ドラパルト エースバーン抜き。 【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】襷ドラパルト+積み(作成者:るどるふ)【構築記事】

ドラパルト エースバーン抜き

6月5日深夜、エースバーンがシングルバトル使用率1位となった。 「ズキュントス」を抜きしての1位の経緯 剣盾のランクマッチでは、「 ・・・ドラパルト・」の5体からなる、環境使用率上位5体を連ねた構築「 ズキュントス」が、いわゆる結論パとして扱われていた。 しかし、6月2日にエースバーンの新特性「」が解禁されると、破竹の勢いで使用率を伸ばし、6月5日深夜、日付が変わる頃にはシングルバトルでの使用率は 「ズキュントス」を追い抜いて1位に達した。 「」のエースバーンの強さについては、本ブログの前記事 でも述べた通りであり、「 どうあがいても強特性」であるこのが使用率上位に位置すること自体は、さほど驚くことではないが、よもやこうもあっさりと「ズキュントス」を上回るとは思っていないかったプレイヤーも多く、上では動揺の声が上がり、同時に「 コイツどうやって対策するんだ」という考察が盛んに行われるようになった。 エースバーン対策になる では、実際にランクマッチでエースバーンと対峙する上で、どのような・型を採用すれば、対策になりえるのか。 以下にこの数日でみかけた意見をまとめた。 「ふきとばし」はックスには無効であり、初手ックスを切られることが珍しくないエースバーン相手には注意が必要だが、「あくび」で眠らせるあるいは交代を強いることで、ックス対策を行うことも可能である。 性格補正なし攻撃252振りエースバーン(いのちのたま)の「かえんボール」 …B特化に36. 準速で「」を持つことで最速エースバーン抜き+1の素早さを得ることができるので、上から殴り倒す方針で対策するのであれば、かなりの適任であるといえる。 A特化ウオノラゴン(がんじょうあご)の「エラがみ(先制)」 …無振りエースバーン(炎タイプ)に276. どうせ「エラがみ」が通らない相手にはあまり火力が期待できないなので、水の通る相手に圧力をかけつつ、にエースバーンを倒してしまうことをメインに動かしていくといいだろう。 エースバーンに「ダイジェット」を使って素早さを積まれる前に対面させてしまいたいところである。 HP252振りだけでもエースバーンの「」程度は耐えるため、調整如何でかなり安定した立ち回りが可能になる。 性格補正なし攻撃252振りエースバーン(いのちのたま)の「」 …HP252振りに80. ミトムでも可。 尚、 でも近い立ち回りができ、であれば弱点である「ふいうち」を誘いながら変化技で犠牲無く起点化を狙ったり、相手の「」に合わせて受けだしすることで無償降臨+相手にダメージを狙うことができる点で有利である。 一方でこちらは「ダイアーク」に弱いため注意が必要。 エースバーンが変化できるタイプのうち、との対面であまり使いたくないであろう飛行タイプを除けば、炎・格闘・パー・悪・電気など、 地面の通りがとても良い(「とんぼがえり」は使われたら交代されることに加え、「ダイワーム」をに敢えて使うことは少ないと思われるため除外)ことも魅力いとつ。 性格補正なし攻撃252振りエースバーン(いのちのたま)の「」 …HP252振り(ハードロック)に73. 「 『ばけのかわ』による行動保証によって、 『こうこうのしっぽ』を『トリック』で押し付けて起点化する・ 『』で相手の高い素早さをデメリットに仕立てる」といった妨害に加えて、 「みちづれ」によって無理やり1:1交換に持ち込んだりできる。 「みちづれ」はックスしているには効果がないため、初手ックスが珍しくないエースバーンを相手に使うときは注意が必要。 「『こうこうのしっぽ』を押し付けて『みちづれ』」の戦法は、に限らず などほかのでも可能だが、やはり「ばけのかわ」による安定性が並外れている。 物理受けの定番となっていたアーマーガアやが炎技で焼かれてしまうので、エースバーンを意識するのであれば、こういった水タイプの物理受けが有効になる。 性格補正なし攻撃252振りエースバーン(いのちのたま)の「ダイジェット(130)」 …B特化(ふしぎなうろこ)に37. 水タイプの物理受けとしては、「ちからをすいとる」を用いて火力を削ぎつつ回復して受けを成立させる等も挙げられる。 余った1枠には攻撃技として、「」などを採用するのが堅いか。 尚、似たようなのにパルスワンがいるが、同じ条件で調整を行う場合、パルスワンは上記の攻撃を確定耐えにできないのに対し、サンダースであれば確定耐えが実現するため、本記事ではサンダースを採用している。 備考:今回の記事ではエースバーン単体への対策の考察を扱ったため、エースバーンとよく一緒に採用されている水タイプやゴリランダーなどと併せての、構築単位での対策については触れていません。 *本記事はあくまで筆者の見解を示したものであり、ランクバトルにおける今後の展開を予言したり、対戦における実績を保証するものではありません。

次の

剣盾 S7 対面キッスバーン|huyuno|note

ドラパルト エースバーン抜き

ページ:• 投稿者:凝固• コメント 40 みんなの評価 :• 投稿者:Raru• コメント 38 みんなの評価 :• 投稿者:ACT2• コメント 17 みんなの評価 :• 投稿者:望影• コメント 17 みんなの評価 :• 投稿者:peach john• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:ミズキ• コメント 16 みんなの評価 :• 投稿者:白霙• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:T• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:ミズキ• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:john• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:足みじかおじさん• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:kzk• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:tさくや さく? 陽キャラ??? コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:た• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:夜道• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:がんす• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:弱保信者• コメント 3 みんなの評価 :• ページ:• 1 パーティ構築 63件• 投稿者:トロイ• コメント 16 いいね! 投稿者:meltdowner• コメント 7 最終12位 いいね! 投稿者:千夜• コメント 2 最終6位 いいね! 投稿者:トリッキー• コメント 5 いいね! 投稿者:ユークリ• コメント 6 最終78位 いいね! 投稿者:だい• コメント 12 いいね! コメント 0 いいね! 投稿者:知人男性N• コメント 3 いいね! 投稿者:ワニノコ@祝メガシンカ禁止• コメント 0 いいね! 投稿者:Y• コメント 4 いいね!

次の

【剣盾s7使用構築】王剣ドラパガエンサイクル【最終レート2036

ドラパルト エースバーン抜き

どうも、シグマです。 今期は久しぶりにシングルで満足する結果を残すことができたので記録として残すことにしました。 結果 TNバルバドス 最終62位レート2124 TNシグマ 最終292位レート2024 対戦してくださった方ありがとうございました! 構築経緯 S5ではバトンを試していて、エースとして光の粘土が強いところまでわかったが周りをうまく組むことができず残念な結果で終わった。 しかし、非バトン選出の際、自身だけでなく裏の強化からの詰めで安定して勝つことが多く、粘土の良さを実感することができた。 S5の記事を見ていた中で、 先発襷+粘土+アッキの実が強力だと感じ試してみたところ、狙い通りの展開が決まりやすく 選出が得意ではない自分にもわかりやすく使える点が良かったので軸とすることに決めた。 試していくうちに、アッキが相手のラス1に勝てないことが多かったので、同様の詰め性能を期待できる アッキのみピクシーへと変更した。 また、氷の一貫があるパーティが多く感じたので、と役割集中できそうで電気の一貫を切りつつ対面性能も高い 鈍感襷を採用した。 主なックス枠がだけでは不安なので、で相手をしたくないやヒトムナット、パッチラゴン等に出すことができ、と相性補完が優れているゴーストタイプとして優秀な 弱点保険ドラパルトを採用した。 また、やドラパルトに圧力をかけることができて襷として想定されるへも蜻蛉帰りで逃げることができるため呼びやすいガラルや、前期結果を残したやエースバーンが増えることを意識してスカーフやダイジェット後にも切り返すことができるように にスカーフを持たせた。 ラスト一体は補完としてとりあえず使い慣れていたタラプアーマーガアを使用していたが、詰め性能がピクシーと似ていて見れる範囲が多少違いつつもどちらを選出すればいいのか判断するのが難しかったので、一度考え直すことにした。 や入り、雨パの他にも通りがいい時に頑張ってもらう。 は9割近く初手から出てくるのでこちらも初手に合わせ、入りにはダイジェット後に狩れるように裏から出す。 は命中不安で明確に打ちたい相手がいないため相変わらず不採用。 スカーフがバレていない状況でロクブラで固定された後はなどのタネガンでもいい場面でロクブラは撃ちたくないので引くようにしていた。 投げつけるは試合中盤にスカーフが必要ないと感じた時や終盤で打ち分けることで勝てそうな時に偶に働いた。 他の候補としては電磁波や蜻蛉返りなどで、が重い構築ならば今作から唯一まともな追加された技であるじゃれつくもあり。 他の耐久値が少ない高速と比べてタイプ受けができないのが難点だが、ダイホロウが透かせるだけでも偉いので役割は多い。 今作の事情はいくつかあるが、使用率TOP5やに対して仕事がしやすいため非常に好環境なのが嬉しい。 他にも可能性がある型はあるので今後も楽しみである。 ちなみにの分類は「スカーフ」である。 覚えておこう。 滅びの歌はお互いに初手が倒れて2匹目で相手がをラス1に残してきた時に壁を残しながら歌えるため勝ち筋を増やすことができた。 や相手は裏のドラパルトやの圏内に入れるよう最低限削りつつ零度を打っていた。 壁化でアーマーガアと対面した時は零度で相手のを強制させてピクシーに引き瞑想を積んでいた。 入りの受けサイクルやガルドドリュ両採用以外には選出画面でどう詰めるか考える。 アッキのみはただ機能するだけでなく「ダイホロウで突破を測るのターンを稼ぐアイテム」と前向きに考えた。 鈍感は 8世代から新しく威嚇を受けない効果が追加された。 これにより、ドラパルトが誘うや終盤増えた威嚇、などに機能した。 鈍感にすることで襷を警戒させやすくしたかもしれないが発動機会が割と多かったのでよかった。 馬鹿力は誘うや、を大きく削るために採用したが毎試合打つ機会があるほど採用価値がある技だった。 他の候補としてはギャラやヒトムを削れる岩技か初手のターンを枯らせる堪えるなど。 基本初手で出すため、 誘うやを削ることで裏のやを通す役割集中の動きが強かった。 初手ドラパルトと対面したら弱保や蜻蛉引きがほとんどだったため一貫してを押していた。 初手弱点技ばかり押されたので弱保型もおもしろいかもしれない。 今後増えそうな。 重いに強くなれるのも良い。 鬼火が優秀であり、ックスを切らずともナット系統やアーマーガア入りサイクルを荒らしたりピクシーの詰めに使うことができる。 また、アローを見せてからの大文字、鬼火を見せてからの大文字、ダイウォールからの鬼火など相手が予測し難いところから崩すことが強い。 弱保ドラパルトとのミラーはSが低い方がいいと思うかもしれないが、 ・先に弱保を発動している状態だと速い方がいい点 ・お互いにを切らない展開で引き合って削れた状態で対面することがあった点 ・最悪初手で切って殴らないといけなくてもピクシーで誤魔化せる点 などSを伸ばしたことによる利点が多かったのでよかった。 とても悩んだ枠。 を起点に舞って裏のドラパルトやが引かせたなど上を取りたい相手が多いため砂かきで採用した。 ただでさえミトムが重いので相手視点だと型破りに見えるかもしれないし実際そちらが賢いのかもしれない。 ピクシーが誘うと同速をしなければいけないのが非常に問題であるが、最終盤の勝利に大きく貢献してくれた。 数的有利を取りながらピクシーで詰めるルートを考える。 多少サイクルしたりドラパにを切ったりもする。 ドラパルトでを倒すかのダイナックル圏内に入れる動きが理想。 またにックスを切りダイロックでを倒しながら天候を変えたり上からタネガンで縛ったりと活躍できる。 初手馬鹿力でアーマーガアを削りつつドラパに引き、相手を引かせて火傷を入れつつ削りで崩すのが理想。 モスノウがいなけれを出すこともある。 感想 S5で欠伸のメタが過剰だったため欠伸型が減るかと思ったがそんなことはなくこいつをどうするか悩まされたシーズンでした。 homeでレートが見れるようになったかと思えば更新されなくなったりでどこを目指せばいいか迷ったけど、自身最高レートを更新することができ、剣盾始めて約3シーズン目で好きなであると最終2桁という順位を残すことができたので非常に大満足なシーズンでした。 あとは久しぶりに最終日にに取り組めたけどインターネット大会最終日の目標ボーダー付近のあの緊張感を味わえることを知れたのでまた味わえるように来期以降も頑張りたいです。 ここまで読んでいただきありがとうございました! shigumaaa.

次の