朝ドラ エール 出演 者。 小関裕而は朝ドラエールのモデルでどんな人?あらすじと出演者/キャスト/主題歌といつからいつまで放送かも

エール|主なキャスト・出演者一覧はこちら【2020年度前期NHK朝ドラ】

朝ドラ エール 出演 者

気弱でいじめられやすい幼少期だったが、音楽と出会ったことで才能が開花し、独学で自ら作曲するように。 周囲の期待から、老舗呉服店の跡を継ごうと、商業高校へ進み叔父が経営する銀行に勤めるが、音楽への道を捨てきれないでいた。 そんなときに、歌手を目指している女学生・関内音と出会ったことで文通を始めた。 やがて二人は恋に落ち結婚し、夫婦で上京し音楽への道を突き進すんでいく。 主人公のモデルは、「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」の作曲でも知られる福島県出身の音楽家・ 古関 裕而(こせき ゆうじ)さんです。 神奈川県出身。 ・繊細さと大胆さで様々な人間を演じ分けることができる、独特の存在感や際立った演技力で人気の高い俳優。 ・男性が主人公の朝ドラは2014年『マッサン』玉山鉄二さん以来6年ぶりの11作目の作品となる。 ・クラージュキッズ所属。 ・NHK2016年大河ドラマ「真田丸」豊臣秀頼(中川大志幼少期)役でドラマデビュー。 ・『ハケン占い師アタル』『ラジエーションハウス』など人気作に出演。 【二階堂ふみさんプロフィール】 ・1994年9月21日生まれ。 沖縄県那覇市出身。 ・役になり切るためなら、体を張った演技も辞さない実力派として評価も高い。 ・『エール』のヒロイン役はオーディションで獲得。 ・演技の仕事は、朝ドラ『エール』が初めて。 三男だったので、自分は店を継ぐ予定はなかったが長男・次男が相次いで亡くなり店を継ぐことに。 それゆえに子どもたちには、好きなことをしてほしいと願っている。 【唐沢寿明プロフィール】 ・1963年6月3日生まれ。 東京都出身。 ・約30年もの間 第一線で活躍し、出演作が途切れることがない人気俳優。 銀行を営む兄の茂兵衛から、裕一を養子にしたいという要求と、音楽の道を応援する三郎の間で板挟みになり苦労している。 【菊池桃子プロフィール】 ・1968年5月4日生まれ。 東京都出身。 家業を継がず上京する兄に反発し、福島に残り地元で生きていく決意をする。 【佐久本宝プロフィール】 ・1998年7月22日生まれ。 沖縄県出身。 ・映画『怒り』での演技が評価され、着実のキャリアを積み、今注目される若手俳優のひとり。 ・ニチエンプロダクション所属 ・連続テレビ小説「半分、青い。 」第30回 男の子役(2018)、「視覚探偵 日暮旅人」第3話 雪時雅彦(濱田岳さん)の幼少期など出演作多数。 三郎の跡継ぎがだれになるのか気にしており、裕一の勝手な行動にイラだちをおぼえる。 【田中偉登プロフィール】 ・2000年生まれ大阪府出身。 ・『13歳のハローワーク(2012)』でドラマデビュー。 ・映画『惡の華』『カツベン!』な人気作に出演。 川俣の銀行を経営する大実業家だが、子だからに恵まれず、小山家の兄弟のどちらかを養子に迎えたいと思っている。 少々、圧が強すぎるせいで周囲を困らせる。 【風間杜夫プロフィール】 ・1949年4月26日生まれ。 東京都出身。 茂兵衛はもちろん、親戚の裕一にも媚を売る、したたかな人物。 【望月歩プロフィール】 ・2000年生まれ。 ・映画『ソロモンの偽証(2014)』の中学生・柏木卓也役でデビュー。 ・2019年には、映画『向こうの家』で主演を務めている。 裕一が大人になってからも、良き理解者、そして相談者として支える。 【森山直太朗プロフィール】 ・1976年4月23日生まれ。 東京都出身。 ・2003年『さくら (独唱)』で紅白歌合戦初出場。 他に『夏の終わり』、『生きとし生ける物へ』、『風花』(朝ドラ風のハルカ』の主題歌)などヒット曲を多数生み出す人気のシンガーソングライター。 のちに、東京の音楽学校を卒業し、歌手となって裕一の曲を歌い人気が出る。 【山崎育三郎プロフィール】 ・1986年1月18日生まれ。 東京都出身。 ・帝国劇場でのミュージカル「モーツァルト! 」で23歳で主演するなどミュージカル界のプリンスと呼ばれる。 ・朝ドラは、『エール』が初出演。 腕っぷしが強く近所のガキ大将だが、詩を愛する繊細な一面を持っている。 福岡県出身。 ・朝ドラは、『エール』が初出演。 【薬師丸ひろ子プロフィール】 ・1964年6月9日東京都の生まれ。 ・角川映画の中心的存在として『セーラー服と機関銃』、『Wの悲劇』などで主演を務め社会現象を巻き起こす。 ・近年は、『ALWAYS 三丁目の夕日』や『1リットルの涙』母親役を演じることが多く数々の賞を受賞している。 音楽好きで、娘たちにも楽器を習わせており、優しく良き父親だが事故で亡くなってしまう。 【光石研プロフィール】 ・1961年9月26日福岡県生まれ。 ・『博多っ子純情』で映画デビュー。 ・過去に朝ドラには6回出演しており、クセのある役から温厚な役まで幅広く演じることができる名バイプレイヤーの1人。 【松井玲奈プロフィール】 ・1991年7月27日兵庫県生まれ、愛知県出身。 ・SKE48のメンバー。 ・ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』、『シャーロック』などに出演。 ・朝ドラ出演は「梅ちゃん先生」 瀬川みどり役に続いて2作目。 【森七菜プロフィール】 ・2001年8月31日大分県生まれ。 ・園子温オリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』で女優デビュー。 ・映画『東京喰種』、ドラマ『少年寅次郎』、『ニッポンノワール』など話題作に次々に出演している注目の若手女優。 【古川雄大プロフィール】 ・1987年7月9日長野県出身。 ・趣味はジャズダンス・クラシックバレエ・ギター・作詞・作曲で、特にダンスは様々なコンテストで受賞経験がある。 ・ドラマ『下町ロケット』、『トップナイフ』に出演、2020年公開の映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』への出演も控えている。 【平田満プロフィール】 ・1953年11月2日愛知県出身。 ・早稲田大学出身。 ・『蒲田行進曲(1982)』の村岡安次役でブレイクし、その後はドラマ、映画に多数出演する名脇役。 裕一に女心を教える。 【堀内敬子のプロフィール】 1971年東京都生まれ。 「憑依型女優」と知られ三谷幸喜監督・脚本の作品に多く起用されている。 映画『THE 有頂天ホテル』、ドラマ『サラリーマンNEO(2006)』、 『CHANGE(2008)』など出演作多数。 ギターが得意な、コロンブスレコードに採用された裕一と同期の作曲家。 【野田洋次郎プロフィール】 ・1985年生まれ東京都出身。 ・ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル。 ・朝ドラ出演は初めて。 新聞記事を見て、裕一をコロンブスレコードに入社させるように、指示する。 【志村けんプロフィール】 ・1950年生まれ、東京都出身。 ・1974年にドリフターズに加入し、人気者に。 ・映画『鉄道員(1999)』『キネマの神様(2020)』に出演。 ・コントやバラエティに専念するため、演技の仕事のオファーは極力断るようにしている。 学生ながらソロリサイタルを開催するほどの実力の持ち主で音の良きライバルとなる。 【小南満佑子プロフィール】 兵庫県生まれで、現在23歳。 高校2年の時にはミュージカル「レ・ミゼラブル」のオーディションに最年少で合格するなど、役同様に若手実力派の音楽家。 東京音楽大学を卒業し、「レ・ミゼラブル」コゼット役 、「タイタニック」ケイト・マクゴーワン役 など数々の舞台で活躍。 10歳離れた兄・小南竜平もミュージカル俳優として活動している。 男性客から絶大な人気を誇る。 裕一の初恋(?)の相手。 【堀田真由プロフィール】 1998年滋賀県出身。 WOWOW連続ドラマW『テミスの求刑』でデビュー。 2014年の朝ドラ『わろてんか』で主人公の妹・りんを演じ注目される。 その後も『ブラック校則(2019)』、『恋はつづくよどこまでも(2020)』に出演。 ファッションモデルとして活動するかたわら、『きみはペット』、『イノセンス 冤罪弁護士』などドラマにも出演し女優しても活躍。 裕一の作曲家としての転機をもたらせてくれる人物。 【三浦貴大プロフィール】 ・1985年東京都出身。 ・2005年『ALWAYS 三丁目の夕日(2005)』でデビュー。 ・NHK大河ドラマ『花燃ゆ』で毛利元徳役を演じた。 「酒か涙か溜息か」「船頭可愛や」を作詞し、裕一の成功のキッカケとなる人物。 【ノゾエ征爾プロフィール】 ・1975年岡山県生まれ。 ・最近はNHK大河ドラマ「いだてん」に出演。 他にも日本語吹き替えや舞台俳優としても活躍。 のちに多くの名曲を生み出すことになる天才作曲家・古山裕一である。 老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには取り柄がない子どもだと思われていた。 しかし音楽に出会うと、その喜びに目覚め、独学で作曲の才能を開花させてゆく。 青年になった裕一は家族に内緒で海外の作曲コンクールに応募。 このことが裕一の運命を変えてしまう。 なんと応募した曲が上位入賞したのだ。 そしてそれをきっかけに、裕一は歌手を目指している関内音と知り合う。 上京すると、二人には個性豊かな人々との出会いが待っていた。 そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。 しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。 自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一・・・。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。 出展元:NHKドラマトピックスHPより 気弱な主人公が、明るくポジティブな妻の支えによって、どのように誰もが口ずさめるヒット曲を作っていくのか・・・。 古き良き昭和の時代を生きた夫婦と、個性豊かな共演者が贈る『エール』は、その名の通り朝から元気を与えてくれそうですね! 次回作の朝ドラ『おちょやん』のキャストは以下に記事をご覧ください。 2007年に「道」という曲でデビューしてから、メッセージ性あふれる歌詞とキャッチーなメロディで親しまれてきたGReeeeN。 今回の「星影のエール」は、毎朝流れて「その日、一日頑張ろう!」と思わせる曲に仕上がっています。 『エール』のモデルは、GReeeeNと同郷の福島県出身の古関裕而さんですので、ぴったりの選出ではないでしょうか。

次の

朝ドラ「エール」のキャストとモデル

朝ドラ エール 出演 者

小関裕而氏ってどんな人 小関裕而氏は、福島県の呉服屋さんの長男として生まれ。 お父さんが、音楽好きだったのもあって小さい頃から音楽に触れる機会がありました。 そんな中で、独学で作曲の道を志し始めました。 高校在学中には、家業の呉服店の倒産や、卒業後は地元の銀行へ入社。 その後も、音楽活動は続けており、その際に出会った愛知県豊橋市在住の内山金子さんと結婚。 紆余曲折がありつつも、作曲家としての道を進んでいきました。 小関裕而氏の曲で有名どころは、早稲田大学の第一応援歌などから、全国高等学校野球選手権大会でよく耳にする大会歌 「栄冠は君に輝く」。 プロ野球では、 阪神タイガースの球団歌「大阪(阪神)タイガースの歌(六甲おろし)」、読売ジャイアンツの球団歌「巨人軍の歌(闘魂こめて)」、中日ドラゴンズの初代球団歌「ドラゴンズの歌(青雲たかく)」など僕でも知っているものばかり。 東京五輪の 「オリンピック・マーチ」、NHKスポーツ中継テーマ 「スポーツショー行進曲」なども手がけた凄い方なんです。 朝ドラ「エール」のあらすじは 日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服屋に、のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一が誕生する。 老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、周りには取り柄がない子どもだと思われていた。 しかし音楽に出会いその喜びに目覚めると、独学で作曲の才能を開花させてゆく。 青年になった裕一は、一度は音楽の道をあきらめようとするが、ある日家族に内緒で 海外の作曲コンクールに応募してなんと上位入賞を果たす。 それをきっかけに、裕一は歌手を目指している関内 音と知り合う。 そして不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出していく。 しかし時代は戦争へと突入し、裕一は軍の要請で戦時歌謡を作曲することに。 自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一…。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。 音楽と出会い、独学で作曲をはじめる。 古山裕一と結婚し、夫を叱咤激励しながら、自らも歌手になる夢をおっている。 川俣の銀行を経営する大実業家。 裕一の恩師 藤堂清晴(とうどう きよはる) 森山直太朗(もりやま なおたろう) 裕一の小学校の担任。 音楽教育に情熱を傾けており、裕一の才能を見抜いた。 裕一の幼なじみ 佐藤久志(さとう ひさし) 子供時代 山口太幹(やまぐち たいき) 大人時代 山崎育三郎(やまざき いくさぶろう) 裕一の小学校の同級生で、県議会議員をつとめる裕福な家の息子。 喜多一の店員 桑田博人(くわた ひろと) 清水 伸(しみず しん) 喜多一の呉服職人として、店の品物の品質管理を任されている。 喜多一の店員 及川志津雄(おいかわ しづお) 田中偉登(たなか たけと) 喜多一の店員。 川俣銀行の支店長 落合吾郎(おちあい ごろう) 相島一之(あいじま かずゆき) 川俣銀行の支店長。 行員たちをまとめるリーダー的存在。 川俣銀行の行員 鈴木廉平(すずき れんぺい) 松尾 諭(まつお さとる) 川俣銀行行員。 川俣銀行の事務 菊池昌子(きくち しょうこ) 堀内敬子(ほりうち けいこ) 川俣銀行事務員。 川俣銀行の行員 松坂寛太(まつざか かんた) 望月 歩(もちづき あゆむ) 川俣銀行行員。 ダンスホールの踊り子 志津(しづ) 堀田真由(ほった まゆ) ダンスホールの踊り子。 音の母 関内光子(せきうち みつこ) 薬師丸ひろ子(やくしまる ひろこ) 新しい時代に、女性もしっかり自立すべきと考え、3人の娘たちにはそれぞれ好きな道を歩ませたいと考えている。 音の姉 関内 吟(せきうち ぎん) 子供時代 本間叶愛(ほんま といと) 大人時代 松井玲奈(まつい れな) 文学好き。 将来は小説家になることを夢見て、懸賞小説に応募したりしている。 馬具職人頭 岩城新平(いわきしんぺい) 吉原光夫(よしはら みつお) 関内家が営む馬具店の職人頭。 物流業 打越金助(うちこし きんすけ) 平田 満(ひらた みつる) 軍関係に物品を納入している業者で、安隆の商売にも協力している。 音の歌の先生 御手洗清太郎(みたらい きよたろう) 古川雄大(ふるかわ ゆうた) 音楽を学ぶため、ドイツに留学した経験がある。 ディレクター 廿日市 誉(はつかいちほまれ) 古田新太(ふるた あらた) コロンブスレコードのディレクター。 作曲家 木枯正人(こがらし まさと) 野田洋次郎(のだ ようじろう) コロンブスレコードに裕一と同期で採用された作曲家。 秘書 杉山あかね(すぎやま あかね) 加弥乃(かやの) コロンブスレコードの秘書。 おしゃれ好き。 すてきな男性と出会って幸せな家庭を作りたいと願っている。 喫茶バンブー 店主 梶取 保(かとり たもつ) 野間口 徹(のまぐち とおる) 喫茶バンブーを妻の恵と経営している。 喫茶バンブー 店主 梶取 恵(かとり めぐみ) 仲 里依紗(なか りいさ) 喫茶バンブーで夫の保と働く。 五代目団長 田中 隆(たなか たかし) 三浦貴大(みうら たかひろ) 早稲田大学応援部五代目団長。 芸者・歌手 藤丸(ふじまる) 井上希美(いのうえ のぞみ) 裕一作曲の「船頭可愛や」を歌う歌手。 歌手 山藤太郎(やまふじたろう) 柿澤勇人(かきざわ はやと) コロンブスレコードの歌手。 音の良きライバル 夏目千鶴子(なつめ ちづこ) 小南満佑子(こみなみ まゆこ) 東京帝国音楽学校の声楽科の生徒。 朝ドラ「エール」の放送期間は 2020年(令和2年)3月30日放送開始です!! 放送予定期間は 2020年3月30日(月)~9月26日までの約半年ですね。 曲名は 「星影のエール」ということでめっちゃいい歌。

次の

小関裕而は朝ドラエールのモデルでどんな人?あらすじと出演者/キャスト/主題歌といつからいつまで放送かも

朝ドラ エール 出演 者

NHK連続テレビ小説【エール】を見る方法 NHK連続テレビ小説は地上波で1日2回、BSで1日2回の放送があります。 しかし、1回15分という放送時間で、うっかり見忘れてしまったりしてしまいますよね。 そんな時はU-NEXTからNHKオンデマンドを利用するのがおすすめです! 過去の朝ドラや大河ドラマなどのNHKのコンテンツ以外にも、たくさんの海外ドラマやアニメなども見放題です! NHK連続テレビ小説【エール】の登場人物・出演者プロフィール記事まとめ・主人公とヒロイン 連続テレビ小説『エール』の登場人物についてまとめました! 主人公・古山裕一役 … 窪田正孝 子ども時代役 … 石田星空 画像引用元:エール 福島で代々続く老舗呉服屋の長男。 気弱でいじめられがちな少年だったが、音楽に出会うとその秘めた才能を発揮し、独学で作曲を始める。 跡取り息子として周囲の期待から商業を学び、伯父が経営する銀行に勤めるが、音楽への思いを断ち切れないでいた。 そんな中、歌手を目指しているという女学生・関内 音とひょんなことから知り合い、文通を始める。 引用元:エール 6年ぶりの男性主役で、窪田正孝さんが結婚後初の、連ドラ主演ということで、注目でもあります。 そのナレーションを担当しているのは、津田健次郎さんです。 まず4Kで制作されています。 つまり、4K放送のキレイな映像で楽しめる初めての朝ドラということになります。 そして、放送する曜日が月曜から金曜までになります。 これまでは、土曜日まで放送されていましたが、制作時間、制作費の拡大とNHKが推進する「働き方改革」による制作現場の負担軽減のために、週5回の放送になったのです。 その代わりに土曜日には、「朝ドラ好き」を公言するバナナマンの日村勇紀さんが解説を担当して、その週を振り返る総集編が放送されます。

次の