ブレーカー を 落とす。 ブレーカーを頻繁に落とすの大丈夫?

地震の際にブレーカーを自動的に落とす装置

ブレーカー を 落とす

待機時消費電力とは 待機時消費電力ってなに? 待機時消費電力とは、コンセントに差さっていて、電源をオフにしている状態で、家電が消費している電力のことです。 つまり使っていなくても、家電は電気を消費しているということ。 家電の種類によって待機時消費電力は大きく異なり、最近の「省エネ」を意識した家電は、使用時の電力だけでなく待機時消費電力も抑えられるよう、工夫されていることも多いようです。 なぜ使っていないのに電力を消費するの? たとえば炊飯器やエアコンのリモコンなど、使っていない時でも現在時刻が表示されているものがあります。 ブルーレイ・DVDレコーダーなどは、電源を切っていても予約時間になったら起動し、録画を始めてくれますよね。 そのように、表示部分や予約機能に待機時消費電力は使われているのです。 無駄だと思える部分と、便利でなくてはならないと思える部分がありそうですね。 どんな家電が待機時消費電力を消費している? 待機時消費電力の消費量が大きい順に、ガス温水器、テレビ、エアコン、電話機、DVDレコーダー、温水洗浄便座となっています。 ガス温水器は、ガスで温めたお湯を出しているのですが、ファンモーター、温度センサー、水量センサー、操作パネルなどは電気で動かしているので、意外と電力を消費しているようです。 テレビは、コンセントを抜くと予約録画などができないので、節約しにくい部分でもありますね。 月の電気代のうち待機時消費電力分はいくら? 一般家庭における、全消費電力量の5%が、待機時消費電力だといわれています。 電気代が月に10,000円の家庭なら、そのうち500円は待機時消費電力。 年間に直すと6,000円分も待機時消費電力に使われていることになります。 5%といっても侮れませんね。 ブレーカーを落とすとどうなる? そもそもブレーカーとは 誰の家にも存在するブレーカー。 正式名称は配線用遮断器。 ブレーカーには、漏電や電気の使いすぎを防ぎ、安全を守る機能があります。 突然ブレーカーが落ち、真っ暗になったという経験は誰にでもあるでしょう。 これは、契約アンペアに対して、同時に使う電気量が多かった場合や、どこかで漏電が起きている場合に起こります。 どの部屋にどのスイッチが対応しているか知っておくといいですね。 ブレーカーを落すと節電になるの? ブレーカーを落とすと待機時消費電力はゼロになるので、節電にはなります。 ブレーカーの上げ下げで電力を消費することはありません。 ただし、完全にオフにしている家電を、立ち上げる時に大きな電力を消費するということもいわれています。 エアコンをつけたり消したりするより、つけっぱなしのほうが節電なる場合があるのと同じ原理ですね。 長期間家を空ける時は、ブレーカーを落とすほうが節電になるのは間違いなさそうです。 気をつけてほしいポイント 冷蔵庫とDVDレコーダーは注意 家全体のブレーカーを落とすと、当たり前ですが全ての家電の動きが止まります。 冷蔵庫や冷凍庫のものが腐ってしまう、なんてことのないように気をつけましょう。 また予約録画もできませんのでご注意を。 熱帯魚などペットのために電気を使っている人も注意が必要です。 故障につながる場合も 特にエアコンについての話になりますが、ブレーカーを落とすとエアコンに「冷媒寝込み」という現象が起こります。 この冷媒寝込みが起こっている状態のまま、エアコンをつけると、電力消費が大きくなるうえ、室外機など機材の故障につながるというのです。 これを防ぐためには、ブレーカーを入れてから一日空けて、エアコンをつけるとよいようです。 おすすめの節約術 ブレーカーを落とすなら ブレーカーは、各部屋ごとなど、エリアごとに分かれている場合がほとんどです。 そこで長時間家を空ける際は、台所など電源を落としては困る家電がある場所以外のブレーカーを落としましょう。 先に書いた理由で、帰ってきたらすぐに使いたい、エアコンが置いてある部屋のブレーカーは落とさないようにしてくださいね。 省エネタップを使う 台所や、エアコンのある部屋のブレーカーは落とせないけれど、その部屋の待機時消費電力が気になる、という人は省エネタップを使うことをおすすめします。 省エネタップとは、オンオフのスイッチがたくさんついた電源タップのこと。 コンセントを抜きさしするより簡単に、待機時消費電力を節約できますよ。 特に待機時消費電力の大きいものが集まる、テレビなどオーディオ機器周辺だけでも活用すれば、節約に効果的です。 まとめ 節約を意識するなら、待機時消費電力は無視できません。 部屋ごとにブレーカーを落とし、それ以外の節約方法も上手く組み合わせて、電気代カットに励みたいですね!.

次の

引っ越し時の電力解約とブレーカー遮断、忘れた場合のリスクと処置

ブレーカー を 落とす

住宅用の分電盤は、メインブレーカーが通常漏電遮断機となっています。 その為、漏電遮断機を切れば全てが切れてしまうので、それ一つ操作すれば十分です。 ただ、屋外の回路だけ切りたいのであれば、分岐ブレーカー(安全ブレーカー)を一つ一つ切ってみて、どのブレーカーが屋外に行ってるかを確認する必要があります。 テスターが無ければ携帯の充電器でもかまいませんので、コンセントに差し込んでみて確認すればよいでしょう。 もしかすると、屋外コンセントだけを切る事ができるかもしれません。 デメリットに関しては、おっしゃられる事以外私も考えつきません。 ただ、水に関しては関係ありません。 アパートなら水道管は直結ですし、マンションなら上水ポンプは別電源(共益費に含まれる)です。 その為、各部屋の電源は使用されていません。 Q 温水器は電気代の安い夜に自動に稼働していますが、家族2人で使用しているので、この時期そんなにお湯を使用する事もありません。 旦那の出張で1人になる事も多いです。 そこで、節電の為にブレーカーを落としてみる事を思いつきました。 この前、間違って落としてしまってたみたいですが、1日~2日くらいなんともありませんでした。 急激に下がる事なく、少しづつ下がってきてたので、おかしいと思ってブレーカーが落ちてる事に気付きました。 また、水量も十分です。 しかもあの大きい体の電気温水器本体も結構熱を持っているので、脱衣所が暑いです。 たまに落として、夜にブレーカーをあげたいと考えていますが、問題あるでしょうか? 全く節電にはならない? 説明書は一応読みましたが、通電してるからといってタンクの掃除は自動でされるわけでもないし、循環してるわけでもなく、蛇口をひねれば普通に出ていたので切っても大丈夫なんじゃないかと・・・ きっと電気温水器使用の電気量と料金がIHの次に大きいと思うので、節電、節約できたらと思いました。 電気温水器に詳しい方いましたら教えてください。 温水器は電気代の安い夜に自動に稼働していますが、家族2人で使用しているので、この時期そんなにお湯を使用する事もありません。 旦那の出張で1人になる事も多いです。 そこで、節電の為にブレーカーを落としてみる事を思いつきました。 この前、間違って落としてしまってたみたいですが、1日~2日くらいなんともありませんでした。 急激に下がる事なく、少しづつ下がってきてたので、おかしいと思ってブレーカーが落ちてる事に気... A ベストアンサー 二年に一度の割合くらいで3週間ほど海外へ行ったりします。 電化製品のコンセントは冷蔵庫と留守番電話を除き抜いています。 コンセントの電極? 歯の部分に埃が貯まり湿気などで水分が加わると火災の原因になると聞きまして。 ガスの元栓もキッチンで一度きり、メーターの所でも再確認で切ります。 水道の蛇口はキッチリ締め切り。 カーテンは半分だけ開けてゆきます。 全部閉めていると日中に留守が知れてしまうと思うので。 出来るならタイマー式で室内の電灯も毎日点けたり消したりしたいくらいですが。 前日まで着用していた衣服は出発前までに洗濯&乾燥を掛けてしまいます。 生ゴミは出発日に出してしまいます。 片付けは、出来ません!! 出発準備の傍ら事情が判らない子供らはハシャギまくり、整理しても収拾が付かないので諦めてしまっています(涙) 大家は管理に関して無関心なので何も伝えません。 集合住宅なので、当方宅に賊が侵入したら非常階段を使って下の階の部屋にも容易に侵入できるだろう事から気を使います。 「明らかに留守がわかる様なサインは残さない」事に注意を払います。 カーテンは締め切らず、半分だけ引いておきます。 夜間は室内が暗い為、カーテンが引いてあるかどうかの判断がし辛い点から日中に焦点を当てると、日中に開いてないカーテンは異様かと。 出来るならタイマー式で自動点灯・消灯出来る様にしたいです。 郵便受けも入りきらない物が飛び出している状態が何日も続くのは留守を宣言している気がするので、ご近所さんに入れ込んで貰うか預かって貰うように依頼します。 玄関ドアへも同じく、半分出ている状態を避けて貰うようにお願いします。 同じく懇意のご近所さんに緊急連絡先として携帯電話のメルアドを知らせます。 (勿論お土産を準備させて貰いますがw) こんな所が当方の自宅の準備です。 都会の人に比べたら生温いのでしょうね。 他にも気遣うべき点がありましたら是非 御教示頂きたいかと思います。 何かの参考になりましたら 二年に一度の割合くらいで3週間ほど海外へ行ったりします。 電化製品のコンセントは冷蔵庫と留守番電話を除き抜いています。 コンセントの電極? 歯の部分に埃が貯まり湿気などで水分が加わると火災の原因になると聞きまして。 ガスの元栓もキッチンで一度きり、メーターの所でも再確認で切ります。 水道の蛇口はキッチリ締め切り。 カーテンは半分だけ開けてゆきます。 全部閉めていると日中に留守が知れてしまうと思うので。 出来るならタイマー式で室内の電灯も毎日点けたり消したりしたいくらいですが。... Q こちらで経済的だと教えていただき、三相のエアコンを店鋪で使っているのですが、全く使っていない月まで月々8000円も取られてしまいます。 電力会社では使わなければ2000円台だと言われたのにです。 漏電もありません。 待機電力だけでは、そのような金額にはならないといわれました。 心当たりがあるのは、リモコンの表示です。 それが、ブレーカを落としたら表示が完全になくなりました。 これが、待機電力以上の電力を使っていたのでしょうか? それにしても、このような可能性があるのに、ブレーカーを落とす注意や指導を書面上でさえもしなかった電力会社には憤りを感じます。 節電に関してたずねてさえもブレーカーのことは一切いわず、使わなければそのような電気代はかからないと言ったのですから。 それに気付かず、一店鋪あたり毎月6000円も損失がでているとしたら凄い金額ですよね。 そのようなことに指導する義務は電力会社にはないのでしょうか?ないとしたら、家電販売店にあるのでしょうか? どこにもなかったりして。。 A ベストアンサー お答えします。 エアコンの施工も、電気工事もする電気屋です。 三相エアコンは、リモコンで電源を切っていても電気を消費します。 というのは、エアコンのコンプレッサー(圧縮機)は、オイルにフロンガスが溶け込んでいる関係上、冷えている状態で始動すると、壊れてしまうのです。 そのために、停止している時にわざわざヒーターで加熱しています。 それが電気代の犯人です。 説明書には、その事が必ず明記されているはずです。 ただし機種によっては、 室内機と室外機の説明書が、別になっている場合もあるので、注意が必要ですが。 その電気代を無くすには、ブレーカーを切るしかありません。 そうすれば基本料金以外、全くかかりません。 ただし、その基本料金をなくすく事は不可能です。 ブレーカーがわからないとの事でしたが、どれかを切ってみてエアコンが作動しなければ、それが該当ブレーカーです。 ただし、ここにも一つ注意が必要です。 室内機と室外機のブレーカーが別になっている場合も、多いにあるので、室外機の ブレーカーを切らなければ意味がありません。 (まれに室内機側のこともある) いずれにしても、販売店もしくは施工業者に聞くのが筋です。 また、メーカーの「お客様相談センター」等に聞いても、ある程度の回答は得られると思いますが…。 なお、この場合、電力会社には落ち度は全くありません。 電力会社は、「使わなければ2000円台…」と言っていたという事ですが、今回のケースは「使っていた」と言うことになります。 もう一つ補足しておきますが、夏もしくは冬になってエアコンを使用する場合、 エアコンを始動する24時間以上前くらいから、ブレーカーを入れてコンプレッサーを暖めておかなければなりません。 (これも、説明書には必ず書いてあるはずです。 ) それをしないで、いきなり始動した場合、最悪の場合はコンプレッサーが破損します。 修理費は機種の大きさにもよりますが、数万円~数十万円にもなります。 もちろん、「使用上の不注意扱い」になりますから、保証は効かないでしょう。 くれぐれもご注意ください。 今回のケースは、その最悪の状態なるより、月8000円の電気代の方が安上がりかと思います。 お答えします。 エアコンの施工も、電気工事もする電気屋です。 三相エアコンは、リモコンで電源を切っていても電気を消費します。 というのは、エアコンのコンプレッサー(圧縮機)は、オイルにフロンガスが溶け込んでいる関係上、冷えている状態で始動すると、壊れてしまうのです。 そのために、停止している時にわざわざヒーターで加熱しています。 それが電気代の犯人です。 説明書には、その事が必ず明記されているはずです。 ただし機種によっては、 室内機と室外機の説明書が、別になっている場合もあ... A ベストアンサー 電源を切っても、その後しばらくの間運転を続けるものが気になります。 例えば石油ファンヒーターは、冷却運転しますよね。 冷却しないとまずいんじゃないでしょうか。 それから最近のお掃除機能付きエアコン。 これはどうなるんでしょうかね。 また、 2さんが書かれていたことで気づきましたが、再起動に多大な負荷が掛かるコンプレッサがあるもの、例えば冷蔵庫などはキツイんじゃないでしょうか? またヒーターものでは、熱膨張収縮の繰り返しがあまり好ましくはないでしょうね。 都市の大停電は、停電復帰時に、冷蔵庫や蛍光灯の再起動のためにインバータが一斉に昇圧しようとして、逆に供給側の電圧が低下し復旧不能な再停電を招くというメカニズムだと聞いたことがあります。 私がもし、そんなことをやられたら、在宅中なら中のコンセントを全部抜きますが、外出中なら泣きますね。 イヤなやつらです。 A ベストアンサー 使っていないのに基本料金が取られてしまうということですね。 これは電力会社側がそれなりの配電設備を供給できるように用意しているからです。 で、低圧電力契約は通年使用の契約ですのでシーズンだけの使用は認められません。 これを認めると配電設備の年間稼働率が落ちることになります。 つまりは無駄な設備の使い方ということです。 で、毎回シーズン毎に新設(新規)、全撤(解約)を繰り返す方法を考えつくのですが、これだと結果的に1年間の継続使用ではないことになり、遡って臨時電力の扱いとなり、高い方の電力料金との差額を支払わねばなりません(つまり、新設時に低圧電力ではなく、臨時電力を申し込んだのと同じ)。 それと、このような繰り返しは電力会社も気付いた時点で認めてくれないでしょう。 結局、もったいないかも知れませんが、いまの使用方法しかないということです。 A ベストアンサー 節電と電気製品も長持ちとでは異なります。 また、電気器具によっても異なります。 まず寿命ですが、コンセントを抜き差ししない方がコンセントの寿命は長くなります。 また、機械的に動く部分を持っていない電気器具は一般的に常時通電した方が長持ちします。 電灯、蛍光灯やテレビ等は電源オンオフ時にかかるストレスが一番寿命を縮めます。 電源オン時に通常の10倍~40倍の電流が流れます。 (突入電流と言います)その為、20~30分後に再び通電する事が分かっていればそのまま通電した方が長持ちします(電球製造会社は電球が壊れないと商売になりませんのでこの突入電流を利用してある程度使用すると壊れる様に設計しています)。 テレビも同様で、電源オン時にテレビから「チリチリ」とか「ジジー」とかと言った音が聞こえると思いますがこれは高電圧を発生する際に生じる静電気の影響ですが、これが大きなストレスを与えます。 洗濯機や掃除機、ミキサーをはじめとするモーターが内臓されている機器はモーターの寿命がありますのでこまめにオンオフを繰り返した方が賢明です。 トースターや電熱器等ヒーターが入っているものもこまめなオンオフをお勧めします。 節電と言う点から考えますと2つに分類できます。 一つ目はACコンセントに直接スイッチが入っており電源オフ時に完全に電流が遮断されるもの。 二つ目は電源スイッチをオフしてもタイマーとかリモコン回路が動作して微弱な電流が流れているものです。 後者を見分ける基準は、電源オフ時でも何らかの表示(時計とか小さなランプ)が付いているもの、リモコンで電源のオンオフが可能なもの(テレビやビデオ、石油ファンヒーター等)、時間が来れば自動的に動作が開始するもの(炊飯器、洗濯機)です。 また、充電器やノートパソコンもこれに分類されます。 エアコンや扇風機等もこれに分類されます。 別な見方をすればマイコン内臓機器はほとんどこれに分類されます。 前者はほとんどの掃除機や台所のファン、単純機能のトースターやオーブンレンジ(時刻表示なしものの)ですが最近は少なくなりました。 つまり、後者の製品が増加して来たので待機電力が話題になって来た事と思います。 コンセントの抜き差しですが、電源をオフにした後に抜き差しする事をお勧めします。 また、コンセントは(壁に取り付けてあるコンセントを含みます)定期的に抜き差しの際に必要な力を確認して下さい。 圧力が弱くなったり壊れかけたコンセントはコンセント自体が熱を持ち火災の危険があります。 つまり、コンセントは頻繁に抜き差しすると良くないし、接続したままだとホコリ等の問題で火災の危険性が大きくなります。 適当な掃除が必要と言う事でしょうか。 節電とエコロジーはことなります。 電源スイッチ付のコンセントを製造・使用する際に使われるエネルギー(プラスチック製造、成形、梱包、輸送、販売)と待機電力を押さえた際のエネルギー量をエコロジー的立場から考えますと決して省エネとは考えられません。 また、価格も2,000円前後しますので電気代を2,000円も節電するとなると使い方にもよりますが数年~10年くらいはかかると思います。 余談ですが、太陽熱温水器や太陽熱発電もそれを作る際に費やしたエネルギーとそれで節約できるエネルギー量を比較すると決して省エネにはなっていません。 政府やメーカーの解説には落とし穴がある事をしっかり? んでおいて下さい。 節電と電気製品も長持ちとでは異なります。 また、電気器具によっても異なります。 まず寿命ですが、コンセントを抜き差ししない方がコンセントの寿命は長くなります。 また、機械的に動く部分を持っていない電気器具は一般的に常時通電した方が長持ちします。 電灯、蛍光灯やテレビ等は電源オンオフ時にかかるストレスが一番寿命を縮めます。 電源オン時に通常の10倍~40倍の電流が流れます。 (突入電流と言います)その為、20~30分後に再び通電する事が分かっていればそのまま通電した方が長持ちし... A ベストアンサー 今時、違約金を取るような物件は殆ど有りません。 2年契約というのはあくまでも契約期間なので2年経てば 解約又は更新しなければならない訳で、 2年間絶対に住みますという契約ではありません。 1、契約途中で解約する場合は通常1か月分の家賃を払って直ぐ退去。 2、事前に退去日が決まっていれば1ヶ月前までに解約の通知を出せば 違約金など一切有りません。 突然解約しなければならないような場合は上記の1、に該当しますので 住まないのに1か月分余計に家賃を払うので勿体無い気もしますが これは一般的な契約ですので仕方ないと思ってください。 違約金を別途取る部屋や、解約通知は2ヶ月前とかいうおかしな条件の部屋もありますが非常に稀(全体の10%にも満たないと思います) だと思います。 部屋探しの際に最初から、解約通知は1ヶ月前の物件を紹介してくれ ・・と業者に言えば余計な手間も掛かりませんので お勧めです。

次の

1か月ブレーカーを落としていても電気代はかかるの?

ブレーカー を 落とす

地震の揺れが収まったらブレーカーを落とす理由 地震の揺れが収まったらまずは出火の有無を確認します。 この時注意したいのは、 全ての家電製品が火災を引き起こす原因になる!という点です。 実際、阪神淡路大震災による火災の原因で多かったのは電気系によるものでした。 もっと具体的に言うと、• 停電したからと言って必ずしも電化製品は安全とは限らず、逆に停電の場合は電気が復旧した直後が怖いのです。 そのため地震で停電になった時には、地震の揺れが収まると共にブレーカーを落とし引火の原因となるものがないか注意深く様子見が必要になるというわけです。 停電にならなかった場合 ガス漏れが無いかをチェック! ガス漏れが無かったらブレーカーを落とす! ガス漏れがあったら窓を開けガス抜きをする! ガス抜きをしつつガスの元栓を閉める! ガスのニオイがしなくなったのを確認後ブレーカーを落とす! もし地震でガス漏れが起こり部屋にガスが充満していると、電化製品やブレーカーのスイッチをいじった時にガス爆発を起こす可能性があります。 そのため停電になったら一旦ブレーカーを落とし、逆に停電にならなかったらガス漏れを十分に確認してからブレーカーを落とすようにしましょう。 停電になっても、停電にならなくても、大きな地震発生後、揺れが収まったのを確認し一旦はブレーカーを落とすようにしましょう。 地震が発生して火災の原因として考えられるもの 地震が発生して火災の原因となるのは、• ご飯支度中でガスを使用していた• 時期が寒い冬でストーブからの引火• タバコの火を消せずに燃えやすいものへ引火• その他火の不始末からの引火• 入浴中の際は湯沸かしの種火• 落下や引きちぎられる等によるコードから火花が散り燃えやすいものへ引火 など様々な理由が考えられます。

次の