エアコン クリーニング ホース。 エアコン排水ホース(ドレンホース)の交換

エアコンのドレンホースから虫が入ってくるって本当?

エアコン クリーニング ホース

エアコンのドレンホースクリーナーについて 突然ですが、エアコンのドレンホースはきちんと掃除していますか? というのもエアコンの配管であるドレンホースは手入れをしなければ内部にゴミが溜まってきてしまいます。 そしてこのゴミはエアコンの室内機から水漏れという事態を発生させてしまうことがあるのです。 そこで今回の記事ではエアコンから水漏れが発生するという事態を防ぐべく、ドレンホースの掃除用具であるドレンホースクリーナーの使い方及びホームセンターに売っているのかについて紹介していきます! 今までドレンホースの掃除なんてしたことが無かったという方はこの記事を参考に、初めての掃除を行ってみてはいかがでしょう。 エアコンのドレンホースクリーナーとは? エアコンは通常に使用しているだけでドレンホース内に汚れやゴミ等が溜まっていきます。 そしてそれは水漏れ等の症状を引き起こしかねないのでできるだけ素早く改善する必要があります。 そんなエアコンのドレンホース内を簡単に掃除するべく開発された専用の掃除用具がドレンホースクリーナーです。 使用用途についてはそのネーミングからも推測できますよね。 このドレンホースクリーナーの特徴はドレンホースの中に差し込むため先っぽが細くなっていることで、全体的に見るとポンプのような形状となっています。 エアコンのドレンホースの掃除にはまさにドレンホースクリーナー一本で十分というのがドレンホースクリーナーなのです。 エアコンのドレンホースクリーナーでの掃除方法 それでは次に、エアコンのドレンホースクリーナーの使い方について紹介していきます。 ただその際、年数が経っていれば経年劣化によりドレンホースの差込口 先っぽ がボロボロと崩れる可能性があります。 よって崩れるようであれば、ビニールテープ等を別途用意し、補強してからドレンホースクリーナーを差し込みましょう。 簡単にまとめると差し込んで吸引するという使い方であるため難しい操作は特に無いということがお分かりいただけますよね。 ただし吸引する際の注意点として、 必ず引いたレバーをドレンホース内部で押さないようにしましょう。 レバーを押してしまうとせっかく取り込んだ汚れ及びゴミを排出してしまうことになります。 必ずレバーを押すのはドレンホースの外にしましょう。 そして中で汚れやゴミを取り込んで、外でそれらを排出するという動作を繰り返したのち、ドレンホースから水がスムーズに流れるようになれば作業は完了です。 後は最後の後片づけとしてドレンホースクリーナー内部に汚れを残さないように水を取り込み、排出を繰り返してください。 使い捨てではなく、同じような事態の際に何度も使用するものであるため念には念を入れた手入れを行うようにしましょう。 おすすめのエアコンのドレンホースクリーナー エアコンのドレンホースクリーナーと聞いても中々どのような商品があるのかピンときませんよね。 そこで次に、ドレンホースクリーナーについておすすめの商品を紹介していきます。 というのもこちらの商品は 数あるドレンホースクリーナーの中でも特に満足度が高く、商品カテゴリーの中ではベストセラーとなっているからです。 やはり多くの方が満足している商品ということは性能が高いと言えますからね。 さらにこちらの商品はエアコンのドレンホースの掃除以外にも 排水口でも使用可能なアタッチメントも付属しています。 これにより、お風呂場の詰まりや台所の詰まり等を改善させるにもこのドレンホースクリーナー一本あれば十分ということになります。 まさに一本で二役三役にとどまらず四役もこなせる商品となっているためおすすめなのです。 エアコンのドレンホースを掃除するためのドレンホースクリーナーを探しているという方はぜひこちらの商品の購入を検討してみてください! エアコンのドレンホースクリーナーはホームセンターに売ってる? エアコンのドレンホースクリーナーはホームセンターにも売っています。 参考元: なので、通販が苦手だという方はコーナンのようなホームセンターまで買いに行ってみてくださいね。 ただ、店舗によっては取り扱っていない所もあるかもしれませんので無駄な手間になることを避けるためにも一度訪問するホームセンターに電話をしてドレンホースクリーナーがあるかどうかを確かめた方が良いでしょう。 そしてドレンホースクリーナーは ホームセンターの他にも電材屋や東急ハンズでも購入可能です。 参考元: しかし100均には残念ながらドレンホースクリーナーは売っていません。 100均で売っている灯油ポンプのようなもので代用可能かもしれませんが吸引力の弱さやドレンホースとのサイズが合わなければ余計な被害を被る可能性もありますので素直にドレンホースクリーナーを買いに行きましょう。 ということで、エアコンのドレンホースクリーナーはホームセンターの他にも電材屋、東急ハンズ等に売っています。 ドレンホースクリーナーの売ってる場所について気になる方はぜひ参考にしてみてください。 まとめ エアコンのドレンホースクリーナーの使い方はドレンホースに差し込んだ後レバーを引いて汚れやゴミを取り込み、レバーを押してそれらを排出するだけです。 言わずもがなですが、レバーを押す際は袋の上等その汚れやゴミを排出しても良い場所で行ってください。 使い方に関しては以上なので、特に難しい操作に悩むという方はいないと思われます。 エアコンのドレンホースクリーナーの売ってる場所には、ホームセンターの他、電材屋、東急ハンズが挙げられるため、通販での購入は嫌だという方はそちらにてお買い求めください。 初めてドレンホースクリーナーを使用するという方の役にこの記事が立ちましたら幸いです。

次の

エアコンクリーニングでドレンホースは掃除可能?悪臭も解消?!

エアコン クリーニング ホース

詳しくは対象のをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。 カートで自動計算されます。 【クレジットカード決済】 【PayPay残高払い】 【コンビニ決済】 【ペイジー決済】 【商品代引き】 【銀行振込】 【各種携帯支払い】 がご利用頂けます。 営業日を当店カレンダーにてご確認の上お問合せください。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願い します。 大変お手数ですが、お問い合わせ・ご要望は までご連絡くださいますようお願いいたします。 当店より折り返しご連絡差し上げます。 平日のみの返信となります。 営業日で1日〜2日内にお返事させて頂きます。 お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 【商品の卸をご希望の業者様へ】 当店の商品をまとめてご購入、販売頂ける方も募集しております。 メールにてご連絡下さい。 ご注意点はお買い物ガイドにございます。 ご了承の上ご注文頂けますようお願い致します。

次の

エアコン水漏れの原因。ドレンホースの掃除方法と修理代金。

エアコン クリーニング ホース

車1台に対し80本以上のホースが使われていることをご存じでしょうか。 その大半が口径も長さも異なり、車を動かす上で重要な役割を担っています。 それはカーエアコンも変わりません。 代表的なものがエアコンホースとドレンホースです。 カーエアコンのホースにはどんな役割がある? エアコンホースとドレンホース、それぞれ役割が異なります。 エアコンホースとは エアコンホースは、家庭用エアコンの室外機にあたるコンプレッサーと、室内機にあたるエバポレーターを巡回しているホースで、冷媒であるエアコンガスを運ぶためのものです。 コンプレッサーからエバポレーターにつながれているのが高圧ホース、エバポレーターからコンプレッサーに戻っていくのが低圧ホースといわれ、送るエアコンガスの性質に合わせて区別されています。 ドレンホースとは ドレンホースは、エバポレーターからボンネット方向に延びているホースで、最終的には車外に通じています。 主な役割としては、カーエアコンを作動させているときに発生した、窓ガラスの曇りや結露の原因となる水分を外に逃がすことで、 排水ホースともいわれています。 カーエアコンのホースが故障するとどうなる? エアコンホースもドレンホースもゴム製ですので、使い続けていくうちに故障することがあります。 ただし用途が異なるためトラブルの性質が違います。 エアコンホースのトラブル エアコンホースは冷媒であるエアコンガスを運ぶためのホースなので、故障するとカーエアコンの効果が悪くなります。 ドレンホースのトラブル ドレンホースは余剰水分を排出するホースなので、故障によって水漏れが起こります。 運転席に水たまりができた場合はドレンホースの故障を疑ってください。 カーエアコンのホースが故障する原因 故障の原因も、エアコンホースとドレンホースでは異なります。 エアコンホースの故障の原因 エンジンルームから車内へ、さらにエンジンルームに戻ってくるエアコンホースに求められるのは、気化と液化を繰り返すことで冷たい風を作り出す冷媒、エアコンガスをきちんと運ぶこと。 ただし起動するエンジンの振動を直接受ける場所にあるので、 故障の原因も振動による亀裂などが多くなっています。 ドレンホースの故障の原因 一方のドレンホースは、流れているのは不要になった水ですが、その水垢が溜まったり、車外とつながっていることから、外からの異物、ゴミや葉っぱなどが詰まることもあります。 さらに口径が小さかったり大きかったりと、合っていないこともあります。 カーエアコンのホースは自分で修理や交換できる? エアコンホースやドレンホースを自分で修理や交換できるかと問われたら、専門的知識のない方には難しいとお答えするしかありません。 エアコンホースにしろ、ドレンホースにしろ、ホースだけでは修理も交換もできません。 ジョイント部分の口金やパーツが必要になりますし、専門の工具も必要です。 また、 設置されている場所がコンプレッサーやエバポレーターなど、間違って傷つけたり壊したりすると修理費用が高額になる可能性があります。 ただしドレンホースの場合は、ホースの出口に葉っぱやゴミが詰まっていれば自分で取り除くことはできます。 亀裂に関してはプロにお任せしたほうが無難でしょう。 業者に依頼する場合にかかる費用や時間について 自分でできない場合どこにお願いすればよいかというと、まずはディーラー、整備工場があげられます。 修理を請け負っているカー用品専門店やガソリンスタンドなどでも可能なこともあります。 気になる修理に要する日数と費用ですが、 ディーラーや整備工場では3日から1週間ぐらいと思ったほうがよいでしょう。 費用ですが、工費を含めてドレンホースの場合は5,000円から20,000円くらい。 エアコンホースは高圧、低圧ともに3万円前後です。 日頃のメンテナンスで修理を回避 車はそれ自体が精密機械です。 ただ、いくら走行実験が行われているといっても、振動を原因としたトラブルは免れません。 特に快適なカーライフに欠かせないカーエアコンは、故障した箇所にもよりますが修理費用が高額になる可能性があります。 日頃のメンテナンスとプロの目による点検を行いながら、ご自分の車のカーエアコンを定期的に見直してみませんか。 エアコンの効きが悪くなっていたり、臭いが気になり始めた場合は、エアコン内部に汚れが蓄積している可能性が高いので、エバポレーターの洗浄も併せて検討されることもおすすめいたします。

次の