便秘 解消 レシピ。 デトックス便秘解消/1日プチ断食でポッコリお腹解消できるレシピ3選

妊婦さんにおすすめの便秘解消レシピ!助産院の管理栄養士さんに聞いてみた|うんとすっきり!腸活ジャーナル「ウントピ!」

便秘 解消 レシピ

便秘に効くスムージーを作るならどんな食材が最適? スムージーとは、 野菜や果物をミキサーにかけたもの。 皮や種などの余分なカスを取り除くジューサーで作った野菜ジュースとは違い、スムージーは 種や皮なども丸ごとミキサーにかけて作られているので、 食物繊維などの栄養素が豊富なのが特徴です。 そのため、便秘解消のためにスムージーを飲む場合は、 自宅で作るのが1番です。 スムージーは、ミキサーがあれば簡単に作れますし、もしミキサーがない場合でも、使用する野菜や果物を凍らせすりおろすことで、作ることができます。 では、実際に便秘を解消できるスムージーを作る際には、どのような食材を使用するのが効果的なのでしょうか? 便秘に効果的な食材を、ご紹介! ここでは、効果的なスムージーを作るための、ちょっとした心がけをご紹介します。 使用する野菜は、 葉物野菜を選んでください。 一般的には、野菜には不溶性食物繊維が、果物には水溶性食物繊維が多く含まれていると言われているため、これらの両方を材料に加えることで、2種類の食物繊維をバランスよく摂取できるのです。 理想的な割合は、 「野菜:果物=6:4」。 スムージー初心者で野菜のニオイなどが気になる場合には 「野菜:果物=5:5」で作ってみるとよいでしょう。 そのため、ハイパワーのミキサーを持っている場合は、 種や皮も捨てずに使用するとよいでしょう。 ハイパワーでない場合に皮や種を入れてしまうと、舌触りの悪いスムージーになってしまい、とても飲みにくいため、使用しない方が無難です。 また、果物に含まれる種には、 食べると 体内で毒を発生してしまうものもあるので、注意が必要です。 氷を入れた方が美味しく頂けますが、便秘解消を目的とする場合は、氷は使用しないようにしましょう。 作るのが面倒な人は粉末タイプがオススメ スムージーは、一度にたくさんの野菜や果物が摂取できるのが魅力。 ですが、たくさんの野菜や果物を買う必要もあるため、結構なコストがかかってしまいます。 また、仕事や育児などで忙しい場合、スムージーを作るひと手間がつい面倒になってしまって、長続きしにくい場合も…。 そんなスムージーを作る手間が面倒な人には 粉末タイプがおすすめ。 1杯で約200種類の野菜・果物の食物酵素を摂取できます。 また、マンゴー味・はちみつレモン味・豆乳抹茶味・ピーチ味・アセロラ味・アサイーバナナ味・アサイーベリー味の7種類から選べるのも特徴です。

次の

デトックス便秘解消/1日プチ断食でポッコリお腹解消できるレシピ3選

便秘 解消 レシピ

便秘には急性と慢性があります。 環境の変化などが原因で起こる急性の便秘は、その状況に慣れれば治るので大きな問題にはなりませんが、慢性の便秘は主に食生活や生活習慣に原因があるので、様々な心身のトラブルを招きます。 慢性型便秘の要因のひとつが、筋力の低下や筋肉をうまく使えていないこと。 「出す力」が弱くなってしまっているのです。 そこで、ここでは排便に必要な力を取り戻すために、効果的なストレッチとツボ刺激を紹介します。 どちらも、毎日寝る前などに15分続ければ効果が望める対処法です。 便秘は男性よりも女性に多い症状で、「日本人の女性は2人に1人が便秘」という報告もあるほど。 とくに妊娠中は便秘に悩む女性が多いので、「妊婦用のストレッチ&マッサージ」もラインナップしました。 目次 1-1. 快便の3つの条件 1-2. 排便しやすいトイレ姿勢 1-3. 腸腰筋のストレッチ 2-2. 腸もみと腰のストレッチ 2-3. 脇を伸ばすストレッチ 2-4. 上体を曲げるストレッチ 2-5. 妊婦用の便秘解消ストレッチ&マッサージ 3-1. 便秘に効くお腹のツボ 3-2. 便秘に効く背中のツボ 3-3. 便秘に効く手のツボ 3-4. 便秘に効く足のツボ 1. 排便のしくみ 口から食べたものは、食道、胃、小腸などで消化吸収のプロセスを経て、7~10時間程度で大腸までやってきます。 長さが1. 5mほどある大腸では、15~20時間かけて小腸で吸収されなかった水分を吸収し、肛門に近い直腸に便が溜まると、その刺激が便意となります。 通常は便意をもよおすと、トイレに行って排便をすることになるのですが、ここで行う「排便」という行為のしくみを考えてみましょう。 1-1. 快便の3つの条件 良い便とは大人の場合、やわらかすぎず硬すぎず、するするとバナナ2本程度の便が出ることといわれます。 こうした快便には、3つの条件があります。 腸内環境を整える「腸活」が注目されているのは、腸の周囲には神経細胞が集まって脳とダイレクトにつながっているから。 心身の健康を維持するためには腸内環境を整えることが重要で、ほどよい硬さの便はそのバロメーターでもあるのです。 便意をもよおすと、脳からの指令で肛門を締めている恥骨直腸筋などがゆるむことにより、肛門が開いて排便の準備が整うのです。 いきんでいてもただしく腹圧がかけられない理由は、筋肉の衰えや、筋肉を上手く使えていないこと。 肛門をゆるめて腹圧を正しくかけられるようにするのが、この記事の目的です。 1-2. 排便しやすいトイレ姿勢 日本人の直腸は肛門に対してまっすぐではなく曲がっており、この状態の自然な解決策として和式トイレの形態ができたといわれています。 ですから日本人にとって、洋式トイレの体勢は排便しやすいとはいえないのです。 しかし、洋式トイレでも、少し姿勢を変えるだけでスムーズな排便ができるようになります。 ポイントは、便器に座ったときに上体と太ももが30度の角度になっていること。 上体を前に倒すか、足の下に踏み台を用意することで、この姿勢をつくることができます。 1-3. 排便に使う5つの筋肉 快便のためにケアしたい筋肉は5つ。 すべて体幹筋やインナーマッスルと呼ばれる深層にある筋肉で、排便のときには連携して働きます。 体中にあるすべての筋肉は、動かさないとだんだん硬くなっていきます。 これら5つの筋肉が硬くなるとスムーズな排便ができなくなり、老化によっても筋肉は硬くなるので、高齢者には便秘が多くなるのです。 今、この腸腰筋が注目されているのですが、なぜかといえば、腸腰筋にかぶさるようにして腸があるからです。 腸腰筋を動かすと腸に刺激が加わって収縮運動を助け、腸腰筋が硬くなれば、腸の動きを妨げてしまうのです。 収縮すると横隔膜が下がって、腹圧がかかります。 腹圧を維持したり、内臓の位置を保ったりするのに重要な役割を果たしています。 肛門や尿道を締める働きもあります。 背筋の曲げ伸ばし、背中をねじる動きなどにも重要な役割を果たします。 便秘を解消するストレッチ 腸の収縮運動を「ぜん動運動」と呼びますが、このぜん動運動を活性化するために、1日10分間のウォーキングが有効だといわれていいます。 現代人に便秘や大腸がんが増えたのは、デスクワークなど動かない仕事が増えて、運動不足になっていることが最大の原因。 運動習慣を維持することで、便秘が改善できる人はとても多いということです。 軽い有酸素運動とともに、便秘の解消にとても効果的なのが、体幹筋を伸ばしてほぐすストレッチ運動。 ストレッチの基本は、筋肉の両端の付着部どうしを引き離すように意識することと、30秒程度は伸ばすことです。 2~3秒伸ばしただけでは、筋肉は緩みません。 前項で紹介した5つの筋肉を意識して伸ばしましょう。 2-1. 腸腰筋のストレッチ 腸腰筋のストレッチは、ヒザ立ち位と寝た状態で行う2つの方法があります。 両手は右ヒザの上に置き、おへそを前に着きだすようなイメージで、上体を垂直に保つことがポイント。 この姿勢で30秒腸腰筋を伸ばしたら、左右をかえて同様に30秒。 仰向けに寝た状態で、左脚はまっすぐ伸ばしたまま、右ヒザを上げて両手で深く抱え込みます。 反対側も同様に。 2-2. 腸もみと腰のストレッチ 腸は筋肉で構成されているので、もんでマッサージすることによって血流を改善し、腸の動きをよくすることができます。 これが、「腸もみ」や「腸マッサージ」と呼ばれるもので、お腹や腰の筋肉をストレッチしてから行います。 両手をおへその両側あたりに置き、鼻から息を吸ってお腹をふくらまします。 次に、口から息を吐きながらお腹をへこませるようにして息を吐き切り、10回繰り返しましょう。 次に、腰回りの筋肉を緩めるために、両ヒザを立てて、そろえた状態で左右交互にゆっくり倒します。 両手は、自然に開いて床につけておきます。 30秒ずつ、3往復繰り返しましょう。 次に、下になっている方の手の指先で圧を加えながら、大腸のポイントを5カ所押さえます。 圧迫する場所は、盲腸があるとされる「右の腰骨の内側」、大腸が上がってカーブする「右肋骨の下」、センターに移って「みぞおちから指3~4本下」、大腸が下に曲がる「左肋骨の下」、便が溜まりやすいS字結腸がある「左腰骨の内側」です。 2-3. 脇を伸ばすストレッチ 椅子に深く座って上体を垂直に保ち、身体の前方に両手を伸ばして指を組みます。 そのまま、両腕を頭上まで上げて脇の下の体側部を伸ばします。 両側の体側部が気持ちよく伸びたら、両手を戻します。 呼吸は止めずに行いましょう。 体側部の筋肉が硬くなっていると、全身の筋肉に影響し、腹圧をうまくかけられなくなります。 2-4. 上体を曲げるストレッチ 椅子に座ったままの姿勢で足を肩幅に開き、正面を向いて背筋を伸ばします。 右腕をやや後方から上げて、上体をゆっくり左に倒し、左手は床に伸ばします。 右の体側がしっかり伸びて、左の体側が縮んでいる状態でゆっくり呼吸。 身体をゆっくりもとの姿勢に戻したら、反対側も同様に。 普段はあまりしない動きなので、ムリに身体を曲げないようにしましょう。 2-5. 妊婦用の便秘解消ストレッチ&マッサージ 妊娠期は一般的に、4カ月までの「妊娠初期」、5~7カ月の「妊娠中期」、8~10カ月の「妊娠後期」と分けられますが、身体の状態が変わるので、そのときどきに応じたケアが必要とされます。 便秘の症状が重くなるのは、妊娠初期の最後となる13~15週の胎盤期です。 この時期は、優しい腸マッサージが効果的。 仰向けに寝て、お尻の筋肉をきゅっと引き締めます。 右手のひらを右肋骨の下に置き、左へと移動、恥骨のあたりまで移動、元の位置へという3角形をゆっくりと描きながら5周ほどさすります。 次に、大腸もみの要領で両手を重ね、ウエストラインを右から左へと5等分して、やや上方に向けて押し込みます。 やわらかい床で、肩幅よりやや狭いくらいにヒザ開いてヒザ立ちになります。 両手を後方に回して重ね、手のひらでお尻の真ん中を押します。 このとき、背筋を伸ばし、骨盤を立てるようにして肛門を締め、おしっこを止めるようなイメージで骨盤底筋を軽く押すのがポイント 10秒キープしたら、10秒休みながら4回繰り返します。 子宮に負担をかけずに腹圧をかける運動を行います。 椅子に座って両ヒザを合わせ、手のひらを胸の前で合掌して親指を胸にくっつけます。 その姿勢で鼻から十分に息を吸い込み、顔は正面を向いたまま、口から息を吐きながらゆっくりと上体を左にひねります。 次に息を吸いながら姿勢をもとに戻し、息を吐きながら右にゆっくりとひねります。 これを5セット繰り返しましょう。 便秘を解消するツボ 東洋医学のツボ治療は、身体中に張り巡らされていて、気が流れる通路である経絡のところどころにあるポイントを刺激することによって、気の流れを改善するものです。 科学的にいえば、血液やリンパの流れを改善して身体を健康な状態に戻すもの。 便秘の解消には、やはり腸の動きを活発にすることが目的となります。 ツボは、身体の中心線にあるもの以外は左右両側にあり、各ツボの位置は、500円硬貨程度の大きさで個人差があります。 押してみて、痛みのあるところや硬くなっているところを探ってみてください。 親指か、人差し指から薬指の腹でグーっと押し込み、痛くなる手前でゆっくりと力を緩めます。 3-1. 乳頭から下りるラインとおへその横ラインが交わる点から指1本分下にあります。 人差し指、中指、薬指をそろえて中指の腹がツボに当たるようにし、もう一方の手をそえてもむように圧迫してください。 位置は、おへその両側、指2本のところ。 腹部は指を立てて強く押すのは避け、腹結と同じように人差し指、中指、薬指をそろえて中指の腹がツボに当たるようにし、もう一方の手をそえてもむように圧迫します。 3-2. 肝兪、脾兪、腎兪、足三里の4つのツボは、基本調整点と呼ばれ、あらゆるツボ治療に加えることがすすめられています。 左右の肩甲骨の下を結んだラインが背骨と交わるところが第7胸椎と第8胸椎の間にあたるのですが、肝兪の位置は第9胸椎の少し下から左右へ指2本のところ。 背中のツボは、ツボ押しグッズやマッサージ機などを使いましょう。 消化器官の働きを活発にします。 腎臓は、東洋医学では生まれながらにして生命の宿るところとされ、身体のあらゆる機能の調整を円滑にする効果があるツボです。 位置は、脾兪のさらに下、胸椎が12本で終わり、そこからはじまる5つの腰椎のうち第2腰椎と第3腰椎の間から左右へ指2本分。 腎兪はウエストラインにあるので、両手を後ろに回して親指の腹で押すことができるでしょう。 腰を左右にひねりながら圧迫すると効果的です。 位置は腎兪の下、骨盤の上部である腸骨の左右を結んだラインの、第4腰椎から左右に指2本分のところ。 3-3. 「神」という字がつくツボには心が宿るとされ、自律神経のバランスを整える効果もあります。 位置は、手のひらを上に向け、手首のシワの、小指側の端になります。 手の甲部、親指と人差し指の付け根にあるV字型のくぼみにあります。 押すとしびれるような感覚があるところです。 3-4. 位置は、脚の外側、ヒザから指4本ほど下がったところ。 ヒザ下の前側の骨と、外側の骨の間にある少しくぼんだところで、押すとしびれるような感覚があります。 むくみにも効果があります。 足の第2指の先端、爪の外側部分にあります。 まとめ 便秘解消のストレッチやツボ刺激には、即効性のあるものもありますが、慢性的な便秘に対しては、習慣化して毎日続けることが大事。 慢性的な便秘は、食生活を見直すことも同時に行う必要があります。 2種類の食物繊維や、乳酸菌などを多く含む発酵食品の摂取が欠かせません。 便秘を解消するレシピについては、別記事にて解説しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。 【参考資料】 ・『うんトレ』 神山剛一 著 方丈社 2019年 ・『図解入門 便秘と腸の基本としくみ』 坂井正宙 著 秀和システム 2016年 ・『妊婦マッサージ』 山田光敏 著 PHP研究所 2012年 ・『ビジュアル版 爽快ツボ刺激法』 良導絡研究所 編 講談社 2009年.

次の

赤ちゃんの便秘解消にオススメレシピ3選と便秘の時に気をつけたい事

便秘 解消 レシピ

食べ物・飲み物とその摂り方を、便秘に「いいもの」「ダメなもの」に分けて解説。 コンビニ食の選び方や、おすすめレシピを朝・昼・夜ごとにご紹介します。 便秘を解消する即効性の高い食べ物とその食べ方 便秘の際には、生で食べられるものを積極的に摂りましょう。 食材に含まれる水分・ビタミン・酵素を多く残した状態で摂取できるからです。 水分は、お腹の中で便が作られる際に多く使われ、ビタミンは、善玉菌 有益な腸内細菌 の働きを活発にし、腸内環境を改善してくれます。 また酵素は、食べ物の分解や消化吸収をサポートしてくれるのです。 しかし、生ものばかりに偏った食事はお腹を冷やしてしまうため、温かいものもバランスよく摂っていきましょう。 では具体的に、便秘に効く食材や、その食べ方をご紹介します。 食物繊維 食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があります。 実は同じ便秘でも、症状によって必要な食物繊維の種類は異なるのです。 あなたの便秘の状態を確認して、どちらの食物繊維が必要かを見ていきましょう。 水溶性食物繊維 水に溶けるタイプの食物繊維。 腸内の善玉菌を増やす効果があり、お腹の中でゲル状の柔らかい便を作る働きがあります。 便が固くなりがちな方は「水溶性」の食物繊維をとるようにしましょう。 りんごやみかんなどの果物、人参やキャベツ、トマトといった野菜類には「ペクチン」という水溶性食物繊維が豊富に含まれます。 また寒天や海藻類には「アルギン酸」という水溶性食物繊維が多く含まれるため、おすすめです。 不溶性食物繊維 水に溶けないタイプの食物繊維。 腸内で水分を吸収してふくらみ、便のカサを増やして、腸のぜん動運動 内容物を運ぶ動き を活発化させ、便通を促進します。 大豆やイモ類、ごぼうなどの根菜類や、きのこ類、穀物など、繊維質の食材に多く含まれるのが特徴です。 腸のぜん動運動が弱いために起こる〝弛緩性便秘〟に当てはまる方、下痢になりやすいという方は「不溶性」の食物繊維を多く摂ると良いでしょう。 発酵食品 発酵食品に含まれる乳酸菌には、腸内を弱酸性にすることで、悪玉菌 有害な腸内細菌 の増殖を抑え、善玉菌を増やす効果があります。 ぬか漬けやキムチ、味噌などは、植物性乳酸菌を多く含む食材の代表です。 一方、動物性乳酸菌の主な食材には、ヨーグルト、チーズなどがあります。 特にビフィズス菌を含むタイプのヨーグルトは、高い整腸作用が期待できるのでおすすめです。 オリゴ糖 オリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす作用があります。 ミネラルの吸収を高め、腸内環境を整え、便秘の改善を促してくれます。 玉ねぎ、アスパラガス、にんにくなどの野菜類や、はちみつなどに多く含まれるほか、味噌や醤油などの発酵食品にも含まれています。 植物性油 植物性の良質な油には様々な美容効果があります。 中でもオリーブオイルには、オレイン酸という成分が含まれ、便秘解消にも効果があります。 オレイン酸は腸に届くと、ぜん動運動を促進してくれます。 潤滑油の役割を果たし、便の通りも良くなるでしょう。 ぜん動運動がもっとも活動的な朝に、サラダや副菜などに大さじ1杯程度をかけて摂取するのがおすすめです。 マグネシウムを含むもの マグネシウムは、市販の便秘薬の代表成分の1つにもなっているほど、便秘の改善に効果があるとされています。 水分の吸収を高める作用があり、便を柔らかくしたり、食物繊維などと同時に摂ると、腸のぜん動運動を助ける作用があるのです。 では以下にマグネシウムを多く含む食材をいくつかご紹介します。 便がコロコロしていたり、固かったりするのは、水分不足だというサイン。 1日に1. では具体的に便秘に効く飲み物の種類と、その飲み方を見ていきましょう。 水 冷たい水 腸の活動が活発な朝起き抜けに冷たい水を飲むと、腸が刺激されて便秘解消が期待できます。 ただ冷え性の方は、内臓を冷やしてしまわないよう、常温のほうがおすすめです。 レモンやオレンジといった果物、野菜、ハーブなどを入れ、デトックスウォーター フレーバードリンク にして飲むのもいいでしょう。 食材の栄養素が水に溶けだし、水分補給とともに水溶性のビタミンや食物繊維をたっぷり摂ることができます。 50度くらいのお湯 寒い日など、身体が冷えているときには、コップ一杯程度のお湯をゆっくり飲みましょう。 一旦沸騰させたお湯を、人肌より少し熱いくらいまで冷ましてから飲むのが便秘解消には効果的。 内臓を温め、胃腸の動きを活発にしてくれます。 炭酸水 炭酸水に含まれる二酸化炭素には、硬い便を柔らかくする効果があります。 また、胃酸の分泌を助け、胃の消化作用を手助けしてくれます。 胃腸が疲れていると感じる方、便が固くなりがちな方は、朝に飲むお水を炭酸水に切り替えてみましょう。 お茶 食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれるお茶には、腸内の善玉菌を増やし、その活動を活発にし、腸内環境を整える効果があります。 なかでも、ビタミンCが豊富なローズヒップなどのハーブティー、食物繊維が豊富な玄米茶などがおすすめです。 ノンカフェインかつタンニン含有量の少ないものでおすすめのお茶としては、ルイボスティーやごぼう茶があげられます。 カフェインやタンニンが多く含まれる緑茶や紅茶は避けましょう。 カフェインは腸を刺激し排泄を高める効果がありますが、利尿作用もあるため、かえって腸内が水分不足になってしまいます。 タンニンは、便を固くする作用があるため、とり過ぎるとむしろ便秘を招く可能性があります。 就寝前などは特に、ノンカフェインのお茶を飲むようにしましょう。 ココア ココアにはリグニンという不溶性食物繊維が含まれ、腸内環境の改善が期待できます。 また、ココアには100gあたりに5. 6gもの水溶性食物繊維も含まれるため、さらなる便秘解消効果が期待できるのです。 しかし、カロリーも高いため、1日に飲む量はコップ1〜2杯程度までにしてください。 温めた豆乳や牛乳に、粉末状の純ココアを大さじ一杯程度加えます。 甘みが欲しい場合には、はちみつやオリゴ糖を加えると良いでしょう。 ココア自体が高カロリーな飲み物のため、市販されている缶ジュースタイプのものや、砂糖入りの粉末ココアはカロリーの摂りすぎになる可能性があります。 注意してくださいね。 出典: フルーツジュース バナナやりんごには食物繊維が多く含まれるほか、オリゴ糖もたくさん含まれており、腸内の善玉菌を助ける作用があります。 バナナはヨーグルトやオリゴ糖などと一緒にジューサーにかけ、バナナジュースに。 りんごはレモンやはちみつと一緒にジューサーにかけるとより効果的なジュースが作れます。 リンゴの皮には栄養素がたくさんつまっているので、できれば無農薬やオーガニック栽培のものを選び、皮ごとジュースにしましょう。 酢ドリンク お酢には新陳代謝を高める効果があり、それによって腸のぜん動運動を活発にし、腸内環境を整える効果があります。 リンゴ酢や黒酢など、ご自分にとって飲みやすいものを1日15ml程度飲むようにしましょう。 空腹時は胃腸に負担がかかるため避けてください。 便通効果を促進するには、朝食後に飲むのがおすすめです。 甘酒 甘酒には便秘解消に効果のある食物繊維やオリゴ糖がたっぷり含まれています。 朝、時間がないときには、朝食代わりに飲むのもいいでしょう。 カロリー補給にもなり、胃腸の働きを助けてくれます。 甘酒の味に慣れていないという方には、牛乳やヨーグルトを加えるのもおすすめ。 市販のものを購入する際には、酒粕を溶いたものではなく、必ず米麹から作られたものを選んでください。 成分表示に米麹の記載があり、砂糖が入っていないものがそれにあたります。 便秘の原因になりやすくなるダメな食べ物とその食べ方 お腹を冷やして胃腸の働きを弱めてしまったり、ダイエットのしすぎで食物繊維や脂質が不足してしまったりと、誤った食生活を送ると、便秘が悪化する危険性があります。 とはいえ特に外食時は、胃腸に良い物だけを摂ることは難しいですよね。 ですから、出来る限り悪いものを避けることに注意を払いましょう。 具体的に、便秘の原因となるような食事の仕方についてご紹介していきます。 肉 肉に含まれるタンパク質は、腸内で悪玉菌を増やす働きをします。 便秘がちで腸内環境を整えたいときは、できるだけ肉類の摂取はさけましょう。 お肉を食べたい場合は、野菜なども摂り、バランスのとれた食事を心がけてください。 野菜や果物、ヨーグルトなどを一緒に食べることで、悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、肉類の摂取による腸への悪影響を中和できるからです。 タンニンを含むもの 柿やお茶などに含まれるタンニンには、摂り過ぎると腸の粘膜に特殊な膜を作り、ぜん動運動を抑制してしまう作用があります。 便秘気味の方はあまり摂らないようにしましょう。 コンビニの食べ物で便秘を解消するには? 忙しいときはコンビニで食事を済ませてしまうときもありますよね。 そんなときでも便秘に効く食べ物を選びたいもの。 乳酸菌補給にはヨーグルト系のドリンク、ビタミンやミネラル補給には、野菜サラダやおから入りのお惣菜、発酵食品としてはキムチパックやたくあん、味噌汁などがオススメです。 簡単!便秘解消レシピ 具体的な便秘解消レシピをご紹介します。 朝・昼・夜それぞれのメニューをご紹介するので、ぜひ取り入れてみてくださいね。 バランスのとれた食生活を習慣づけていくことで、徐々に効果を実感できるでしょう。 朝食 朝は胃腸が活発に活動する排泄タイムなので、固形物の摂取は避けましょう。 代わりに、果物を使用したグリーンスムージーなどがおすすめです。 作り方は簡単。 小松菜1束、バナナ1本、豆乳、はちみつ、きなこをお好みで入れて、ジューサーで混ぜるだけ。 飲みやすく、ビタミンや食物繊維も豊富に摂取できるので、ぜひお試しください。 昼食 お昼には、野菜を効果的に摂取できる野菜スープや豆乳スープなどがおすすめです。 また、ハーブやスパイスなどが豊富に入ったスープカレーも良いでしょう。 胃腸を温め、便秘解消に役立つ食物繊維や栄養素をたっぷり補給できます。 夕食 夜にはお味噌汁や納豆などの発酵食品を摂っていきましょう。 食物繊維が豊富なこんにゃく、しめじ、鶏ひき肉をだし醤油で炊き合わせた煮物や、キャベツときのこ類の炒め物などもおすすめです。 忙しいとつい食生活も乱れがちになり、胃腸も疲れやすくなってしまうもの。 便秘の原因の1つには、精神的なストレスもあげられます。 今回ご紹介した食事方法で胃腸の調子を整えつつ、ストレス発散したり、楽しい時間を過ごすなど、バランスのとれた生活を心がけてみてくださいね。

次の