消費税 簡易課税 申告書 エクセル。 消費税試算コーナー

国税庁「消費税及び地方消費税の申告書の書き方」等を公表(消費税関連)

消費税 簡易課税 申告書 エクセル

《賠償請求の経緯》• 平成X2年4月 開業と同時に関与開始。 平成X3年3月 平成X3年3月期の課税売上高が1,000万円超となり、平成X5年3月期からの課税事業者が確定。 平成X3年5月 本来、「課税事業者届出書」を提出すべきところ、誤って提出する必要のない平成X5年3月期からの「課税事業者選択届出書」を提出。 平成X4年11月 機械装置(調整対象固定資産)を購入。 平成X5年5月 平成X5年3月期の消費税を原則課税で申告。 本来、提出できない平成X7年3月期からの「簡易課税制度選択届出書」を提出。 平成X5年12月 車両運搬具(調整対象固定資産)を購入。 平成X6年5月 平成X6年3月期の消費税を原則課税で申告。 平成X7年5月 平成X7年3月期の消費税を税務署から郵送されてきた簡易課税用の申告書に従って簡易課税で申告。 以後平成X9年3月期まで簡易課税で申告。 平成Y0年5月 平成X7年3月期からの「簡易課税制度選択届出書」は無効になることに気づき、平成X7年3月期から平成X9年3月期までの消費税については修正申告書、法人税等については更正の請求書を提出。 平成Y1年2月 依頼者より上記修正税額につき損害賠償請求を受ける。 依頼者は資本金900万円で平成X2年4月に設立され、税理士は設立と同時に関与していた。 依頼者は設立初年度である平成X3年3月期から課税売上高が1,000万円超となり、平成X5年3月期からの課税事業者が確定していた。 しかし、税理士は本来、「課税事業者届出書」を提出すべきところ、誤って提出する必要のない平成X5年3月期からの「課税事業者選択届出書」を提出し、平成X5年3月期と平成X6年3月期に調整対象固定資産の課税仕入を行い、原則課税で申告したため、平成22年改正により、平成X8年3月期まで原則課税の課税事業者として拘束され、「簡易課税制度選択届出書」の提出はできなかった。 しかし、平成X5年5月に、平成X7年3月期からの「簡易課税制度選択届出書」を提出したため、提出がなかったものとみなされていた。 税理士はこれに気づかず、税務署から送付されてきた消費税申告書が簡易課税用であったことから、「簡易課税制度選択届出書」は有効に成立しているものと思い込み、平成X7年3月期から平成X9年3月期までの消費税を簡易課税で申告した。 しかし、平成Y0年3月期の申告作業時に、「簡易課税制度選択届出書」は無効となることに気づき、平成X7年3月期から平成X9年3月期までの消費税については修正申告書を、法人税等については更正の請求書を提出した。 税理士は、依頼者より、修正申告となったのは、本来、提出する必要のない「課税事業者選択届出書」を提出した税理士の責任であるとして、追徴税額につき損害賠償請求を受けた。 正しい届出書を提出していれば、平成22年改正の適用は受けず、修正申告にはならなかったことから、税理士に責任がある。 【】 「相続時精算課税を選択していれば贈与税がかからなかったところ、暦年課税を選択したため、贈与税の支払いが発生し、支払った贈与税について損害賠償請求を受けた事例」• 【】 「保証債務を履行するために資産を譲渡した場合の所得税の特例及び貸倒損失を計上して繰戻し還付を行わなかったことにつき損害賠償請求を受けた事例」• 【】 「個人所有の賃貸建物を同族会社にサブリースしたところ、同族会社が受け取る管理料相当額が「著しく高額」として同族会社の行為計算の否認により更正処分を受けた事例」• 【】 「合併事業年度の簡易課税制度の判定を納税義務の判定と同じであると思い込み、被合併法人の基準期間の課税売上高で行ってしまった事例」• 【】 「退職の事実がないとして、税務調査により、代表取締役の役員退職給与が否認された事例」• 【】 「被相続人から相続により取得した貸店舗について、被相続人の取得価額で引き継ぐべきところ、未償却残高で引き継いでしまった事例」• 【】 「住宅取得等資金の贈与に係る相続時精算課税の特例を適用して申告したが、申告期限までに住宅用家屋の新築工事が完了していなかったことから、特例が受けられなくなってしまった事例」• 【】 「再生計画の認可の決定により預託金の一部が切り捨てられていたゴルフ会員権を代表者に時価で売却し、簿価と時価の差額を売却損として計上してしまった事例」• 「新設法人の期末資本金額で判定したため課税事業者と誤認し、設立初年度の設備投資に係る消費税の還付が受けられなかった事例」• 「利用状況の異なる2棟の建物の敷地の一部について分筆せずに贈与税の配偶者控除を適用しようとした事例」• 【】 「事業所税の対象とならない月極駐車場の床面積を課税対象に含めて計算したため過大納付となった事例」• 【】 「相続税対策のため、税理士の提案により、依頼者の所有する同族法人株式を発行法人に売却したが、みなし配当の計算を誤ったため、追徴税額が発生し、「正しい税額の説明を受けていれば売却は行わなかった。 」として賠償請求を受けた事例」• 【】 「特定目的会社の消費税選択につき「課税期間特例選択届出書」及び「簡易課税制度選択届出書」の提出を失念した事例」• 【】 「親会社の減資により特定中小企業者に該当することとなり、「中小企業者等が機械等を取得した場合の法人税額の特別控除」の適用ができたはずとして賠償請求を受けた事例」• 【】 「「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」の提出を失念したため、「配偶者の税額軽減」及び「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の適用が受けられなくなった事例」• 【】 「雇用促進税制の適用を満たしていたにもかかわらず、事前アドバイスを怠ったため、「雇用者の数が増加した場合の法人税額の特別控除」の適用が受けられなくなった事例」• 【】 「個別対応方式での申告が有利であったにもかかわらず、十分な検討を怠り、不利な一括比例配分方式で申告をしてしまった事例」• 【】 「所得拡大促進税制の適用を満たしていたにもかかわらず、税理士がこれを適用せずに申告したため、「雇用者給与等支給額が増加した場合の法人税額の特別控除」の適用が受けられなくなった事例」• 【】 「上場株式等の配当等を、源泉分離課税による申告不要制度を選択して申告したところ、総合課税で申告しても純損失の繰越控除により、合計所得がゼロとなるため、総合課税が有利であった事例」• 【】 「負担付贈与について、贈与者に譲渡課税が行われることを説明していなかったため、「正しい説明を受けていれば贈与は行わなかった。 」として、損害賠償請求を受けた事例」• 【】 「非課税売上対応課税仕入が多額にあったため、一括比例配分方式が有利であったにもかかわらず、非課税仕入との思い込みから不利な個別対応方式で申告してしまった事例」• 【】 「特定期間の課税売上高が1,000万円超であり、かつ、給与等支給額の合計額が1,000万円超であったため、課税事業者となるにもかかわらず、事前に有利選択を行わなかったため、不利な原則課税となってしまった事例」• 【】 「持株会社が関係会社から受ける配当に係る源泉所得税につき、完全支配関係であることから、所得がなければ全額還付になると説明して配当を実行させたが、配当計算期間中3ヶ月しか株式を所有していなかったため、按分計算により2分の1しか還付を受けることができなかった事例」• 【】 「収用換地等の場合の所得の特別控除の適用が受けられたにもかかわらず、その適用をせずに申告してしまった事例」• 【】 「設立事業年度を11ヶ月としたため、「特定期間における課税売上高による納税義務の免除の特例」により2期目から消費税の課税事業者となってしまった事例」• 【】 「更正の請求期限を分割確定後1年であるものと誤認したため、期限を徒過し、特例の適用が受けられなくなってしまった事例」• 【】 「外国子会社合算税制において適用除外に該当しているにもかかわらず、別表の添付をしなかったため、適用除外が認められなかった事例」• 【】 「経済産業大臣の認定手続を失念したため、「非上場株式等についての相続税の納税猶予の特例」の適用を受けることができなくなってしまった事例」• 【】 「配当控除を加味して総合課税で申告したところ、配当控除の適用が受けられないものであったため、申告不要制度を選択した方が有利であったとして賠償請求を受けた事例」• 【】 「特定期間における課税売上高が5,000万円超であったため、簡易課税は選択できないものと誤認し、「簡易課税制度選択届出書」を提出しなかった事例」• 【】 「「相続時精算課税選択届出書」を別途送付としたため、期限後の提出となってしまい、贈与を錯誤として取り消した事例」• 【】 「土地の売却益を圧縮するため、特定資産の買換えの圧縮記帳を適用して申告したが、土地の面積制限により修正申告となった事例」• 【】 「「収用等のあった日」に「収用等の特別控除」を適用しなかったため、適用が受けられなくなってしまった事例」• 【】 「外形標準課税の資本割計算において、「特定子会社の株式又は出資に係る控除措置」を適用せずに申告してしまった事例」• 【】 「平成26年分の所得税につき、平成25年分の確定申告書を期限後申告しなかったため、平成24年に生じた上場株式に係る譲渡損失の繰越控除の適用ができなくなってしまった事例」• 【】 「課税資産の譲渡等に係る事業を開始した日の属する事業年度においては、その事業を開始した日の属する課税期間の末日までに「課税事業者選択届出書」を提出すれば、課税事業者を選択できたにもかかわらず、これを失念したため、設備投資に係る消費税の還付が受けられなくなってしまった事例」• 【】 「平成27年分の所得税につき、「居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算の特例」の適用が受けられたにもかかわらず、適用を失念したまま申告してしまった事例」• 【】 「無道路地として評価できた宅地を不整形地として評価してしまった事例」• 【】 「遺産分割につき誤った説明をしたため「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」の適用が受けられなくなってしまった事例」• 【】 「代表者及びその配偶者が所有する同族会社債権を放棄させたため、同族会社の株主間で株価上昇分の価値の移転が発生し、みなし贈与となった事例」• 【】 「設立初年度より「特定新規設立法人の納税義務の免除の特例」により課税事業者となっていたが、これに気づかず、結果として不利な原則課税での申告となってしまった事例」• 【】 「居住用部分の床面積だけで判定したため、修正申告となり、「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税特例」の適用が受けられなくなってしまった事例」• 【】 「居住用家屋の譲渡日を売買契約日で認識しなかったため、「居住用財産の買換え特例」の適用が受けられなかった事例」• 【】 「交換差金の額が20%を超えたため、固定資産の交換の特例の適用ができなくなってしまった事例」• 【】 「「エネルギー環境負荷低減推進設備等を取得した場合の特別償却」に該当する太陽光発電設備を設置したが、即時償却の処理をせずに消耗品費で処理したため、税務調査で否認されてしまった事例」• 【】 「不動産所得に係る個人事業税につき、貸付面積を誤記載したため、本来、納付不要であったにもかかわらず賦課決定額を納付していた事例」• 【】 「国庫補助金等の圧縮記帳を行ったが、経理処理を誤ったため、損金経理がされていないとして税務調査で否認された事例」• 【】 「たまたま土地の譲渡があった事業年度において「課税売上割合に準ずる割合の適用承認申請書」の提出を失念してしまった事例」• 【】 「借地権につき、小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例が適用できたにもかかわらず、これを適用せずに申告してしまった事例」• 【】 「移転補償金を課税売上高としていたため、基準期間の課税売上高が5,000万円超となり、原則課税で設備投資に係る消費税の還付を受けたが、税務調査による減額更正により、簡易課税となり、設備投資に係る消費税の還付が受けられなくなってしまった事例」• 【】 「「中小法人等」の範囲を誤認したため、欠損金の繰戻しによる還付請求を行わなかった事例」• 【】 「特定期間における給与等支払額の合計額が1,000万円以下であったにもかかわらず、課税事業者と誤認し消費税の申告及び納付をしてしまった事例」• 【】 「相続税の申告において同族会社の敷地の用に供している宅地につき「土地の無償返還に関する届出書」を提出せずに借地権を計上してしまった事例」• 【】 「売掛金が回収不能となった事実を把握したが、その都度貸倒損失の計上をせず、まとめて貸倒損失を計上したため、税務調査で否認された事例」• 【】 「関与税理士に代わり資本政策のみを実行し、署名押印を行った決算期につき、破産管財人から、過大納付消費税額を賠償するよう求められた事例」• 【】 「株式移転完全子法人から設立の日以後最初に受ける配当は100%益金不算入になると説明し、多額の配当が実行されたが、実際には50%が益金算入となる配当であったため、正しい説明を受けていれば配当は行わなかったとして損害賠償請求を受けた事例」• 【】 「「雇用者給与等支給額が増加した場合の法人税額の特別控除」の適用にあたり、添付すべき計算明細書において「雇用者給与等支給増加額」を誤記載したため、過大納付税額が発生した事例」• 【】 「別表の添付漏れ及び適用額明細書への記載漏れを理由に、中小企業倒産防止共済掛金の損金算入が認められなかった事例」• 【】 「設立事業年度に決算期変更することにより、設立事業年度を短期事業年度にすることができたにもかかわらず、その説明をしなかったため、2期目から課税事業者になってしまった事例」• 【】 「公表裁決事例(「個別対応方式による仕入税額控除額の計算に当たり、一括仕入れの調剤薬品等の仕入れを共通売上対応分であるとした用途区分に区分誤りはなかった」)を知り、所轄税務署で個別相談した結果、裁決と同様の計算が可能との回答を得たため、過去に遡って損害賠請求を受けた事例」• 【】 「所得税の確定申告において、パソコンの不具合により電子申告が期限後になってしまい、65万円の青色申告特別控除が受けられなくなってしまった事例」• 【】 「法人成り初年度に「雇用者給与等支給額が増加した場合の法人税額の特別控除」(所得拡大促進税制)の適用が受けられたにもかかわらず、これを適用せずに申告してしまった事例」• 【】 「委託販売等に係る手数料を課税売上高から控除できたにもかかわらず、これを控除せずに簡易課税で申告を行ってしまった事例」• 【】 「特定期間で課税事業者になっていたことに気づかず、建物売却に係る消費税の納付が発生してしまった事例」• 【】 「過大支払利子税制の適用を失念し、修正申告でこれを行ったため、超過利子額の損金算入ができなくなってしまった事例」• 【】 「法人において支給した退職金のうち個人事業時代に該当する部分につき、退職金支給日の翌日から2ヶ月以内に所得税の更正の請求を行わなかったため、経費計上ができなくなってしまった事例」• 【】 「当初申告において合同会社の持分譲渡を誤って不課税売上として計算し、一括比例配分方式有利で申告したが、修正申告において非課税売上に修正したところ、課税売上割合が著しく減少し、個別対応方式が明らかに有利となった事例」• 【】 「2期連続期限後申告となったため、青色申告の承認が取り消され、欠損金額を翌期以降に繰り越すことができなくなってしまった事例」• 【】 「相続人が契約取得した「立体買換特例」に係る買換資産は、被相続人の相続財産に含まれず、当該買換資産に係る未払金も債務控除の対象にはならないとして更正処分を受けた事例」• 「「3,000万円の特別控除」は適用できるという税理士の誤ったアドバイスにより、居住用マンションを同族会社へ譲渡したため、修正申告となった事例」• 「資本金を1億円に減資し、中小法人になった場合のメリットを聞かれた際、「繰越欠損金を制限なく控除できる」旨の説明を行わなかったため、減資のタイミングが遅れ、繰越欠損金を当期所得の50%しか控除できなくなってしまった事例」• 「賃貸建物新築に係る消費税の還付を受けるため「課税事業者選択届出書」を提出したが、「簡易課税制度選択不適用届出書」の提出を失念したため、簡易課税での申告となり、還付を受けることができなくなってしまった事例」• 「渡切交際費の処理を誤回答したため、定期同額給与として認められず、税務調査で否認され、修正申告となった事例」• 「「非上場株式等についての贈与税の納税猶予及び免除」を適用して申告したが、申告期限までの担保提供を失念したため、納税猶予が認められなかった事例」• 「上場株式等の譲渡につき「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」の適用を受けようとしたが、当初申告をしていなかったため、適用が認められなくなってしまった事例」• 「贈与税の期限内申告の提出を失念したため、「医療法人の持分の放棄があった場合の贈与税の課税の特例」の適用ができなくなってしまった事例」• 「移転補償金を、一時所得として申告すべきところ雑所得で申告してしまった事例」• 「平成31年4月1日前に譲渡したため、老人ホームに入居してから相続を迎えた空き家の譲渡について、「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」の適用が受けられなかった事例」• 「概算取得費(売却代金の5%相当額)を使用した方が有利であったにもかかわらず、不利な実際の取得費を使用して申告してしまった事例」• 「未経過固定資産税の精算金により譲渡対価の合計額が1億円を超えたため、「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例」の適用が受けられなくなってしまった事例」• 「上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除の適用を受けるため、源泉徴収がある特定口座の特定上場株式等の配当や譲渡に係る所得を含めて申告したが、住民税において申告不要制度を選択しなかったため、所得税は還付になったが、住民税及び各種保険料は増加してしまい、かえって不利になってしまった事例」• 「「農地等の納税猶予の特例」の適用を受けて相続税の申告をしたが、宅地の評価誤りにより修正申告となったため、結果として納税猶予額が過少となってしまった事例」• 「建物の取得価額と取壊費用を取壊し時の損金の額に算入できたにもかかわらず、土地の取得価額に算入して棚卸資産として繰越処理をしたため、実効税率の差により、過大納付となってしまった事例」• 「再生計画の認可決定により、期限切れ欠損金を優先適用すべきところ、資産の評価換えについて誤った判断を行い、青色欠損金を優先適用してしまった事例」• 「外形標準課税の付加価値割の計算において、純支払賃借料の計算上、含めない事務所賃貸料に係る管理費を含めて計算し、報酬給与額の計算上、含めるべき現物給与及び出向者に係る給与負担金相当額を含めずに計算したため、トータルで過大納付となった事例」.

次の

puzzle7

消費税 簡易課税 申告書 エクセル

消費税のフリーソフト 消費税の納付額は、資金繰りに影響する 2年前の課税売上高が1,000万円を超えるなど、一定の規模の会社や個人事業主は、消費税を納付する必要があります。 一般的に、消費税は消費税の申告書を作成し、法人税や所得税の申告と同時に、申告・納付を行います。 消費税とそれ以外の税金で大きく違うことは、消費税はお客から預かっている税金なので、赤字でも納付しなけえればならないということです。 しかも、通常、消費税は法人税や所得税よりも大きな金額になります。 数百万円の税額になることも多くあるため、常に資金繰りには注意をしておく必要があります。 消費税の計算には、一般課税と簡易課税の2つの計算方法があります。 売上が一定金額より低い場合などは、計算が簡単な簡易課税を選択することができますが、それ以外は一般課税で消費税を計算します。 一般課税で消費税を計算する場合は、一つひとつの仕訳で正しい消費税区分を選択する必要があり、消費税の知識がない場合は消費税額の計算は難しいでしょう。 Excel 消費税 テンプレート 消費税申告書 税率8% をエクセルで作成するテンプレートです。 一般、簡易課税に対応しています。 シンプルで使い勝手の良いソフトです。 EXCEL 消費税 消費税及び地方消費税の計算を行い、申告書 一般用、簡易課税用 を作成することができるExcelのテンプレートです。 消費税 計算君 単純だけど使いやすい、消費税を計算するソフトです。 あると便利、そんなアプリケーションです。 操作性・機能性にすぐれた便利なソフトです。 VBA 消費税確定申告書 EXCELで一般課税用と簡易課税用の消費税確定申告書と計算明細書、付表1と付表2および付表2- 2 、付表4と付表5および付表5- 2 、消費税届出書を作成するシステムです。 データを入力すると、法人と個人の消費税の確定申告書が計算できます。 消費税のフリーソフト その2 ほよちゃん 消費税計算 消費税を計算して、税込金額・税抜金額・税額を表示します。 設定を変更することにより、税率や単位 結果を表示するときに同時に表示されます も変更可能です。 結果の数値をコピーすることができ、便利に使えます。 また、入力データから総勘定元帳、勘定集計表、補助元帳などが作成可能です。 消費税納税額 かんたんシミュレーション 事業者の年間消費税納税見込み額を計算する、中小企業向けの簡易シミュレーションです。 売上や仕入、原価等の内必要最低限の内訳を入力することで、おおまかな税額を算出することができる、便利なソフトです。 消費税 どっちがお得 消費税の簡易課税と本則課税のどっちが得かを考えることができるソフトです。 不動産収入のうち 非課税収入 住宅家賃など の多い方用に フォームもあります。 シンプルですが、消費税計算の標準機能はしっかり搭載されています。 源泉徴収・年末調整、確定申告、青色申告、住民税・所得税、法人税、減価償却 消費税のフリーソフト、シェアウェアのリンク集/消費税確定申告書、消費税届出書、簡易課税判定/税金計算、fx税金計算、退職金の税金計算、年金の税金計算、年収の税金計算、給与所得税の計算、ボーナスの税金計算、給与所得税の計算、確定申告の計算方法、住民税金額、パートの税金計算、受取利息の税金計算、確定申告税金の計算、賞与の税金計算、給与所得の計算方法、税金シミュレーション、市民税の金額、所得税の計算方法、源泉徴収税の税率など。 【 消費税 】のフリーソフト [TAO] 消費税の計算を行い申告書を作成。 事業所得 一般 について複式簿記の記帳を行い総勘定元帳・青色申告決算書を作成。 法人税の勘定科目内訳書・概況説明書を作成。 [井脇 健治] 源泉徴収簿・源泉徴収票・総括表・源泉税納付書のexcelシート、税務署から送付された消費税確定申告書 一般用 、PDF消費税確定申告書 一般用 へ印刷するEXCELシート、所得税青色申告決算書PDF 農業用 様式に印刷するEXCELシートなど。 [SOFT-J] 減価償却費の試算とグラフ表示のシミュレーション。 土地評価明細書と相続税申告書の試算表を作成して相続税シュミレーション。 法人税確定申告書、適用額明細書、復興特別法人税申告書、配当の支払調書・支払調書合計表を作成など。 [らくちんソフト] エクセルで法人税・地方税の別表を作成します。 科目内訳書・概況書・一般 簡易 課税申告書の作成。 Excelで源泉徴収票・支払調書・法定調書合計表の作成ができます。 [Gin] エクセルで、消費税申告書、法人税申告書、支払調書、勘定科目内訳明細書、地方税申告書が作成できます。 [大田真次] 法人税・法人県民税・法人市民税・事業税・消費税を、エクセルで計算します。 [Toppin] 原価から消費税・合計価格、合計価格から消費税・原価などの税金計算ソフトです。 百人一首、短歌等の「暗記・暗唱の練習」ソフトです。 学習ソフト、タイピングの練習ソフトです。 [イーフォーマット・ドット・ジェイピー] 消費税の簡易課税判定シミュレーションは、次期予算に基づき、本則課税か簡易課税か、有利な方を試算するソフトです。 [おパソ] 消費税の計算が簡単に行えます。 入居費用を計算します。 [川島 周二] Excelで作成した消費税の申告ソフトです。 エクセルの法人税・地方税・減価償却・内訳書作成のソフト。 EXCELで給与計算・年末調整・社会保険算定基礎・労働保険算定基礎ができます。 消費税計算 ソフト/申告書、エクセルフリー 消費税対策の基本は消費税計算のシステム化をきちんと作ることです 消費税率の改正について、どのような商品で、どのように税率が異なるかは、政府を中心に議論がなされているところです。 もし、消費税法が改正されているのにそのままの状態でソフトを使い続ければ、誤ったデータを作成してしまうことなり、会計業務をシステム化することから遠く離れてしまいます。 企業の消費税対策の基本は消費税計算のシステム化をきちんと作ることです。 会社の取引で発生した売上などには消費税の計算が必要になります。 消費税の申告には煩雑な計算が伴うので、その点をシステム化するのは大きなメリットがあるといえます。 将来的に増税が予定されていることもあり、今のうちに、会計システム、販売管理システムなどを使って、消費税の計算を簡略化しておくことで、企業経営を有利に進めることができるはずです。 特に、消費税の申告をする場合には、販売管理システムとの連動は欠かせません。 この2つをしっかりとシステム化することができれば、シームレスにデータ化を構築することが可能になります。 サイト内 人気ランキング 上位30件を表示。 つづきはサイト内 ランキング一覧を、ご覧ください。 539ビュー• 534ビュー• 521ビュー• 487ビュー• 485ビュー• 426ビュー• 425ビュー• 404ビュー• 353ビュー• 352ビュー• 314ビュー• 311ビュー• 309ビュー• 304ビュー• 303ビュー• 301ビュー• 298ビュー• 288ビュー• 286ビュー• 284ビュー• 281ビュー• 278ビュー• 275ビュー• 265ビュー• 262ビュー• 258ビュー• 253ビュー• 252ビュー• 246ビュー• 236ビュー.

次の

申告書添付書類 一覧(消費税及び地方消費税 申告書添付書類)|国税庁

消費税 簡易課税 申告書 エクセル

マイクロソフトのエクセルで2年度の消費税地方消費税の 確定申告書 一般用・簡易課税用 、OCR用紙と、 付表が手書き同様に作成できます。 令和元年10月1日からの、 消費税及び地方消費税が8%から10%への 引上げに対応しています。 このソフトは、令和2年4月1日から 令和3年3月31日までに、開始した事業年度 1年間しかご使用できません。 b 申告書の手書き感覚で申告書の作成ができます。 c データ入力用シートに、金額を入力します。 d 白色の部分 セル に、入力します。 青色の文字で表示されます。 ブックは、シート間の計算に影響するため解除できません。 f OCR用紙の印刷については、 プリンターのメーカーにって、 多少のずれが発生する場合があります。 各自で調整して下さい。 簡易課税は、税込みで入力します。 一般課税は、税込み、税抜きいずれかを選択してください。

次の