ベレス fe。 FE風花雪月のキャラを英語表記したらカオス過ぎた

【画像】『FE風花雪月』女性キャラのバストサイズ比較が有志のたゆまぬ努力により実現する。

ベレス fe

この記事の目次• はじめに EP. 13「夜明けの追討戦」を見据える ルナティックで主人公を育成するにあたり、視野に入れておきたいのが、ルナティックの難所のひとつといわれている「夜明けの追討戦」です。 帝国ルート以外で通ることになる戦闘マップで、主人公の育成状況次第で難易度が大きく変わるので、EP. 13「夜明けの追討戦」を見据えた育成をします。 兵種経験値稼ぎについて 兵種経験値稼ぎを行わなくてもクリアは可能ですが、ブリガンドの「鬼神の一撃」、アーチャーの「命中+20」を習得するとグッと楽になります。 兵種経験値は敵から攻撃されるだけでも稼ぐことができます。 「交易路を塞ぐ賊」を除き、序盤の戦闘クエストはクリアせず、兵種経験値稼ぎ用に残しておくことをオススメします。 「知識の宝珠」を装備した主人公ひとり(と宝珠を装備した副官)で出撃し、武器を外して、森などで敵の攻撃を避けまくれば、一度の出撃で兵種をマスターできます。 強スキル「鬼神の一撃」を習得して、ウォーマスターを目指すルートです。 ルナティックでは器用貧乏になりやすい主人公が、明確な役割を持ちやすい育成方針です。 兵種経験値稼ぎの必要がないのもメリット。 「夜明けの追討戦」は守備特化フォートレスで対処します。 教員研修で重装をしっかり上げておきましょう。 ファルコンナイトを目指すルートです。 戦闘マップによって「剣殺し」「斧殺し」を付け替えます。 ペガサスナイトをマスターした後は、成長率が優秀なソードマスターでレベルを上げるのがオススメです。 飛行ユニットが有用な戦闘マップでは、ペガサスナイトに戻しましょう。 「夜明けの追討戦」はペガサスナイトで味方と合流し、「剣殺し」を活用することで対処します。 ニルヴァーナは魔力の成長率にも補正がかかるので、「グロスタール騎兵」などを配備して、「剣の達人」が乗る「サンダーソード+」を持てば、魔法攻撃の威力も高いユニットになります。 習得スキルが貧弱なので、兵種経験値稼ぎを行って「鬼神の一撃」「命中+20」を習得したいです。 「夜明けの追討戦」の対策が難しいので、帝国ルートで採用の余地があります。

次の

【画像】『FE風花雪月』女性キャラのバストサイズ比較が有志のたゆまぬ努力により実現する。

ベレス fe

ガルグ=マグ大修道院に授業の終了を知らせるチャイムが鳴り響いた。 黒鷲の学級の担任を受け持つベレスは、このあと大司教に呼ばれているとのことで、生徒からの質問はそこそこに切り上げて足早に教室を出て行った。 そこに残るのは生徒のみとなる。 帰り支度をする者、机に突っ伏して眠りこける者、級友と談笑する者、と思い思いに過ごしていた生徒たちの中で、機嫌が悪そうに眉間にシワを寄せる女生徒がいた。 「どうしたんだい、ドロテア。 何か嫌なことでも?この私が話を聞こうではないか」 「…そうね、この際フェルくんでもいいから聞いてくれる?」 「こ、『この際』か…まぁいいだろう。 何があったんだね?」 ドロテアの対応に頬がピクリと引きつったフェルディナントであったが、あくまで「困っている人の相談に乗る貴族の鏡」という姿勢を貫くようだった。 ドロテアはそんなフェルディナントの常に貴族らしくあろうという信念が大嫌いであるので、いつも通りそこには深く触れないらしい。 「この間ね、先生にも弱点のひとつやふたつあるだろうって、全身をくすぐってみたのよ。 そうしたら、どうなったと思う?」 「ドロテア、君は教師相手になんてことを…。 いや、全然予想がつかないが、どうなったんだ?」 「どこをくすぐっても眉ひとつ動かさなかったのよ!信じられない、あの人本当に血が通っているのかしら」 言いながら、ドロテアが机をばんっと叩いたので、教室にいるほとんどがドロテアとフェルディナントの方を見た。 リンハルトは、その音でようやく目を覚ましたらしい。 「なるほど。 先生の弱点、か…。 確かに気にはなるな。 女性が苦手なものといえば虫などだが…」 「あの先生、釣りのとき普通にミミズわし掴みしてるしゲテモノは大丈夫だと思うよ」 横の席で寝ていたリンハルトが、寝起きの間延びした声で会話に入ってくる。 「む、そうか…」 「よく食堂で見かけるけど、飯を残しているところも見たことないぜ」 「はい、先生、好き嫌いある、いえ、ありません」 カスパルとペトラも会話に加わったが、特に目ぼしい情報はないようだった。 ドロテアが降参、とばかりに肩を落とすと、後ろから気配がして視界に影が落ちた。 「では、先生の父であるジェラルト殿に聞いてみてはいかがですかな」 「ヒューくん…貴方、こういう話に興味あったのね」 「そうですな。 弱点、と聞いたからには」 「ひぃっ、ベル…ベルは部屋に帰るですううう!」 ヒューベルトの黒い笑みを目撃してしまったベルナデッタが悲鳴を上げ、出口へと突進をしたが、そこはすでにエーデルガルトによって封鎖されていた。 「ダメよ、ベルナデッタ。 貴女も来るの」 「な、なんでですかああ!ベルが何をしたって言うんですかああ!引きこもらせてくださいいいい!」 「ダメ。 …確かに、ジェラルトさんなら何か知っているかもしれないけれど、娘の弱点なんてそう簡単に教えてくれるかしら」 ベルナデッタの帰宅ダッシュを眼力とオーラで牽制しつつ、エーデルガルトはこの案を出したヒューベルトに問いかけた。 「分かりません。 しかし、先生本人に聞くよりは良い答えが得られるかと」 「…それもそうね」 「よっしゃあ!決まりだな。 みんなでジェラルトさんのところ行くぞ!」 かくして、黒鷲学級の生徒たちは、自分の担任の弱点を探るべく動き出したのであった。 [newpage] 「…はぁ?あいつの弱点、だと?」 黒鷲の学級生徒に言い寄られ、ここに至るまでの経緯を聞いたジェラルトは、顎髭に手を当てた。 「…そんなのあったら、俺が聞きたいくらいだな」 ジェラルトの言葉に、その場に「がっかり」という空気が流れた。 「あなた、先生の父、です。 知る、知らない、ですか?」 「そんなこと言われても、あいつの鉄面皮は生まれつきだからなぁ。 本人に聞くしかないだろう」 「本人ねぇ。 あの先生が、そう簡単に教えてくれると思いませんけど」 「…ひとつだけ方法がある」 苦虫をかみつぶしたような顔で、ジェラルトがそう呟いた。 方法があることに歓喜した者たちが数人、そんな表情で言う方法はろくでもなさそうだと予想する者たちが数人。 「お!?なんだ、方法があるならそう言ってくれよ!」 「いやまぁ、あるにはあるんだが…お前ら、相当気合入れていかないと返り討ちにあうぞ」 「か、返り討ち!?一体ど、どんな恐ろしい方法なんですかあああ」 逃げようとするベルナデッタとこっそりと帰ろうとするリンハルトをがっしりと捕まえ、エーデルガルトはジェラルトに向き合った。 「それで、その方法というのは?」 「…酒を飲ませんだよ」 「お酒を?」 「あぁ、種類は葡萄酒でも菓子に酒が入ったものでも何でもいい。 素直になるぞ。 …恐ろしいほどにな」 どこか遠いところを見つめるジェラルトを見て、一同は怖気づいた。 過去、どのような目にあったというのだろうか。 酒乱、泣き上戸、寝落ちなど、酒癖が悪いと言われるものはいくつかあるが、そのどれかに先生は当てはまるということだろうか。 「忠告はしたぞ」という言葉を残してジェラルトがその場から去ると、残された生徒たちの視線はドロテアがに向けられた。 おそらく、事の発端だからだろう。 「どうする?ドロテア。 作戦を決行するかね?」 「うーん、『返り討ち』っていうのはちょっと怖いけど…この人数だったら大丈夫じゃない?エーデルちゃんはどう思う?」 「そうね…私も気がかりな部分はあるけれど…師の弱点には代えられないわ」 こうして、黒鷲学級の「ベレス先生を酔わせて弱みを握る作戦」の決行が決まったのである。 [newpage] 夕食時が過ぎ、就寝時間間近となったとき、ベレスは生徒たちに招待され食堂へとやってきた。 日々の息抜きにみんなでお茶をしよう、という趣旨で集まったらしいが、食堂は絶妙な緊張感に包まれていた。 「………」 きょろきょろと周囲を見回すベレスに、ドロテアがグラスを渡す。 「はい、先生。 これ飲んでね」 「…これ、お酒?悪いけれど、お酒は父に止められていて…」 「大丈夫よ、師。 許可はもらっているから。 ねぇ、みんな?」 その「みんな」とやらの顔を見れば、ほぼ全員に目を逸らされた。 なんだか釈然としない、といった体でグラスを傾けるベレスに、フェルディナントが恐る恐る聞く。 「…先生、ちなみにお酒を飲むと、どうなるんだ?」 「それが…分からないんだ。 気づいたら次の日になっていて、記憶がないというか…。 以前傭兵団で晩酌した際に、翌日からしばらく誰も口を聞いてくれなくなって…」 フェルディナントはごくりと唾を飲み込むと、隣にいたドロテアにこそっと耳打ちをする。 「…今からでも止めた方が良いんじゃないか」 「エーデルちゃんがやる気になっているのに私たちが止める訳にはいかないでしょ」 「…では、乾杯しましょう」 エーデルガルトの音頭で乾杯が行われ、それぞれが手に持ったグラスに口づける。 無論、ベレス以外の全員がベレスに注目していた。 彼女はグラスに口づけ一口だけ含むと、ごくりと葡萄酒を飲み込んだ。 それから残りをごくごくと飲み、すでにグラスはほぼ空になっている。 しぃんと静まり返った場に違和感を抱き、ベレスは首を傾げた。 「…?みんな、本当にどうしたんだ?」 「せ、先生、気分はどうだ?気持ち悪いとかあるか?」 「いや、特にないけれど…」 ほっとする反面、残念だと皆が思う中、もっと量を飲んだ方が良いのではとベレスのグラスにヒューベルトが葡萄酒を注ぎ込む。 そのとき、もうすでにベレスへの興味は無くなったのか、リンハルトがグラスを置いて踵を返した。 「じゃ、僕は帰るんで。 早く寝ないと明日寝坊しますしねー」 「…リンハルト」 食堂のドアに手をかけたリンハルトに、ベレスが声をかけた。 皆の視線は一気にその二人へと注がれる。 「今日が提出期限の課題がまだ出されていないようだけれど」 「あー…、あれ、やらなきゃダメですかね、やっぱり」 「やらなきゃダメだろうね」 「はぁ…分かりました、明日出しますよ、明日」 リンハルトが観念したように溜息をついた、その瞬間。 ヒュッと、勢いよく何かが飛んだ。 それはリンハルトの眼前をかすめて、食堂の壁へと突き刺さる。 そう、突き刺さった。 よく見れば、飛んでいったそれはベレスが腰から下げている短剣で、もちろんそれを投げたのはベレスである。 「えーと…、先生?」 額にじわりと嫌な汗がにじむのを感じながら、リンハルトはベレスを見ると、彼女はニッコリと笑った。 笑ったのである。 あの常時無表情の彼女が。 「明日、お願いね」 「わ、分かりました」 若干顔色を青くしながら、リンハルトは急いで食堂を去っていった。 その場の空気が凍る。 ベレスに、すでに酒がまわっていることは分かった。 ジェラルトは、ベレスが酒を飲むと「素直になる」と言っていたが、これは一体どういうことだろうか。 「ひっ、ひいい!ベルも、ベルも部屋へ帰りますうううう!」 「ベルナデッタ」 「ひゃいっ」 「うるさい」 短剣が飛んでいったことをようやく理解したのか、ベルナデッタが騒いだが、それをベレスがぴしゃりと黙らせた。 ベレスは普段は絶対にそんなことを言わないので、ベルナデッタが混乱してわなわなと震えている。 ヒューベルトが再度注いでくれた葡萄酒を飲むと、ベレスはベルナデッタに目を向けた。 全身をビクリと震わせたベルナデッタは、さしずめ肉食獣を前にしたウサギのようだった。 「かわいい」 「ひっ………」 そんなベルナデッタを見て目を細めたベレスは、もう一度「かわいい」と言った。 穏やかな笑みを浮かべたベレスの視線は慈愛を帯びていて、まるで愛玩動物を目の前にした飼い主のようである。 そしてついにベルナデッタのキャパシティが限界を超えたのか、立ったまま白目をむいて気絶した。 「まぁ、ベルちゃん大変。 私、部屋まで送っていきますね」 「ドロテア、ひとり、大変です。 私も、手伝う、手伝います」 「お、俺も手伝うぜ!じゃあなみんな!」 不穏な空気を察知したのか、ドロテアはここから退出する方法としてベルナデッタの救護を理由にするようだった。 ペトラは純粋にドロテアとベルナデッタの心配をしたようだったが、カスパルはドロテアに便乗したと見える。 四人が食堂からいなくなると、そこには当初の半分の人数も残っていない。 「せ、先生、一体どうしたんだ?もちろん、貴族である私はこんなことで動揺はしないが…」 若干頬を引きつらせて、いつものように「貴族とは」と語りはじめたフェルディナントを一瞥すると、ベレスはふぅと息をついた。 「フェルディナント」 「な、何だね?」 「その貴族貴族っていうの、飽きた」 「なっ…!」 「君、根は良い子なんだから、もっと主張抑えめにしたら。 とりあえず明日から『貴族とは』談義禁止ね」 「何だと!?私から貴族の精神を奪おうというのかね?」 「その方が良いと思うけれど。 君の本質は変わらないし。 というか、貴族について説かれても」 たっぷり一呼吸分おいて、ベレスはフェルディナントの目を見て。 「鬱陶しい」 そう言った。 ぐっ、と息をつめたフェルディナントは、うなだれて「失礼する…」と食堂を後にした。 ベレスはグラスの葡萄酒を飲み干すと、空になっらグラスを机に置き、しっかりとした足取りで食堂の出口へ向かった。 それを見たエーデルガルトが慌てて声をかける。 「せ、師!」 「私も帰るよ。 もうすぐ消灯時間だから君たちも部屋に帰りなさい」 「じゃあ、帰る前にひとつだけ教えて」 ベレスはドアに手をかけ、顔だけエーデルガルトとヒューベルトのいる方向を振り返る。 「何?」 「師の苦手なものを教えて」 「苦手…苦手か…」 「別に物じゃなくてもいいのよ」 「………レア様、かな」 意外な人物の名前に、エーデルガルトが「えっ」と驚きの声を漏らすと、ベレスはおもむろにエーデルガルトの後方を指さした。 そして。 「あ、ネズミ」 そう言った。 エーデルガルトは鬼の速さでヒューベルトにしがみつくと、「どこ!?」と騒ぐ。 その様子を見て、ベレスは思い切り笑った。 面白くて仕方がない、といった風に。 どうやら騙された、と気づいたエーデルガルトは、頬を真っ赤に染めてベレスを睨みつける。 「人の弱みを暴きたかったら、相当の覚悟を持つんだね」 「………覚えておくわ」 意地の悪そうな微笑みを浮かべて、ベレスは食堂を去った。 最後に取り残されたエーデルガルトとヒューベルトは、エーデルガルトが「出ましょうか」と言うまで無言で立ち尽くしていたという。 黒鷲学級が、学級崩壊したかもしれないとの噂がまわったのはここだけの話。

次の

【FE風花雪月】女性主人公選択時結婚一枚絵まとめ

ベレス fe

間合い管理をすれば強力なキャラですが、距離を詰められると厳しい戦いを強いられます。 ただし、近距離で驚異となるコンボが開発されれば、化ける可能性が高いです。 下強が相手に当たると、ベレトとベレス側によってくるため、低パーセントのうちは技の先端でも繋がります。 ベレトとベレスは、 近距離で振れる技が少なく相手も積極的に近づいてきます。 そのため、近距離では掴みを通して、コンボに繋げましょう。 相手が高%の時には、撃墜択としても使えるので練習しましょう。 序盤の空前牽制であたったときは、ダッシュ攻撃に繋げてダメージを稼ぎましょう。 相手がダッシュ攻撃でめくってきた時や、空Nで裏をとってきた時に使用しましょう。 ベレトとベレスの対策 近距離まで行き、得意な間合いで戦わない ベレトとベレスは、リーチの長い技で一方的に技を振れる得意な間合いがあります。 そのため、シールドやジャンプで近距離まで行き、不利な戦いに持ち込むと良いです。 ベレトとベレスは、近距離で出せる強い技がないため、強気に攻めましょう。 弓矢はジャンプで避ける 弓矢の攻撃は、ジャンプで避けるようにしましょう。 シールドでガードしても受けた時のガード硬直が長いため、超近距離でない限り反撃出来ません。 弓矢の撃つタイミングは、キャンセルを除けば2択となるので、タイミングを覚えれば避けるのは簡単です。 ベレトとベレスの技一覧と解説 弱攻撃は3段or百裂 ベレトとベレスの弱攻撃は発生の早い技です。 連打をしているとフィニッシュ部分が百裂攻撃になり、それ以外だと蹴り飛ばしでフィニッシュします。 ベレトとベレスの技の中でも貴重な発生の早い技なので、近距離の暴れ択として使いましょう。 横強は範囲が広い ベレトとベレスの横強は、技の範囲が広いです。 斜め上までしっかりカバーできるので、空中から攻める相手に差し返しで使いましょう。 横スマッシュはリーチが長い 横スマッシュ攻撃はリーチが非常に長いです。 また、上方向に入力をすることで、ふっ飛ばしの力が強くなるという特徴もあります。 代わりに、武器の柄 近距離 の場合は弱いので、戦うときは距離を詰めることを意識しましょう。 上スマッシュは上方向の範囲が広い 上スマッシュ攻撃は上の攻撃範囲が広いです。 相手が多少横にずれていても巻き込むことができ、持続で当てることもできます。 下スマッシュは吹っ飛ばしに優れる 下スマッシュは吹っ飛ばしの強い攻撃です。 空Nは弓を振り回す ベレトとベレスの空Nは、弓を回転させて攻撃する技です。 密着からでも当てられる貴重な空中技なので、ガードキャンセルの基本的な技として使います。 また、空Nは着地時にも攻撃モーションを挟むので、多段途中で浮かせて掴みにつなぐようなコンボはできません。 代わりにダッシュ攻撃などにつなぐことはできます。 空前はリーチが長い 空中前攻撃はリーチが長いです。 横スマッシュと同じく先端が最も強く、近いと弱くなります。 リーチ・ダメージ・吹っ飛ばしに優れますが、上下の判定は狭いので相手のジャンプを狩る能力は低めです。 空後は吹っ飛ばしが強い 空中後ろ攻撃は、空前と同じく槍を突き出す攻撃です。 基本的に空前と性能は変わりませんが、空後はダメージに優れる代わりに隙が大きくなっています。 空下はメテオになるロマン技 空下は、メテオを狙えます。 振り下ろすまでに時間がかかるため、多発しづらいロマン技です。 ガードの削り量が多いため、ガードブレイクを狙って使うといいでしょう。 空上は武器判定でリーチが長い ベレトとベレスの空上は、リーチが長く技の判定が上に広いので、空中での追撃に使いやすい技です。 武器判定で、相手の技と相殺することもないので、相手が空中にいるときには多用しましょう。 NBは溜め有りの弓を放つ NBは、弓矢を放つ技です。 火力が高い代わりに発生が遅く、後隙も大きくなっています。 溜めは2回目にはいるとキャンセルができなくなりますが、相手のシールドを大きく削る性能を持ち合わせています。 横Bは槍を振り上げる高リーチ技 横Bは、槍を振り上げる技です。 向いてる方向に扇状に長い攻撃判定があり、戦場の真ん中から、右上台の真ん中にいる相手にダメージを与えられる長いリーチを持ちます。 また、スマッシュ入力 スティックとBを同時に弾き入力 すると少し前進する仕様もあるため、復帰阻止や復帰時に非常に役立つ技です。 横Bを空中で使った場合、着地隙が長いという欠点があります。 そのため、横Bを空中で使う場合は、相手も空中にいて反撃が取られにくい状況や、崖捕まりでキャンセルできる場合の時に使いましょう。 上Bは復帰やメテオに使える 上B攻撃は、蛇腹剣を伸ばして引き寄せる技です。 相手が蓄積ダメージが高い状態で場外にいる時に上Bを使うことで、擬似的にメテオ攻撃のような使い方が出来ます。 また、崖捕まりにも使うことが可能で、ジョーカーと同じような動きで崖を捕まります。 崖捕まり上Bは、非常に長い距離まで伸ばすことが可能です。 そのため、どこまで伸ばせるか知っておくと、ステージ外での駆け引きを有利にすすめられるでしょう。 ベレトとベレスの入手方法 出し方 ファイターパスを購入する ベレトとベレスを入手するには、ファイターパスを購入する方法があります。 ファイターパスを購入することで、ベレトとベレスを含めた計5体のキャラを順次使うことが出来るようになります。 650円で個別に購入する ベレトとベレスを入手するには、650円で個別に購入する方法があります。 ベレトとベレスだけを使いたい場合には、個別購入を検討しましょう。 原作が好きな人にはたまらないコンテンツでしょう。 ベレトとベレスの参戦動画と使い方動画 参戦動画 使い方動画 ベレトとベレスとは?誰なのか解説 FE風花雪月の主人公 ベレトとベレスは、FE風花雪月の主人公です。 風花雪月には3つの学級があり、プレイヤー(ベレト・ベレス)はそのうちひとつを選択しその学級の先生になります。 この3人に思い入れがある人は使ってみてはどうでしょうか。 スマブラには2020年1月29日に配信された ベレトとベレスがスマブラSPに参戦したのは、2020年の1月29日です。 ファイターパス第一弾の5体目として登場しました。 , LTD. , INC. , LTD. 当サイトのコンテンツ内で使用しているゲーム画像の著作権その他の知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属しています。 当サイトはGame8編集部が独自に作成したコンテンツを提供しております。 当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。

次の