キャプテン アメリカ 日本 人。 キャプテン・アメリカの後継者が語る、シールドを受け継ぐ意味とは

アメリカと日本のヒーローの違い〜仮面ライダー・ウルトラマン・スーパーマン・キャプテンアメリカなど〜

キャプテン アメリカ 日本 人

アメリカン・ヒーローを一堂に集めた人気映画『アベンジャーズ』。 その宣伝コピー 「日本人よ、これが映画だ。 」に対して作家の矢作俊彦氏が噛みついたのは記憶に新しいところです。 ハードボイルド小説のみならず、無駄な開発事業を批判するなど日本を憂うルポでも知られる矢作氏。 CGを多用する派手な娯楽映画である『アベンジャーズ』が「これぞ本物の映画」と名乗っている、しかも「日本人に教えてやろう」という上から目線であるということに相当カチンと来たようで、ツイッターで 「これほど不快な惹句を他に知らない。日本のスタッフが書いたなら、そいつを探し出して二重橋前で吊るしたい」などと辛辣な批判を浴びせました。 記者としては「なんて沸点の低い」と少し思う一方で、人によって趣向がひどく違う「映画」というものについて良し悪しを語るのは宗教論なみに難しいのでは、という感想を抱いたものです。 特定のジャンルが好きな人は、それ以外のジャンルが理解できなかったりするもの。 女子のなかには「バトルが見どころ」という映画に興味がない人も相当数いるわけで、その意味ではくだんのコピーからは「お前の観てるソレは映画じゃねえから」という「地獄のミサワ」調のニュアンスを感じてちょっと……というと裏読みのしすぎなのでしょうか? さて矢作氏の怒りのツイートはこのあと、同映画の主人公をやり玉に挙げます。 曰く、 「7、80年前、君たちのおじいさんやひいおじいさんを無残に殺して勝ち誇ってた野郎だぞ」。 それはいったい、どういうことなのでしょう? 映画『アベンジャーズ』の登場人物は、いずれも米マーベル・コミック社の誇る人気キャラたちです。 現代の日本に例えると『ジャンプヒーロー大集合』といった感じでしょうか。 主人公という位置づけのキャプテン・アメリカも同様にマ社のスーパーヒーローで、彼が初めて世に出たのは今から71年前、1941年のこと。 時は第2次世界大戦の真っ盛り。 この時期のアメリカでは、1938年にDC社の『スーパーマン』が登場するなど、ヒーローもののコミックが一大ブームとなっていました。 正義は勝つ、という筋書きに、戦時下の人々は熱狂したのです。 そんな雰囲気の中で登場したのが、全身アメリカ国旗デザインというナショナリズム満開のヒーロー 『キャプテン・アメリカ』でした。 病弱な愛国青年であったロジャース君が軍の人体実験に志願、超人として生まれ変わるというストーリーなのですが、ロジャース君=キャプテン・アメリカが戦うのは宇宙人や魔物などではなく、枢軸国であるドイツ…… そして、この日本! 不倶戴天の敵である「ヒトラー」と、ナチスドイツの開発する謎の兵器。 ドイツは敵キャラとして描きやすかったことでしょう。 ただ、日本についてはボス格の強敵を登場させることができず、結果としてキャプテン・アメリカは ごく普通の兵士たちを倒していくことになります。 戦艦の上で、南洋諸島で、雪山で……わたしたちの祖父、あるいはその上の世代の人たちが 圧倒的な力の犠牲になっていく。 正義のいでたちでわたしたちの祖先たちに銃口を向けたキャプテン・アメリカですが、自身が殺めた日本人が 「戦争が終わったら愛しい妻と子のもとに帰るんだ」という願いを胸に戦っていたのだと知ったら、彼はいったい何を思うのでしょう? さて、こうした話に登場する「日本人」は誰彼問わず醜い、悪辣な顔で描かれています。 キャプテン・アメリカ(そして実際のアメリカ合衆国)に襲いかかる敵ですから、醜悪なものでなければならないのです。 こうしたコミックを読んだ子供たちが、日本人を 「下等で野蛮な化け物だ」と考えたであろうことは想像に難くありません。 戦争の恐ろしさは、まさしくそこにあると言えるでしょう。 敵となった国に生きる人間を、人間として見なくなること。 自分たちが正義だと決めつけて、疑わないこと。 相手を叩きのめすことを快楽だと思うこと。 そしてなにより、これら一連のことが 、コミックを通じて子供にまで植えつけられたということ。 1945年に第2次世界大戦が終結したあと、スーパーヒーローものは人気が低迷、冬の時代を迎えます。 ヒトラーや謎の東洋国というリアルな敵が消え去り、その代わりにギャングや魔物などの「倒されるために作られた敵」しかいなくなったことも、その原因でしょう。 現代の世界では、誰もが悪いと思う敵はいなくなってしまいました。 「世界征服」や「世界滅亡」などを目指すことに意味はもはやなく、目論む「悪」はリアリティがない。 それらの単語にはもはや、昭和の面影さえ漂います。 そんな今だからこそ、アメリカンヒーローたちの「黒歴史」も、見過ごすでもなく過剰反応するでもなく、それが人間の歴史なのだと客観的に捉えてみる。 無力な人間と戦うはめになったヒーローたちと、ヒーローたちとまで戦うはめになった日本人のこと……夏の終わりに、少し考えてみるのも悪くないと思った記者でありました。

次の

傷付いても立ち上がり続けるキャプテン・アメリカの名言集

キャプテン アメリカ 日本 人

【スポンサードリンク】 アメリカと日本のヒーローの違い 外見の違い、キャラクターの個性や年齢、職業など様々な比較ができます。 外見的な違い 日本のヒーローは巨大ヒーロー、変身ヒーロー、スーツを着る着装ヒーローに分かれます。 変身、着装前は普通の人間、変身後にスーパーパワーを発揮するという形です。 対してアメリカはアイアンマンなどの例外を除くとスーツは着るけどスーツに能力はなく、来ている本人がスーパーパワーを持つというケースが多いです。 アメリカのヒーローの外見 まず外見ですが、アメリカはとにかく筋肉を意識します。 そしてその筋肉を強調する体にぴったりの弾性繊維の服、スパンデックスと呼ばれるものを着るのが一般的なヒーローコスチュームです。 これはヒーローが生まれた当時のアメリカは軍を拡大している最中で子供達に体を鍛えることに憧れをもたせたいというプロパガンダ的な背景も考えられます。 ちなみに実際アメリカ人があのようなスパンデックスをかっこいいと思っているかというと、近年ではやはり変な格好という意見を多く聞きます。 子供の頃にあれがかっこいいという意識を刷り込まれればかっこいいと思うのでしょうが。 日本のヒーローの外見 日本のヒーローのほうは初期のウルトラマンや仮面ライダーはこの影響を受けており、仮面ライダー1号のむきむきの筋肉にこれが見えます。 ウルトラマンも特撮のスーツではなく漫画版を見るとかなり筋肉が強調される描写があります。 そしてスーツを着るゴレンジャーなどに関しては筋肉は描かれず、こちらが別路線となっていきます。 そしてやはり日本では筋肉むきむきの全身タイツはあまり人気がなく、近年では日本のヒーローは多くが変身系より見た目もかっこいい着装系が多くなりました。 顔のマスクもアメリカは口は露出しているのに対し日本は全体を覆うのが好まれます。 わかりやすい例で仮面ライダーのライダーマンは一人だけ口が露出しており、今でも子供達に変なライダーと酷評されてしまっています。 さらに言えば着装系が一番キャラクターの違いを出しやすいのではないでしょうか。 着装系はいろんな武器やアイテムを使えるのでキャラの違いを表現しやすく、またそれらをオモチャ化して売ることが一番利益がでるといいます。 東映の仮面ライダーと戦隊ヒーローのテレビシリーズは半年ごとにどちらかが終了して新番組が始まり、新たなキャラを発表し、その使うアイテムをオモチャ化して売るというマーケティング方法です。 そのため近年の仮面ライダーやウルトラマンは見た目もオモチャのような武器を使って戦う残念な傾向もあります。 キャラクターと能力 ではその能力の違いについて考えて見ます。 アメリカのヒーローの能力 アメリカの場合はヒーローというとDCとマーベルの2大巨頭ですが、基本的に思いつく能力が限られているのか、DCとマーベルで能力が被ってるキャラが大体います。 例えばDCのフラッシュとマーベルのクイックシルバーの高速移動、水中で自由に動けるDCのアクアマンとマーベルのネイモア、弓矢を使うDCのグリーアローとマーベルのホークアイなど。 このような簡単に思いつく能力に関しては似ているヒーローがでてきても著作権も何もありませんが、スパイダーマンぐらい特徴のある能力だとさすがにパクリと指摘されるので似たヒーローは作られないようです。 ちなみにアイアンマンなどは「スーツを着る」ということが能力とされているので、そこから日本のように着装ヒーローというカテゴリで広がりは見せていません。 またキャラクターに関しては一度人気の出たヒーローを使うという傾向があり、スーパーマンなども戦前からずっと新しいシリーズが製作され続けています。 いきなり知られてない新しいヒーローを出して大ゴケするというリスクを犯さない、ということを考えると正しいマーケティング方法ではないでしょうか。 【スポンサードリンク】 日本のヒーロー 日本のヒーローはアメリカとは違いどんどん新ヒーローを発表します。 というのは前述したように日本の場合はキャラクターグッズの販売を重視しているからでしょう。 私の子供の頃はウルトラマンや仮面ライダーなども一旦終了させて巨大ヒーローのグリッドマンなど、完全に新しいヒーローも製作されていましたが、子供心に巨大ヒーローはウルトラマンというイメージがあり偽物と考えて見ようとはしませんでした。 また戦隊ヒーローでも当時オーレンジャーというデザインが顔に星だけのヒーローが現れ、それまでダイレンジャー、ジュウレンジャーなどかっこいいデザインであったのに突然ダサいデザインにがっかりして見るのをやめた覚えがあります。 近年ではこのような失敗に学んだのかウルトラマン、仮面ライダーという名前を残したまま新ヒーローを製作するようになり平成仮面ライダー、平成ウルトラマンシリーズが作られているのではないでしょうか。 職業や年齢 これは日米共通の傾向が見られます。 昔のヒーローは子供に将来憧れてほしい職業についているヒーローが多かったようです。 昔のヒーロー キャプテンアメリカのアメリカ軍人は軍志願者を増やしますし、アイアンマンやバットマンなどの大富豪は金持ち=ヒーローと考える子供が増えるでしょう。 他にもスパイダーマンなども科学者の卵ですし、ハルクも科学者、とにかくインテリで金持ちのキャラが多いです。 日本も当初は同じ傾向がありました。 仮面ライダー1号などは天才科学者で大学教授でした。 戦隊ヒーローもゴレンジャーなどは国家公務員です。 そして年齢も30代ぐらい、子供が将来こうなりたいと夢を見るぐらいの年齢が設定されていました。 近年のヒーロー 近年は子供の将来よりも実際見ている子供が共感して喜んでくれるキャラクターに寄せていってる傾向にあります。 アメリカのヒーローも10代の若いヒーローを全面に押し出すようになり、テレビでも10大ヒーローのチーム「ティーンタイタンズ」やX-menキャラを学生時代まで若返らせた「X-men:Evolution」などが放送されています。 日本に関しては変身するのがすべて若いイケメンタレントになってしまい、視聴率しか狙っていない状態、職業も若者が憧れる無職の風来坊やフリーターなどの自由な職業のキャラが多くなってきました。 まとめ このように昔のヒーローというのはアメリカも日本も子供に目標を持たせるための希望として描かれて生まれてきました。 それが近年はキャラ人気に特化した商売重視になっている傾向があります。 アメリカはキャラをあまり変えていかないので従来のヒーローの方向性が残っていますが、日本は物販や俳優の売り込みに考えが特化して、従来のヒーローとはどんどん方向性が変わっていきます。 近年アメコミのヒーローがハリウッド映画などで進出してきている中、日本では日本のヒーローとアメリカのヒーローどちらが人気がでていくのでしょうか。

次の

傷付いても立ち上がり続けるキャプテン・アメリカの名言集

キャプテン アメリカ 日本 人

鑑賞前の方はご注意ください。 破格のメガヒットによって映画史を塗り替え続けてきた「アベンジャーズ」シリーズがついに完結。 公開からわずか11日間で『タイタニック』 97 がもつ歴代2位の全世界興行収入記録をあっさりと追い抜き、歴代1位である『アバター』 09 の記録を猛追する本作は、日本でもマーベル・シネマティック・ユニバース MCU の興行成績で最高の記録を打ち立て、60億円に迫るなどまさに大ヒットを記録!いまもなお記録を伸ばし続けている。 しかしその後、彼の強い正義感と自己犠牲の精神が買われることとなり、第二次世界大戦時のスーパーソルジャー計画の被験者として見事に選ばれた。 強靭な肉体と、驚異的な耐久力等を手に入れたスティーブは、希少鉱石ヴィブラニウム製の丸い盾 シールド を使いこなし、アメリカ軍の強さを象徴する存在となった。 だが、彼は戦時中ニューヨークへの爆撃を阻止するために、敵機ごと北極に不時着させることを決意。 それから70年近くもの間、氷漬けの仮死状態となっていたところを発見され、現代によみがえることとなった。 それがバッキー・バーンズだ。 端正な顔立ちにスラっと背も高く、女性人気も高いバッキーは、スティーブの事をいつも気にかけ、軍の試験に落ちたスティーブを気晴らしに連れ出すなど優しい一面も併せ持つ好青年。 スティーブより一足早く入隊を果たしたバッキーは、戦地で捕虜になっている所をキャプテン・アメリカ スティーブ に助けられた。 単身で宿敵ヒドラの基地へ乗り込み見事に救出して見せたスティーブは、まさにアメリカの英雄。 そんな姿にバッキーは、「俺が付いていくのは、弱いくせに逃げないもやし野郎だけだ」とぼやくなど、少なからず戸惑う姿も見せていた。 一方、スティーブにはもう1人、親友とも呼べる人物がいる。

次の