灯油 揮発。 灯油とガソリンの違い!一発でわかる見分け方とは?

灯油の正しい処分方法は?少量と大量では方法が違う!

灯油 揮発

灯火用燃料の変遷 [ ] 灯火用には、古来よりのほか、やなどが用いられた。 で古来、等に使用されてきた 灯油(ともしびあぶら)としては、、、、胡麻油等が使用されてきたが、後半にのが(エゴマ)の搾油機を考案してからは荏胡麻油がその主流となった( cf. 以降は荏胡麻油に替わってやが灯油として主に用いられるようになった。 一方で、が用いる灯油の主流は、永らく魚油であった。 日本のには、、、、、等々、灯油にまつわるものが数多くあるが、特に化け猫がそうであるように、油を舐めようとする逸話が多く見られる背景には、用の灯油として安価な油などの魚油が用いられていた事実がある(背景として、当時のの餌は飼い主のであったため、恒常的に、とりわけの摂取に飢えており、行灯の油を舐める行動がしばしば実際に見られたということもある)。 アメリカ合衆国では、、が薬用にしていた黒色の油を精製したところ、鯨油よりも照明に適していることが分かり、油田開発がスタートした。 原油が資源として重視されるようになったきっかけが、これである。 また1858年にはも発明され、が伸びるにつれ原油採掘の必要性が高まり、のドレーク()は、に初の油井を建造し、8月には原油の採取に成功した。 日米貿易は、1854年のに始まるが、1879年には、アメリカ人で商船J. トムソンの船長チャールズ・ロジャースが、知人に頼まれ日本の物産を購入する際に、新たな市場としての日本へ貨物として、このときは精製したを届けている。 石油製品としての灯油 [ ] 概要 [ ] 灯油()は、のおよびその後の精製によって得られる製品である。 無色透明で特有の臭気を放つで、数9から15のを主成分とする。 ただし、引火点以下の状態にあっても霧状の粒子となって空気中に浮遊することがあり、このときはと同等の引火性を持つ。 また、人体への影響としてはやを引き起こすことがある。 取り扱いが容易であるため、家庭用の機器や、・自家発電用のに使われる。 また工業用、産業用途として洗浄あるいはにも用いられる。 生活必需品の一つであり、石油製品の中でもガソリンと並んで価格動向に注意が払われる製品の一つである。 規格 [ ] 灯油の品質は(JIS K 2203) で規定されている。 1号灯油 [ ] 一般に利用されるものは精製度が高く不純物(特に分)が少ないという意味で、「1号灯油」通称「 白灯油」の名称が与えられている。 1号灯油に要求される品質は、発煙性成分が少なく燃焼性がよいこと、燃えカスがでないこと、刺激臭等がないこと、適当な性を有していることとされている。 2号灯油 [ ] 度が低く淡黄色をしており、主に用のであった。 その色から「 茶灯油」とも呼ばれる。 2005年時点では日本国内で生産・流通していない。 多くの場合、1号灯油で代用して問題はない(逆は厳禁)。 80 硫黄分 0. 008以下(80ppm以下 ) 0. 保管上の注意点 [ ] 運搬、保管に用いられるポリタンク。 奥の青いタンクが18リットルタンク。 強酸化剤と一緒に貯蔵したり、過失・故意に関わらずや、水などが混入することは避ける。 換気に注意し、の発生に気を付ける。 直射日光を避け、冷暗所に保存する。 膨張による流出に注意する。 灯油は、長期間の保管や不純物の混入などによって、品質に問題が生じる。 こうした不良あるいは不純な灯油を利用すると、さまざまな問題が生じる。 不良灯油 [ ] 長時間放置あるいは寒暖差の激しい環境に置かれ、品質が劣化した灯油。 一般的には使い残した灯油を1シーズン直射日光 紫外線 の当たる環境や密栓状態の保たれていない環境で放置したものなどが該当する。 不良灯油の確認は透明のコップに入れ白い紙を後ろに当てて色の変化を確認する。 良質の灯油は無色透明なのに対し、不良灯油は黄色く変色する。 また、劣化すると酸っぱい臭いや目にしみるような臭気を放つ。 なお、シーズンを越して保管する場合には、日光(紫外線)による酸化反応を防ぐため、日の当たらない風通しの良い所で灯油専用の着色容器に入れ、ふたをしっかり閉めて保管する。 こうした不良灯油を使用すると、黒煙・白煙や異臭が大量に出るほか、火力が安定せず、芯式石油ストーブの場合は芯が黒化し、ダイヤル、レバーなどが操作出来なくなる恐れがある。 不純灯油 [ ] 不純物が混入した灯油。 特にの混入が多く、ポリタンクのふたが閉まりきっていなかったり、ポリタンク内でが降りると、水分が混ざった不純灯油となる。 水は灯油より重くタンク下部に溜まるため、水が入っていることに気付かずに使用したことで、機器を故障させてしまうことが多い。 こうした不純灯油を使用すると、火力が弱まり、着火されにくくなる。 機器によっては給油警告も常に出るようになる。 そのほか軽油やガソリンが混じった不純灯油も考えられ、これらをそのまま使用することで目やのどの痛みを訴えたりと人体に影響が出るほか、の原因になる。 盗難 [ ] 灯油の価格が高くなると、住宅の屋外に設置してある灯油タンクから灯油を抜き出す事件が発生している。 寒冷地にある企業などが、盗難対策グッズを開発し販売している。 等の警察機関でも、灯油盗難防止用品を紹介している [ ]。 また、不必要な状況下で灯油を持ち歩いたり、迂闊にポリタンクを屋外で保管していると犯罪捜査の対象になる場合もある。 使用上の注意点 [ ] 故障問題 [ ] およびは灯油を気化して燃焼させるものであり、機械的な故障は少ない。 しかし、では不良灯油による故障が多く、1シーズン経過した不良灯油で容易に動作不良となることもある。 故障が疑われる場合、まず使用した灯油を疑うこととされており、石油ストーブメーカー各社とも、不良・不純灯油の使用による故障は、の無償修理適用外で、有償による修理対応となる。 不良・不純灯油使用による石油ストーブ故障は、各製造企業が頭を抱えている問題であるが、一般利用者には広くは認知されていない。 販売店からとしてメーカーへ返品されてくる製品のほとんどが、こうした不良・不純灯油が原因とされるものである。 対応した販売店の店員すらも不良・不純灯油に関する知識が不足し、利用者からのを避けるため、そのまま新品と交換してしまうケースがある。 一方、メカニズム面でこれら不良灯油に対し(限度はあるが)耐久性をもたせているのがの開発した「」である。 換気・排気 [ ] 品質の悪い灯油を燃焼させると、独特の臭いが発生する。 屋内で石油ファンヒータを使う場合、換気を怠ると、を起こす。 は無色無臭で発生しても気づかないため、濃度が一定量に達するとしてしまう。 30分—1時間に1回程度の換気を心がけると良い。 不完全燃焼を引き起こした場合は、使用中止して充分換気を行い、汚染されてない空気を吸うべきである。 屋外に石油を設置する場合、煙突を延長させる排気対策を十分とらないと、近隣住宅に流れ込みトラブルになりかねない。 独特な臭いがする排気が室内に侵入するため、近隣住民宅のトイレや風呂場等の換気が不自由になり、多大な負担をかけるからである。 特に音が響きやすい冬場の深夜に稼働させる場合、近隣住宅との間隔(1—3m程度)が狭い住宅街に設置する場合、に併用させる場合では、特に設置者は要注意しなければならない。 メーカーでは、設置方法や設置場所について、隣家に配慮することを推奨している。 スウェーデンではやの排出源としてディーゼル自動車が問題視され、1991年に新しい自動車用軽油の品質規格を定めてCity軽油を導入した。 しかし、City軽油は灯油留分を多く含むため、燃費が低く、灯油やジェット燃料油が不足する問題も生じている。 日本 [ ] 生産 [ ] 2019年現在、日本の灯油は需要量の9割を国内生産で、1割を輸入で賄っている。 販売 [ ] ガソリンスタンドにおける灯油専用の給油機 灯油は(一部店舗と内のサービスエリア・パーキングエリアを除く)のほか、・・などの、、、など広い販路で販売され、家庭への配達が行われる。 近年(の段階)では低価格のや、ホームセンターにおける持ち帰り購入が増えている。 持ち帰り容器としてはまでは金属製のが広く用いられていたが、その後は軽量で気密性の高いポリエチレン製のが広く使われている。 特に冬の寒さが厳しい・では、一世帯あたり平均で年間約1,500から2,000リットル程度の灯油を消費することから、一軒家では200から1000リットルクラスのに灯油を備蓄し、家屋内の石油ストーブや等へ自動的に給油するシステムを持つことが一般的である。 その他の地方においても、灯油を燃料にする給湯設備が普及しており、これらも、90リットルから200リットルのタンクを有している。 灯油が少なくなるといわゆる2トントラックに小型タンクを設置した 、もしくは規模によっては大型のタンクローリーを呼んで、ホームタンクに給油するか、ガソリンスタンドやホームセンターで購入する。 灯油の価格表示は1リットル当たりの表示と18リットル当たりの表示が混在する。 これは灯油をで販売していた頃の名残であり、約1に相当する18リットル単位での販売が一般化したためである。 この為長年、販売される灯油用ポリタンクの標準的なサイズは18リットルだったが、近年はよりキリの良い数字である20リットルが標準になりつつある。 暖房用の灯油は毎年価格の変動が伴い、特に低所得者・社会的弱者にとっての負担が大きい。 そのため日本国内の多くの市町村では、「福祉灯油」と言われる灯油購入費の一部に対する支援・助成制度が設けられている。 消防法 [ ] では、第四類(引火性液体)第2石油類に分類されている。 消防法により灯油は燃油用タンク以外での保管は禁止されている。 しかし、実際には依然として無着色ポリタンク 白タンク での灯油の保管が続いている。 販売者側にも徹底されておらず、白タンク給油は恒常化している。 特に消防法改定前から灯油を定期的に購入していたに多い。 消防法上のとしての灯油のは1000リットルだが、多くので等によりの保管について、より小さい数量以上を保管する場合、市町村に届け出なければならないよう定められている。 灯油の場合、ほとんどが指定数量の5分の1、つまり200リットルが上限である。 しかしこれに違反していると知らずに大量の灯油を無届・無資格で備蓄している消費者も散見される。 大量のポリタンクを住居敷地内に備蓄したり、ドラム缶を用いたりするケースが多い。 ホームタンクの場合、設置施工の際に施工業者がその旨確認することが多いので違法であることはまずない。 揮発油税法 [ ] 法の揮発油の定義には入っているが、同法第16条及び第16条の2には「灯油に該当するものは、これを免除する」と記載されている。 したがって揮発油税やは徴収されず、実際に消費者が購入する際には、によるのみが賦課される。 ガソリンスタンドにおいて(セルフ式スタンドで)本来を給油すべきにがあるが、これははもちろんにも悪影響を及ぼしかねないばかりか、上の行為となる。 このため、灯油には紫外光により蛍光を呈すを識別剤として添加することが義務付けられている。 燃料添加物 [ ] ではがを割ると中々が始動しない。 そこでを灯油をすることで始動性を高めるが期待できる ただしその分の差額は後で納めなければならない 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• からはさらに高品質化することでやが作られる。 灯油に利用されないケロシンは製油所での成分としても転用される。 以前は150ppm以下。 セーボルト色とは、液体の透明度を数値で示したもの。 関東以南の降雪の少ない地域ではの石油配達用ローリーも存在するが、軽商用車の積載量は最大でも350kgであるため400リットル程度しか積載できず、少数派である。 関東以南では750kg~1トン積みの小型トラックの配達用ローリーも多い。 例えば、(2008年12月3日閲覧)では毎月の灯油価格を調査しているが、1リットルと18リットルで価格を表示している。 (2008年12月3日閲覧)では、ガソリンは1リットル当たりの価格であるのに対して、灯油は18リットル当たりの価格で調査されている。 では個人住居の場合500リットルが上限 出典 [ ]• 26 野火のすべて』笠倉出版社、2016年、57頁• 『歴史学事典13』弘文堂、2006年、372頁• 『』、メイン州海事博物館。 京都府. 京都府. 2019年10月9日閲覧。 日本エネルギー経済研究所. 2017年8月15日閲覧。 Bloomberg 2019年8月19日. 2019年8月21日閲覧。 2017年12月1日閲覧。 e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 2019年3月29日. 2020年1月16日閲覧。 関連項目 [ ]•

次の

灯油をこぼした際の処理から、元に戻るまでやることを紹介

灯油 揮発

初めて質問させて頂きます。 宜しくお願い致します。 上記質問に関連しての質問です。 廃棄物に関する法令の解釈に詳しい方の回答です。 (複数の方が賛同してみえます。 ) >シンナー、アルコール類、アセトンなどは 施行規則第一条の二 第二号で特別管理産業廃棄物から除かれている「廃油(前号に掲げるものを除く。 )のうち、揮発油類、灯油類及び軽油類を除くもの 」に該当します。 それであれば、「揮発油類、灯油類及び軽油類」の、「類」が成す意味はどこにあるのでしょうか? 労働安全衛生法、消防法との関連はどこにあるのでしょう? 誤字は愛嬌として、危険物と照らし合わせてこの判断が現実的と思われるのですが、法的には間違っているのでしょうか? 皆様のご意見をお聞かせ願います。 宜しくお願い致します。 (複数の方が賛同してみえます。 従って、エタノールなどの原油由来でないものは、産業廃棄物としての運用でよいと考えます。 「魚類」っていえば、あくまでも魚であり、魚ではないものは含まれませんが・・・。 現実的な判断としては引火点相当の特管扱いにしておくことが望ましいことも申し添えますし,うちでも廃溶剤は特管として廃棄しております。 立法趣旨からすると「爆発や火災の危険度が高いから特別に管理を強化しなさい」との意味でしょうが,何故,廃掃法は消防法を引用しなかったのでしょうか。 この件に限って言えば,法律上,消防法と廃掃法は関係していないと思います。 軽油の大部分がペンタデカンとのことであり,芳香族も含まれるみたいですが,安易に「軽油類」=「トルエンも含む」との判断はおかしいと思います。 ということであれば,トルエンなどの原油由来製品は引火点が70度未満のものは特別管理産業廃棄物なのですか? 本件のもう一つのポイントは有機溶剤のほとんどが原油由来ということです。 回答に対するお礼・補足 No. 21712 【A-4】 Re:特別管理廃棄物の引火性廃油とは? 2007-03-15 18:00:59 パラレル ( たる吉様 揮発油の定義につきましては、品確法(「揮発油等の品質の確保等に関する法律」)があります。 そもそも揮発油、灯油、軽油は石油製品を指す用語(第1条)であり、よって、この3つが示されている以上、石油製品か否かがポイントではないかと考えています(実際、レギュラーガソリン中には10%近いトルエンや6%程度のキシレンも含まれています)。 なお、実際の運用ですが、弊社は研究所(製薬会社です・・)を有し、そこからは多種の溶媒が排出されます。 事実上、石油製品か否かを分別することは困難であるため、まとめて特管扱いで運用しています。 弊社の運用についてご意見ください。 21716 【A-5】 Re:特別管理廃棄物の引火性廃油とは? 2007-03-15 21:14:45 レス ( 皆さん混乱させてすみません。 私とすれば『シンナー』との法的に意味の無い用語を使われて答えられないよと発言したつもりだったのですが、現場ではいろいろな事情によって単純に割り切れない場合がこれほど多く発生しているとは思いませんでした。 ガソリンをシンナーとして使う場合も無いとはいえませんしね。 で今もっと変なこと考えています。 ベンジンはどうなるのでしょう?考えたくはありませんが・・・ 単純に溶剤はと思っていましたが、業務の事情によってはパラレルさんのように、安全側で処理していかないといけない場合もあることに今後注意しないといけないと思いました。 」という考えが抜けませんでしたが、いまでは「自分がどのように思おうと、法律的には『やはり法令は文面以上でも以下でもなく、あくまでも書いてあるとおり』と環蛙"さまがおっしゃられているとおりだ。」と思っています。 なお、そこから先、トルエンなどの廃油を特別管理産業廃棄物 "なみ" に扱うか否かについては、排出事業者がリスク管理をどのようにされているかにかかっていることだと思います。 また、「労働安全衛生法、消防法との関連はどこにあるのでしょう?」との疑問についてですが、法律が違えば関連は全くありません。 厚生省環境整備課長通知(平成4年8月13日 衛環第233号)の第2 4 1 に、次のとおり記述されています。 特別管理産業廃棄物である「廃油(燃焼しにくいものとして厚生省令で定めるものを除く。 )」とは、廃油のうち焼却を経なければ埋め立てることができないものを焼却処理の技術上の観点から定めることを意味するものであり、当該廃油に対する規制は、火災予防の観点から行われるものではないこと。 なお、廃油に係る火災予防の観点からの規制は、従来どおり消防法により行われること。 レスさま ベンジンは、 でも触れているように揮発油です。 (パラレルさまへの説明と矛盾しているかも?)• 万田力様 他法の定義は直接関係ないことは理解した上で、質問いたします。 確かに、廃掃法には、揮発油、灯油等の定義が明確に示されていません。 それでは、これらの定義の拠り所はどこなのでしょう?法律の中に示す膨大な用語を法律の中で1つ1つ定義づけることは、事実上不可能に近いですよね。 化審法や安衛法の特定化学物質のように、法律が違えば中身が全く異なるものもありますが、他の法律に同様な性格の定義があれば、それを拠り所に捉えることは、間違いだとは思いません。 回答に対するお礼・補足 No. 21727 【A-8】 Re:特別管理廃棄物の引火性廃油とは? 2007-03-16 11:43:58 レス ( 万田力 さま ご存知のように、ベンジンは二つの定義があります。 1 工業ガソリンを規定した日本工業規格 JIS K 2201-1991 の1号として定められている無色透明の液体 2 JIS K 8594-1996 に規定されている無色透明の液体 2の石油エーテルのほうはたして、今までキチンと区別していたかしら???溶剤としてまとめていなかったかしら??です。 『パラレルさまへの説明と矛盾しているかも?』ではなく、まさに疑わしきは安全側にしておくほうがいいのかと思いました。 パラレルさま なるほど、そういうことですか!やっと理解できた気がします。 一 タールピッチ類 二 廃油(前号に掲げるものを除く。 他の法令では、文面そのものとは異なる運用を指示された例があり、その根拠は公開されていない内部文書(対応例?)のコピーでした。 今回も法令とは異なる次元で基準や指示が出されているのかと思いましたが、関係者の方からの投稿もなく、法の解釈は上記の通りであると結論付けます。 それにしても、一般には質問の最後に参照したサイトのように運用されているとは思います。 法の拡大解釈を放置していることに疑問は残りますが・・・ No. おっしゃられるとおりです。 なのです。 ただし、問題となっている法律にその定めが無い場合、他の法律やJISでの定義も参考となるでしょうが、その場合は厳密すぎて、社会的に認知されている意味と異なる場合があります。 従って、定義がなされていない言葉は、社会的に認知されている解釈を採用することが最も妥当なのではないでしょうか? 私が「ベンジンも揮発油です」と答えたのは、身近にある4つの国語辞書で調べたところ、その内の3つで揮発油を「ガソリン、ベンジンのこと」と言う説明があった、即ち、社会的に認知されていると判断したからです。 (あとのひとつはレスさんが紹介したような主旨の説明がされていました。 ) なお、おっしゃられているとおり、ひとつの法律の中で、使われている用語の全てを定義することは不可能で、そこを追求して行くと日本語をどのように解釈するかという問題になります。 従って、罰則の適用など利害が絡むことについては、このQ&Aでどんな解釈がされようと最終的には司法の判断によらざるを得ないと思います。

次の

灯油の発火温度は何度ですか?

灯油 揮発

灯油の正しい処分方法をご存じですか? 使いきれなかった灯油を次の冬まで保管しておくと劣化してしまうでしょう。 少量であれば土に埋めることも可能だという話もあります。 しかし、大量の灯油となるとそうはいきませんよね。 実は、灯油は意外な方法で処分できるのです。 少量の灯油を処分する方法• 大量の灯油を処分する方法• 灯油を処分する際の注意点 1.少量の灯油を処分する方法 余った灯油が少量の場合の処分方法をご紹介します。 簡単にできるものばかりなのでぜひ参考にしてみてください。 1-1.燃えるゴミとして捨てることは可能? 余った灯油を新聞紙にくるんで燃えるゴミとして捨てることができる、という話を聞いたことができます。 しかし、本当にこの方法で処分することができるのでしょうか。 実は、各自治体によって対応が異なるのです。 基本的には「灯油は禁止」としている自治体が多くなっています。 ところが、自治体によっては「少量であれば新聞紙などに浸して燃えるゴミに出してもよい」というところもあるのです。 大量の場合は「販売店のご相談」となっているため、やはり自分が住んでいる地域の自治体に確認してみるのが一番安心でしょう。 灯油は扱い方を間違えると危険な場合もあるため、慎重に処分方法を検討しなければなりません。 1-2.土に埋める 庭の土を10~20cm以上掘り、廃棄する灯油を流し込んで土でふたをしてください。 100~200cc程度の量であれば、土壌菌類の作用によって分解されるでしょう。 日陰で土が湿っている場所が効果的です。 ただし、家庭菜園など食物を育てている家庭の場合は、灯油を土に埋める方法は避けた方がよいでしょう。 食物にとっては有害な物質になるため、枯れてしまう可能性があります。 1-3.使いきる 余ったのが少量の灯油であれば、処分する方法より使いきる方法を考えた方がよい場合もあるでしょう。 灯油は、梅雨の湿気や夏の高温によって劣化が進みます。 こうした条件下で保管しておくと灯油が変質してしまい、次の冬には使えない状態になってしまうのです。 処分するのが難しい場合は、使いきってしまうのが一番でしょう。 たとえば、梅雨期など屋外に洗濯物が干せないときに、乾燥機の代わりに使用する方法があります。 乾きにくい時期の洗濯物を乾かし、さらに灯油を処理できるなら一石二鳥ですよね。 暖かい空気の中で干せば室内干しの嫌な臭いも発生しません。 不用意に捨てたり土壌にまいたりしてはいけません。 2.大量の灯油を処分する方法 では、大量の灯油が余ってしまった場合はどうでしょう。 少量の場合とは処分方法が変わってくるため注意が必要です。 2-1.ガソリンスタンドに持って行く 余った灯油が大量にある場合は、近くのガソリンスタンドに持って行くと処理してもらえます。 ガソリンスタンドはガソリンや灯油などの危険物を扱う場所であるため、安全に処理してくれるでしょう。 ただし、灯油の処分を依頼するには費用がかかる場合も。 基本的には無料のところがほとんどですが中には有料のところもあるのです。 また、比較的新しい灯油であれば買い取ってくれるスタンドもあるため、確認してみるとよいでしょう。 セルフのガソリンスタンドは灯油の持ち込みができないところが多いため、注意してください。 2-2.灯油販売店に持ち込む 灯油は移動式の販売者から買うことが多いと思います。 そのような場合でも店舗は存在しているため、依頼すれば余った灯油を処分してもらえるでしょう。 また、灯油を実際に購入したお店でなくても、灯油販売店であれば処理してくれるはずです。 近所に灯油販売店がないか探してみてください。 ほかにも、整備工場やバイク販売店では日常的に灯油を使用しているため、引き取ってもらえる可能性が高いでしょう。 3.灯油を処分する際の注意点 最後に、灯油を処分する際の注意点をいくつかご紹介します。 ルールを守って安全に灯油を処分しましょう。 3-1.排水溝や河川などに流さない 灯油の処分方法が分からず、排水溝や河川などに流してしまう人もいます。 しかし、灯油は危険物であるということを忘れないでください。 流れた場所から爆発や火事が発生する可能性もあるのです。 もちろん、汚染の原因にもなります。 3-2.灯油が残っている状態にしておくのは危険 暖房器具に灯油が残ったまましまいこむのは絶対にやめてください。 灯油が劣化して暖房器具が故障する可能性があります。 また、乾電池タイプの暖房器具であれば、火災の原因になる可能性もあるでしょう。 冬の間使った暖房器具は、必ず灯油をすべて抜き取るか使いきるかして、乾電池などは抜いてからしまうようにしましょう。 3-3.業者を利用する際の注意点 業者に依頼して灯油を処分する場合は、知っておくべき注意点がたくさんあります。 全国には数多くの業者があり、インターネットで探せばすぐに見つけられるでしょう。 しかし、そのすべてが良心的な業者というわけではありません。 中には、必要な許可を持たずに営業している違法業者も存在しているのです。 そういった業者は「安さ」を売りにして顧客をだますことも少なくありません。 また、回収した灯油を不法投棄している可能性もあるのです。 そういったトラブルに巻き込まれないためにも、業者選びは慎重に行いましょう。 まずは、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してから選ぶことが大切です。 そうすることで相場を知ることもできるでしょう。 最初から1社に絞って即決してしまうのだけはやめてください。 以下のような業者には注意が必要です。 ホームページに許可を取得している旨の記載がない• トラック1台で営業しており、所在地を明らかにしていない• トラックや作業服に会社のロゴが入っていない• 事前に見積もりをとらない• 見積書の内容が不明確• 電話番号が携帯電話である.

次の