ビートルズ リンゴ スター。 リンゴ・スター

リンゴ・スター ピース&ラブ サリュート 2020

ビートルズ リンゴ スター

We Want Beatles! だが、レコード・デビュー前の62年8月は違った。 We Want Peat! 62年8月16日は、ビートルズのドラマーがピート・ベストからリンゴ・スターに代わった「歴史的」な日である。 「歴史的」とつい書いてしまったが、そう書けるのはビートルズが「歴史的」な存在になったからだ。 ピートにとっても、その後のビートルズのあの活動を知っているからこそ忘れられない1日になった。 大小はさておき、出会いや別れは人ぞれぞれである。 6月のEMIのレコーディング・テスト・セッション後、ジョン、ポール、ジョージの3人は、マネージャーのブライアン・エプスタインから、こう告げられた。 「プロデューサーのジョージ・マーティンがピートのドラムに難色を示している」と。 ピートの腕前に違和感を覚えていた3人は、水面下で新しいドラマー選びに動き出したという。 最初に名前が挙がったのはビッグ・スリーのジョニー・ハッチンスで、もうひとりがリンゴ・スターだったという。 ジョンは、もしピートを解雇してくれればリンゴを引き抜くとブライアンに告げ、8月14日にジョンはリンゴに電話して加入を要請。 翌々日の16日の朝、ブライアンはピートを事務所に呼びだし、「3人は君に出て行ってもらいたいと思っている」と卒直に解雇を告げた。 当のピートは事務所に入ってブライアンの顔を見たとたんに何を言われるかを察したと言うが、思わず「僕がドラマーに不向きであることがわかるまでに2年もかかったんですか?」と食ってかかったという。 しかしその後は無言で、30分後に事務所を後にした。 残された公演はドラムを叩いてほしいという要請にはOKしたものの、その後、ピートがビートルズとともに人前に出ることは二度となかった。 ピート脱退の噂は瞬く間に街中に広がり、8月23日付の『マージー・ビート』紙で公に伝えられた。 そこにはドラマー交代はお互いが友好的に行なわれたと書かれていたが、ピートのファンの抗議は凄まじく、キャヴァーン・クラブ周辺でビートルズを取り囲んだ乱闘騒ぎが起こり、『マージー・ビート』にも少女たちの嘆願書が寄せられた。 ドラマー交代からわずか4日後の8月22日、『ノウ・ザ・ノース』という番組用にキャヴァーン・クラブでビートルズのライヴ撮影が行なわれた。 撮影スタッフは、まさかドラマーがクビになるとは思ってもいなかっただろう。 実際、映像の最後には「ピートを出せ!」というファンの野次が入っている。 62年1月1日のデッカ・オーディンションからの演奏曲と、6月6日のEMIのセッションでの演奏曲で、もちろんいずれもデビュー前に録音された音源である。 いい話かどうかわからないと書いたのは、特にその「ラヴ・ミー・ドゥ」を聴くと、巧拙はさておき、リンゴとのビートの違いは明らかで、耳に馴染みのあるビートルズ・サウンドとは全く異なるからだ。 「これじゃ他の3人には合わない」。 瞬時にそう思わせる音源でもある。 その音源が『アンソロジー』に収録されることになったのは、ピートの弟ローグ・ベストが、ピートの母モナとアップルの取締役だったニール・アスピノールの子供だったことと無関係ではないだろう。 2013年の来日時にピートに、『アンソロジー』収録についてニールから直接連絡があったのか尋ねてみたところ、お互いの弁護士を介してのやりとりだったと言っていた。 また、ブライアン・エプスタインから解雇を告げられた時に、仲の良かったジョンに裏切られたのがショックだったとも語っていた。 ピートの脱退で割を食ったのはジョージだ。 ピートのファンの男性に目を殴られ、青あざを作ったのだ。 デビュー・シングルのセッションの写真を見ると、跡がはっきり残っているのがわかる。 』 これは「いい話」だと思い、この件もピートに訊いてみたら、こんな答えが返ってきた。 「いや。 きのうも同じことを聞かれた。 ジョージが亡くなった翌日にシカゴでメモリアル・コンサートがあり、そこでジョージの話はしただけだよ。 62年以降、ビートルズの誰にも会っていないんだ」。 【筆者】藤本国彦(ふじもと・くにひこ):ビートルズ・ストーリー編集長。 91年に 株 音楽出版社に入社し、『CDジャーナル』編集部に所属(2011年に退社)。 主な編著は『ビートルズ213曲全ガイド』『GET BACK... NAKED』『ビートル・アローン』『ビートルズ語辞典』など。 映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』の字幕監修(ピーター・ホンマ氏と共同)をはじめビートルズ関連作品の監修・編集・執筆も多数。

次の

1962/8/16、ビートルズのドラマーがピート・ベストからリンゴ・スターに代わった「歴史的」な日【大人のMusic Calendar】

ビートルズ リンゴ スター

(ちなみに、芸名であるRingoは、いつも彼が 巨大な指輪=ringを付けていたことから付けられたそう) しかし、音楽性でももちろん高い評価を得ていますし、なんといっても、Ringoはその人柄で多くの人を魅了していました。 そんな人柄を表すのが、Ringoにまつわる様々なエピソードです。 私はビートルズが好きなので、今回はその中の一人であるRingoに焦点を当てて、いろいろと調べてみました。 リンゴの人柄を表すほんわか名言 まずは、Ringo自身の発言。 「ねぇパパ、パパは昔、 ポール マッカートニーのバックバンドで演奏してたんだよね?」』 娘さん!笑 し、失礼な!バックバンドじゃないですよ!メンバーの一員です!と言いたくなりますが、Ringo自身は穏やか。 そういう優しい存在感を表している一言ですよね。 スポンサードリンク 次は、1964年、オーストラリアで受けたインタビューにて…。 』 ジョンって!!これは失礼。 こんな風に、ジョークを言い合える仲であるのも素敵ですよね。 さらに、ビートルズのスター、 ジョン レノンのこんな一言: Interviewer: Does all the adulation from teenage girls affect you? 『記者:10代の女の子からの(ビートルズへの)熱狂に、どう思いますか? ジョン:自惚れそうになった時は、リンゴを見ると、 ああ、僕たちはスーパーマンじゃなかった、って思えるよ。 』 もちろん、これもジョークです。 イギリス式のジョークってちょっとブラックなものが多いのも特徴かもしれませんが…。 こんな風に、メンバーがジョークを言う時なんかに、リンゴが登場することが多かったようです。 記者:リンゴは世界一のドラマーだと思いますか? ジョン:リンゴはビートルズで一番のドラマーですらないよ。 というやりとりも有名ですが、これは音源が存在しないため、本当にジョンの名言であるかどうかは分からず、疑わしいところだそうです。 これに関しては今の所、実際にジョンが言ったものではなく後々の創作という線が濃厚のようですよ。 メンバー全員と繋がり続けたリンゴ 娘さんからジョンまで、 「え!リンゴの扱いひどくないですか?」 って感じですが、まさにこれは、そういうことを言い合える仲だっていうことですよね。 リンゴが優しいからこそ、言えることでもあると思います。 こんな部分も、リンゴ スターの魅力のようです。 そんなリンゴは、その低音の優しい声を生かして、80年代、機関車トーマスのナレーターもしていたそうです。 そして、晩年、ビートルズ解散後も、メンバー全員:ポール、ジョン、ジョージとずっと繋がり、友人関係を保ち続けた唯一の人物だそうです。 特にジョージには、一度、自身の最初の奥さんと浮気をされてしまったそうですが…!それでも、その後もずっと仲が良かったようです。 さらに、ジョン レノンが亡くなった時には、リンゴだけが、奥さんのオノ ヨーコさんを慰めに、すぐにヨーコさんの元に、飛行機で駆けつけたとか。 そんな心の優しさも、Ringo Starrの大きな魅力の一つようです。 最後に ビートルズのメンバーひとりひとりは、それぞれ魅力的ですが、今回はリンゴに迫ってみました。 ちょっと心が温かくなるような、優しい人だなっていうのが伝わってきますね。 また今改めて、ビートルズの曲を聴いて楽しみたいと思います。 - ,.

次の

えっ、これが真相!ピート・ベストをビートルズを辞めたわけ?

ビートルズ リンゴ スター

彼らについてはコチラの記事にまとめてあります。 リンゴ・スターはビートルズのドラム。 2018年時点で今なお存命のオリジナル・メンバーです。 彼がリードボーカルを務めた曲もあり、 ソロでも曲をいくつかリリースしています。 また、俳優として活動している事でも有名ですね~。 非常にマルチな才能を見せてくれています。 ドラムの腕前も非常に評判が高く、 「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」 において、第12位に選出されています。 リンゴ・スターは天才なのか? そんなリンゴ・スター。 彼は天才と言えるのでしょうか? これには様々な意見があるでしょう。 リンゴ・スターを、 ビートルズで唯一の凡才と称する人も少なくありません。 しかし、僕は紛れもない天才だと思います。 彼なくしてビートルズは語れません。 では、何故リンゴ・スターが天才と言えるのか? その理由をご紹介していきましょう。 彼が天才だと言えるのは、 やはりドラムの腕前でしょう! リンゴ・スターのドラムは非常に素晴らしい! そりゃ、偉大な100人のドラマーで12位に選出されますよ。 ドラムって難しい楽器です。 それに、あまり目立ちませんしね。 そんなドラム界において、 リンゴ・スターはまさしくスター! かなり有名なドラマーです。 ぜひ聞いてみて下さい。 彼は歌が歌えるドラマーなんです。 今では珍しくないかも知れませんね。 しかし、当時は非常に珍しい存在でした。 歌が歌えるドラマーの走りかも知れませんね! しかも、彼はソロとしても活躍しています。 歌が歌えるだけでなく、 しっかりと歌唱の才能もあるんです! 「天は二物を与えず」 なんて言葉がありますが、 思いっきり二物与えちゃってますね(笑) ドラムもできて、 歌も歌える。 まさに最高のドラマーです。 そして、ドラムは非常に左利きに有利な楽器なんです! ドラムをやっている友人に聞いたんですが、 ドラムは本当に左利きが良いみたいですね~。 利き腕は天性のものですからね。 彼はドラムをやる為に生まれてきたのかも知れません。 偉大なるビートルズのメンバーですからね。 そして、彼は俳優としても活動しています。 本当に凄いですね~。 今は俳優としての活動をセーブしているようですが、 昔はバンバン映画俳優として活躍していました。 音楽家だけでなく、 俳優としても活躍できる。 これは彼が天才だからでしょう。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか? 以上がリンゴ・スターが天才な理由になります。 彼は間違いない天才ですよ! と、言うかビートルズに天才じゃない人は存在しません! 全員が天才! だから彼らは偉大なるバンドなんです! コチラの記事もオススメ!.

次の