ジャパン ディスプレイ。 ジャパンディスプレイが「iPhoneSE」後継機向け液晶の生産開始、経営再建の追い風に|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

ジャパンディスプレイの歴史・創業ストーリー

ジャパン ディスプレイ

ジャパンディスプレイ 損失額はいくら? [東京 9日 ロイター] — (JDI)<6740. T>が9日発表した2020年3月期第1・四半期決算(日本基準)は、最終損益が832億円の赤字(前年同期は17億円の赤字)となった。 スマートフォン向けディスプレーの不振が続いているほか、白山工場(石川県白山市)の事業用資産などの減損を含む構造改革費用516億円を特別損失として計上したことが響いた。 売上高は前年同期比12.5%減の904億円、営業収益は274億円の赤字(前年同期は98億円の赤字)だった。 純損失を832億円計上したことにより、JDIの6月末の純資産は3月末比で842億円減少、772億円のとなった。 はマイナス19.3%(3月末はプラス0.9%)。 JDIは今年6月、スマホ向け事業について、今後、需要の大幅な回復の見込みが立たないとして白山工場の一時稼働停止と茂原工場の後工程ライン(千葉県茂原市)の閉鎖を決議している。 yahoo. やはりこの結果。 誰も責任とらない。 日の丸連合と連呼した連中、皆忘れた顔しているんだろう。 スマホのディスプレイとかもスマホ自体の売上が落ちていますからもうこのままでは完全に倒産しかねないですね。 これでボーナスとかも噂では出るらしいですからびっくりですね。 僕が社員ならまっさきに自分から辞めさせていただきますねww 日本のモノづくりもいよいよ終末が近づいてきている気がします。。 悲しいですし寂しいですね。 スポンサーリンク ジャパンディスプレイ 損失額!何人リストラになる? さて損失額が800億円以上ですからもちろんリストラもあるそうで6月の時点でリストラを 1200名に下すことを決定したようですね。 かなりの大規模なリストラですが会社が傾いているので自分から辞めて行く人も多そうですね。 いつ倒産するかもわからない会社になんかいたくないですからね。 まあ白山工場や他の工場も閉鎖することも決定しているので今後スマホ事業はもう辞めるのかもしれませんね。 ジャパンディスプレイ損失額!倒産も近いのか? なぜ倒産が近いと言われているかと言いますとなんと新しいビジネスモデルなど今後の見通しや目標などがまったく立っていないことが挙げられますね。 そんな状態でこのまま事業を進めていけば確実に倒産が免れないでしょう。 新しい何かを経営者陣は見つけて挑戦していくことが必要ですし、残ってくれる従業員にも感謝をしなければいけませんね。 ジャパンディスプレイ 損失額を知った世間の反応は?.

次の

(株)ジャパンディスプレイ【6740】:株式/株価

ジャパン ディスプレイ

JDIは2012年に、 日立製作所、東芝、ソニーの液晶パネル事業を統合し、経済産業省が所轄する旧産業革新機構が筆頭株主となって2012年に設立された。 2014年に株式上場したが、筆者は最初からこの会社には期待していなかった。 その理由は以下の通り。 (1)日立、東芝、ソニーの3社の統合がうまくいくはずがない。 このような統合による失敗は、エルピーダメモリやルネサス エレクトロニクスで実証済み。 (2)初代社長の大塚周一氏は、JDI設立の数カ月前の2012年2月に倒産したエルピーダの元COO(最高執行責任者)。 その実績から、3社の経営統合など、できるはずがないことは実証済み。 (3)経産省が関与して、旧革新機構が出資し、筆頭株主になっている。 これまで政府が関与して成功した事例がないことも実証済み。 それにしても、経産省も旧革新機構も、何度同じ過ちを起こしたら気がすむのだろうか。 JDIの業績 JDIの売上高、営業利益、および純利益の推移を図1に示す。 売上高は、2016年の9891億円でピークアウトしている。 営業利益は、2014~2017年までは、かろうじて黒字を維持していたが、2018年に617億円の赤字に転落した。 5年間の合計で、たったの62憶円しか稼げていない。

次の

ジャパンディスプレイの呆れた経営…なぜ潰れる寸前まで危機に気づかず中国企業傘下入り

ジャパン ディスプレイ

月崎義幸ジャパンディスプレイ社長記者会見(写真:毎日新聞社/アフロ) 経営再建中の ジャパンディスプレイが、中国の投資ファンドや台湾メーカーなどから金融支援を受けると発表した。 同社は日の丸液晶メーカーとして政府が2000億円以上の血税を投じて全面支援してきたが、結局は中国に叩き売られることになった。 世の中では政府と経営陣の無策を批判する声がもっぱらであり、まったくその通りなのだが、悪いのは政府と経営陣だけだろうか。 同社が発足した当初、国内では日本の技術力や官民協力を賛美する声で溢れており、一部から指摘されていた事業計画の杜撰さはこうした「日本スゴイ」の声にかき消され、決して顧みられることはなかった。 結局、同社に血税を大量投入する最大の原動力となったのは熱狂的な国民の声である。 この事実を日本人自身が総括しない限り、同じ過ちが繰り返されるだろう。 設立当初から疑問の声があったが…… 同社は、 日立製作所、東芝、ソニーの中小型液晶パネル事業を統合して2012年4月に正式発足した。 政府系ファンドの産業革新機構が2000億円もの資金を出資しているので、同社はまぎれもなく国策企業ということになる。 液晶パネル事業は日本、韓国、台湾のメーカーがシェア争いをしていたが、韓国と台湾はメーカーの集約化によって、価格競争力を強化していた。 ところが日本メーカーは電機各社がそれぞれに小規模な事業を保有する状況であり、価格競争力という面で韓国や台湾に遅れを取っていた。 中小型液晶は大手電機メーカーにとってコア事業ではないため、十分な投資資金が確保できなかったという面もある。 そこで政府系ファンドの産業革新機構が出資を行い、各社の事業を統合して再スタートさせたのがジャパンディスプレイである。 だが発足当初から同社のビジネスに対しては疑問の声が上がっていた。 もっとも大きな懸念材料は売上高の多くを米アップル1社に依存するいびつな事業構造である。 同社は、iPhone向けにパネルを供給することで売上高を拡大し、約2年で上場することになったが、その時にはアップル向けの売上高が4割近くを占める状況となっていた。 日本の国策企業が、米国企業であるアップル1社に依存するという図式そのものが、かなりのリスク要因といえる。

次の