我々 だ 夢 小説 ヤンデレ。 ようこそ、ヤンデレだらけの我々国へ【wrwrd!】【短編集】

#星のカービィ 【夢小説】ヤンデレ気味カービィと恋愛したい【星のカービィ】

我々 だ 夢 小説 ヤンデレ

「ただいま〜」 『... おかえり』 居候先の家のドアを開けると、やけにぶすっとした顔のカービィが出迎えてくれる 『... 随分遅かったけど... 今日は何してたの』 「ワールドツリーの方に。 」 『ふーん... 楽しかった?』 そう聞かれると僕はタランザに会ったことと、近付いた時にタランザの髪の毛がめちゃくちゃいい香りがしたことなどを5分程カービィに話した。 思えばこの前鏡の国へ行った時もシャドーの体温や重さの本人との違いを10分程熱く語った気がする。 その前にはローアで適当なボタンを勝手に押した時のマホロアの怒り方の話。 『ふーーん』 カービィは話の間ずっと何か文句ありげな顔をしていた 何となく気まずい雰囲気のまま時が進みいつのまにか就寝の時間に。 おやすみー』 「おやすみ... 」 いつも通り同じ布団で眠ろうとするがいつもより距離が離れている気がする... 最近ないがしろにし過ぎたかな... 謝らないといけないな... など布団で考えていたらいつのまにか眠りに落ちていた。 久しぶりに夜中に目が覚めてしまった... そう思っていたのも束の間... ねえ、起きた?』 隣で寝ていたはずのカービィが胸の上に立ってこちらを見ていた 胸の上に乗る事は普段からよくあったが 今回は見たことのある緑の帽子を被っていた 『ねえ』 カービィはずいと顔(体?)を寄せ、 『ぼくの事嫌いになっちゃったの... ?』 ああ、やっぱり。 と思った。 少し前はカービィに求婚など日常茶飯事なくらい愛を伝えたりと、尽くしていた。 最近他の子達に会いに行ったり、話す事もその子達の事の話が多くなっていた。 カービィがこう思うのも当然だ。 最近の事はごめん... でもカービィが嫌いになったわけじゃ絶対にないよ。 命にかけてでも」... と答えた。 よかった』 カービィは安心したような表情を見せた後に 『でもね、ぼく怖くなっちゃったんだ 君がいつか他の子の事の方が好きになっちゃったらって。 あんなに大好きって言ってくれたり... 今みたいに命だってぼくに使えるって言ってくれたのに... だから... 』 『今はまだ... そう言ってくれるから... ずっと今の君でいて欲しいから... いっそ今のまま... 』 そう言うとカービィは背中の方からソードを取り出した。 『絶対に苦しくさせたりしないよ。 おさかなで練習だってしたから... 絶対に... 動かないでね... 』 そう言ってカービィはこちらの喉元に剣先を当て、剣の持ち手を両手で持ち、構えた。 何も言葉は出せなかったし、身体を動かすこともできなかった。 ただただ震えながら、心の中で謝ることしかできなかった。 カービィの力の強さはとうに知っている。 抵抗できるはずなどない。 下手に動けば、余計に苦しむ事になるだけだ。 『じゃあ... いくよ。 キミの事... 大好きだからね... これからも。 』 『1... 』 『さん!』 ガバァッ! 『ひゃぁあっ!?』 気の抜ける叫び声と共に、朝日が目に入る。 『ちょっと!朝っぱらからなんなの!』... 夢だったようだ。 思わずその桃色の体に抱きつく 『わっ!どうしたの〜 も〜』 半泣きで怖い夢を見た事という事を伝え 必死に最近の事を謝った。 『僕もごめんね、機嫌悪くしたりして。 でもそんな怖い夢見て泣くほど気にしなくても良いのに〜』 『でも寂しかったんだからね!』 『これからもぼくの事好きでいてくれたら全部許してあげるよ?この前までみたいにしてたらまた怖い夢見ちゃうかもよ〜?』 暫くの間そんな言葉に鼻をすすりながら頷いていた。 『もし死んじゃったりしても 君だったらこもおふとんから復活するから心配しなくても大丈夫だよ〜』 『今日は夢の泉でも一緒に見にいこっか!』 『さ!そうと決まれば朝ごはん作ってあげるから待っててね〜』 そんな会話をし、落ち着いて来たのも束の間、カービィが朝食を乗せたお盆を頭の上に持って歩いて来た。 『おまたせ〜!今日の朝ごはんはおさかなだよ~! 』.

次の

我々なりの愛しかた[ゾム愛され]

我々 だ 夢 小説 ヤンデレ

「ただいま〜」 『... おかえり』 居候先の家のドアを開けると、やけにぶすっとした顔のカービィが出迎えてくれる 『... 随分遅かったけど... 今日は何してたの』 「ワールドツリーの方に。 」 『ふーん... 楽しかった?』 そう聞かれると僕はタランザに会ったことと、近付いた時にタランザの髪の毛がめちゃくちゃいい香りがしたことなどを5分程カービィに話した。 思えばこの前鏡の国へ行った時もシャドーの体温や重さの本人との違いを10分程熱く語った気がする。 その前にはローアで適当なボタンを勝手に押した時のマホロアの怒り方の話。 『ふーーん』 カービィは話の間ずっと何か文句ありげな顔をしていた 何となく気まずい雰囲気のまま時が進みいつのまにか就寝の時間に。 おやすみー』 「おやすみ... 」 いつも通り同じ布団で眠ろうとするがいつもより距離が離れている気がする... 最近ないがしろにし過ぎたかな... 謝らないといけないな... など布団で考えていたらいつのまにか眠りに落ちていた。 久しぶりに夜中に目が覚めてしまった... そう思っていたのも束の間... ねえ、起きた?』 隣で寝ていたはずのカービィが胸の上に立ってこちらを見ていた 胸の上に乗る事は普段からよくあったが 今回は見たことのある緑の帽子を被っていた 『ねえ』 カービィはずいと顔(体?)を寄せ、 『ぼくの事嫌いになっちゃったの... ?』 ああ、やっぱり。 と思った。 少し前はカービィに求婚など日常茶飯事なくらい愛を伝えたりと、尽くしていた。 最近他の子達に会いに行ったり、話す事もその子達の事の話が多くなっていた。 カービィがこう思うのも当然だ。 最近の事はごめん... でもカービィが嫌いになったわけじゃ絶対にないよ。 命にかけてでも」... と答えた。 よかった』 カービィは安心したような表情を見せた後に 『でもね、ぼく怖くなっちゃったんだ 君がいつか他の子の事の方が好きになっちゃったらって。 あんなに大好きって言ってくれたり... 今みたいに命だってぼくに使えるって言ってくれたのに... だから... 』 『今はまだ... そう言ってくれるから... ずっと今の君でいて欲しいから... いっそ今のまま... 』 そう言うとカービィは背中の方からソードを取り出した。 『絶対に苦しくさせたりしないよ。 おさかなで練習だってしたから... 絶対に... 動かないでね... 』 そう言ってカービィはこちらの喉元に剣先を当て、剣の持ち手を両手で持ち、構えた。 何も言葉は出せなかったし、身体を動かすこともできなかった。 ただただ震えながら、心の中で謝ることしかできなかった。 カービィの力の強さはとうに知っている。 抵抗できるはずなどない。 下手に動けば、余計に苦しむ事になるだけだ。 『じゃあ... いくよ。 キミの事... 大好きだからね... これからも。 』 『1... 』 『さん!』 ガバァッ! 『ひゃぁあっ!?』 気の抜ける叫び声と共に、朝日が目に入る。 『ちょっと!朝っぱらからなんなの!』... 夢だったようだ。 思わずその桃色の体に抱きつく 『わっ!どうしたの〜 も〜』 半泣きで怖い夢を見た事という事を伝え 必死に最近の事を謝った。 『僕もごめんね、機嫌悪くしたりして。 でもそんな怖い夢見て泣くほど気にしなくても良いのに〜』 『でも寂しかったんだからね!』 『これからもぼくの事好きでいてくれたら全部許してあげるよ?この前までみたいにしてたらまた怖い夢見ちゃうかもよ〜?』 暫くの間そんな言葉に鼻をすすりながら頷いていた。 『もし死んじゃったりしても 君だったらこもおふとんから復活するから心配しなくても大丈夫だよ〜』 『今日は夢の泉でも一緒に見にいこっか!』 『さ!そうと決まれば朝ごはん作ってあげるから待っててね〜』 そんな会話をし、落ち着いて来たのも束の間、カービィが朝食を乗せたお盆を頭の上に持って歩いて来た。 『おまたせ〜!今日の朝ごはんはおさかなだよ~! 』.

次の

【wrwrd】主役が求めるヒロインは貴方です!【短編集】

我々 だ 夢 小説 ヤンデレ

「ただいま〜」 『... おかえり』 居候先の家のドアを開けると、やけにぶすっとした顔のカービィが出迎えてくれる 『... 随分遅かったけど... 今日は何してたの』 「ワールドツリーの方に。 」 『ふーん... 楽しかった?』 そう聞かれると僕はタランザに会ったことと、近付いた時にタランザの髪の毛がめちゃくちゃいい香りがしたことなどを5分程カービィに話した。 思えばこの前鏡の国へ行った時もシャドーの体温や重さの本人との違いを10分程熱く語った気がする。 その前にはローアで適当なボタンを勝手に押した時のマホロアの怒り方の話。 『ふーーん』 カービィは話の間ずっと何か文句ありげな顔をしていた 何となく気まずい雰囲気のまま時が進みいつのまにか就寝の時間に。 おやすみー』 「おやすみ... 」 いつも通り同じ布団で眠ろうとするがいつもより距離が離れている気がする... 最近ないがしろにし過ぎたかな... 謝らないといけないな... など布団で考えていたらいつのまにか眠りに落ちていた。 久しぶりに夜中に目が覚めてしまった... そう思っていたのも束の間... ねえ、起きた?』 隣で寝ていたはずのカービィが胸の上に立ってこちらを見ていた 胸の上に乗る事は普段からよくあったが 今回は見たことのある緑の帽子を被っていた 『ねえ』 カービィはずいと顔(体?)を寄せ、 『ぼくの事嫌いになっちゃったの... ?』 ああ、やっぱり。 と思った。 少し前はカービィに求婚など日常茶飯事なくらい愛を伝えたりと、尽くしていた。 最近他の子達に会いに行ったり、話す事もその子達の事の話が多くなっていた。 カービィがこう思うのも当然だ。 最近の事はごめん... でもカービィが嫌いになったわけじゃ絶対にないよ。 命にかけてでも」... と答えた。 よかった』 カービィは安心したような表情を見せた後に 『でもね、ぼく怖くなっちゃったんだ 君がいつか他の子の事の方が好きになっちゃったらって。 あんなに大好きって言ってくれたり... 今みたいに命だってぼくに使えるって言ってくれたのに... だから... 』 『今はまだ... そう言ってくれるから... ずっと今の君でいて欲しいから... いっそ今のまま... 』 そう言うとカービィは背中の方からソードを取り出した。 『絶対に苦しくさせたりしないよ。 おさかなで練習だってしたから... 絶対に... 動かないでね... 』 そう言ってカービィはこちらの喉元に剣先を当て、剣の持ち手を両手で持ち、構えた。 何も言葉は出せなかったし、身体を動かすこともできなかった。 ただただ震えながら、心の中で謝ることしかできなかった。 カービィの力の強さはとうに知っている。 抵抗できるはずなどない。 下手に動けば、余計に苦しむ事になるだけだ。 『じゃあ... いくよ。 キミの事... 大好きだからね... これからも。 』 『1... 』 『さん!』 ガバァッ! 『ひゃぁあっ!?』 気の抜ける叫び声と共に、朝日が目に入る。 『ちょっと!朝っぱらからなんなの!』... 夢だったようだ。 思わずその桃色の体に抱きつく 『わっ!どうしたの〜 も〜』 半泣きで怖い夢を見た事という事を伝え 必死に最近の事を謝った。 『僕もごめんね、機嫌悪くしたりして。 でもそんな怖い夢見て泣くほど気にしなくても良いのに〜』 『でも寂しかったんだからね!』 『これからもぼくの事好きでいてくれたら全部許してあげるよ?この前までみたいにしてたらまた怖い夢見ちゃうかもよ〜?』 暫くの間そんな言葉に鼻をすすりながら頷いていた。 『もし死んじゃったりしても 君だったらこもおふとんから復活するから心配しなくても大丈夫だよ〜』 『今日は夢の泉でも一緒に見にいこっか!』 『さ!そうと決まれば朝ごはん作ってあげるから待っててね〜』 そんな会話をし、落ち着いて来たのも束の間、カービィが朝食を乗せたお盆を頭の上に持って歩いて来た。 『おまたせ〜!今日の朝ごはんはおさかなだよ~! 』.

次の