しゅう まつ の ゆうか。 終末観(しゅうまつかん)とは

Wikipedia:索引 しゆう

しゅう まつ の ゆうか

< ・ Wikipedia:索引 まんしは読み仮名が「まんし」で始まる記事の一覧である。 まんし [ ]• 【曖昧さ回避】• まんしあ [ ]• (まんじえき)【】• 【曖昧さ回避】• (まんじおんせんおくまんじおうこく)【北海道】 まんしか [ ]• (まんじがため)【】• (まんしご)【言語 まんしさ [ ]• (まんじさいいっしょう)【】• 【の自治体】• (まんしじん)【民族】• (まんじせん)【国鉄】• (まんじたんこう)【北海道】• (まんじたんざんえき)【万字線】 まんしな [ ]• 【の都市】• 【曖昧さ回避】• (まんじにちほう)【スワジランド】• (まんじのしろものがたり)【】• (まんじのせきぶつ)【長野県の文化財】 まんしは [ ]• (まんじべるりんあふぇあ)【】 まんしま [ ]• まんしや [ ]• 【曖昧さ回避】 まんしゆ [ ]• 【曖昧さ回避】• 【曖昧さ回避】• (まんじゅ)【曖昧さ回避】• (まんじゅ)• (まんしゅいん)【】• (まんじゅいんほんげんじものがたり)【】 まんしゆう [ ]• (まんしゅう)• (まんしゅうかいたくせいさくきほんようこう)【】• (まんしゅうかんけいきじのいちらん)• (まんしゅうかんぷじょうやく)【条約】• (まんしゅうぎぐん)【日本陸軍】• (まんしゅうきょう)【台湾の行政区分】• (まんしゅうく)【中国】• (まんしゅうぐん)【曖昧さ回避】• (まんしゅうこうぎょうぎんこう)【】• (まんしゅうこうくう)【企業】• 【】 まんしゆうさ [ ]• (まんしゅうさんぎょうかいはつごかねんけいかく)【経済開発】• (まんしゅうじへん)【1931-33年】• (まんしゅうじゅうこうぎょうかいはつ)【企業】• (まんしゅうしょうか)【唱歌】• (まんしゅうじんみゃく)【政治】• (まんしゅうぜんごじょうやく)【条約】• (まんじゅうだいか)【】• (まんじゅうだいていこく)【お笑いコンビ】• (まんしゅうたくしょくこうしゃ)【公設企業】• (まんしゅうたんか)【】• (まんしゅうちゅうおうぎんこう)• (まんしゅうのうぎょういみんひゃくまんこいじゅうけいかく)【移民政策】• (まんしゅうのおかにたちて)【】• (まんしゅうのほしくずとちったこどもたちのいしょしんきょうしきしまちくなんみんしゅうようしょのこじたち)【書籍】 まんしゆうは [ ]• (まんしゅうは)【曖昧さ回避】• (まんしゅうひこうきせいぞう)【企業】• (まんしゅうぼうさん)【企業】• 【慣習】• (まんしゅうまる)【曖昧さ回避】• (まんしゅうみんぞく)【中国】• (まんしゅうもじ) まんしゆうや [ ]• 【植物】 まんしゆうら [ ]• (まんしゅうりえき)【中国】• (まんしゅうりーぐせん)【プロ野球】• (まんしゅうりこうがん)【国境検問所】• (まんしゅうりし)【中国】• (まんしゅうりせいこうくうこう)【中国】• (まんしゅうりばいばる)【】• (まんしゅけん)【】• (まんじゅじ)【京都市】• (まんじゅじしん)【】• (まんじゅじどおり)【京都市】• (まんじゅじどの)【仙台藩主正室】• (まんじゅしんでん)【岐阜県】• (まんじゅもりこふん)【山梨県】• (まんじゅろえき)【中国】 まんしよ [ ]• (まんじょ)【俳人】• (まんじょうく)【中国】• (まんしょうじ)【兵庫県】• (まんしょうみつる)【サッカー選手】• (まんしょこにし)【】• 【広告制作者】• 【住宅】• (まんしょんいっかつじゅでん)【配電】• 【設備】• (まんじょんえき)【韓国】• (まんしょんかんりぎょう)• (まんしょんかんりし)【資格】• (まんしょんかんりしんぶんしゃ)【企業】• (まんしょんかんりせんたー)【公益法人】• (まんじょんじゃんくしょん)【韓国】• (まんしょんのいっしつのまどからみつめるじょせい)【】• (まんしょんのかんりのてきせいかのすいしんにかんするほうりつ)• (まんしよんのたてかえとうのえんかつかにかんするほうりつ)• 【曖昧さ回避】• (まんしょんはうすえき)【英国】• 【資格】• 【映画】• (まんじろうこう)【】• (まんじろうほくが)【浮世絵師】 まんしわ [ ]• 【ゴルフ大会】•

次の

[ボーカロイドについて語るスレ。]

しゅう まつ の ゆうか

「終わり」に関する観念、思想、教説のことで、とも終末思想ともいわれる。 ギリシア語のeschaton(終わり)とlogos(教説)の複合語。 この場合「終わり」とは、個人の生の終焉 しゅうえん 、すなわち死を意味する場合と、この世界もしくは歴史の終末を意味する場合との2通りがある。 [月本昭男] 個人的終末観死を前にしてとる人間の態度は、時代により、また文化、宗教によりさまざまであるが、大別して次の4類型に分類される(岸本英夫)。 1 肉体的生命の存続を希求するもの。 2 死後における生命の永存を信ずるもの。 3 自己の生命を、それにかわる限りなき生命に託するもの。 4 現実の生活のなかに永遠の生命を感得するもの。 このうちとくに個人的終末観(来世観)として種々の展開をみせるのは 2 である。 人間は死によって消滅するのではない、別の形で(多くは霊魂として)永続するという観念は、広く流布している。 来世が影のような存在と考えられる場合(たとえば古代ギリシアや古代イスラエル)、生前の行為によって死後のあり方が決まる応報観(たとえば古代チュートン人や仏教の一部)、霊魂の輪廻 りんね (古代インド)、死後の審判思想(古代エジプト、古代ペルシア、キリスト教など)などがあげられる。 またゾロアスター教、ユダヤ教、キリスト教などには霊魂の復活や「肉体の甦 よみがえ り」の思想もある。 日本人の間では、死後祖霊として存続する日本固有の死生観のほかに、仏教的な地獄・極楽応報思想などが入り込んで融合している。 こういった種々の個人的終末観で重要なことは、それぞれの来世観念が現実に生きる人間の態度や行為に及ぼす影響、つまり心理的あるいは社会的機能であろう。 というのは、現実の人間の生き方や社会の倫理規範が来世観念によって規定されたり、抑制あるいは強化されることが少なくないからである。 たとえば、死後の応報思想は、ときによっては現実の法的処罰制度より強い倫理規制力をもつことがある。 [月本昭男] 歴史的終末観他方、世界の終末という宗教思想は、歴史意識を強度に備えた宗教に多くみられるもので、世界の究極的破局、最後の審判、全人類の復活、破局後の理想世界の到来などの観念を内容とする場合が多い。 ゾロアスター教では、ゾロアスター没後3000年を経て現れる救世主(メシア)によって、全人類に溶けた金属による最後の審判がなされ、悪が最終的に滅ぼされる、と信ぜられた。 イスラム教にも天変地異を伴う最後の審判思想があり、また仏滅後1500年(あるいは2000年)にして、仏道の困難な時代(末法)が到来し、さらに1万年後仏道が衰滅するという末法思想も、一種の終末思想とよびうる。 終末思想を大きく展開させたのはユダヤ教とキリスト教である。 古代イスラエルの預言者たちは、民の罪に対する神の審判を告知し、さらにそれを、神の義の究極的実現のための世界審判の思想にまで発展させた。 後期ユダヤ教では、「今の世」が「来るべき世」と対立的に把握され、終末時には前者が後者によって滅ぼされるという終末思想が二元論的神話の形で数多く述べられた(黙示文学)。 この終末的な歴史の転換はメシアの到来と結び付けられることが多い。 キリスト教においては、一方でイエス・キリストの到来によって終末の時代(神の国)がすでに訪れたと考えられ、他方でこの「神の国」が究極的に完成するのは、イエス・キリストが天よりふたたびきたり(再臨)、悪の勢力を最終的に滅ぼして地上に絶対平和をもたらすとき(千年王国)であると信ぜられる。 したがって、「すでに」と「いまだ」の終末論的緊張のなかに、現在という時代を位置づける。 [月本昭男] 現世批判と希望の原理このような終末論を信仰の問題としてではなく、宗教思想としてみるとき、次の2点は看過されてはならないであろう。 まず、終末思想は単に世界の終わりについての思弁ではなく、罪と悪の世界がはびこっても最終的に破滅するという見方のなかには、むしろ現在の悪(とくに支配権力のそれ)に対する鋭い批判が込められているという点である。 第二には、終末が破局のみではなく、現在苦しむ者たちの究極的救済を語り、世界の完全な回復をもたらすものとして理解されるところに、否定的現状のなかで働く希望の原理があるという点である。 歴史上、終末思想が革命と結び付いていくのはこのためである。

次の

[ボーカロイドについて語るスレ。]

しゅう まつ の ゆうか

『ゆうき』くん、『ゆうか』ちゃん等、『ゆう』が付くお名前での表記に悩まれるお客様が 大変多くいらっしゃいます。 パスポート等で使用される「A:ヘボン式」ですと、「U」を重ねて使用しないため、 「YUKI」(ゆき)くん、{YUKA」(ゆか)ちゃんと別の名前になってしまいます。 よって、「お名前をおぼえてもらう」ことが目的でお作りするお客様には、 「A:ヘボン式」はあまりおすすめ致しておりません。 L*Cでは、「C:ハイフンを使用」「D:長音記号を使用」しての制作も可能ですので お好みでお選びいただければと思います。 (ローマ字表記で出来るだけ正しく表記するには、「D:長音記号」がよろしいかと思いますが デザイン重視であれば、「C:ハイフン」ですとバランスが崩れにくいです。 ) パスポート等で使用される「A:ヘボン式」です と、 ふりがなを「う」としたものは「U」を入れない た め、 「KOTARO」(こたろう)くんと別の名前になってしまいます。 よって、「お名前をおぼえてもらう」ことが目的でお作りするお客様には、 「A:ヘボン式」はあまりおすすめ致しておりません。 ですが、 「おう」と発音する場合は「OH」と表記する例外も可とされておりますので こうたろうくんの場合は「B:ヘボン式例外」の「KOHTARO」くんをおすすめ致します。 また、L*Cでは、「C:ハイフンを使用」「D:長音記号を使用」しての制作も可能ですので お好みでお選びいただければと思います。 このローマ字表記表は、 パスポート等で使われる一般的な「ヘボン式」によるものです。 表記でお間違いになりやすい部分は色を変えて表記してありますので、 ご参考になさってみてください。 ( では、「お名前を覚えてもらいやすい表記・お好みの表記」をお勧めしておりますので、 この「ヘボン式」に限らずお作りしております) また、このページの最下部に、 表記について 多くお問い合わせをいただくお名前の表記例を掲載しておりますので、 そちらもあわせて参照くださいませ。 もちろん、表記についてのご相談もお受けしております。 お気軽にまでお問い合わせ下さい。 ヘボン式表記での注意事項… 神奈川県パスポートセンターHPより) 撥音(はつおん)の特例 「ん」で表記される撥音は「N」で表記する。

次の