年末 ご 挨拶 手紙。 年末挨拶 メール》ビジネス・返信・社内・社外・上司・取引先・文/友達/件名/英語

時候の挨拶・季節の挨拶

年末 ご 挨拶 手紙

Contents• 年末の挨拶状とは? 年末の挨拶状とは、普段お仕事でお世話になっている、取引先やお客様に対し、一年間を振り返ってこれまでのお取り引きやお付き合い、ご利用やお買い上げについてのお礼を述べた上で、新しい年も変わらず良いお付き合い、お取り引き、御愛顧を願う気持ちを書いた挨拶状をさします。 つまり、簡単に言えば、『今年は、ありがとうございました。 来年もよろしくお願いします。 』というのを挨拶していくことです。 そうなると、間違った文章や書き方など、間違えると恥をかいてしまうのは、あなたです。 恥を書く前に、きちんと送る文章を把握しておきましょう。 年末の挨拶文の正しい書き方とは? では、早速、年末の挨拶文について説明していきます。 まず、挨拶文の文章の初めに、『拝啓』・『敬具』を使い、頭語と結語をセットで使うようにしましょう。 そして次に使うのは、『貴社におかれましては、ますますご清栄の事とお慶日び申し上げます。 』と入れておけば、間違いないです。 他にも、『本年中は格別のお取引を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。 』、『来年もより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。 』、『来る年の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。 』などと言った定番化している文章もありますので、ご自身で自由に文章を使って下さい。 終わりに、日付・住所・電話番号・FAX番号・会社名・代表取締役を書いて終了です。 年末年始の営業日のご案内 拝啓 貴社におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。 また平素は格別 のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 早速ではございますが、年末年始の営業日を下記の通りご案内申し上げます。 甚だ勝手ではございますが何卒ご了承の上、万障お繰り合わせ頂きますようよろしくお願い申し上げます。 本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、明くる年も変わらぬ ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 今年もいろんなことがありましたが、皆さんには本当に良く頑張って頂きました。 一年間、本当にご苦労樣でした。 新しい年も課題山積です。 皆さんと心を一つにして取組んでいきたいと思います。 来年も一緒に頑張りましょう。 新年の挨拶をしに行く時に気をつけて欲しい事とは? 取引先へ挨拶しに行く場合、直接訪問し挨拶するのが良い 取引先に挨拶する場合は、直接訪問するのが好ましいと言われています。 なので、取り引き先のアポイントをとって訪問するのが望ましいですが、難しい場合には会社の受付まで訪問し、担当者と言葉を交わすなどして挨拶をする場合もあります。 取引先に訪問する時は相手のスケジュールをチェックして置く 取引先の年内営業終了日と自分が出向くスケジュールを正確に把握して、いつが年内最終の顔合わせになるか判断する必要がありますので、年内最後の日の別れ際に、『お目にかかれるのは本日が年内最後になります。 一年間大変お世話になりました。 ありがとうございました。 来年も何卒よろしくお願いいたします。 どうぞ良いお年をお迎えください。 』という挨拶をすれば、間違いないでしょう。 訪問挨拶では手土産を持参すると更に良い 普段、お世話になっている取引先との関係や挨拶する人の役職によってですが、手土産を持参すると更に良いです。 例えば、自分の会社の物でも構いません。 カレンダー、手帳、ノート、文房具品など、もらう側も仕事で使える物を渡してあげると良いと思います。 渡す時に、『今年一年お仕事をご一緒させていただき、誠にありがとうございました。 来年もどうぞよろしくお願いします。 』 といった、挨拶を仕事の内容と含めながら、出来れば間違いないでしょう。 直接訪問出来ない場合は? 取引先に直接会って挨拶とお礼を述べられる事が本来望ましいですが、直接訪問出来ない場合はメールなどで挨拶を致しましょう。 せっかくきちんとした文章で年末の挨拶文が、書けていても送る時期を間違えてしまうと、失礼にあたりますので、きちんと確認しておく必要があります。 取引先やお客様に挨拶状を送る際は、12月20日〜27日前後に送りましょう。 取引先に直接会いに行く場合は、この期間に、アポイントをしっかり取り、ご迷惑掛からないようにするのがポイントです。 『お世話になりました。 来年もよろしくお願いします。 』という気持ちを、きちんと伝えることが大切です。 まとめ 今回は、年末のビジネスで使える挨拶文について詳しくまとめてみましたがいかがだったでしょうか? 普段お世話になっている、取引先やお客様、1年のお付き合いしてくれた方たちにお礼をすることによって、来年も良い取引が出来たり、お互い良い気持ちで長く一緒にお仕事することができます。 相手がいるからこそ、お仕事が出来ますので、感謝の気持ちをこめて、御礼の挨拶をするようにしましょう。

次の

【年末の挨拶】社内や取引先に使えるビジネスメールや手紙の文例

年末 ご 挨拶 手紙

【一覧】時候の挨拶の月別リスト• 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 侯(こう)・・・OOの季節になりましたがの意味で使われます みぎり・・・《連体修飾を受け》 ちょうどその事が行われる(現れる)時。 「時候の挨拶」はその時々によって使い方やその後に続く「安否を尋ねる挨拶」などと組み合わせる使い方をします。 「ご清栄のこととお慶び申し上げます」などの言葉が続きます。 例文 「時候の挨拶」+ 「安否を尋ねる挨拶」 「拝啓 時下 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 」 季節のお手紙を書く際に使える「時候の挨拶」+「安否を尋ねる挨拶」など良い表現などの例文を紹介していきます。 1月に時候の挨拶 1月の時候の挨拶の丁寧な使い方で使われることが多い季語をまとめています。 新春 (しんしゅん) 初春 (しょしゅん) 仲冬 (ちゅうとう) 大寒 (だいかん) 厳寒 (げんかん) 極寒 (ごっかん) 酷寒 (こっかん) 小寒 (しょうかん) 寒風 (かんぷう) 寒冷 (かんれい) 厳冬 (げんとう) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 1月の結びの言葉• 今年も何卒よろしくお願い申し上げます。 この一年のご多幸を心よりお祈り申し上げます。 寒さ厳しき折り、皆様のご自愛のほどお祈り申し上げます。 今年も昨年以上のご厚情をよろしくお願い申し上げます。 くれぐれもお風邪などを召されませぬように。 例 新春の候 新春のみぎり 1月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 立春 (りっしゅん) 残寒 (ざんかん) 余寒 (よかん) 寒明け (かんあけ) 晩冬 (ばんとう) 晩寒 (ばんかん) 残雪 (ざんせつ) 暮雪 (ぼせつ) 解氷 (かいひょう) 春寒 (しゅんかん) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 2月の結びの言葉• 春まだ浅く、寒さ厳しき折り、十分ご自愛ください。 掛の上では春でも、余寒はまだまだ続きます。 お身体にご留意ください。 春の足音とともに、いっそうのお幸せが訪れますことをお祈りしております。 向春の侯 ますますのご活躍をお祈りしています。 寒のもどりもある折り柄、お風邪などを召されませんように。 例 立春の候 立春のみぎり 2月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 早春 (そうしゅん) 初春 (しょしゅん) 春分 (しゅんぶん) 春寒 (しゅんかん) 春陽 (しゅん よう) 春暖 (しゅんだん) 浅春 (せんしゅん) 仲春 (ちゅうしゅん) 孟春 (もうしゅん) 春雪 (しゅんせつ) 解氷 (かいひょう) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 3月の結びの言葉 例 早春の候 早春のみぎり 3月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 陽春 (ようしゅん) 春風 (しゅんぷう) 春雨 (はるさめ) 春がすみ (はるがすみ) 仲春 (ちゅうしゅん) 清和 (せいわ) 春宵 (しゅんしょう) 春泥 (しゅんでい) 麗春 (れいしゅん) 春爛漫 (はるらんまん) 春風駘蕩 (しゅんぷうたいとう) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 4月の結びの言葉• 春暖のみぎり、お身体にはご留意ください。 天候定まらぬ季節 何とぞ、お身体だけは大切になさってください。 桜花爛漫の候みなさまのご多幸を心よりお祈り致します。 新しい職場でのますますのご活躍を心からお祈り致します。 過ぎ行く春を惜しみながらお便りさせていただきました。 例 陽春の候 陽春のみぎり 4月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 新緑 (しんりょく) 薫風 (くんぷう 若葉 (わかば) 青葉 (あおば) 初夏 (しょか) 軽夏 (けいか) 立夏 (りっか) 惜春 (せきしゅん) 暮春 (ぼしゅん) 春雪 (しゅんせつ) 芽桜 (めいさ) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 5月の結びの言葉• 天地万緑の中 いっそうのご健勝をお祈り申し上げます• 天候不順の折りくれぐれも ご自愛くださいますようお願い申し上げます。 過ごしやすい季節とは言いながら 夜分には肌寒さも感じるこの頃 どうかお身体だけは大切になさってください。 陽ざしも少しずつ強くなって参りました。 お元気で夏をお迎えください。 来る夏に向け、さらなるご活躍を ご期待申し上げます。 例 新緑の候 新緑のみぎり 5月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 梅雨 (つゆ・ばいう) 入梅 (にゅうばい) 長雨 (ながあめ) 梅雨晴れ (つゆばれ) 初夏 (しょか) 向夏 (こうか) 向暑 (こうしょ) 首夏 (しゅか) 薄暑 (はくしょ) 麦秋 (ばくしゅう) 短夜 (たんや) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 6月の結びの言葉• 梅雨寒の折り、お身体にはご留意ください。 時節柄、お風邪などを召されませぬよう ご自愛ください。 雨の日の外出も風情はありますが 足もとにはご注意ください。 若葉の色も鮮やかなこの季節 末筆ながら、皆様のご健勝を 心からお祈り申し上げます。 短夜の季節 寝不足がお身体にさわりませんよう。 例 梅雨の候 梅雨のみぎり 6月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 盛夏 (せいか) 仲夏 (ちゅうか) 猛暑 (もうしょ) 大暑 (たいしょ) 炎暑 (えんしょ) 酷暑 (こくしょ) 向暑 (こうしょ) 灼熱 (しゃくねつ) 炎熱 (えんねつ) 驟雨 (しゅうう) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 7月の結びの言葉• いよいよ激しい暑さに向かいます折り ご自愛のほどお祈り申し上げます。 炎天に負けず 元気な夏をお過ごしください。 ご壮健で盛夏を乗り切られますよう 心よりお祈り申し上げます。 盛夏のみぎり、どうぞ素晴らしい夏を 過ごされますよう、お祈りしています。 蝉時雨に包まれるこの頃 お元気で素晴らしい日々をお過ごしください。 例 盛夏の候 盛夏のみぎり 7月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 立秋 (りっしゅう) 季夏 (きか) 残暑 (ざんしょ) 晩夏 (ばんか) 暮夏 (ぼか) 残炎 (ざんえん) 早涼 (そうりょう) 納涼 (のうりょう) 新涼 (しんりょう) 秋暑 (しゅうしょ) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 8月の結びの言葉• 残暑厳しき折り、お身体にはご留意ください• そろそろ夏の疲れが出る頃 ご無理をなさらないで、 お身体おいといください。 厳しい暑さもあとわずかと存じます。 残り少ない夏を、 どうぞ有意義にお過ごしください。 新涼の朝はまだ遠いようです。 くれぐれもお身体にお気をつけてください。 初音のこおろぎの背を聴きつつ お便りさせていただきました。 例 盛夏の候 盛夏のみぎり 8月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 初秋 (しょしゅう・はつあき) 新秋 (しんしゅう) 爽秋 (そうしゅう) 孟秋 (もうしゅう) 新涼 (しんりょう) 秋涼 (しゅうりょう) 清涼 (せいりょう) 秋冷 (しゅうれい) 白露 (はくろ・しらつゆ) 秋晴 (しゅうせい・あきばれ) 灯火親しむ (とうかしたしむ) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 9月の結びの言葉• 日ましに肌寒さも加わって参ります。 何卒お身体には十分ご自愛ください。 実り多き秋を お祈りしております。 季節の変わり目です。 お風邪などを召されぬよう お身体をおいといください。 涼風のみぎり ますますのご活躍をお祈りしています。 残暑厳しき折り、 健康には十分ど留意ください。 例 初秋の候 初秋のみぎり 9月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 仲秋 (ちゅうしゅう) 爽秋 (そうしゅう) 爽涼 (そうりょう) 秋雨 (あきさめ) 初霜 (はつしも) 秋色 (しゅうしょく) 秋天 (しゅうてん) 秋麗 (しゅうれい) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 10月の結びの言葉• 朝冷えの深まります折り、なにとぞご自愛専一に。 秋冷加わる折り どうぞお身体を大切になさってください。 紅葉美しい季節 ますますのご隆盛をお祈り致します。 灯火親しむの候 寝不足にはお気をつけくださいね。 末筆ながら ご家族皆様の実り多き秋を お祈りしております。 例 仲秋の候 仲秋のみぎり 10月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 暮秋 (ぼしゅう) 深秋 (しんしゅう) 霜秋 (そうしゅう) 初霜 (はつしも) 初雁 (はつかり) 初雪 (はつゆき) 行く秋 (ゆくあき) 夜寒 (よさむ) 冷雨 (れいう) 木枯 (こがらし) 落ち葉 (おちば) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 11月の結びの言葉• 向寒の折り、 お身体を大事になさってください。 時雨の頃を過ぎると 寒さも一段と厳しくなります。 ご自愛専一に。 夜寒ひとしおのこの頃 ご壮健にお過ごしになられますよう 心よりお祈り申し上げます。 朝夕の冷え込みが厳しくなって参りました。 くれぐれもお身体はお大事に。 例 暮秋の候 暮秋のみぎり 11月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 初冬 (しょとう) 寒冷 (かんれい) 師走 (しわす) 冬至 (とうじ) 歳晩 (さいばん) 霜寒 (そうかん) 初雪 (はつゆき) 霜夜 (しもよ) 霜枯 (しもがれ) 霜氷 (ひょうそう) 孟冬 (もうとう) 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 12月の結びの言葉• どうか、お元気で新年をお迎えください。 寒さ厳しき折り お身体をおいといください。 師走を前に、ご多忙の日々かと存じます。 どうぞご無理をなさらないように。 気ぜわしい毎日ですが どうぞ、よいお年をお迎えください。 来る新年が素晴らしいものであるように 心よりお祈り致します。 例 初冬の候 初冬のみぎり 12月の時候の挨拶の使い方を目的別に紹介しています。 季節のご挨拶などで使いやすくまとめています。 時候の挨拶はビジネスのシーンでも使用することがありますが、年中使えるビジネスの例文として「時下」という言葉を使うことができます。 意味は「このところ」や「今現在」などを意味する言葉で季節を気にすることなく使うことができます。 時候の挨拶の例文・使い所 お手紙に季節感を美しく表現し品のある表現にしてくれる時候の挨拶は普段は結婚式の招待状やビジネスでのご挨拶、お礼のお手紙などの際に書き添えられる季節を表したご挨拶になります。 結婚式の招待状などで時候の挨拶を使う 結婚式の招待状で使われます。 最初に季節のご挨拶で始まり結婚式のご招待、そして結びの言葉となることが多いようです。 お詫び・お見舞いの場合 お詫びのお手紙やお見舞いの際のお手紙では時候の挨拶を記入することはありません。 お詫びの場合は単刀直入に本題の件を記載しましょう。 お見舞いの際にも同じく時候の挨拶は省いて書きます。 相手の体調や容体などへの気遣いを書くことを心がけましょう。 ビジネスの場合 ビジネスで時候の挨拶を使う場合はどんな時に使うか 時候の挨拶にぴったりの季語や歳時記&日本の年中行事を解説 普段はなかなか気にかける事の無いジャンルのものから、役立てるとすごくためになるものなども紹介しています。 時候の挨拶で始まる季節の挨拶を送ろう 社会人になると時候の挨拶というものに触れる機会が増えます。 小さい頃に両親宛に素敵な季節の言葉「季語」が取り入れられたお手紙が届いていたのを見た事があるのではないでしょうか。 それらは「時候の挨拶」や「季節のご挨拶」などと言われているもので、季節や月ごとに挨拶の仕方がかわるものなのです。 今ではメールですませがちなものですが、そんなときでも時候の言葉が入っている事でぐっとクオリティがあがるお手紙になるのでぜひお試し下さい。 暦の上で冬の最後の月である2月には春を待ち遠しく思う言葉などが並びます。 春を迎える最初の月、さらには別れの月でもある時期にふさわしい言葉があります。 新年度で花見や新入生などのある季節の言葉が多数あります。 男の子の節句のある月で新緑に関しての言葉を挨拶にすることが多いです。 梅雨の季節、長い雨の季節、じめじめした季節をさわやかにする挨拶 暑さも本番に入って来る時期、涼しさを求める挨拶の仕方が美しいです。 夏休みで行事も花火大会なども盛んな時期ですが夏が過ぎていく寂しさもある月です。 台風の後にみることができる澄み切った空が美しい季節、秋の声が聞こえてくる月です。 秋も雨の多い時期ですがそんな季節にふさわしい挨拶を集めています。 初霜が降りたりと寒さが表れる季節に暖かい言葉でごあいさつ。 年末のバタバタとしている時期ですがお世話になった方へ今年のうちにお礼の手紙を。 四季 春 ・ ・ ・ ・ ・ 夏 ・ ・ ・ ・ ・ 秋 ・ ・ ・ ・ ・ 冬 ・ ・ ・ ・ ・ 家族のお祝い事 お宮参り 年末年始のイベント・行事・歳時記 何かとイベントの多い年末年始の行事、お正月やクリスマス、など特大の行事からマイナーだけど気になる行事まで色々と紹介しておきましょう。 お正月 お正月を彩る飾り物の代表格といえば門松やしめ飾り、そんな伝統的なものの中にもお作法というものが存在します。 最近では形だけでその意味を蔑ろにしがちですが、ここでもう一度、心新たに新年を迎えるためのうんちくを学んじゃいましょう。 そこでいろいろとある行事の中で代表的なものを紹介していきます。

次の

時候の挨拶・季節の挨拶

年末 ご 挨拶 手紙

12月に手紙を書く場合には、寒さや冬の深まりを感じさせるような時候の挨拶や季語を使用すると良いです。 どういった時候の挨拶や季語があるのかわからない場合には、手紙の書き方のマナー本を見て調べたり、インターネットで検索すると知ることができます。 12月の季語は、師走の候、年末の候、初冬の候、新雪の候などの言葉を使用すると良いです。 年末であったり師走の12月特有の忙しさを感じさせる文章や、雪が降る地方では初雪が降りだす季節ですので、その季節の移り変わりを感じさせる文章が良いです。 木枯らしの冷たさが身に染みる、師走の忙しい頃、今年も残すところあと僅かなどの書き方も、とても季節を感じさせる文章です。 商売をしている人に対しては、迎春の準備に多忙な頃と存じますなどの書き方もできます。 年末特有の手紙として、年末の挨拶を文中に入れるのも良いです。 良い新年を迎えられますように、今年もいろいろとお世話になりました、ありがとうございましたなどの挨拶をすると、年賀状で挨拶をする前に、年末の挨拶を済ませることができます。 手紙の結びの言葉には、相手のことを思いやり、寒さ厳しい折ですがご自愛ください、健康にはご留意くださいなどの書き方をすると、相手にも気持ちが伝わります。 年末頃の厳しい寒さで体調を崩したり風邪をひく人も多いので、その点に対してのメッセージを入れると良いです。 また、雪深い地方では、雪に対しての心配のメッセージを入れることもできます。 12月は師走といわれるくらい行事の多い時期です。 無事に新年を迎えられるような心温まるお手紙を心がけたいですね。 12月の時候の挨拶の基本 いよいよ年の瀬。 1年の終わりの12月は、終月、臨月、果ての月などの別名があります。 忙しいシーズンですが、お世話になったあの人に、一筆啓上はいかがですか? 改まった漢語調の挨拶 「~の候」「~のみぎり」という形で使います。 その後には「ご清栄のこととお慶び申し上げます」などの言葉が続きます。 初冬 寒冷 師走 冬至 歳晩 霜寒 初雪 霜夜 霜枯 霜氷 孟冬 丁寧な12月の時候の挨拶 定番 初冬の候、いよいよご壮健のことと お喜び申し上げます。 寒冷のみぎり つつがなくお過ごしのことと存じます。 今年も残すところあと10日となり、 つむじ風吹く師走の街にも 慌ただしさを感じるこの頃です。 霜夜の候 オリオン座の美しい輝きを見ながら ペンをとっています。 真ん中に三星が並びリゲル・ベテルギュウスという一等星を持つ。 12月の例文(恩師への手紙) 拝啓 師走の侯、お忙しき日々をお過ごしのことと存じます。 私にとって今年は転機の1ねんでした(中略)。 本当にありがとうございました。 新しい年を迎える前に、感謝の気持ちをお伝えしたいと思い、筆をとった次第です。 今年もあと数日を残すのみとなりました。 身体にお気をつけて、どうぞ良いお年をお迎えください。 敬具 12月の例文 知人への手紙 澄みきった冬晴れの日が続きますが、いかがお過ごしですか。 年末年始の帰省にむけて、早めの大掃除をしていたら、懐かしい本が出て、驚きました。 10年前にあなたからお借りした『ノルウェーの森』でした。 長い間忘れていて、本当に申し訳ありません。 不自由されなかったでしょうか。 今さら…と思われるかもしれませんが、ご本とともにささやかなお詫びの品を同封させていただきます 後略)。 少し改まった12月の時候の挨拶 年の瀬も押し迫って参りましたが お元気でお過ごしでしょうか? 暦の上では大雪ですが 今年の師走は幾分暖かく 過ごしゃすい日々が続きます。 短夜の候、皆様におかれましては ますますご健勝のこととお喜び中し上げます。 師走も半ばを過ぎ 何かと心せわしいこの頃です。 吹く風や毎朝の水の冷たさが 身にしみるこの頃 お変わりはございませんか? 寒さ肌にしみる頃 お変わりございませんでしょうか。 お伺い申し上げます。 今にも雪を落としそうな空を 暖かな部屋で眺めながら ペンをとっています。 街に響くジングルベルが 今年もあとわずかだよと 歌っているように聴こえるこの頃です。 光陰矢のごとしとの言葉通り 今年もあわただしく過ぎようとしています。 窓辺で日向ぼっこをしている シクラメンを見ながら 便箋に向かっています。 年末厳寒のみぎり 越年の準備にお忙しいことと存じます。 忘年会多き師走の侯 お疲れではございませんか? 今日、初雪を見ました。 いよいよ冬も本番のようです。 今年も余白少なくなり 行く年を惜しむこの頃です。 今年を締めくくる月となりました。 親しい人への12月の時候の挨拶 早いもので今年もあと数日。 光陰矢のごとしとは、よく言ったものですね。 暮れも押し迫り 何かと気ぜわしい毎日ですが お元気ですか? もうすぐ楽しいクリスマス。 今年は誰とどこで過ごすのでしょう。 私は寂しく仕事です。 いよいよ冬も本番です。 そちらはもう、雪景色ですか? 冬の星座の美しさに ため息をつくこの頃。 最近、空を見上げていますか? お鍋の美味しい季節となり つい、飲み過ぎてしまうこの頃です。 この冬の寒さは一段と厳しく ホワイトクリスマスになるかもしれませんね。 「今年もよろしく」と書いた日が つい昨日のことのようです。 とりあえず、 今年1年お世話になりました! 前略。 北風舞う中のご報告です。 あのセーター、編みあがりました! お元気ですか? 新しい年を迎える前に ひと言お礼が言いたくて、お手紙書きました。 大晦日が近づくにつれ 終電車に駆け込む人が 増えてくるような師走です。 一段と寒さが、厳しくなりましたが 真冬のスッキリした青空に 毎朝、元気をもらっています。 お元気ですか? 気ぜわしい毎日ですが 年忘れの乾杯、しませんか? すっかり寒くなりました。 ボーナスはたいて買った カシミアのコートが大活躍です。 二十代最後のクリスマスに 未だ予定が入らずの私です(笑) 食欲の秋から暴飲暴食の冬へ突入。 寒ブリもおでんもアンコウも 今月すでに制覇しました! もうすぐクリスマスですね 素敵なサンタクロースは あなたのもとにやって来るのかしら? 12月時候の挨拶の結びの言葉 1年の締めくくりである12月は、今年1年のおつきあいや親切に感謝する気持ちと、つつがなく新年を迎えてほしいという願いを込めて結ぶのが王道です。 丁寧な12月の時候の挨拶の結びの言葉 どうか、お元気で新年をお迎えください。 寒さ厳しき折り お身体をおいといください。 師走を前に、ご多忙の日々かと存じます。 どうぞご無理をなさらないように。 気ぜわしい毎日ですが どうぞ、よいお年をお迎えください。 来る新年が素晴らしいものであるように 心よりお祈り致します。 親しい方への12月の時候の挨拶の結びの言葉 忘年会のシーズン。 飲み過ぎ・食べすぎに気をつけてね。 今年も残りわずかとなりました。 1日、1日を、大切に過ごしましょう。 今年は本当にお世話になりました。 来年は私がお世話をする番。 遠慮なく、頼ってください! 冬将軍が暴れまくっています。 風邪などひかないよう あたたかくお過ごしください。 12月の歳時記 すす払い 12月13日は、正月の「事始め」。 この日から正月を迎える準備に取りかかります。 すす払いもこの日に行なわれる行事のひとつ。 現在では、大掃除は年末に行なうのが一般的ですが、神棚や仏壇だけはこの日に掃除する家もあるようです。 ちなみに、この正月事始めの日にお世話になった人に贈り物を届ける習わしがあり、お歳暮のルーツとなっています。 お歳暮は13日から20日までの間に届けるようにしてください。 冬至 12月22日頃が冬至。 一年のうちで昼間が一番短くなる日です。 昔から、冬至の日には風邪の予防のために、柚子湯に入り、かぼちゃを食べるという習慣があります。 クリスマス 12月に入ると、街はクリスマス一色。 ジングルベルの音に美しいツリーで、街全体が浮かれモードです。 言うまでもなく、クリスマスは、イエス・キリストの誕生日。 カトリックではイブにミサを、プロテスタントでは25日に礼拝式を行なうのが一般的です。 除夜の鐘 大晦日の深夜に、全国の寺院で鳴らされるのが除夜の鐘。 また108は人聞の煩悩 欲望や執着や妬みなど を表す数でもあり、それを祓うために鐘を鳴らすといういい伝えもあります。

次の