欄の書き方と具体例について ここまでで、履歴書の本人希望記入欄の書き方などについて紹介してまいりましたが、復習も兼ねて、履歴書の本人希望記入欄の具体的な書き方を確認しておきましょう。 希望勤務地 保育園に通う子どもの送迎が必要なため、自宅から通勤可能な勤務地を希望いたします。 上記が例文になりますので、このようにあまり長くなく簡潔に書くように心がけましょう。 実父は他界いたしましたが、気持ちをあらたに社会復帰したいと考えております。 空白の補足は大事になってきますので、上記のように、しっかりとその理由も具体的に記入するようにしましょう。 職務の詳細につきましては、職務経歴書に記載しましたので、ご検討ください。 上記の例文のように、簡単に自分の能力がどう活かせるのかを記載して自己PRしていくようにすると好印象です。 給与交渉は最終面接などで行うほうが無難です。 履歴書の本人希望欄の書き方はエージェントに相談すれば解決する 履歴書の希望職種「特になしに」と書くと企業から意欲や興味がないと思われる ここまで、履歴書の本人希望欄を「特になし」で提出する事のデリットと題して、紹介してきましたがいかがでしたか?履歴書の希望職種や、本人希望欄に空欄や「特になし」と書くと、企業や採用担当者によっては、やる気がない人だとマイナスにとられる可能性があります。 そこで覚えたいのが「貴社の規定に従います」というフレーズの正しい使い方。 履歴書の本人希望欄は、就活・転職の際に自分が希望する条件を企業側に伝える欄です。 上記で紹介したように、マナーを守って記入し、どうしても書くことが見当たらない場合には「貴社規定に準じます」か「貴社規定に従います」と書くようにしましょう。 また、給料などの待遇面などについて相談したい場合は、面接時におこなうのがおすすめです。。 履歴書の本人希望欄には、余計なことは書かずに、本当に必要なことだけ書いて埋めるようにしましょう。 職務経歴書の書き方もマスターしておこう!.

次の

履歴書の本人希望記入欄の書き方【例文あり】

履歴 書 本人 希望 欄

履歴書の「本人希望欄」を絶対に書かなければいけないのか、あるいは何を書けばいいか迷うことありませんか?その迷いから何も書かずに提出する人もいるかもしれませんが、今すぐ改めましょう。 履歴書のほんの一部とはいえ、実は「本人希望欄」の書き方に関してはしっかりとした決まりが存在するのです。 少しでも採用担当者の目を引け、選考を通過できるような「本人希望欄」の書き方をご紹介します。 自分の希望を書き込めばいいわけではない 履歴書の本人希望欄や本人希望記入欄は誤解を生みやすいのですが、履歴書の本人希望欄は、ただ希望職種や給料など「自分の希望を記入すれば良い」というものではありません。 では、どのように記入すればいいのでしょうか。 履歴書の本人希望欄は「最低基準のライン」を書くのが正解 履歴書の本人希望欄や本人希望記入欄には、必要最低限のことだけを記入するのが大前提です。 希望勤務地や希望給与額といったものを書く必要があるときは、書き方としては「これでないと選考辞退をします」とすることができる最低基準のものを記入しましょう。 ただし、あくまでも採用の決定権は企業側にあります。 「希望」ですから、「そうなればいいな」程度の内容は書かないようにしましょう。 本人希望欄の「希望」は「望むもの」ではなく「必要最低限のお願い」なのです。 「希望職種」として職種が確定している場合は本人希望欄に必ず記入する 希望給与額は「貴社の規定に従います」と記入するのが無難 履歴書には本人希望欄や本人希望記入欄の中に、希望給与額の記入欄が含まれているものもあります。 ここは誰しもが一番大事にするポイントですし、当然ながら1円でも多くもらいたいと思うでしょう。 しかし、上でも述べたように「本人希望欄」の書き方は最低ラインに合わせるのが無難です。 それに、希望職種や給与との兼ね合いを見て問題ないと判断し、その会社を受けているでしょうから、自分の希望はグッと我慢して履歴書には「貴社の規定に従います。 」と書きましょう。 給与交渉は最終選考の際や入社後にもチャンスはあります。 履歴書を出すタイミングでどうしても必要な要素ではありません。 それでも具体的な希望給与を書きたいのであれば、実績や企業の形態を考えて現実的な数字にするのが心象を悪くしないポイントです。 時給制の場合は希望給を書くのを避けた方が良い 仕事の雇用形態がさまざまあるのと同様に、給与形態にも種類があります。 日給や月給、時給、年俸などが挙げられるでしょう。 月給制などであれば特に問題は無いのですが、時給制の場合は履歴書の本人希望欄に書くのを避けた方が良い内容があります。 それは、希望給です。 具体的には、「時給800円」と案内に書かれてあるのに、「希望時給1,000円」などと記載することです。 基本的に時給は働き始めてから評価されて上がる 時給制の仕事の大半がアルバイトやパートですが、基本的には企業から提案された時給からのスタートなります。 そこから経験を積んで、雇用主に評価されて初めて時給が上がります。 アルバイトをおこなうのは、その業界の仕事を初めて経験する学生が多く、未経験なのに求人誌に書かれてある時給より高いもの臨むのは失礼にあたるでしょう。 交渉するのが無駄という訳でありませんが、できるだけ好印象を残すためにも、時給制の場合の本人希望欄に希望給を書くのは避けて下さい。 アルバイトの給与条件には注意が必要 各社、さまざまな形態で求人を出していますが、アルバイトの給与条件はきちんと確認しなければいけません。 以下は、よく見かける給与条件の例です。 もし、仮に例外として変動があるとしたら、その時は会社側から進言してくるでしょう。 また、何かしらの経験があって、それが会社から評価されてスタート時給が高くなることは大いにあります。 そのため、本人希望欄で希望給を書くよりも、自己PRで少しでも時給が高くなるように自分を売り込んだ方が良いでしょう。 履歴書の本人希望欄は形式に沿った書き方が丁寧に見せるコツ 子供がいて、家事と仕事を両立するために正社員などではなく、パートとして働くことを希望する人もいます。 会社側もパートを募集する際は、給与や勤務時間を他の雇用形態の場合とで変えていることがあります。 限られた時間でしか働けないことに対する企業側の理解があるからでしょう。 では、子供がいるパート希望者の場合、本人希望欄をどう書き込めばいいのでしょうか。 子供はいるが仕事に支障はないことを伝える 最も良いのは、「子供はいるが仕事には支障はありません」と記載することです。 そう書いておくと、面接の時に必ず触れられますので、そこで具体的な曜日や勤務時間について面接官とやり取りできます。 できるだけ、家庭の事情で仕事には迷惑をかけませんという姿勢を示すと、印象も悪くならないでしょう。 シフト相談可以外で家庭の事情を押し付けるのはNG パートやアルバイトの求人誌をよく見てみると、シフト相談可・不可といったように、どちらかが必ず書かれているでしょう。 しかし、シフト相談不可と記載されてあったり、応相談などと書かれていなかったりする場合は、企業側が提示している勤務時間に従わなければなりません。 子供の幼稚園や習い事の時間など、家庭の事情を無理やり押し付けることはできないのです。 シフトの相談ができないケースはそう多くはありませんが、もしそういった求人に応募する場合は、本人希望欄に希望勤務時間などを書かないようにしましょう。 在職中の場合に本人希望欄に書くとよいことがある 在職中の転職活動の一環として、希望する企業に履歴書を送る場合、本人希望欄に書いておくとよい内容があります。 ここからの内容は、主に転職する際の履歴書の書き方についてですが、そうでない場合でも使えますので参考にしてみて下さい。 連絡可・不可時間を書いておくとやり取りがスムーズに 在職中だと、仕事で中々電話に出られないことが多いでしょう。 仕事が終わった後にかけ直すのも、時間帯からして失礼になります。 そうすることで、連絡がスムーズにおこなえ、お互いの仕事の時間に影響を及ぼす可能性も減ります。 入社可能時期まで書いてあげると親切 また、入社可能時期まで書いてあげるとより親切です。 退職する時期が既に決まっている場合や、入社可能日の目途が立っている際は、時期をすり合わせて「入社可能日:~~」と記載すると良いでしょう。 その際は失礼のない範囲で、現実的な日付を提案してください。 知らないと損する履歴書のマナー(新卒採用) 履歴書には誰も教えてくれないマナーが存在します。 「履歴書の各項目の書き方」「履歴書内の言葉遣い」「送付の際の体裁や手順」など、新卒で就活をする人は知らなくて当然のことがたくさんあります。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 転職(中途採用)の場合も、履歴書の本人希望欄や本人希望記入欄には希望職種以外は「貴社規定に従います」と書くのが良いでしょう。 仮に「具体的な記載を」と言われた場合は、なるべく数字で可視化して理由と根拠もしっかりしている必要があります。 前職での都合や条件を反映して、説得できるほどの内容であるかどうかを確認して、自信がない場合は、自分が相手企業を納得させられるラインより高い希望は書かないようにしましょう。 項目ごとに本人希望記入欄がある場合の書き方 履歴書によって、本人希望欄が各項目に分かれているケースがあります。 そのため、それぞれの項目においてどのような書き方をしたらいいのか、簡単ですが例文を紹介しますので参考にしてください。 具体的な希望がある場合の本人希望欄の書き方も、参考までに確認しましょう。 履歴書の本人希望欄に「貴社の規定に従います」と書かず、どうしてもゆずれない条件を書きたい場合、どう書けばいいのでしょうか。 しかし、履歴書の段階であまりに高い給与が指定されていると採用されづらいので、給与交渉のタイミングはきちんと考えましょう。 選考からあまりにも日が空いてしまっては、不利になります。 パートの場合も同様です。 履歴書の本人希望欄は「最低基準のライン」を書いて状況にあわせた備考の記入をしよう ここでは、履歴書における「本人希望欄」の書き方と例文について見てきました。 履歴書の本人希望欄に「貴社の規定に従います」と書いてしまって、生活できないレベルの給与を提示されてしまうケースもあるかもしれません。 しかし、その際は縁がなかったと諦めるしかありませんし、そもそも求人を見た時点で納得して意思を固めてから履歴書を提出する訳ですから、やむを得ないと考えましょう。 こういった点に悩みながら書いていた人もいるはずですので、ここで紹介したこれらの例文と書き方を参考にして、正しい履歴書の本人希望欄の記入をおこないましょう。

次の

履歴書の「本人希望欄」の正しい書き方~給与・勤務地・職種など希望別の例文を紹介~【就活・転職】

履歴 書 本人 希望 欄

書くべき内容、書かないほうがいい内容 「叶えられないと入社できない」という条件を記載しましょう 履歴書の本人希望欄は、企業で働く上でどうしても伝えなければいけない条件を記載するための項目です。 「この条件が叶えられなければ、入社ができない」といった希望がある場合、その旨を書くようにしてください。 たとえば「親の介護で、どうしても近くの勤務地でないと働けない」といった事情があれば、理由とセットで希望を伝えるようにしましょう。 一方「通勤に便利なので自宅近くの勤務地がいい」といった、入社できないほどではない理由の場合は記載しないほうがよいでしょう。 詳細な待遇の交渉は、面接のどこかのタイミングで行なえるはず。 ですから履歴書の本人希望欄には、「どうしても譲れない」最低限のことだけを記入してください。 希望をたくさん出しすぎると「注文が多い」という印象を与えてしまい、マイナス評価になる危険性があります。 「連絡がつながりやすい時間」「入社可能時期」は重要 希望欄に書いたほうがよい内容としては、選考や入社についての情報があります。 たとえば現職の関係などで電話に出られない時間帯がある場合。 面接日設定などで企業から連絡が来る場合があるため、電話に出られない時間帯・つながりやすい時間帯を理由と一緒に記入しましょう。 また退職手続きなどで入社時期が遅れる場合は、確実に勤務がスタートできる日にちを記載しておいてください。 企業側も組織上の都合や受け入れ準備がありますので、予め希望を出しておけば後々のトラブルを防ぐことができます。 「給与の希望」などは書いてもよい? 転職にあたって最も気になることの一つが給与です。 ただし、履歴書には給与に関する希望は書かないことをおすすめします。 給与についてあまり主張しすぎると、勤務地の場合と同じように「注文が多い人だ」という印象を与えてしまいます。 「待遇面ばかり気にしている」という誤解も招きかねません。 給与については選考のどこかで必ず話題に上がるはずです。 それまでは、こちらから話を出すことはしないほうがよいでしょう。 本人希望欄とは? 勤務時間や勤務地に制限があるなど、入社する上で譲れない条件がある場合に記載する項目です。 また、求人情報に書かれている職種や勤務地などの条件が複数ある場合などにも用います。 本人希望欄を書く時の基本ルール 基本的には「貴社の規定に従います」と記載します。 というのも、希望をあれこれと書いてしまっては採用担当者にネガティブなイメージを与えてしまう可能性があるからです。 どうしても譲れない条件以外は面接で確認したほうがいいでしょう。 書くべき内容、書かないほうがいい内容 書くべき内容 たとえば、やむを得ない事情によって勤務地の希望を出したい場合は次のように記載します。 「同居している母の介護のため、関東での勤務を希望します」。 ここで大切なのは簡潔にまとめること。 「希望が叶わないとどうなるか」「今の自分がどれほど大変か」といった内容は省略します。 ただし、こうした場合でも可能な限り勤務可能な範囲を広めて希望を出しましょう。 勤務地を限定しすぎると、各拠点の定員などの兼ね合いによって採用の可能性が狭まってしまいます。 書かないほうがいい内容 勤務地の希望を出す場合でも、「居住地から近い、東京23区内での勤務を希望いたします」という記載は避けましょう。 通勤の利便性といったベター条件は、わがままな希望ととられてしまう可能性が大きいためです。 本人希望欄の記載のコツ 簡潔に書くようにしましょう 本人希望欄に文章をたくさん書くと、「自分の要望ばかりを主張する人だ」という印象を採用担当者に与えてしまう可能性があります。 文章の量は最大でも、本人希望欄の8割以下にとどめておいたほうがよいでしょう。 また、やむを得ない事情による希望であっても「苦労をわかってほしい」というような論調で書いてしまうと、押し付けがましさが出てしまい好印象になりません。 できるだけ簡潔な文章で、客観的な事実のみを記載するように心がけてください。 特に希望がない場合はどうする? 特に希望がない場合は「貴社の規定に従います」と記入しておくようにしましょう。 本人希望欄を空白で提出してしまうと、採用担当者に「記載モレがある」と誤って認識されてしまう可能性があります。 採用担当者は履歴書の内容だけでなく、「志望動機の高さを感じられるか」という部分にも注目しているもの。 記載に不備があると誤解されて、マイナス評価にならないように気をつけましょう。 本人希望欄の記載例 やむを得ない事情で、勤務先を限定したい場合 良い例文 同居している母の介護のため、関東での勤務を希望いたします。 NG 例文 居住地から近い、東京23区内での勤務を希望いたします。 解説 勤務地の希望がある場合は、やむを得ない事情であることを伝えるため、理由とセットで記載しましょう。 一方「希望が叶えられないとどうなるか」「今の自分がどれほど大変か」といったことは省略し、すっきりとした文章で書くことを心がけてください。 例文では「同居している母の介護のため」と簡潔に記載しています。 また、NG例文のような「通勤の利便性」などのベター条件は記載しないようにしてください。 わがままな希望ととられる可能性が大きいためです。 希望の勤務地も、可能な限り範囲を広めて記載をすることをおすすめします。 勤務地を限定しすぎてしまうと、各拠点の定員などの関係で、採用の可能性を狭めてしまうことにつながる場合があります。 「電話に出られる日時」「入社可能日」を記載する場合 良い例文1 在職中のため、月曜日から金曜日の10時から19時まではお電話に出ることができません。 良い例文2 大学の授業の関係上、月曜日~木曜日の13時~16時の間にご連絡をいただけますと幸いです。 NG例文 大学の授業の関係上、月曜日は13時~14時、火曜・水曜は10時~12時、木曜・金曜は13時~18時にご連絡いただけますと幸いです。 解説 在職中の方のケースです。 選考関連の連絡や入社にあたっての特記事項がある場合、こちらも理由と共にきちんと記載するようにしましょう。 時間帯を絞り込むなど、簡潔に書く工夫をするようにしてください。 その場合は、確実に連絡可能な日時を絞って記載するようにしましょう。 注意すべき点は、「相手に配慮して連絡可能な時間を記載する」ということ。 たとえば志望企業が9時~18時の営業時間だった場合、「6時~8時」「23時~24時」といった指定は非常識にあたります。 このケースに限らず、履歴書は「採用担当者が読んでどう思うか」という視点を大切にしながら書きましょう。 勤務時間の希望を伝えたい場合 良い例文2 勤務時間:子どもの保育園へのお迎えがあるため、9時~17時までの勤務を希望いたします。 NG例文 勤務時間:家庭との両立のため、9時~17時までの勤務を希望いたします。 解説 複数の職種を同時に募集している場合は、希望職種を明記しましょう。 もしも希望職種を記載していないと、企業側はどの職種に応募があったのか分からず、選考がスムーズにいきません。 分かりやすさという観点で、いい例文のように簡潔に希望職種を記載することも大切です。 そして、記載する職種名は企業が指定している名称を使うようにしましょう。 例えば、「企画営業」という名称を使っていれば「企画営業」、「一般事務」という名称なら「一般事務」と記載してください。 これも、企業側にとって分かりやすく、齟齬なく希望を伝えるポイントです。 募集要項などで確認してから、履歴書の本人希望欄に記載してください。 まとめ 以上が、履歴書の本人希望欄を書く際の主なポイントです。 失礼にならない範囲で希望を伝えるのは難しく感じるかもしれませんが、今回ご紹介した点を押さえればある程度のコツはつかめるはず。 当ページ以外にも、さまざまなサイトで履歴書の書き方が紹介されていますので、ぜひ参考になさってください。 履歴書は、企業との最初の接点。 第一印象で不利にならないよう、じっくり考えながら記載をしていただければと思います。

次の