大原簿記公務員小倉校。 大原簿記公務員専門学校 小倉校

大原簿記公務員専門学校 小倉校(北九州市小倉北区京町)|エキテン

大原簿記公務員小倉校

進路選択に向けて、職業・業界の魅力、そして大原で学ぶ楽しさを体験しよう!在校生がサポートするので、初めてやひとりの参加でも安心。 簿記の初心者も、学習経験がある方も、大原で新しい簿記の世界を体験してみよう! 進路選択に向けて、職業・業界の魅力、そして大原で学ぶ楽しさを体験しよう! 在校生がサポートするので、初めてやひとりの参加でも安心。 もちろん、お友だちや保護者の方との参加も大歓迎です。 最先端の情報技術に触れてみよう。 進路選択に向けて、職業・業界の魅力、そして大原で学ぶ楽しさを体験しよう!在校生がサポートするので、初めてやひとりの参加でも安心。 進路選択に向けて、職業・業界の魅力、そして大原で学ぶ楽しさを体験しよう!在校生がサポートするので、初めてやひとりの参加でも安心。 OB・OGの経験談を交えて職種を紹介。 自分が入力したプログラムをロボットに組み込み操作を体験できます。 進路選択に向けて、職業・業界の魅力、そして大原で学ぶ楽しさを体験しよう!在校生がサポートするので、初めてやひとりの参加でも安心。 OB・OGの経験談を交えて職種を紹介。

次の

大原公務員講座の評判&口コミ(6件)

大原簿記公務員小倉校

悪い 公認会計士や宅建士のような資格を狙う生徒には合っていないと思います。 お金と時間の無駄でした。 専任講師がおらず、各自でビデオを観てずっと自習をします。 モチベーションを維持するのが難しく、先生に質問もできません。 教材も催促しなければ出てこないものもあり、勉強の進め方が難しいです。 また他の校舎では土日に行われている答練なども受けられません。 問題と解説を渡されて終わりです。 また分からないなりに自分で勉強を頑張っていても、スポフェスやら大原祭などのイベントの参加や、漢字や電卓の試験も強制で、思ったように時間が取れません。 試験に落ちても「難しいもんねー」で笑われて終わりです。 日商簿記1級のレベルでさえ、ここでは1年延長して取る人も多いです。 小倉校には1年生の6月に日商簿記1級を受けられるコースがないので、他の校舎の勉強より半年ほど遅れているのも理由だと思います。 辞めていく人も多く、最初は40人くらいいたのに今では30人程です。 税理士や公認会計士を諦めると、就職クラスに回されます。 良い 面接大会というものがありました。 それ自体は、就職活動が始まる前か直後だったか覚えていませんが、あまり面接に慣れていない時だったと記憶しています。 大原の人事の偉い方や担任が面接官をしますが、その大会自体にはやる意味を感じませんでしたので、もし直面しても気楽に行ってください。 あとで自分がどんな様子だったかムービーを見せられます。 点数もつけられます。 就職活動が始まって間もない頃にそれをされ、メンタルが弱ってしまった人もいましたが、私も順位は半分以下でしたが気にする事はないです。 言い方は悪いかもしれませんが所詮は身内の面接練習です。 サポートに関して、とても素晴らしいと思います。 担任を中心に、どの先生もアドバイスをくださいます。 当たり前ですが先生によって内容は変わりますので、色々な方の意見を聞くといいかと思います。 就職後に率先して質問できるよう、存分に先生を利用して経験を積んでください。 私の時はクラスに30人ほどいましたが、全員就職先が決まりましたので、実績は確かだと思います。

次の

大原簿記公務員専門学校 小倉校(北九州市小倉北区京町)|エキテン

大原簿記公務員小倉校

悪い 公認会計士や宅建士のような資格を狙う生徒には合っていないと思います。 お金と時間の無駄でした。 専任講師がおらず、各自でビデオを観てずっと自習をします。 モチベーションを維持するのが難しく、先生に質問もできません。 教材も催促しなければ出てこないものもあり、勉強の進め方が難しいです。 また他の校舎では土日に行われている答練なども受けられません。 問題と解説を渡されて終わりです。 また分からないなりに自分で勉強を頑張っていても、スポフェスやら大原祭などのイベントの参加や、漢字や電卓の試験も強制で、思ったように時間が取れません。 試験に落ちても「難しいもんねー」で笑われて終わりです。 日商簿記1級のレベルでさえ、ここでは1年延長して取る人も多いです。 小倉校には1年生の6月に日商簿記1級を受けられるコースがないので、他の校舎の勉強より半年ほど遅れているのも理由だと思います。 辞めていく人も多く、最初は40人くらいいたのに今では30人程です。 税理士や公認会計士を諦めると、就職クラスに回されます。 良い 面接大会というものがありました。 それ自体は、就職活動が始まる前か直後だったか覚えていませんが、あまり面接に慣れていない時だったと記憶しています。 大原の人事の偉い方や担任が面接官をしますが、その大会自体にはやる意味を感じませんでしたので、もし直面しても気楽に行ってください。 あとで自分がどんな様子だったかムービーを見せられます。 点数もつけられます。 就職活動が始まって間もない頃にそれをされ、メンタルが弱ってしまった人もいましたが、私も順位は半分以下でしたが気にする事はないです。 言い方は悪いかもしれませんが所詮は身内の面接練習です。 サポートに関して、とても素晴らしいと思います。 担任を中心に、どの先生もアドバイスをくださいます。 当たり前ですが先生によって内容は変わりますので、色々な方の意見を聞くといいかと思います。 就職後に率先して質問できるよう、存分に先生を利用して経験を積んでください。 私の時はクラスに30人ほどいましたが、全員就職先が決まりましたので、実績は確かだと思います。

次の