ハーデス ゾーン。 アナザーゴッドハーデス ゾーン狙い情報 天井ボーダー下げ要因に?

HELL ZONE中の抽選:アナザーゴッドハーデス

ハーデス ゾーン

というか800ゾーンに関してですが、おそらく天井まで直行する人が多いと思います。 なので800ゾーンは割愛します。 全ツするんだしもう関係ないでしょ。 そんなわけで400ゾーンのおさらいに特化します。 リプ5回が限界です!4回でも良い! というか、400ゾーンは800ゾーンよりも圧倒的に弱いんですよね。 ショートAは83. 3%で通常転落しますので、HZ終了後に即ヤメですね。 スポンサードリンク ボーダー ボーダーは 380~。 まあ打つ台が無いのなら375~でも良いと思いますが。 ただこれ以上下げると危ないです! なぜならペナルティのリスクがあり得るんですよ。 これ、もしペナルティがあったら401~405のリプ4回はHZ抽選を受けないです。 ですからリプ1回だけ引いて捨てる、という結果になります。 上の例だと完全なマイナス行為です。 もちろん380~でもペナにぶち当たるのは全然あり得るんですよ。 ですから本当にこの380が限界。 譲って譲って375。 これが限界ギリギリのラインです。 370~とかは危ないですよ! 更なる細かい分析 というか400ゾーンと800ゾーンは一緒になって扱われてるんですけど 全然違います! 前述したように、ショートAとBとでは強さが全然違います。 ショートBはHZ突入後も100%残るというのが強いですね お互いに2%のミドルの振り分けがあったり、道中にミドルに昇格したりとあるんですが・・・ 800ゾーンの場合は天井まで全ツするんで、ミドルからロング昇格まで完全に100%フォローできます。 しかし、 400ゾーンの場合はミドルも必ず捨てる事になるんです。 ですから400ゾーンでは、2%のミドル振り分けや道中の昇格は存在しないも同然なんです。 存在するにはするけど、どのみち捨てるんだから最初から無いも同然です。 レア役で引っ張られた場合は有効に働きます 具体的な当選率や期待枚数 400到達からリプ5回でヤメるなら、HZ突入率は30. 2%です。 昇格やらもありますが、ペナもあるからこれ以上の数字は期待できない。 55% 400ゾーンの HZ限定での 当選率はこんなもん。 そして期待枚数。 ショートA経由ならば獲得期待枚数は少ないです。 ショートBミドルの可能性も含んで、平凡当選よりちょい上ってとこの獲得枚数。 800ゾーン経由ならば、ショートB&ミドル&ロング。 なのでAT中にもHZ連鎖するので期待枚数は高い。 当選契機はHZ以外にもあるんだが・・・ HZ当選率が、おおよそ 7. 55%。 これに加えてGOD揃いや特殊当選 ベル連など もあります。 そして通常当選も当然ある。 なんだけど・・・ この通常当選は確率通りとれないです。 なんでかって、リプ4回から中段リプを引いても次のリプでヤメるからです。 つまり、 その中段リプで当選してた場合は本前兆を捨てるという事になります。 1Gヤメの時にもお話ししましたが・・・ ゾーン狙いというのは本前兆を捨てるリスクを孕んでいます。 本前兆を捨てるということは、大当たり確率の下落を意味するので、 机上通りの通常当選というのは見込めないです。 トータルで見るとやはり380~じゃないと厳しいでしょう。 別にこの数字を鵜呑みにする訳じゃないです。 それからドットコム様は傾向的に過小申告する事が多いです。 ですから過小申告でこの数字という解釈もできます。 しかし、普通に考えてこの数字が妥当だと思いますけどね。 ここでは、上の数字が「正しい」と仮定した場合の話です。 390~440までとなるとリプ12~18回程度はフォローされてるはず。 リプ5回やめと比べると・・・ 5回以降の「滞在39%&昇格」をフォローしてる訳ですから、 ほんの少し当選率は上がります。 「380~415=???」。 「380~415」で良くても同格かという感じでしょうか。 こういう平凡当選後は1Gヤメで良い。 1~32を回しても期待値がある訳がないですよね。 まとめ 400ゾーンに関しては消化はすぐ終わります 平均7分。 別に375~でも全然良いんだけど、問題は打ち方によってはマイナス域のリスクがあること。 370~ならば、なおの事です。 基本的にゾーン狙いというのは、歯車一つ狂うと一気にプラマイゼロ域まで持っていかれます。 一方で天井狙いは歯車が2つ3つ狂っても何とかなる、という具合に頑丈にできてます。 だから机上では時給3000以上としても、盲点一つでマイナスになっちゃいます。 通常当選の本前兆こぼしとかペナ伸びとか ですからゾーン狙いは机上の数字よりも落ちる、という前提で立ち回ったほうが良いと思います。 別に370~でも良いんだけど、そこを理解した上で打ってるのと理解せずに打ってるのとでは全然違います。 理解した上での370~なら全然OKだと思います! それと根本的に出現率が低いですよね。 「380~405のピンポイントで落ちる」 これは当日はもちろん宵越しでも発生頻度が少ないです。 番長なら「170~210」+「370~410」で面積が大きいんですけどね~。 ハーデスは対象の面積が小さいものだから、400ゾーンを打つ機会がレアです。

次の

アナザーゴッドハーデス ゾーン狙い情報 天井ボーダー下げ要因に?

ハーデス ゾーン

この記事に書かれていることは…• 主に、「ヘルモード」からの当選で、突入します。 継続ゲーム数は、 基本は5G。 ですが、5Gごとに、継続する事があります。 場合によっては、5G10G15Gと継続していきますね。 こういったパターンは、大チャンスですので、確実に、引き当てたいです。 「ヘルモード」については、以前に紹介させていただきました。 詳しく知りたい方は、是非、前記事にて、ご覧になってください。 そして、通常時の400Gや、800Gにも「ヘルモード」に突入します。 こちらでは、CZ(チャンスゾーン)獲得のチャンスとして、ゾーン狙いで、立ち回る事も可能になりますね。 演出としては、鎖に巻かれる演出が起きます。 3・2・4(ミズホ)出目で、 図柄が消灯すれば突入です。 ハーデスの「ヘルゾーン」期待度 CZ(チャンスゾーン)でのAT当選率は、全体を通して25%という事なのですが、期待度の示唆があります。 背景色は、「青」<「黄」<「赤」の順番に熱くなりますね。 基本の多くは、 「赤」で当選が多いです。 逆に「青」は厳しいです。 継続が起きても、「青」のままですと、当選は厳しい印象ですね。 継続で、背景色が変わる事もあるので、期待しましょう。 また、図柄揃い単体では厳しく、チャンスボタンや、PUSHが絡まないと熱くないです。 数多くの、実践数値で、「ヘルゾーン」のみでは、 設定判別は困難とされています。 理由としては、「ヘルモード」の解析が詳しく出たという事にありますね。 ヘルロングなどで、CZ(チャンスゾーン)がループしたりするので、解析が困難とされています。 それでも、初当たりのみの数値ですが、奇数設定に優遇されているのではないかと言われています。 こちらをご覧ください。 どうしても、設定判別には、他の参考項目が必要ですね。 「ヘルゾーン」が比較的に軽い印象であれば、3or5を意識しながら、参考にする感じでいいと思います。 ハーデスの参考にしたい設定差。 「ヘルゾーン」だけでは、設定示唆するのは困難ですが、初当たり確立と比較してみると、いいと思います。 初当たり確立は、目に見えて軽くなりますので、それに「ヘルゾーン」が付いてくるか、付いてこないかを参考にして見ても、いいのかな?と思います。 他にも、判別要素はありますが、出現しないと参考になりませんので、簡単に判別するならば、初当たり確立です。 また、設定差がないプレミアフラグを除く初当たり数値は、こちらです。 確定役=黄7(4連)紫7 冥王図柄 GOD揃いなど。 ですが、設定狙いをして、、低設定と判別できる頃には、かなりの投資が予測されます。 ハーデスはハイエナ狙いと言われるのは、こういう所にもありますね。 慎重な方は、データカウンターや、400Gと800Gのゾーン狙いをしながら、AT当選などの状況を見て、判断していくのが無難かと思います。 ハーデスの、その他の設定差。 黄7(3連)での当選と、ダイヤ2連でのAT当選です。 この2つは、設定判別の代名詞とも言えますね。 ゾーン狙いや、天井狙いの最中にでも確認できれば、ちょっと疑ってもいいレベルです。 ですが、高設定は、当選に繋がる事が多いんですね。 もしも、2回3回当選に絡んでいるなら様子を見てもいいと思います。 結構レアなので、低設定では、目撃も困難なレベルです。 ハーデス「ヘルゾーン」中の演出。 s3-ap-northeast-1. amazonaws. (紫7or冥王orPGG) ・遅れ発生。 PGG確定 ・左に停止。 PGG確定 ・レバーオン時にPUSH。 PGG確定 PGGはプレミアムゴッドゲーム。 GOD揃いです。 デカPUSHは激熱ですが、ハズレもあります。 また10G以降の継続で、赤背景は、激熱で、当選期待度は、80%~90%と言われています。 ハーデスの「ヘルゾーン」まとめ。 「ヘルゾーン」は、AT期待度が25%のCZ(チャンスゾーン)です。 背景色や、継続でチャンスアップになります。 また、ヘルモードの関係で、 ヘルロング状態に入っていると、CZ(チャンスゾーン)が終了しても、またすぐに当選する事があります。 数ゲームは、様子を見ましょう。 「ヘルゾーン」のみでの、設定判別は、難しいです。 一応、奇数優遇は、あるようですが、頻繁に突入するようでしたら、参考にしましょう。 基本は、ATの初当たりが、一番の判別要素となります。 黄七連や、ダイヤ連での判別も、参考に入れるといいですね。 慎重な方は、「ヘルゾーン」獲得のチャンスでもある、ゾーン。 400Gと800Gを参考に立ち回っても、いいと思います。 「ヘルゾーン」には、場合によっては、激熱となる演出も多数ありますので、出現に期待ですね。 10G以降の継続での赤背景は、激熱で、当選期待度も、かなり高いですね。 3回目以降の赤背景は、レア役や、小役での当選率が、かなり高くなっています。 青では厳しいような当選も、十分にありえるので、期待してください。 皆様が、「ヘルゾーン」にて、ズバッとAT当選できるように、心からお祈りしております。 パチスロよりも勝率の高いギャンブルがあるのをご存知ですか? パチスロが規制、規制でどんどんと稼げなくなっている中、 すでにネットの一部ではパチスロよりも勝率が高いと話題になっているのですが、 それは、 「オンラインカジノ」です。 オンラインカジノの中でも、特に、「ベラジョンカジノ」で勝ちやすいのには、 3つの理由があります。 無料会員登録で、30ドル分はもらえるので、これで遊べばリスクゼロです。 勝っても負けても、損はしませんし、パチ屋の空いていない時間にもスマホで稼げてしまうのもメリットなので、試しに遊んでみてくださいね。 そうなれば、カジノの認知度は上がり、カジノのない地方に住んでいる人はオンラインカジノで遊ぶようになります。

次の

ハーデス ヘルゾーンの赤背景について詳しく解説!

ハーデス ゾーン

この記事に書かれていることは…• 主に、「ヘルモード」からの当選で、突入します。 継続ゲーム数は、 基本は5G。 ですが、5Gごとに、継続する事があります。 場合によっては、5G10G15Gと継続していきますね。 こういったパターンは、大チャンスですので、確実に、引き当てたいです。 「ヘルモード」については、以前に紹介させていただきました。 詳しく知りたい方は、是非、前記事にて、ご覧になってください。 そして、通常時の400Gや、800Gにも「ヘルモード」に突入します。 こちらでは、CZ(チャンスゾーン)獲得のチャンスとして、ゾーン狙いで、立ち回る事も可能になりますね。 演出としては、鎖に巻かれる演出が起きます。 3・2・4(ミズホ)出目で、 図柄が消灯すれば突入です。 ハーデスの「ヘルゾーン」期待度 CZ(チャンスゾーン)でのAT当選率は、全体を通して25%という事なのですが、期待度の示唆があります。 背景色は、「青」<「黄」<「赤」の順番に熱くなりますね。 基本の多くは、 「赤」で当選が多いです。 逆に「青」は厳しいです。 継続が起きても、「青」のままですと、当選は厳しい印象ですね。 継続で、背景色が変わる事もあるので、期待しましょう。 また、図柄揃い単体では厳しく、チャンスボタンや、PUSHが絡まないと熱くないです。 数多くの、実践数値で、「ヘルゾーン」のみでは、 設定判別は困難とされています。 理由としては、「ヘルモード」の解析が詳しく出たという事にありますね。 ヘルロングなどで、CZ(チャンスゾーン)がループしたりするので、解析が困難とされています。 それでも、初当たりのみの数値ですが、奇数設定に優遇されているのではないかと言われています。 こちらをご覧ください。 どうしても、設定判別には、他の参考項目が必要ですね。 「ヘルゾーン」が比較的に軽い印象であれば、3or5を意識しながら、参考にする感じでいいと思います。 ハーデスの参考にしたい設定差。 「ヘルゾーン」だけでは、設定示唆するのは困難ですが、初当たり確立と比較してみると、いいと思います。 初当たり確立は、目に見えて軽くなりますので、それに「ヘルゾーン」が付いてくるか、付いてこないかを参考にして見ても、いいのかな?と思います。 他にも、判別要素はありますが、出現しないと参考になりませんので、簡単に判別するならば、初当たり確立です。 また、設定差がないプレミアフラグを除く初当たり数値は、こちらです。 確定役=黄7(4連)紫7 冥王図柄 GOD揃いなど。 ですが、設定狙いをして、、低設定と判別できる頃には、かなりの投資が予測されます。 ハーデスはハイエナ狙いと言われるのは、こういう所にもありますね。 慎重な方は、データカウンターや、400Gと800Gのゾーン狙いをしながら、AT当選などの状況を見て、判断していくのが無難かと思います。 ハーデスの、その他の設定差。 黄7(3連)での当選と、ダイヤ2連でのAT当選です。 この2つは、設定判別の代名詞とも言えますね。 ゾーン狙いや、天井狙いの最中にでも確認できれば、ちょっと疑ってもいいレベルです。 ですが、高設定は、当選に繋がる事が多いんですね。 もしも、2回3回当選に絡んでいるなら様子を見てもいいと思います。 結構レアなので、低設定では、目撃も困難なレベルです。 ハーデス「ヘルゾーン」中の演出。 s3-ap-northeast-1. amazonaws. (紫7or冥王orPGG) ・遅れ発生。 PGG確定 ・左に停止。 PGG確定 ・レバーオン時にPUSH。 PGG確定 PGGはプレミアムゴッドゲーム。 GOD揃いです。 デカPUSHは激熱ですが、ハズレもあります。 また10G以降の継続で、赤背景は、激熱で、当選期待度は、80%~90%と言われています。 ハーデスの「ヘルゾーン」まとめ。 「ヘルゾーン」は、AT期待度が25%のCZ(チャンスゾーン)です。 背景色や、継続でチャンスアップになります。 また、ヘルモードの関係で、 ヘルロング状態に入っていると、CZ(チャンスゾーン)が終了しても、またすぐに当選する事があります。 数ゲームは、様子を見ましょう。 「ヘルゾーン」のみでの、設定判別は、難しいです。 一応、奇数優遇は、あるようですが、頻繁に突入するようでしたら、参考にしましょう。 基本は、ATの初当たりが、一番の判別要素となります。 黄七連や、ダイヤ連での判別も、参考に入れるといいですね。 慎重な方は、「ヘルゾーン」獲得のチャンスでもある、ゾーン。 400Gと800Gを参考に立ち回っても、いいと思います。 「ヘルゾーン」には、場合によっては、激熱となる演出も多数ありますので、出現に期待ですね。 10G以降の継続での赤背景は、激熱で、当選期待度も、かなり高いですね。 3回目以降の赤背景は、レア役や、小役での当選率が、かなり高くなっています。 青では厳しいような当選も、十分にありえるので、期待してください。 皆様が、「ヘルゾーン」にて、ズバッとAT当選できるように、心からお祈りしております。 パチスロよりも勝率の高いギャンブルがあるのをご存知ですか? パチスロが規制、規制でどんどんと稼げなくなっている中、 すでにネットの一部ではパチスロよりも勝率が高いと話題になっているのですが、 それは、 「オンラインカジノ」です。 オンラインカジノの中でも、特に、「ベラジョンカジノ」で勝ちやすいのには、 3つの理由があります。 無料会員登録で、30ドル分はもらえるので、これで遊べばリスクゼロです。 勝っても負けても、損はしませんし、パチ屋の空いていない時間にもスマホで稼げてしまうのもメリットなので、試しに遊んでみてくださいね。 そうなれば、カジノの認知度は上がり、カジノのない地方に住んでいる人はオンラインカジノで遊ぶようになります。

次の