あたしのポケモンが華麗に。 【ポケモンGO】ロケット団セリフ別使用ポケモンとゲット可能なシャドウポケモン一覧(2020年4月6日更新版)

【ポケモンGO】ボスゴドラの種族値と覚える技

あたしのポケモンが華麗に

プロフィール [ ]• 出身地:・キッサキシティ• 職業:ポケモンコーディネーター• 登場時期 :DP・MV• グランドフェスティバルでの戦績• シンオウ:優勝 各国の日本国外名 [ ]• 英語:Zoey• 韓国語:ソマン : 소망 人物 [ ] DP11話から登場したポケモンコーディネーターの少女。 一人称は「あたし」。 レディーゴー! ロケット団からは「ガール」と呼ばれている。 レギュラーキャラクター以外で次回予告を務めたキャラクター。 映画『』では、エンディングで僅かに登場。 性格・特徴 [ ] サバサバとした姉御肌で面倒見がよく、知人・友人に対する悪口 は絶対許さない。 向上心の強い努力家であり、の練習にも余念がない。 常にを持ち歩き、コンテストの最新情報をチェックしている。 ボーイッシュな容姿のためか、コンテストに出場する際はをすることが多い。 対人関係 [ ] サトシやの主なライバルキャラクター達とは対照的に、初対面からヒカリに友好的で、ヒカリから「お姉さん」のような存在と慕われており、サトシからも良い奴と評されている。 一方でヨスガ大会でヒカリが天狗になっていたことや、ズイ大会で技ばかり磨きをかけて、主役のポケモンを見出してないことに関しては厳しく指摘している。 サトシのことは「変わり者」と捉えているが、彼に対しても基本的には友好的である。 キッサキシティのジムリーダーであるはトレーナーズスクール時代の先輩で、現在でも彼女のことは「スズナ先輩」と呼び慕っている。 幼少時代、スズナと「バトルかコンテストのどちらか一本に絞って頂点に立つ」という約束をしたことがあり、このことから目標に中途半端で「どっちつかず」なトレーナーが遊んでいるように見えてしまい嫌っていた。 このため、誤解であるが「ジム戦前に勢いを付けるためにコンテストに参加した」と言ったサトシに対しては厳しい態度を取り、ジムとコンテストの両制覇を目指すに対してもやや軽蔑的な態度を取っていた。 しかし、ナオシに敗れたことやスズナから「やりすぎ」と言われたこともあってか、後に考えを改め、ジムとコンテストの両方を極める意味も理解し、ミクリカップ開催前日にサトシに以前の態度について謝罪している。 略歴 [ ] ヒカリとはコトブキ大会で落し物を届けたことをきっかけで知り合いになった。 DP155話でヒカリよりも先にコンテストリボンを5つゲットし、グランドフェスティバル出場資格を得ている。 グランドフェスティバルではヒカリと最初に戦った時の約束通り、ファイナルにてニャルマーとエルレイドで対決。 お互い一歩も譲らない戦いを繰り広げ、最後は僅差で勝利。 トップコーディネーターの仲間入りを果たした。 優勝後、スズナが祝勝会を開くためにキッサキシティに向かっており、その際にヒカリも誘っているが、サトシのシンオウリーグを見届けたいヒカリの気持ちにも気付いており、快く送り出した。 ノゾミのポケモン [ ] ニャルマー [ ] - 登場時期:DP DP11話から登場。 元々は捨てられていたポケモンで、トレーナーズスクールに通っていた頃のノゾミに拾われる。 ノゾミの家では飼うことができなかったため、スクールの小屋で育てられることになった。 担任の先生に見つかった時はスズナの説得によりスズナとノゾミの二人で世話をすることになり、その後ノゾミの初めてのパートナーポケモンとなった。 素早さが高く、相手の技を「シャドークロー」や「アイアンテール」で受け止めつつ、スピードを生かした連続攻撃をするのが得意。 使用技は「アイアンテール」、「シャドークロー」、「10まんボルト」、「でんげきは」、「ねこだまし」。 ゴーストタイプであることを生かしたトリッキーな戦法を使う。 シンオウグランドフェスティバル時にはムウマージに進化しており、セミファイナルでリーフィアとのコンビでナオシと対戦し、勝利している。 使用技は「かげぶんしん」、「おまじない」、「でんげきは」、「サイコウェーブ」。 西の海の個体。 人見知りが激しく甘えん坊な性格。 シンオウグランドフェスティバル時にはトリトドンへと進化。 1次審査でネオラントとコンビを組み、ノゾミを2次審査へと導いた。 使用技は「どろばくだん」、「めざめるパワー」、「ふぶき」、「みずのはどう」。 ミクリカップの1次審査では華麗な泳ぎと優雅な技でアピールする。 シンオウグランドフェスティバル時にはネオラントに進化し、ミクリカップと同じく1次審査で登場。 トリトドンとコンビを組み、ノゾミを2次審査へと導いた。 使用技は「ぎんいろのかぜ」、「しんぴのまもり」、「たきのぼり」、「アクアリング」。 リーフィアとコンビを組み、ヒカリの「フレイムアイス」の特訓に協力する。 シンオウグランドフェスティバルでは決勝戦で活躍し、ニャルマーとのダブルパフォーマンスでヒカリを破った。 現在の使用技は「サイコカッター」、「しんくうは」、「シグナルビーム」、「つるぎのまい」。 進化前は「マジカルリーフ」や「サイコキネシス」も使用。 リーフィア [ ] 声 - 登場時期:DP DP155話から登場。 訓練中のポケモンとして使用。 キルリアとダブルで「マジカルリーフ」を使うコンビネーションを見せる。 キルリアとコンビを組み、ヒカリの「フレイムアイス」の特訓に協力する。 シンオウグランドフェスティバルではセミファイナルでムウマージとコンビを組んでナオシと対戦、見事勝利している。 使用技は「リーフブレード」、「エナジーボール」、「かげぶんしん」、「つばめがえし」。 脚注 [ ] []• 記載されている略号• PM :編 KT 、オレンジ諸島編 OS 、編 JT• AG :編 HT 、編 BF• 第1期 BW1• 第2期(シーズン2) BW2 :エピソードN BW2N 、デコロラアドベンチャー DA• PM2• 一例は、シンジと初対面をした時、シンジがサトシに対して言った言葉に不快感を見せ、衝突した。 41話で怪我をした際はヒカリも含めて賑やかな人達と言っている。 『』第一回放送分より。 関連項目 [ ].

次の

【ポケモンGO】ロケット団セリフ別使用ポケモンとゲット可能なシャドウポケモン一覧(2020年4月6日更新版)

あたしのポケモンが華麗に

・使用ポケモン• ニョロボン• ラプラス• カビゴン• ギャラドス• カイリュー• サーナイト ゲットチャレンジに出現する可能性のあるポケモン• ラプラス 主な対策ポケモン• ライコウ• エレキブル• メタグロス• カイリキー• バンギラス• マンムー• ディアルガ 今後のアップデートでさらにシャドウポケモンが追加される可能性あり ロケット団したっぱの使用するシャドウポケモンは、アップデートにより種類が増加していきます。

次の

GOロケット団 (ごーろけっとだん)とは【ピクシブ百科事典】

あたしのポケモンが華麗に

あたしの名はラングレー、ドラゴンポケモンを倒す者、ドラゴンバスター。 前にドラゴンポケモンを使うトレーナーに負けてから、あたしは対ドラゴンポケモントレーナー、名付けてドラゴンバスターを目指す事になった。 そのためにドラゴンポケモンを色々調べ、その対策を色々練り上げてきた。 ドラゴンマスターを目指している竜の里出身のアイリスや、その連れのサトシを始めとした様々なトレーナーやポケモンと戦い、あたし自身も少しずつ強くなったつもりだ。 だけどあたしはドラゴンバスターとしても、トレーナーとしてもまだまだ強くは無い。 あたしに付いてきているポケモン達と一緒に、最強のドラゴンポケモンを倒す。 一体何なの?明らかに怪しげな雰囲気だけど。 「破壊光線!」 あたしがどうしようと考えている時、突然上から破壊光線が放たれ、男達を吹き飛ばした。 吹き飛ばされた男達は全員地面に叩き付けられる。 「な・・・何なのよ?」 突然の事にあたしはどうすればいいのか分からずに居た。 その時、あたしの前に見覚えのあるポケモンが地上に降りてきた。 「あれって・・・カイリュー!?」 アイリスも使っていたドラゴンポケモン、カイリュー。 その背には黒いマントに身を包んだ赤い髪の男性が立っていた。 「そこまでだ。 お前達ポケモンハンターを逃がすと思ったか?」 「くそっ、しつこいGメンだ。 わざわざカントーからイッシュまで来るとはな。 だが逃げ切ってやるぜ!行け、オノンド!」 ハンターらしい男達はドラゴンタイプのオノンドを数体繰り出してきた。 どうやらオノンドを使う男達はポケモンハンターで、カイリューを使っているのがポケモンGメンらしい。 「お前達、ここは頼むぞ。 俺は先にずらかる」 リーダーらしい男は同じくドラゴンタイプのサザンドラを出し、それに乗って逃げようとしている。 「逃がすか、カイリュー!」 「おっと!あんたの相手は俺達だ。 ここで足止めさせてもらうぜ」 カイリュー使いの人は部下に足止めされ、リーダーを追えない。 普通ならあたしが口出しする事じゃないんだけど・・・ 「バイバニラ、ラスターカノン!」 ボールから出てきたバイバニラがサザンドラに攻撃する。 「何だ?お前は」 「通りすがりのドラゴンバスターよ。 悪いけどそのサザンドラ、倒させてもらうわ」 「戯言を!お前の様な小娘に構っている暇は無い!サザンドラ、火炎放射!」 あたしのバイバニラに向かって弱点である火炎放射を繰り出してくる。 だけどあたしのバイバニラに火炎放射・・・特殊攻撃を繰り出すのは大きな間違い。 「ミラーコート!」 バイバニラの前に現れた光の壁が火炎放射を跳ね返した。 「何っ!?」 「今よ!バイバニラ、吹雪!」 すぐにあたしはバイバニラに吹雪を指示した。 氷タイプの中でも高い威力を誇る吹雪を受け、サザンドラは地面に倒れた。 「馬鹿な!サザンドラが!?」 「この程度なの?高いポテンシャルを持ってるサザンドラを使いこなせていない様ね」 幾ら弱点だからって、簡単に倒せた事に拍子抜けした。 確かにドラゴンポケモンは高い能力を持っているけど、結局そのトレーナーが使いこなせなければ大した事は無い。 ・・・まあアイリスのカイリューの様に例外はあるけど。 「くそっ、ならば他のポケモンで・・・」 「悪いがそこまでだ」 他のポケモンを出そうとした時、リーダーの後ろにさっきのカイリュー使いの人が立っていた。 もしかしてもう手下全員を倒したの? 近くを見てみると、確かにあのリーダーの手下達が気絶して倒れていた。 「まさかこうも簡単に!?」 「お前達を逮捕する。 ・・・そこの君、協力に感謝するよ」 リーダーを逮捕した男性はあたしにそう礼を言った。 「あたしは大した事はしてません。 そのサザンドラも大した相手じゃありませんでしたし」 「そうか。 俺はポケモンGメンのワタルだ」 カイリュー使いのその人はワタルと名乗った。 何か聞き覚えのある名前なんだけど・・・ 「ワタル・・・カイリューを使うマントの男性・・・まさかカントー地方の四天王の!?」 「まあ本業はそっちだけどね」 苦笑しながら自分の正体を明かしたカイリュー使いの人。 そう・・・あたしの前に突然現れたのは、カイリューを使う最強のドラゴン使い、ワタルさんだった。 「ラングレーだったね。 さっきは助かったよ」 「いえ・・・あたしは大した事はしてません。 ワタルさんならあたしが手を出す必要は無かったでしょうし」 さっきの男達をワタルさんの仲間が連れて行った後、あたしは彼とそう話していた。 カントー地方に君臨する最強のドラゴン使い。 ドラゴンポケモンを極めたドラゴンマスターとも言えるその実力は、このイッシュにも知られている。 「そういえば君はさっきドラゴンバスターと名乗っていたね?」 「ええ・・・あたしはドラゴンポケモンを倒す者、ドラゴンバスターを目指しているんです」 「ドラゴンバスターか・・・どうしてそれを目指すんだい?」 あたしのドラゴンバスターについて興味を持ったワタルさんはそう尋ねてきた。 「最初の頃はドラゴンポケモンを使うトレーナーに負けて、そのドラゴンポケモンとそのトレーナーを倒すためだったんですけど、ドラゴンポケモンの事を調べる内に、その能力や生態に興味を持ち始めました。 確かにドラゴンポケモンは高い能力を持っていますけど、バトルは能力だけで勝てるものじゃない。 ドラゴンポケモンの特徴を知って、あたしなりの戦い方で多くのドラゴンポケモンと戦って、強くなりたい。 あたしのライバルである未来のドラゴンマスターと戦うためにも。 ・・・それが今のあたしのドラゴンバスターのあり方です」 今のドラゴンバスターを目指す理由についてあたしはそうワタルさんに説明した。 ドラゴンポケモンの事を知る内に、もっと多くのドラゴンと戦ってみたい。 一応、あたしのライバルであるアイリスが本物のドラゴンマスターとなった時、あたしもドラゴンバスターとして全力で戦う。 そのために今のあたしに出来るのは、多くのドラゴンと戦って少しでも強くなる事。 「・・・なるほどな。 最終的にはライバルとの決着のためにか・・・」 あたしの話を黙って聞いていたワタルさんはそう呟いた。 「どうだい?ラングレー君が良ければ俺とバトルしてみないかい?」 「ええっ!ワタルさんとあたしがですか!?」 突然ワタルさんからバトルを申し込まれ、あたしは驚きの声を上げた。 まさかこんな所でカントーのドラゴン使いと戦えるなんて! 「・・・分かりました。 貴方とのバトル、全力で挑ませてもらいます」 驚きと興奮を抑えつつ、あたしは目の前のドラゴン使いとのバトルを受けた。 今のあたしが何処まで彼に通用するかは分からない。 だけど、彼とのバトルであたしは何かを学べるかもしれない。

次の