全労済 車両 保険。 全労済のマイカー共済エコノミーワイドの車両保険について教えてく...

他社比較すると掛金(保険料)も高額?全労済 マイカー共済を保険料・補償・特約・割引・満足度ランキング・ロードサービスで比較して評価!

全労済 車両 保険

違います。 交通災害共済と自動車保険(任意保険)における人身傷害補償保険の車内外補償とでは、補償の対象となる事故の内容が異なります。 詳しくは、こちらをご覧下さい。 全労済の例です。 以上、失礼いたしました 全労済は高い 補償が悪い 共済は酷い内容だよ 自然災害の補償は損保の10分の1ぐらいしかない。 共済に入っていて台風被害にあった人とかに聞いてみなよ。 共済だけは避けるべき 台風の被害を受けた時などに100万円損害があれば 損保火災保険だと100万円の支払い 共済では少額のお見舞金。 災害にあったら必ず後悔します. お見舞金程度の補償としっかりした補償は全然違います。 共済では損保で補償される物置や車庫は 一切補償されない。 自然災害の場合に損保は実際の損害が補償されるのに共済はとんでもなく支払い基準が厳しい また火災保険のみにする場合には損保の火災保険のみの商品は 共済の半額程度です。 共済は高くて補償が悪い。 安いと誤解されているだけです。 風水害の保障については、各商品により大きなばらつきがあります。 「新型火災共済 都道府県民共済 」では、2000万円以上の建物に対し、風水害は最大でも600万円。 「火災共済 全労済 」では2000万円の建物に対して最大150万円、自然災害保障を強化した「自然災害保障付火災共済 全労済 」の標準タイプで1150万円、大型タイプでも1550万円まで。 ただ水害も台風も補償されると言うだけで 補償レベルは相当低いです。 そう言うことも知らずに共済に加入していると 後悔します。 一方、民間保険会社の火災保険は、昨今新規で契約するタイプのものなら、風水害については100%補償するタイプがほとんどです。 このように、火災保険・火災共済は同じパッケージ型ですが、商品によりカバー内容には大きな違いがあるわけです。 ここで大切なことは、どれがよい、悪いということではなく、ご自身の住まいを守るのに適切な形で掛けられているかどうか。 火災共済の地震保障は独自保障。 国が関与する民間地震保険とは異なるもの まず、「地震保険」は、法律に基づき官民一体で運営されている半ば公的な保険です。 そのため各損害保険会社で取り扱われる地震保険はすべて同じもので、火災保険金額の最大5割までの保険金額を、民間損保会社の火災保険のみに付帯できます。 つまり、2000万円の建物なら、地震保険金額は最大1000万円まで確保できるということです。 一方、各種火災共済に地震保険はセットできないのですが、共済商品にはそれぞれに独自の地震保障がセットされています。 たとえば、自然災害保障付火災共済 全労済 の標準タイプなら、地震保障は火災共済金額の20%。 つまり、2000万円の建物なら、地震保障は最大400万円ということです。 一方、新型火災共済 都道府県民共済 では、地震等で半焼・半壊の損害に対し、加入金額の5%、かつ最大300万円。 民間地震保険と比較すると1部損では 補償されない。 支払い限度額がはるかに低いという点が挙げられます.

次の

他社比較すると掛金(保険料)も高額?全労済 マイカー共済を保険料・補償・特約・割引・満足度ランキング・ロードサービスで比較して評価!

全労済 車両 保険

全労済のマイカー共済の車両保険について。 現在、全労済のマイカー共済に加入しています。 主人が独身の頃から入ってたのを、そのまま利用しているだけで、特にメリットを感じて利用しているわけではありません。 現在の車(新車購入)に変えてから、車両保険を追加しました。 しかし、5年程乗っていますが無事故で、自損事故も起こしていません。 遠出もせず、年間走行距離も10,000km以下です。 もっぱら子供の送迎に利用しているような感じです。 保険料を抑えられないかと考えているのですが、保険料の大半が車両保険です。 インターネットで他社の見積りをとると、そちらのほうが安いので、はたして今の保険料は妥当なのか疑問です。 よろしくお願い致します。

次の

【教えて!自動車保険】全労済「マイカー共済」の特徴やデメリット、保険料はどう?

全労済 車両 保険

全労済のマイカー共済エコノミーワイドの車両保険について教えてください。 加入している保険は添付写真の車両保険 免責10万 が付与されています。 私が赤で囲ったところに回収金が10万円以上の場合は自己負担は発生しませんとありますが、下記の認識で間違いありませんか? 念のため明日保険会社にも電話しますが、今モヤモヤするためご教示願います。 よって保険を使用した場合、私が負担するのは3等級ダウンによる保険料のアップ分のみということになりますか? よろしくお願い致します。 補足皆さまご回答ありがとうございます。 マイカー共済の方の何人かと話をしましたが、10万円の支払いが必要と言う人と必要なしと言う人が居て困っています。 私の車の修理費は40万、相手の車は25万で、過失割合は私:相手=3:7で落ち着きそうです。 マイカー共済のAさんは、相手から28万円の回収ができるので私の自己負担は無く、3等級ダウンの保険料アップしか余分なお金は発生しないと言います。 一方でBさんは、免責10万円は車両保険を使用するために支払うお金なので支払う必要があるといいます。 3=12万円の2万円の部分だと言います。 どちらが正しいのか分からず困っています。 教えて頂けると助かります。 本件の場合は、損保会社の補償と全く同じですので、損保会社の用語を使って説明いたします。 質問者の修理費用40万円>負担額24万円なので、相手から差額16万円を受け取り、逆に、相手の修理費用40万円<負担額56万円なので、質問者へ差額16万円を支払います。 これが過失相殺の考え方です。 整理いたします。 対物賠償保険を使いませんので、24万円を自費で支払うならば、保険金を請求するカウント事故扱いとはなりません。 車両保険を請求する場合は、保険金を請求するカウント事故扱いとなり、更新後に、3等級ダウン+事故有係数適用期間3年です。 相手からの回収金が、自己負担設定額の10万円を超えていますので、自己負担はありません。 自己負担がなくなるとしか書いていません。 質問者さんが書かれている内容や添付されている絵が理解できていないという事は、損保の車両保険も理解できていないと言うことですけど...。 『そんな契約聞いた事も見た事もない』のは、単なる知識不足です。 しかも【メガ損保】でも普通に同じ説明してます。

次の