野村建設工業 平均年収。 非上場企業の平均年収検索|給料.com

野村総合研究所(NRI)の平均年収はいくら?【役職別の平均年収も解説】

野村建設工業 平均年収

建築・工事業界では第112位 建築・工事業界の企業内での田中建設工業の年収ランキングは第112位です。 建築・工事業界の年収第1位は鹿島建設、第2位は大林組、第3位は大成建設となっています。 有力企業全体で第1685位 CareerBookが調査した有名企業約3000社の中で、田中建設工業の年収順位は第1685位です。 ところで、あなたの年収は? キャリトレで適正年収を知ろう 年収情報はまだまだ続きますが、あなたの適正年収はご存知ですか? 田中建設工業のような会社に興味がある方には、 キャリトレで情報収集をすることがおすすめです。 忙しくても、条件のいいスカウトが届けば、面談を受けてみる。 という受け身の活動も可能です。 元人事のコメント 転職前の情報収集に、この3つの媒体は非常におすすめです。 キャリトレには都心の成長企業・大手企業の有名企業が多くの求人を出しており、 経験が浅い第二新卒でも安心して利用できます。 特に 20代、30代をターゲットにしており、数々の成長企業の求人など、 第二新卒を含む若手のキャリアップにつながる求人を数多く揃えています。 大手企業から、ITベンチャーの仕事情報が丸わかり キャリトレには、 楽天やサイバーエージェント、LINE、DeNAなどのメガベンチャーと言われる企業から、 Amazon、富士通、電通やpwc、SoftbankやIBMなどの大企業もキャリトレに求人を出しています。 いいねするだけでオファーが届く キャリトレの最大の特徴は、 いいねをするだけで、企業から面談確約のオファーが届くこと。 エージェントに会ったりしなくても市場価値を知ることが出来るので、 転職活動は忙しくてできないけど、どんな会社が自分に興味を持ってくれるか知りたい、という人に非常におすすめです。 総務、厚生、経理、資材、安… 管理 新事業に関する管理部門業務全般をお任せします。 ご了承ください。 その歴史は約40年と古く、これまで45万人以上をサポートしており、業界最多の実績を誇っています。 保有している求人の量や質、サポート体制など、あらゆる面でトップレベルの水準を誇っており、その総合力が強みと言えます。 特に 求人量は32万件以上(非公開求人含む)と、他社を圧倒しており、地方都市にも拠点を構え、日本全国だけでなく海外の求人も豊富に取り扱っています。 求人案件の取りこぼしを防ぐために、登録は必須と言えます。 転職エージェント選びで迷っている方は、 総合的に安定しているリクルートエージェントで間違いないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 転職支援実績No. 圧倒的な求人量と手厚いサポートが強み。 求人の量・質 非公開求人含め求人数が32万件と他社とは一線を画している。 サポート リクルートグループが築いた信頼性で企業への交渉力は抜群。 担当者 業界各所から優秀なキャリアコンサルタントが集まっている。 マイナビエージェント 大手企業はもちろん、ホワイトな優良中小企業に出会える マイナビエージェントは 20代〜30代半ばで、優良企業を紹介してほしいという方には非常におすすめの大手総合転職エージェントです。 提携企業も若手〜中堅層の採用ニーズを抱えている企業が多いです。 また、新卒採用市場で最大手のマイナビグループは、新卒採用で培った企業とのネットワークを活用し、 大企業はもちろん、優良中小企業の求人を多数保有しています。 マイナビエージェントが保有する求人の半数以上が非公開求人で、一般公開したら応募が殺到するような人気求人を紹介してもらうことが可能です。 オススメ度 特徴 総合 若手の転職支援実績が豊富。 優良企業の求人を多く保有している。 求人の量・質 大手企業はもちろん、ホワイトな中小企業の非公開求人が多い。 サポート キャリアカウンセリングから選考対策、企業への交渉まで一貫してサポートが手厚い。 担当者 密なコミュニケーションが特徴的だが、頻繁すぎるという声も。 ビズリーチ 国内最大級!キャリアアップといったらココ ビズリーチはハイクラス向けの会員制転職サービスで、ヘッドハンターや人事から直接スカウトが届いたり、高年収の求人を検索することが可能です。 その会員数は151万人を突破しており、 ハイクラス向けの転職サービスでは業界最大手です。 求人量・質など総合的に欠点がなく、 高年収ポジションや管理職での転職を希望しているは必ず登録しておきたいサービスです。 また、今すぐの転職を考えていなくても、スカウトを受け取りながら興味あるオファーが来たら話を聞いてみたいという人にもおすすめです。 オススメ度 特徴 総合 ハイクラス向けの転職エージェントとして実績No. 1を誇る。 求人の量・質 公開求人数は12万件と総合転職エージェントと引けを取らないほどの量。 サポート 基本サービスには選考対策などのサポートが含まれていない。 担当者 業界に精通したヘッドハンターから専門的なアドバイスをもらうことも。 キャリトレ 話題沸騰!ITベンチャー企業への転職なら登録必須! CMで人気のキャリトレは、若手向けに特化した全く新しい転職サイトです。 運営元はビズリーチで、「ビズリーチ」はハイクラス向け、「キャリトレ」はキャリアの浅い若者向けと、ターゲットが棲み分けされています。 12万件以上の求人数は業界トップクラスで、中でも急成長を果たしているITベンチャー企業の求人を多く取り扱っています。 また、簡単ワンタップの操作で、企業にあなたの興味を届けることができ、マッチした企業から直接オファーが届くようになります。 転職活動に役立つ機能が充実しているのも大きな特徴です。 2種類のスカウト機能や、人工知能が搭載されたレコメンド機能で、受動的に希望条件に合った求人を探すことが可能です。 20代・30代でITベンチャーへの転職であれば、キャリトレを使わない選択肢はないでしょう。 オススメ度 特徴 総合 20代向けの求人数では、リクナビやマイナビと同等の水準。 求人の量・質 12万件の求人のうち、大多数が20代向けの求人。 サポート AIを搭載したレコメンド機能や、2種類のスカウト機能が充実。 担当者 ツイッター上で担当者が相談に乗ってくれるユニークな機能。 パソナキャリア 年収重視の方は登録必須!67%の人が転職後に年収アップを実現 パソナキャリアは、人材業界大手のパソナが運営している総合転職エージェントで、 転職がはじめてで年収を上げたい方におすすめです。 また、 利用者の半数以上が転職経験がなく、転職がはじめての人からの評価が高いです。 はじめての転職で不安だけど、年収アップを目指しているけど、はじめての転職で不安という方は、パソナキャリアを利用しましょう。 オススメ度 特徴 総合 総合的に安定している。 特に年収アップに強みを持っている。 求人の量・質 求人数は4万件と、リクルートやdodaに比べると劣っている。 サポート 丁寧なキャリアカウンセリングや選考対策が好評。 担当者 企業への交渉力が強く、67%の人が年収アップを実現している。 doda 抜群の安定感!IT・通信業界、営業・企画職への転職に強い dodaは業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントで、転職支援実績はトップクラスです。 非公開求人を含め全国14万件の求人を保有していて、リクルートエージェントの32万件に次ぐ 国内2番手の求人数を誇っています。 14万件のうち約8万件が非公開求人で、一般の転職市場には出回らないようなdoda独自の求人を紹介してもらうことが可能です。 特に、IT・通信業界や、営業・企画職の求人が多いため、 IT志望でビジネス職の方は必ず登録しておきたい転職エージェントです。 また、キャリアコンサルタントによる丁寧なキャリアカウンセリングに定評があり、「初めての転職で不安」という方にも自信を持っておすすめできます。 面接確約オファーが届くスカウトサービスや、転職フェアなどのイベントを頻繁に開催しており、自分に合った企業が見つかる機会も充実しています。 オススメ度 特徴 総合 求人量は国内2番手でトップクラス。 求人の量・質 公開求人6万件、非公開求人8万件と豊富な求人量が強み。 サポート スカウトや転職イベントで、自分に合った求人が見つかる機会が豊富。 担当者 LINEで気軽に転職相談や求人提案を受けられる。 転職エージェントを利用してみよう 田中建設工業のような会社に転職したいと強く思っていらっしゃる方は、転職エージェントの利用もおすすめします。 エージェントに利用するメリットは、次の3つです。 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる• 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる• 企業との年収などの交渉もお願いできる 自分のニーズに合った会社を紹介してもらえる 世の中には様々な会社があり、転職媒体を利用すれば何万社もの企業の求人に応募する事ができます。 しかし、本当にあなたが求めているニーズ似合った企業を自分で探すのは、転職に不慣れな方にはとても難しいことです。 転職エージェントは、これまでに何十人、何百人の転職をサポートしてきています。 丁寧にあなたの大事にしていることや逆に嫌なことを伝えた上で、実際にどんな企業がどんな人を募集しているのかをしっかりと聞いてみましょう。 そうすれば、自分では探しきれなかった、あなたにピッタリの企業を紹介してくれるはずです。 履歴書の書き方や、面接の方法などを教えてもらえる 初めての転職活動をする人は、実際の転職活動をとても不安に感じる事があると思います。 そんな中で、あなたの転職成功をゴールとして、一緒に並走してくれる人の存在は貴重です。 一般的な転職エージェントの担当者は、履歴書の添削や、面接の受け答えのアドバイスなどを行ってくれる担当の人が多いです。 はじめての転職の方は、是非一度転職エージェントの方に相談してみましょう。 企業との年収などの交渉もお願いできる 実際に希望の企業の選考を重ね、見事内定を手に入れた時、後は「どんな条件で合意するか」という段階になります。 希望の会社に転職できれば、それが一番の事ですが、その上でできるだけいい条件で入社したいですよね。 転職エージェントなら、そんな最後の交渉も一部代理で行ってくれます。 その理由は、「 あなたができるだけ高い年収で転職してくれたほうが転職エージェントの報酬も大きくなる」からです。 関連記事 カンタン5分 田中建設工業の年齢別の推定年収 田中建設工業の平均年齢は、46. 4歳です。 平均年収は591万円です。 このことから、厚生労働省が出している年収データ、及び職種ごとの年収比率データを元に、田中建設工業の職種、性別、年代別の推定年収を算出しました。 ご理解の上、ご参考ください。 20代の社員はまだ社歴が若いため、全体の平均年収よりも低い傾向にあります。 このことから、田中建設工業の20代の平均年収は、318〜371万円と想定されます。 30代の推定平均年収:433〜486万円 田中建設工業の30代の平均年収は、433〜486万円だと想定されます。 一般的な企業の30代の平均年収は263〜295万円となっており、20代の前半から30代の後半に掛けて、100万円以上も昇給があるものの、まだまだ全体成長過程といえます。 40代の推定平均年収:536〜591万円 一般的な企業の40代の平均年収は326〜359万円となっています。 年功序列形式の企業が多いため、40代で年収が上限に近くなってきています。 対して、田中建設工業の40代の平均年収は、536〜591万円です。 50代の推定平均年収:627〜638万円 田中建設工業の50代の平均年収は、627〜638万円だと思われます。 一般的な企業の50代の平均年収は381〜387万円となっています。 年収はピークに達し、50代での年収の増加は、あまり見込めないようです。 60代の推定平均年収:387〜449万円 田中建設工業の60代の平均年収はおよそ387〜449万円、一般的な企業の60代の平均年収は235〜273万円です。 50代で年収はピークを迎え、減少傾向になります。 田中建設工業の男女別の推定年収 厚生労働省が発表している、男女ごとの平均年収の分布を元に、田中建設工業の職種ごとの平均年収を推定してみました。 男性 女性 田中建設工業推定 651万円 474万円 平均 337. 6万円 245. 7万円 男性の推定平均年収:651万円 2020年現在、厚生労働省が発表している資料によると、男性の平均年収は337. 6万円と、女性よりも約1. 4倍の開きがあります。 田中建設工業の従業員の男女比は明らかにはされていませんが、仮に1:1の割合とすると、田中建設工業の平均年収は651万円です。 女性の推定平均年収:474万円 一般的な女性の平均年収は245. 7万円。 田中建設工業の平均年収は、約474万円だと推定されます。 田中建設工業の役職別の推定年収 厚生労働省が発表している、役職ごとの平均年収の分布を元に、田中建設工業の職種ごとの平均年収を推定してみました。 一般社員級 係長級 課長級 部長級 田中建設工業推定 418万円 773万円 1036万円 1273万円 平均 216. 8万円 401万円 536. 8万円 659. 田中建設工業の一般社員の推定年収は、418万円です。 係長級の推定年収:773万円 係長級の社員は、一般社員の約1. 8倍の年収となっており、役職の有無が年収に大きな差を生むことがわかります。 田中建設工業の係長級の社員の推定年収は、773万円です。 課長級の推定年収:1036万円 課長級の社員は、係長級の社員の約1. 3倍の年収です。 一般社員と係長級の社員ほどの違いはないもの、およそ100万円以上の年収の違いがあります。 田中建設工業の課長級の社員の推定年収は、1036万円です。 部長級の推定年収:1273万円 部長級の社員の年収は、課長級の社員の、約1. 一般社員の約3倍の年収差があります。 田中建設工業の部長級の社員の推定年収は、1273万円です。

次の

野村證券の平均年収はいくら?【野村ホールディングスについても解説】

野村建設工業 平均年収

野村不動産ホールディングスとは 野村不動産ホールディングスとは、関係会社65社で構成されている野村不動産グループを統括している持株会社。 グループ全体の戦略立案・実行支援を行なっています。 グループ全体で、主に下記6つの事業を展開しています。 住宅事業• 賃貸事業• 資産運用事業• 仲介・CRE事業• 運営管理事業• その他の事業 私たちがよく知る事業会社の「野村不動産」は、住宅事業や賃貸事業、仲介・CRE事業、その他の事業を担う野村不動産グループの中核事業です。 現在、 有価証券報告書を公開しているのは野村不動産グループを統括する野村不動産ホールディングスだけなので、このページでは野村不動産ホールディングスのデータを扱います。 野村不動産ホールディングスの平均年収 野村不動産ホールディングスの平均年収の推移 野村不動産ホールディングスの有価証券報告書を見てみると、平均年収が1,000万円代前後を推移していることがわかります。 東急不動産ホールディングスのほぼすべての従業員はグループ会社からの出向者。 平均勤続年数が短いのは、出向元での勤続年数が換算されていないからです。 また、平均年収が高い理由は、全員が年収の高い管理部門に所属しているためです。 年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数 2018年 1,022万円 45. 0 2. 5 31 2017年 1,013万円 45. 2 2. 9 24 2016年 951万円 44. 7 2. 5 31 2015年 1,015万円 45. 4 2. 3 30 2014年 999万円 44. 2 1. 9 25 2013年 995万円 44. 7 1. 7 25 出典: 野村不動産ホールディングスの平均年収は何位?(2018年度) 野村不動産ホールディングスの平均年収ランキングは第93位でした。 ちなみに、平均年収ランキングトップ100には、• 投資会社• 放送会社のホールディングス• 金融系企業 などの業界に属する会社が連ねています。 順位 社名 平均年収 平均年齢 前年比 1 2,478 31. 3 -516. 7 2 2,110 35. 8 22. 2 3 2,063 37. 9 504. 3 4 1,738 36. 2 298. 0 5 1,636 39. 8 105. 4 6 1,607 42. 5 66. 8 7 1,586 51. 0 -46. 2 8 1,539 36. 2 -237. 3 9 1,520 41. 7 59. 9 10 1,501 41. 7 132. 5 野村不動産ホールディングスの役員の年収 有価証券報告書によると、2018年度に野村不動産ホールディングスが支払った役員報酬は下記の通りです。 社内取締役の役員報酬総額(6名):5億2,800万円(一人当たり約8,800万円)• 社内監査役の役員報酬総額(2名):1億200万円(一人当たり約5,100万円)• 社外取締役の役員報酬総額(5名):6,900万円(一人当たり約1,380万円) また、有価証券報告書には、連結報酬が1億円以上ある役員の個人名を公表しています。 野村不動産ホールディングスの場合は、下記2名です。 沓掛英二氏:1億2,300万円• 宮嶋誠一氏:1億700万円 【事業会社】野村不動産の平均年収 野村不動産の 平均年収は741万円(推定)です。 事業会社の野村不動産は上場しておらず、正確な平均年収は公表されていません。 そのため、上記の数値は2020年3月時点での で集計された平均年収です。 (参考口コミ数が少ないため、あくまでも参考値としてご確認ください) 野村不動産の新卒の年収 野村不動産の新卒の初任給は学歴によって変わります。 大学院:月給254,000円• 大学卒:月給240,000円 上記の初任給に諸手当、残業代、賞与などを加えると、新卒の年収は400〜500万円程度だと推定できます。 日本の新卒の平均的な初任給が20万円程度、年収が300万円程度なので、野村不動産の新卒の年収は高い傾向にあります。 不動産業界の平均年収ランキング 不動産業界の平均年収ランキングを有価証券報告書をもとに作成しました。 不動産業界は比較的年収が高い業界ですが、その中でも上場企業主要6社をピックアップ。 結論から申し上げると、野村不動産ホールディングスは 第4位でした。 企業名 平均年収 経常利益 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング 三井不動産 1,263万円 2,541億円 約1億1,400万円 40位 三菱地所 1,247万円 2,065億円 約7,200万円 42位 東急不動産(HD) 1,113万円 707億円 約1,800万円 100位圏外 野村不動産(HD) 1,022万円 693億円 約8,800万円 100位圏外 大東建託 870万円 1,322億円 約1億5,600万円 100位圏外 住友不動産 661万円 2,042億円 約1億6,200万円 100位圏外 出典: 野村不動産ホールディングスと東急不動産ホールディングス以外の企業はすべて事業会社であるため、単純比較することはできません。 ホールディングス企業だけで比較すると、野村不動産は東急不動産より平均年収が100万円ほど少ないです。 経常利益は10億程度の差があります。 したがって、ここでは野村不動産グループの中核企業である東急不動産について解説します。 野村不動産の転職難易度は高いです。 「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」では161位ですが、高年収企業であることから一定層から常に人気があります。 そのため、野村不動産を志望している方は、事前準備が重要になります。 野村不動産に転職するために知っておくべきこと 野村不動産に転職するために知っておくべきことは、3つあります。 総合職キャリア採用• 専門職採用• 非公開求人を保有する転職エージェントを利用する 1.総合職キャリア採用 野村不動産は、総合職キャリア採用を通年で行なっています。 総合職採用の中で、建築系、複合開発/再開発プロジェクト推進、ホテル・新規企画開発の3つの系統にわかれます。 すべての職種で、用地取得から企画・設計、営業、運営管理まで担います。 基本的にすべて即戦力採用であるため、業務に関するスキルが求められます。 例えば建築系は、各事業のものづくり分野で事業推進、商品企画、品質管理を担う職種です。 意匠設計経験と事業推進の経験目安5年以上が応募条件になります。 ホテル・新規企画開発系は、新規展開するホテル事業の企画開発立案、運営業務を担う職種です。 ホテルの開発経験が必須になります。 2.専門職採用 野村不動産は、専門職キャリア採用も通年で行なっています。 専門職の場合、マンションアフターサービススタッフ職とハウジングアドバイザー職の採用があります。 マンションアフターサービススタッフとは、入居後の各種アフターサービスを担当する仕事です。 接客・販売・営業の経験目安3年以上が応募条件になります。 ハウジングアドバイザー職マンションモデルルームやモデルハウスに来場したカスタマーに対して、物件の説明・資金計画・契約までを担います。 営業・販売・接客などの経験2年以上が応募条件になります。 両職種とも、業界経験・職種経験は問われていません。 興味のある方に大きくチャンスが広がっています。 3.非公開求人を保有する転職エージェントを利用する 転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。 野村不動産は、転職エージェントに 「非公開求人」を掲載している可能性があります。 野村不動産のような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに発注することが多いです。 野村不動産の場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。 転職エージェントでは、 野村不動産の求人紹介はもちろん、野村不動産から内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。

次の

東亜建設工業の年収偏差値:49.9 年収ランキング:75位

野村建設工業 平均年収

大和ハウス工業の年収が高い理由として、まず賞与の金額の多さが挙げられます。 2014年度以降の支給実績は、全社平均で約9ヶ月分と、他社に例を見ない水準です。 しかしこの賞与の支給額は、支社・部署・個人の3つの観点での評価結果によって決められるため、実は個人ごとの支給額には大きな開きがあることも事実です。 「半期受注がないと、上司の判断で0. 5ヶ月になる場合もある」「支店が赤字だと1ヶ月程度」といった口コミからその厳しさが伺えます。 裏返せば、「実力主義で、頑張った分が賞与に反映される」と、やりがいを感じられる制度設計であると言えます。 さらに見逃せないのが、営業職の販売促進手当(インセンティブ)の存在です。 こちらも成績が如実に反映されるもので、1棟契約毎に付与される手当と、半期の利益の合計額によって出る半期販売促進手当の2つがあります。 1棟ごとの手当は月6~20万円、半期販促手当は月20~40万円と、成績によるとはいえ、年収を押し上げる一つの要素であることは間違いないようです。 大和ハウス工業の給与体系は、基本給と諸手当からなる月給と、年2回(7月・12月)の賞与で構成されています。 諸手当には通勤手当、時間外勤務手当、住宅手当などがあります。 しかしそれ以外に職種や資格によって、追加される手当が異なることが大和ハウス工業の特徴です。 営業職には販売促進手当や自動車手当、施工管理職には一級建築士手当、専任手当、非専任手当、大型物件手当など、そして管理職には役職手当が支給されます。 住宅に関する手当の充実ぶりは、建設業ならではと言えます。 総合職対象とはなりますが、寮・社宅が完備されており、月2万円程度で入居できるほか、持家であっても家賃補助が1~3万円支給されます。 さらに、自社商品を購入する際には、持家割引制度という制度が適用され、社員本人は10%、その親族は6~8%という割引を受けることができます。 大和ハウス工業の職種は、総合職(営業系・技術系)と、事務職の、大きく2つに分類されます。 賃金制度は、この2つの職種それぞれに設定されているため、初任給についても、以下の通り、職種別・学歴別に設定されています。 総合職に限定した、年代・資格別の年収目安としては、20代の一般職で400~650万円、30代前半の一般職で600~800万円、主任クラスで800~1000万円、課長級が1000万円~、部長級になると1500万円を超える水準となります。 大和ハウス工業では、社内の階層別に賃金が設定されているため、年収を上げるためには昇格することが必要になります。 総合職は、G1~G9という9段階にランク分けされています。 G9~G7が一般職、G6~G5が主任・係長クラス、G4~G3が課長・次長クラス、G2~G1が部長、理事、執行役員クラスという区分けです。 新卒入社の場合、大卒は入社後3年、大学院了は入社後2年でG8への昇格試験を受験でき、基本的にほぼ全員が合格できます。 しかし、G7以降は受験資格を得るための評価基準が徐々に上がってくるため、昇格タイミングに個人差が生じ始めます。 入社6~7年目で主任クラス、入社15年目で課長クラスに昇格するのが、順当かつ平均的な目安です。 上述の通り、昇格するためには昇格試験を受験・合格することが必要ですが、この試験を受けるための受験資格を得るためには、毎年の評価をコンスタントに出すことが必要になります。 大和ハウス工業の評価制度では、上司と部下が四半期に1回以上面談を行い、目標設定から達成度の確認、その結果が評価(S・A・B・C・Dの5段階)につながっていきます。 3期連続でB以上の評価を得られれば、昇格試験の受験資格を得ることができる仕組みです。 評価の基準として、特に営業職は「数字が全て」との口コミが多く見られます。 「数字がなければ各支店への転勤が多くなる」「主任・課長になっても成績不信が続けば降格もありえる」「40・50代の一般職もいる」と、シビアな実力主義であり、「年功序列の風土はない」ようです。 大和ハウス工業は、戸建て住宅の売上高が国内NO. 比較対象として、同じく戸建て住宅メーカーの「プレハブ大手」である積水ハウス(売上高第2位)、積水化学工業(売上高第6位)と、住友林業(木造の在来工法最大手、売上高第4位)の3社を取り上げます。 大和ハウス工業の平均年収が907. 3万円であるのに対し、積水ハウスは818. 9万円、積水化学工業は911. 8万円、住友林業は859. 3万円です。 これは売上高とほぼ連動するものでありますが、例外は積水化学工業で、大和ハウス工業を若干上回っています。 これは、積水化学工業の方が、社員の平均年齢と平均勤続年数が多いことから、その従業員構成の違いが平均年収を押し上げていると推測できます。 こうした例外があるものの、住宅メーカーにおいてはトップクラスの年収水準であることは間違いないと言えます。

次の