発破をかける。 発破をかけるの意味とは?実は意外と間違えやすい言葉だった!

ノスタルジーだけじゃない?…今のアナタに発破かける「歌謡曲バー」へ|IKITOKI

発破をかける

先日、上司から「君はいつも誰かに発破をかけられないと、動こうとしないね。 もう少し自分で考えて行動したらどうだ?」と言われました。 上司から注意を受けたということはなんとなくわかるけど、「発破をかける」の意味がいまいちわからない…。 あなたも、そんなモヤモヤした経験をしたことはありませんか? この言葉に限らず会話の中で、突然知らない言葉が出てきたら焦りますよね。 「激しい言葉をかけて激励したり応援したりすること」という意味です。 「はっぱ」とありますが、 決して「葉っぱ」では無いので注意してくださいね。 意味からも分かるように、「きみはいつもよく頑張っているけど、ここはもう少しこうするといいんじゃないかな?」という優しい指摘や応援の仕方のようなニュアンスではありません。 どちらかというと「きみは、そんな仕事ぶりでいいと思ってるのか?もっと、しっかりしなさい!」といった激しい言葉で相手を指摘するニュアンスです。 ただし、相手は怒っているのではなく、あえて厳しい言葉を掛けて相手を激励してるという意味ですね。 では、「発破をかける」の「発破」には一体どんな意味があるのでしょうか? 次は「発破をかける」の詳しい語源についてご紹介しますね! スポンサーリンク 発破をかけるの語源とは? 「発破をかける」の「発破」とは鉱山での作業や土木工事などにおいて、爆薬を使って岩や建物などを爆破する作業のことやその作業に用いる火薬のことを表します。 あなたも、テレビなどで爆破の光景を見たことがあるのではないでしょうか? 建物などを勢いよく爆破するように、激しく力強い言葉を掛けることに例えて生まれたんですね。 では、ここまでで意味や語源を学んだところで、次はこのことわざの具体的な使い方や例文についてご紹介します! 発破をかけるの使い方・例文! 発破をかけるを使うのに、気を付けなければいけないことは大きく分けて二つあります。 自分のイライラしてる気持ちを相手にぶつける時には使わない• 自分より目上の人には使わない まず一つ目ですが、イライラを発散するためだけに激しい言葉をかけることは、その後の相手の事を考えず自分のストレスを発散することしか考えていないので「発破をかける」とは言いません。 くれぐれも、相手のことを考えたうえであえて厳しい言葉を掛けて、言葉を掛けた相手がその後ちゃんと行動が改善されているか、いい方向に向かっているかをしっかりと見守ることが大切なんですよ。 次に二つ目は、部下が部長に「もっと手早く作業をしなさいとよく部長から発破をかけてもらいまして…」などと話しているのを耳します。 しかし「発破をかける」という言葉は先程書いた通り、あえて激しい言葉を掛けて相手を激励するという意味があるため、目上の人に使うことは間違いなんです。 では、目上の人に対してはどう言い換えればいいのでしょうか? この場合だと「ご指導いただいた」などが正しい言葉ですね。 発破をかけるは、自分と同じ立場の人や部下などに使うのが正解!• 「仕事の進みが遅い社員に発破をかけた。 「彼はいつも発破をかけられないと動かない。 」 などと使えることができますよ。 では、最後にこのことわざの類義語についてご紹介します! スポンサーリンク まとめ 実はこのことわざは意味が独特なため、類義語を見つけるのが難しいんです。 「発破をかける」と似たような意味の言葉だと「 力づけを与える」「気合いをかける」「奮起させる」「気持ちを掻き立てる」などがあります。 時々「発破をかける」と同じ意味の言葉として「檄を飛ばす」という言葉を使う人がいます。 しかし、これは自分の考えを人々に伝えるといった意味があるので、じつは「発破をかける」とはまた違った意味になるので間違いですね。 似たような言葉でも少しずつ意味が違ったりするので、実際に使う際はきちんとその状況に応じてことわざを使い分けることが大事ですよ! みなさんも「発破をかける」ぜひ使ってみてくださいね! 関連記事 一部広告含む•

次の

発破をかける

発破をかける

方法 [ ] 発破する際は、発破する対象は確実に破壊しつつ、周囲への破片の飛散や振動、騒音はなるべく低く抑える必要がある。 そのため人家や市街地に近接した現場で発破解体を行う場合は必要最低限の装薬量で建築物や土砂がなるべく内側に崩れるようにし、騒音や振動を低減させる。 また発破による直接的なや発生ガス圧力により対象物全体を破壊するのではなく、構造物の強度上の弱点を発破により破壊して自重を支えられなくして自重崩壊していくようにすれば、周囲への破片の飛散が小さく、かつ徐々に崩れていくために振動や騒音を抑えられる。 このような発破方法は「制御発破」と呼ばれており、の現場や建設現場などでも多用されている。 対象物(この場合は岩石)を「跡形もなく吹き飛ばす」のではなく、対象物に穿った孔に爆薬を装薬し、この爆発力を利用して「割る」ことにも現れている。 このような目的では、一箇所に爆薬を大量に装填して、「一点よりの圧力で破壊する」よりも、「点と点で結んだ線で破砕する」方が効率がよい。 このため破壊対象全体に分布するように複数の装薬孔を穿孔し一箇所当たりの装薬量を減らして、複数の装薬を同時または時間差をおいて起爆する。 複数の装薬を起爆するタイミングを精密にずらすことによって、更なる振動低減や破砕屑(ズリ)の分布を調節出来るので、起爆には電気が多用されている。 なお従来は大きな破砕力を発生させるのに爆薬のほうが便利が良かったため広く用いられてきたが、の技術的進歩から、大きな圧力を発生させて岩石やコンクリートにヒビを入れる装置も出ているほか、分野でもと呼ばれる膨張剤なども利用されるようになってきており、状況に応じて使い分けられるようになってきている。 火薬と爆薬 [ ] 一般に火薬と爆薬の意味は混同されて使われるが、では「推進的爆発の用途に供せられるもの」を 火薬、「破壊的爆発の用途に供せられるもの」を 爆薬、火薬や爆薬を加工したもの(、、、、、など)を (かこうひん)と区別している。 発破に用いる材料も火薬類取締法に従ってそれぞれが区別される。 物体の破壊や破砕目的の発破には専ら爆薬が用いられるが、墓石や建築材に用いる石材採取発破では過度な割れを防ぐために爆力の低い粒状黒色火薬などが用いられる。 また火薬と爆薬では、燃焼の性質や速度の面でも違いが顕著である。 火薬では衝撃で反応が始まり難いよう比較的安定した性質を持ち、一定以上のを加えることでという反応が連鎖的に発生するが、爆薬では設定された種類のエネルギーを加えた場合に反応が始まり、より速やかに全体へと反応が進むようになっている。 産業発破用爆薬で主流を占めるや系の爆薬では裸火で点火しても穏やかに燃焼するだけで反応に移行しないものが殆どであり、爆薬中に挿入した雷管を爆発させてその衝撃力で起爆する。 この辺りも火薬と爆薬の性質的な違いである。 装薬 [ ] 爆薬を使って発破するにしても、大きく分けて2つの装薬方法がある。 内部装薬 対象物に孔を穿ってその孔に装薬したり、構造物や岩石の隙間に装薬して発破する方法。 爆薬は対象物の内部にあるため、爆発で生じるエネルギーが外部に逃げにくく、効率よく伝わっていく。 山の切り崩し、岩石の破砕、建築・土木構造物のコンクリート部分など、穿孔可能かつ体積が大きいものの発破に使われる。 外部装薬 装薬孔を穿つのが難しく、かつ破壊部分の体積があまり大きくない場合に、対象物の表面に爆薬を貼り付けて発破する方法。 水中では穿孔作業が困難かつ、水の非圧縮性ゆえに効率低下が比較的に小さいので、沈没船の切断や岩礁発破に多用されている。 気中で普通に爆薬を貼り付けて点火しただけではエネルギーの一部しか対象物に伝わらず、ほとんどが逃げてしまう。 そのために爆薬をV字状やすり鉢状に成形し、によってエネルギーを一箇所に集中させて「穴を穿つ」、あるいは集中したエネルギーによって「切る」ように破壊する。 同じ技術は、として軍事面でも使われている。 やビルの鉄骨柱のような、比較的に細く薄く内部装薬が難しいものの発破に使われる。 これらは全く別々に使われるわけではなく、同じ建造物の違う場所において、2つの装薬方法を同時に使うこともある。 例えばビルのコンクリート部分は穿孔が容易なために内部装薬をし、鉄骨部分は穿孔装薬が難しいために外部装薬(鉄骨表面に成形爆薬を貼り付ける)して、同時に点火して破壊することもある。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (日本火薬工業会による発破事例の情報と歴史をまとめた小冊子)• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

自分で自分に発破をかける重要性。自分をコントロールしよう

発破をかける

「発破をかける」の意味とは? 「発破をかける」の類語や言い換え• 「発破をかける」の使い方• 「発破をかける」を使った例文• 「発破をかける」の発破とは• 上手な「発破」のかけ方のコツ 「発破をかける」の意味とは? 「発破をかける」は【はっぱをかける】と読みます。 意味は、• 言われる本人にとって厳しく激しい言葉であったり、その言葉でやる気に火を着けられる言葉のこと• 少々手荒できつく、内容も激しいけれど、内心では応援したり励ましたりしている事 などになります。 決して木の 「葉っぱ」ではありませんので注意してください。 この 「発破をかける」は 「陰ながらそっと支える」 「注意や忠告をして窘める」と言うような柔らかく生易しいものではなく、かなり激しくある意味 「活」を入れ奮起させるような事だと思って下さい。 ですから言われた側は怒られていると感じたり、場合によっては 「何なんだよ」と腹が立ってしまうかもしれませんが、言っている側は決して怒ったり馬鹿にしているのではなく、むしろ『まだまだ全力じゃないでしょ、もっと自分の力を試しなさいよ』という愛情を含んだニュアンスで発言しているのだと理解して下さい。 発言はキツく厳しくても、なぁなぁにしたり、その場凌ぎの生半可な言葉で片付けるような行為ではないという事を表す言葉になります。 「活を入れる」【かつをいれる】 「活を入れる」とは柔道などの格闘技で使われる言葉が一般化したと言われています。 投げられて失神や気絶をする事が多い柔道の世界では、絞め技と同時に気絶した気を戻す術も学びます。 そこから転じて《気を入れて呼び起こす》から《気合いを入れる》という意味で使われるようになりました。 またよく 「活を入れる」の 「活」を 「喝」だと思っている人がいますが、それは誤りになります。 「活」は 「気」という意味なので 「入れる」が後にきますが、 「喝」は漢字の作りからも分かるように部首が《口編》です。 つまり 「大きな声を出す」といった音の響きの事を表します。 ですから 「喝を入れる」は誤用になります。 「この辺で活を入れないと益々だらけてくるでしょう。 」 など。 「発破をかける」の使い方 気合いをいれたり、勢いや物事に対してやる気の火を着ける為にする事なので、能力や才能が眠っている相手や、まだまだ全力ではない状況、可能性がくすぶっている状態などに使います。 間違っても自分の都合よくストレス発散の為に使ったり、 「? のためだ」なんていう言い訳で使う言葉ではありません。 今の状態を打破する、ぶち壊して創造する為に『発破』するのですから、感情的になったり私情を挟むシチュエーションには使えません。 逆にいうと、創造が可能であり夢や希望、将来性を見据えていなければ『発破』にならないので、簡単に 「発破を」かけてはいけませんし、エネルギーやパワーが必要なのでかける事も出来ないはずです。 また、この言葉は目上の人や自分よりも立場が上の人に対しては使わないので注意して下さい。 上手に「発破をかける」 ではどうすればいいのかといえば、まず 「発破をかける」と 「圧力をかける」の違いを理解しなければいけません。 だいたい上司という立場だけでも強い圧力になっているのです。 一言だけで部下によっては非常に重い圧力になる事もあります。 ですがそれでは根本的な事が解決をするわけではないので意味がありません。 大切な事は数字を伸ばし、その先に楽しい事がある事を理解してもらう事です。 ではどう言えばいいかと言うと、 「この部署は全く数字が伸びない。 その原因が何なのかをすぐに追究し、問題に取り組み改善すれば、給料も上がるし君達もやりやすくなり楽しくなると思う」と言うようにポジティブな発言をするようにします。 誰かと比べたりネガティブな発言をしても何の意味もありませんし、むしろ更にやる気が失せてしまいます。 「発破をかける」とは素晴らしい未来のために現状を爆破させる事なので、しっかりとコントロールをしないとただ爆発させるだけで終わってしまいます。

次の