大動脈 解離 合併 症。 急性大動脈解離の原因と症状―激しい背中の痛みや吐き気が特徴

大動脈瘤・大動脈解離で障害年金をもらえる2つのケースとポイント

大動脈 解離 合併 症

とは、体の中でもっとも大きな血管である大動脈が 瘤 こぶ 状に拡大する病気です。 無症状で進行することが多く、解離(裂けること)や破裂によって初めてみつかる患者さんは多くいらっしゃいます。 今回は、川崎幸病院 川崎大動脈センター・大動脈外科部長兼大動脈センター センター長である 大島晋 おおしますすむ 先生に、大動脈瘤についてお話を伺います。 大動脈瘤とは? とは、大動脈の一部が 瘤 状に膨らむ病気です。 主に腹部にできる「」、胸部にできる「」、胸部から腹部にまたがってできる「胸腹部大動脈瘤」があります。 主な原因は動脈硬化 大動脈瘤は、血管の老化現象であるが原因となり発症するケースが多いといわれています。 そのため、年齢を重ねれば誰でも大動脈瘤を発症する可能性があるといえます。 その中でも特に、動脈硬化を促進する原因となる「、、、高コレステロール血症」などがある方は大動脈瘤発症の危険性が高くなります。 70歳代が発症のピーク 大動脈瘤は男性で70歳代、女性で80歳代が発症のピーク年齢ですが、50歳代から徐々に増え始めます。 大動脈瘤は急に大きくなるわけではなく、時間をかけて少しずつ大きくなっていきます。 そのため、中年期から動脈硬化には注意が必要です。 大動脈瘤の危険性とは? 突然に解離・破裂する危険性がある は、あるとき突然に解離・破裂する危険性があります。 大動脈瘤が解離・破裂すると、背中にそれまで感じたことのないような痛みが走るといわれています。 体の中では、大出血によって循環不全や臓器の虚血(血流障害)が起こります。 心臓の虚血は、脳の虚血は、腎臓の虚血は、腸管の虚血は腸管壊死など致死的な合併症を引き起こし、命を落とす危険性が極めて高くなります。 大動脈瘤解離・破裂が起きた場合には、緊急手術以外の治療手段はありません。 大動脈瘤解離・破裂が起こるまで無症状のことがほとんど 大動脈瘤は解離や破裂が起きない限り、無症状で経過することがほとんどです。 これが大動脈瘤の恐ろしいところといえるでしょう。 しかし一部の患者さんで、大動脈瘤破裂や解離が起こる前に、以下のような症状が出ることがあります。 させい (声がかすれること)• (食べたり飲んだりする機能が正常にはたらかなくなる状態)• お腹の拍動• 胸背部痛 など 大動脈瘤が診断されるのはどのような場合? ほかの病気の検査で偶然発見されることがほとんど 先ほどお話ししたように、があるだけでは症状が現れることはほとんどありません。 そのため、ほかの病気の精査のために、(検査)や単純CT検査を行ったときに偶然発見されるケースが多く、逆にいえば、ほかの病気に対する検査をしなければ発見されることはほとんどありません。 また、健康診断などで行われている胸部レントゲン検査では、大動脈瘤があっても発見されなかったり、見逃されてしまったりすることも多くあります。 大動脈瘤の治療法は? 「人工血管置換術」と「ステントグラフト内挿術」がある と診断され、解離・破裂の危険性が高いと考えられる場合には手術治療を行います。 手術には大きく分けて以下の2つの方法があります。 人工血管置換術…お腹や胸を切開してを切除したあと、その部分を人工血管に置き換える治療法• ステントグラフト内挿術…カテーテル(医療用の細い管)を使ってステントグラフトを血管内に留置することで瘤の中に血液が流入することを防ぎ、破裂を予防する治療法 人工血管置換術に関する詳細は記事2を、ステントグラフト内挿術に関する詳細は記事4をご覧ください。 年齢による手術の適応制限はある? 一般的に、80歳以上の高齢者やの方、併存疾患(やなど)を抱えた方は「ハイリスク症例」と呼ばれます。 これは、手術による合併症が起きるリスクが高かったり、術後管理が難しかったりするためです。 そのため病院によっては、手術ができないと断られてしまう患者さんもいらっしゃいます。 しかし、当センターではハイリスク症例といわれているような患者さんも積極的に受け入れており、中には90歳以上の方で手術を受けて、今も元気に生活されている方もいらっしゃいます。 当センターでは、年齢や併存疾患だけで手術の適応を決めることはありません。 たとえ90歳であっても、ご自身の身の回りのことがきちんとできて元気に日常生活を送っているような方であれば手術は可能です。 逆にいえば、年齢が若くても手術を行うことが難しい患者さんもいらっしゃいます。 患者さんと実際にお会いして身体機能をしっかりと把握することで、できるだけ多くの方に手術を提供するようにしています。 大動脈瘤の治療を受ける病院はどう選ぶ? 患者さんはご自身が手術を受ける病院を選ぶ権利を持っている一方、よりよい治療が受けられる病院を選ぶことは容易ではありません。 テレビや新聞・雑誌などのメディア、あるいはインターネット上の医療サイトや個人サイトでは不正確な情報も多く、それらの情報だけで適切な病院を選ぶことは困難です。 そこで病院を選ぶ際には、以下の3点を参考にしていただきたいと思います。 治療実績の多い病院を選ぶ• 実際に手術経験が豊富な医師が外来を担当している病院を選ぶ• 診断・治療方針を明確にしたうえで、十分な説明を行う病院を選ぶ 以上を参考にして、手術を受ける病院を十分に検討し、よりよい治療を受けていただきたいと思います。 電話番号:(専属コーディネーターが対応いたします) お問い合わせの際はメディカルノートの記事を見た、とお伝えいただくとスムーズです。

次の

大動脈瘤・大動脈解離で障害年金をもらえる2つのケースとポイント

大動脈 解離 合併 症

左起始部 3 から 4 に至る大動脈解離。 1 および 2 には及んでいない。 分類および外部参照情報 - - 大動脈解離(だいどうみゃくかいり、: Aortic dissection)とは、3層構造を作っているのうち、何らかのきっかけで真ん中の層の膜(中膜)にが入り込み、層構造が別々に剥がれていく(してしまう)疾患。 なお、大動脈解離と 解離性(かいりせいだいどうみゃくりゅう、dissecting aneurysm of the aorta)を混同しないよう留意されたい。 この症例においては特に形成を認めないことも多く、前述の症状の中でも、 大動脈の径が拡大して瘤形成を認めた場合にのみ「解離性大動脈瘤」と呼ばれるからである。 字幕付きビデオ 正常な層構造が壊れた大動脈は弱くなり、最悪の場合破裂してしまう。 また、大動脈の出発点である大動脈起始部()からにかけて解離が進めば、そこから出ているの血流を阻害してを起こしたり、大動脈弁輪拡張に伴いを壊したり()、心臓を包む心嚢という袋の中にを起こしたりすると、を起こす。 これらの合併症は死に至るものであり、大動脈解離が危険なである所以といえる。 また、急性大動脈解離においては破裂や心タンポナーデのみが危険と言うわけではない。 解離によって偽腔が重要血管を閉塞すると、、、などの消化管虚血、下肢の虚血を引き起こす。 しかし解離が腹部大動脈まで及ぶと「全身を動き回るように痛む」とも言われている。 が、にStanford Aを発症した際の痛みとして述べたことがある。 症状を起こすこともあるほか、初発症状がであることもある。 また、解離によって血圧の上昇または低下が起こるほか、の貯留が見られることもある。 検査・診断 [ ] 激痛から大動脈解離を疑う。 胸部で大動脈陰影や上縦隔の拡大が見られることがあるが、特に所見が見られないこともあるため、基本的にやで診断する。 CT 内に造影剤(系)を注入して造影する撮影法が基本である。 また、近年の多チャンネルヘリカルCTでは造影CTではなく単純CTで診断可能な場合も希では無い。 MRI さまざまな断面で鮮明な画像を得られるのが特徴である。 解離の範囲や状態を正確に把握するのに適している。 内膜フラップを検出できれば確定できる。 また、Stanford A型解離では心タンポナーデ(エコーフリースペースとして見える)をきっかけに解離を診断するケースもある。 治療・予後 [ ] はStanford AであるかStanford Bのどちらかによって大きく異なる。 Stanford Bの場合、に血流を送る、左が保たれるため、保存的に治療が行われる。 ただし、腹腔動脈、両側、に解離が及んだ場合は手術適応となりえる。 また、腸骨動脈が解離によって閉塞された場合も下肢の筋壊死を引き起こすため、ステントや非解剖学的バイパスなどの手術治療が行われる場合がある。 この場合、閉塞した時間が長ければ、筋腎代謝症候群(MNMS: MyoNephrotic Metabolic Syndrome を引き起こし、これにより命を失う場合もある。 Stanford Aの場合、腕頭動脈、左総頚動脈に血流が減少し脳死の危険が高いので、緊急手術適応となる場合が多い。 ただし、早期血栓閉塞型であれば保存的に治療を行う。 大動脈弁に解離が及んで大動脈弁閉鎖不全、、を起こした場合、予後は非常に悪い。 なお、大動脈解離に伴う急性 AMI: Acute Myocardial Infarction に対して血栓溶解療法や、(Intra Aortic Balloon Pumping:大動脈内バルーンパンピング)が禁忌であるが、実際の診療の場においては、医師の慎重な判断の下にIABPが行なわれることがある。 脚注 [ ] [].

次の

急性大動脈解離の原因と症状―激しい背中の痛みや吐き気が特徴

大動脈 解離 合併 症

大動脈解離の原因と病態生理 1、動脈硬化が原因となり、血管壁に負荷がかかる 高血圧や動脈硬化により血管に繰り返し負担がかかることで、血管の一番内側にある内膜に傷がつき、やがて内膜に亀裂を生じる。 大動脈が2重の腔になった状態となる。 この時、下図にはないが、偽腔から真腔 大動脈内 へ血液が戻る、再流入口 リエントリー が形成されることもある。 左室へ血流が逆流が起こった結果、左室の容量負荷や心拍出量の低下を来たし、呼吸困難や血痰などの心不全症状を引き起こすことがある。 破裂 中膜に流れ込んだ血液が外側に圧迫し続ければ、外膜も破れ、 大動脈破裂を起こす危険性がある。 その場合、心嚢内 心膜腔 へ血液が流れ込み、 心タンポナーデや 胸腔内・縦隔内出血などを起こし、致命的な状態となる。 閉塞 狭窄 解離を起こすと、偽腔により動脈分岐部に閉塞を起こすことがある。 その場合、分岐から血流をうけている臓器の循環障害から機能障害を引き起こす。 例えば、総頸動脈の分岐部に閉塞または狭窄が起こると、総頚動脈は頭に血流する血管のため、 脳虚血が起こり、めまいや意識障害、痙攣などを引き起こす可能性がある。 その他、冠動脈閉塞による心筋梗塞、肋間や腰動脈 胸髄を血流する の閉塞による 対麻痺、 腸骨動脈の狭窄・閉塞による 下肢虚血、腹腔動脈や上腸間膜動脈の狭窄・閉塞により 腸管虚血を引き起こすことがある。 大動脈解離の分類 スタンフォード Stanford 分類 解離が 上行大動脈にある A型、 ない B型の2つに分類。 スタンフォード分類は、治療方針の決定や予後の判定に使われる分類で、とても重要! A型とB型の発症頻度はちょうど半々くらいで、A型は心タンポナーデや心筋梗塞、大動脈閉鎖不全を合併しやすく、48時間以内の死亡率が80%と推定される予後不良な病態。 一方、スタンフォードB型は合併症がない限り比較的予後が良好とされている。 ド・ベーキー DeBakey 分類 内膜に生じた流入口 エントリー の位置と解離の範囲で分類。 大動脈解離の症状 病態生理の「閉塞 狭窄 部位別の症状」ところで見たように、大動脈閉塞部位や合併症により、多様な症状が出現する。 代表的な症状としては以下のものが上げられる。 激しい胸部痛・背部痛・腰背部痛 病態生理で説明した通り、大動脈解離は中膜組織を引き裂いて血液が流れ込む。 血管壁には神経があるため、血管壁が引き裂かれるときには、かなり激しい痛みを生じる。 血圧の左右差 20mmHg以上 大動脈解離を疑った場合にはまず確認したい症状のひとつ。 血圧の左右差が生じる理由は、大動脈弓から出ている腕頭動脈 一番右の動脈 は、右の腕を血流しているため、解離で内腔が狭窄すると、血流が制限されて右上肢の血圧が低下するため。 逆に、大動脈弓から出ている左鎖骨下動脈 一番左の動脈 は、左の腕を血流しているため、解離で内腔が狭窄すると、左上肢の血圧が低下する。 右側の血圧が低い場合には、腕頭動脈の閉塞が考えられるため、スタンフォードA型の可能性が高いと考えられ、緊急性が高いと判断できる。 四肢の循環障害 四肢を血流する動脈が閉塞 狭窄 すると、血圧の左右差だけではなく、四肢のチアノーゼ・冷感・脈拍の左右差を生じる。 脳虚血症状 総頸動脈が閉塞 狭窄 すると、めまい・意識障害・痙攣などを生じるため、適宜、意識レベルを確認することが大切。 大動脈破裂症状 大動脈の外膜が破裂してしまえば、心タンポナーデや出血性ショックを伴い、致命的な状態。 大動脈弁閉鎖不全症 AR の症状 大動脈弁の弁輪拡張により、閉鎖不全を生じると、大動脈へ送り出したハズの血液が左室へと逆流する。 そうすると、病態のところで説明した通り、左室の容量負荷や心拍出量の低下を来たし、呼吸困難、血痰、血圧低下などの心不全症状を呈する。 大動脈解離では、この他にも各臓器への血流障害により多様な症状が出現するため、循環動態はもちろん、全身状態の観察が大切となる! 大動脈解離の検査 胸部レントゲン 診断はできないが、胸水や心不全、心タンポナーデなど大動脈解離に合併する所見を評価するのに有用な検査。 大動脈の拡張や縦隔の拡大、心タンポナーデの場合には心拡大を確認できる場合がある。 造影CT 大動脈解離の診断に必要不可欠な検査。 造影剤を使用することで、血液の流れを確認できるため、大動脈の二重構造 裂け目 が確認できる。 また、破裂・心タンポナーデ・四肢の虚血などの合併症の診断にも有用。 解離の位置だけではなく、心嚢内液体貯留の状態や心機能を評価することができる。 血液検査 診断は不可能だが、出血時には貧血の評価を行うことができる他、偽腔で血栓形成がある場合には、凝固系 FDP上昇、血小板・フィブリノゲン低下、PT延長 などがみられる。 12誘導心電図 大動脈解離単体では、ST変化などはみられないが、心筋梗塞や狭心症との鑑別や、心筋梗塞の合併を確認するためには有用な検査。 血管造影 侵襲的で時間がかかる検査であり、上記での検査で診断がついた場合には用いないことが多いが、解離の位置や冠動脈病変を評価することができる。 大動脈解離の治療 内科的治療 血圧コントロール 大動脈解離の初期治療としてまず行われるのが、血圧コントロール。 疼痛コントロール 血圧のコントロールとともに行われる初期治療。 大動脈解離では、張り裂けるような強い胸痛・背部痛を伴うため血圧の上昇を予防するためにも疼痛コントロールは重要となる。 薬剤は、モルヒネやペンタゾシンなどが主に使用される。 絶対安静・絶飲食 解離の進行と合併症を予防することが重要であり、少しでも心負荷を減らし、血圧上昇を防ぐのに必要な対応となる。 数日~数週間は絶対安静・絶飲食が継続されるため、膀胱留置カテーテルの留置や排泄・清潔の援助が必要となる。 外科的治療 上行大動脈に解離があるスタンフォードA型の場合は、大動脈破裂・心タンポナーデ・循環不全・大動脈弁閉鎖不全などの合併症から予後不良な病態であり、基本的に緊急手術が適応となる。 スタンフォードB型は内科的治療が選択されることが多いが、臓器虚血や下肢虚血などの合併症がある場合には、予後が不良となるため、緊急手術適応となる。 大動脈解離で行われる主な手術 人工血管置換術 大動脈の亀裂 エントリー がある位置から、置換する部位を決定する。 上行大動脈にエントリーがある場合には 上行大動脈置換術、弓部にエントリーがある場合には 弓部大動脈置換術、 下行大動脈にエントリーがある場合には、 下行大動脈置換術などが行われる。 これらの手術では、一時的に心臓の動きを止めて 人工心肺や 超低温循環停止法 体温を20~25度に低下させる など補助手段が必要となる。 ステントグラフト スタンフォードB型で合併症を伴ったり、破裂の危険性がある症例が適応となるカテーテル治療。 この治療法は、エントリーをステントグラフト 金属でできたバネ で閉じることで、偽腔に流れ込む血流を遮断し、循環障害や破裂を予防することが可能。 カテーテル治療なので、開胸・開腹せずに、また補助手段も使わずに治療できるため侵襲が少なく、治療期間の短縮も望める。 関連記事•

次の