豚汁人気レシピ。 プロの味!簡単にして激ウマな豚汁の秘密 by こじまぽん助 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

カレーなどのアレンジ色々!豚汁のリメイクレシピ11選

豚汁人気レシピ

寒くなると食べたくなる豚汁ではないでしょうか? 体がほっくり暖かくなりますからね。 そんな豚汁の人気レシピで1位の簡単絶品レシピをご紹介します。 豚汁を食べて体の芯から暖かくなりましょう! この季節になると寒くて温かいものが食べたくなりますよね。 鍋ものはもちろん手軽に作れる汁物も美味しいですよね。 お味噌汁も美味しいですし、ポタージュやスープ、豚汁や けんちん汁なども美味しいですよね。 けんちん汁と豚汁の違いは何かいまいち分からないのは私だけでしょうか。 そもそもけんちん汁にしても豚汁にしても, それぞれのご家庭の味ってものがありますよね。 ベースになる味や、中に入れる具だったり隠し味だったりと様々だと思います。 今回は、豚汁の人気のレシピやご家庭での隠し味、具材などを調べてみました。 そもそも豚汁とけんちん汁の違いとは どちらも色々な野菜を使って作る、 お味噌汁なので混同されやすいそうです。 豚汁とけんちん汁の大きな違いは、 「けんちん汁に使う具材は一度油で炒めている」ということだそうです。 両方ともゴボウや大根のような根菜類を使い、味噌で味付けし、 しょうがやねぎの薬味を添えるので風味も良く、汁ものとしてだけではなく、 主菜にもなるという点で、広く好まれています。 もともと、けんちん汁は精進料理のため、だしも昆布としいたけから取り、 豚肉なども加えられませんでしたが、最近は、一般家庭などで、 根菜などの野菜や豚肉を炒めて、かつお節でだしをとり、 味噌で味付けするなど、豚汁とけんちん汁の具材と調理方法が似ていて、 その違いはわかりにくくなってきているようです。 ちなみに豚汁に良く使用されている具材は、豚肉、大根、にんじん、ゴボウ、 レンコン、豆腐、こんにゃく、きのこ類、白菜、じゃがいも、さつまいも、 里芋など本当に地域やご家庭によって様々ですね。 我が家では、豚肉、だいこん、にんじん、しめじです。 必ず冷蔵庫に入っているような野菜のみで作っています。 ちなみに隠し味はゴマ油です。 ゴマ油は隠し味と言っていいのか分かりませんが使用している人は多いようです。 その他の隠し味としては、バターを入れるとコクがでてまろやかになるそうで、 豆板醤を入れる人もいるみたいです。 豆板醤はコクが出てピリ辛になるそうで、薬味としてしょうがのすりおろしや、 七味や一味唐辛子が定番のようです。 豚汁 けんちん汁 人気の豚汁の作り方 材料 3~4人分• 豚肉薄切り :150g 切り落としや、こま切れ• 大根 :5cm程度• 長ネギ :1本• 冷凍さといも :5個• 油揚げ、こんにゃく等はお好みで• 味噌 :50g~60g程度• 酒 :大さじ1• 醤油 :大さじ1• だしの素 :適量• ゴマ油 :2~3滴 作り方• 豚肉と野菜を切る。 豚肉は一口大、大根はいちょう切り、にんじんは輪切り、長ネギはぶつ切り、ごぼうはささがき)• 鍋にすべての野菜と冷たい水 1リットル弱くらい を入れ、強火にかけ、沸騰したらアクを丁寧に取って、弱火にする。 味噌を半量だけ溶き入れ、酒を入れて鍋に蓋をし、野菜が柔らかくなるまで弱火で煮る。 野菜を煮ている間に、豚肉を軽く湯通ししておく。 野菜が柔らかくなったら豚肉を入れ、残りの味噌を溶き入れる。 しょうゆを入れて味をみて、お好みでだしの素を少量加える。 (なくてもOK)• 香りづけのゴマ油を2、3滴お玉にたらして混ぜる。 肉に火が通っていれば火を止め、出来上がりです。 くどくなると思います。 動画で見る豚汁作り方 上記に記載のレシピとは別です 寒くなるにつれて、今回ご紹介した豚汁やけんちん汁が恋しくなります。 ホントッ!寒い日なんかはおいしいですし、体が温まります。 今回、紹介したレシピを参考に美味しい豚汁を作っては如何ですか? 他にもこんな料理のレシピをご紹介しています。 - 129,490 views• - 124,718 views• - 70,430 views• - 56,392 views• - 52,367 views• - 44,487 views• - 44,390 views• - 38,509 views• - 38,252 views• - 37,564 views• - 37,024 views• - 36,493 views• - 35,912 views• - 35,267 views• - 35,018 views• - 34,939 views• - 34,585 views• - 34,410 views• - 18,515 views• - 16,470 views.

次の

ほっこり具沢山の豚汁 作り方・レシピ

豚汁人気レシピ

豚バラ肉(薄切り) … 150~200g• 大根 … 100g• 里芋 … 4個(約150g)• 長ねぎ(白ねぎ) … 1本• いんげん … 7~8本• 味噌 … 大さじ5~6ほど• 一味唐辛子 … 好みで少々• これで6~8人分ほど。 量が多い場合は半分に減らして作ってみてください。 里芋はさつまいもや長芋、じゃが芋に置き換えても。 また、根菜類とねぎが美味しさもポイントなので、いんげんなどの青みはなければ入れなくてもOK。 豚汁の具材の準備 豚汁は 豚肉とたっぷりの根菜類を合わせるのが基本です。 今回は【大根、にんじん、ごぼう、玉ねぎ、里芋、長ねぎ(そこに青みのいんげん)】を合わせます。 また、豚肉に関しては、うま味と脂がしっかりと出る 豚バラ薄切り肉がおすすめです。 厚みのあるものより薄めくらいのものが汁によくなじんで美味しいと思います。 具材の切り方は、大根とにんじんは大きさに合わせて半月切りやいちょう切りにします(ともに食べやすい5㎜くらいの厚みで)。 長ねぎは1㎝幅の斜め切り、玉ねぎは5㎜幅ほどに切ります。 ごぼうは小さめの乱切りにして水にさらし、里芋は大きめのひと口大に切ります。 豚バラ肉は2~3㎝幅に、いんげんはヘタを落として斜め切りにします。 豚汁のレシピ(まずは具材を炒める) 豚汁の具材の準備ができたら、鍋に油を入れてはじめに具材を炒めます(油はごま油かサラダ油をお好みで。 ごま油ならコクと香りがより強くなります)。 美味しい豚汁を作るには、この 【水やだし汁を入れる前に具材を炒める】という工程が大切で、これにより具材の風味が油に移って、より仕上がりに深みが出てくれます!• 鍋を中火で熱して油が熱くなれば、いんげん以外の野菜をすべて加えます。 1~2分ほど野菜に油がなじむ程度に炒め合わせ、その後に一度火を止め、箸で豚肉をほぐしながら上に広げます。 そうすると鍋底にくっつくことなく炒めることができます。 豚肉をほぐしながら広げ入れた後は、弱火にかけ、全体を混ぜながら2~3分かけてじっくり炒めます。 徐々に豚肉の色が変わって、火が通ることで脂も出てきます。 その出てきた脂と野菜が混ざり合い、炒め合わされる時間を取った後に水分を加えるとよいです。 豚汁のレシピ(味噌を溶き入れ仕上げる) このレシピで加える水分量は1リットルです。 水1Lでも美味しくできますし、好みでだし汁を使ってもうま味がしっかりとした仕上がりになります。 水を加えたら火を強めて沸騰を待ちます。 沸いたらアクが出てくるのでお玉ですくい取ります。 アクをすくい取ったら、味噌の半量(大さじ3)をここで溶き入れます。 半量の味噌を溶き入れた状態で、7~8分ほど弱火でコトコトと煮て、具材に火を通します。 大きめの里芋などに竹串を指して火通りを確認し、火が通っていればいんげんを加えます。 いんげんを加えてさらに2~3分煮て火を通します。 最後に残りの味噌を溶き入れます(味噌は合計で大さじ5~6を目安に、ご家庭の味噌の塩分によって調整してください)。 椀に盛って好みで一味唐辛子をふりかけても。 豚汁はどんな野菜とも合わせやすいので、上の具材の他にも、れんこんやじゃが芋などの根菜類、しめじや椎茸などのきのこ類、蒸し大豆を入れてもいいし、あさりを一緒に火を通して加えたりしても美味しいです。 水で美味しく作れるので水だけでもいいのですが、少しうま味をプラスしたい場合は 煮干しを3~4尾ほど水と一緒に入れるなどするのも、だし汁を用意するよりは手軽に行えます。 【レシピ更新情報】写真をすべて撮り直し、水分量や具材を炒めるタイミングの変更などを行いました(2018.

次の

豚汁人気レシピ第1位はコレ!簡単絶品豚汁レシピをご紹介!

豚汁人気レシピ

いわゆる「分子調理学」と呼ばれるものです。 小難しく聞こえるかもしれませんが、要はテクニックなんかなくてもどーやりゃ料理が旨く出来るのかを追求してるだけですw 思うに、プロ 飲食業を営む料理人 の世界は調理器具、調理法の進歩で、どんどん進化して、どんどんおいしくなっているのに対して、家庭料理は... 30年前と比べて変わってるのかな?という疑問があって。 そのプロたちの進化具合を家庭料理に落とし込んで「日本中の家庭料理をもっとおいしくしたい」というのが、僕のコンセプトです。 焼き色をしっかりつけてあげることで、肉が焼けた時の特有の香ばしさ メイラード反応と言うんですが が出るんですね。 でも、ごぼうが鍋に入ったままだと、 ・鍋の温度が上がりにくい ・肉が直接鍋に触れる面積が小さくなる ことから、焼き色がつきにくくなります。 だから、一旦ごぼうを取り出すんです。 ただ、同じことは別の方法でもできるので参考までに。 でも、洗い物が増えるのと、焼いた後の旨味たっぷりの脂をこそげ取り切るのが難しいのが難点。 ただ、これをするためには結構でかい鍋が必要なんで、あんまり家庭向きではありません。 ということで、家でやりやすく、かつ確実な方法として「一旦取り出す」に至ったという経緯なんです。 レシピ上では蒸す時間を10分としてますが、もっと長く時間を取った方が旨味が出ます!僕も普段作るときは20〜30分は蒸します。 こんな感じで大丈夫ですか〜?.

次の