プロバイダ 乗り換え おすすめ。 プロバイダのみの乗り換えをお得にする方法!おすすめはこれだ!

WiMAXの乗り換えを成功させる3つの手順とは!?

プロバイダ 乗り換え おすすめ

光コラボレーションモデルは、「フレッツ光」と「プロバイダ」がセットになった光回線です。 各プロバイダ会社の強みを活かし、より安く、より快適にインターネットを楽しめます。 セットで契約することにより、支払いも1つにまとめることができます。 「フレッツ光」の回線を利用するので、もちろん回線の速度や品質はそのまま、安心して光回線をご利用いただけます! おすすめ光コラボレーション フレッツ光の回線とプロバイダがセットになった光コラボレーションへの乗り換えなら、スマホやモバイルのセット契約でさらに月額料金の削減が可能です。 しかもお手続きはとっても簡単。 今なら他社プロバイダからの乗り換えで、 豪華特典や最大 52,000円のキャッシュバックも実施中! プロバイダの乗り換えだけでもこんなにお得! フレッツ光の回線は変えたくないけど料金の見直しがしたい!それならプロバイダの乗り換えがオススメ! 今なら!最大2ヵ月無料+当サイト限定キャッシュバック実施中です プロバイダ プロバイダ公式特典 当サイト限定特典 USEN NET 月額料金 最大1ヵ月無料 5,000円 キャッシュバック T COM 月額料金 最大1ヵ月無料 5,000円 キャッシュバック Yahoo! BB 月額料金 最大1ヵ月無料 3,000円 キャッシュバック OCN 月額料金 最大1ヵ月無料 -• 当サイトより新規に『おすすめプロバイダ』にお申込みいただいたお客様が対象です。 当サイト限定キャッシュバック特典の受け取りは、お申し込みのサービス利用開始後、事前に送付する書類に記載のURLまたはQRコードより、キャッシュバック受け取りの手続き(WEBエントリー)を行っていただきます。 手続きしていただいた月を1ヵ月目として、3ヵ月目にご利用状況を確認(フレッツ光の開通、プロバイダのログイン、お支払い情報の登録を確認)し、ご利用を確認後に順次指定口座に振込いたします。 ご利用開始日から起算し60日以内に受け取り手続きをいただけない場合、及びご利用状況確認時に契約プランの変更・解約、契約住所の移転やご利用確認ができない場合は、本キャンペーンの対象外となります。 ご利用状況確認時にプラン変更・解約等の理由により、ご利用の確認がとれない場合は無効とさせていただきます。 プロバイダのみ変更(乗り換え)のキャッシュバックとなります。

次の

フレッツ光のプロバイダ完全ガイド!【2020年7月】おすすめプロバイダ4社

プロバイダ 乗り換え おすすめ

プロバイダ20社比較!1分でわかる、おすすめプロバイダの選び方のコツ!【完全版】 光回線のプロバイダは全国に30社以上あり、料金プランも複雑なため 「自分にとっておすすめのプロバイダが分からない」という状態に陥りがちです。 キャッシュバックの金額や特典だけを目当てに乗り換えてしまうと、 不要なオプションがついたりしてトータルの支払い金額で損をしてしまうことも多いです。 実は、自分に合ったおすすめのプロバイダの選び方は単純で、• 自分が使っているスマホとのセット割があるかどうか• 自分に合った通信速度が出るか 上記の2点を中心に選ぶのが最もおすすめです。 当記事では、光回線プロバイダの選び方が分からない人に向け、自分に合ったプロバイダの選び方のコツをお伝えします。 スマホや自宅の固定回線は使い続けるものですし、セット割で受けられる割引がたったの数百円だったとしても、 1年、2年と積み重なっていけば大きな金額となるので決して馬鹿にはできません。 このような理由で、光回線のプロバイダを比較するのであれば、 まずは自分が使っているスマホとのセット割があるかどうかを調べることがコスト面でお得になる1番の方法です。 Check! プロバイダ契約の前に知っておくべき6つのポイント あなたがスムーズにプロバイダの契約を完了させるために知っておきたいポイントは以下の6つです。 スムーズなプロバイダ契約のため、知っておきたいポイント6つ• ポイント1. 光回線プロバイダは、エリアによって契約できる/できないものがある 光回線プロバイダは大きく分けると 「光コラボ/auひかり/NURO光/電力系光回線」の4つに分けることができます。 このうち、 光コラボは全国的に展開しておりどこでも契約できるのに対し、 auひかり/NURO光/電力系光回線は一部の地域でしか使えないという特徴があります。 自分が住んでいる地域によって契約できる光回線プロバイダが異なるので、 申し込みの前に自分に合ったプロバイダがエリアに対応しているか確認する必要があります。 ポイント2. 月額料金が安く、大手のプロバイダを選ぶのがおすすめ 冒頭でも述べたとおり、光回線プロバイダは全国に30社以上あります。 マイナーなプロバイダだと契約中なのに突然サービスが終了してしまうなどのトラブルがないとは限りません。 また、聞いたことがないプロバイダだと実際に使っている人からの 口コミや評判が分からない、料金が大して安くない、違約金が高額などのデメリットがあることも多いので注意しましょう。 スマホ割等の割引は考慮されておりません。 基本的には月額料金が安く、かつ知名度があって利用者が多いプロバイダを選びましょう。 筆者が特におすすめする光回線プロバイダは、 知名度・実績で見るおすすめのプロバイダ• ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する• 携帯大手3キャリアの運営する• プロバイダとして運営実績が長い• これらの6社の中から自分が使っているスマホとのセット割があるかどうか、サービスの質を比較しましょう。 ポイント3. 使い方、シーンによって使うべきプロバイダは変わる 例えば、 自宅でオンラインゲームしたりNetflixなどで動画をたくさん観たいという場合は光回線プロバイダを契約するべきですが、 メールの確認程度であれば月額料金が安いCATVのネット回線でも充分です。 また、自宅ではなく 屋外で快適にインターネットを使いたいという場合は、 WiMAXやポケットWi-Fiなどの高速モバイルルーターを契約した方がトータルコストは安くなる場合が多いです。 自分がイメージするインターネットの使い方やシーンを思い返してみて、本当に契約するべきはどれなのかを考えておきましょう。 ポイント4. 戸建てタイプとマンションタイプの違いを知っておく 光回線プロバイダには 「戸建てタイプ」と 「マンションタイプ」があり、これらの違いを簡単に説明すると、 戸建てタイプとマンションタイプの違い 戸建てタイプ 月額料金が高め。 通信速度の最大値が大きい。 近場の電柱などから光回線を引っ張り占有して使うため通信速度が安定して速い。 マンションタイプ 月額料金が安め。 通信速度の最大値が小さい場合がある。 建物全体で光回線を使用するためアクセス数が増えると通信速度が遅くなりやすい。 といった感じで、下記のauひかりの例のように 同じプロバイダで契約する場合でもタイプの違いによって料金が変わります。 戸建てタイプとマンションタイプの比較(auひかり) auひかり 戸建てタイプ マンションタイプ 月額料金 5,100円~6,800円/月 3,400円~5,000円/月 最大通信速度 最大1Gbps~10Gbps 最大100Mbps~1Gbps 特にマンションタイプには 「光配線方式/VDSL方式/LAN配線方式」という3つの配線方式があり、 「光配線方式>LAN配線方式>VDSL方式」の順で最大通信速度が遅くなる傾向があります。 とはいえ、 配線方式は自分で選べるものではないので、場合によっては光回線プロバイダを導入するよりもWiMAXなどの高速モバイルルーター契約を視野に入れた方が良いかもしれません。 くわしくは「」を参照して下さい。 ポイント5. 高額キャッシュバックは金額だけを見ず、条件を必ず確認する 光回線プロバイダの契約につきものなのが、高額キャッシュバックキャンペーンですね。 せっかくなら、キャッシュバック金額は高額な方が嬉しいですが、 これらのキャッシュバックは高額であればあるほどさまざまなオプションに加入する必要があるケースが多いです。 例えば、NURO光の代理店である「オープンプラット」は、 最大120,000円のキャッシュバックが魅力ですが、その条件を見ると 「NURO光でんわ+ポケットWi-Fi」に申し込む必要があります。 オープンフラット(NURO光代理店)のキャッシュバック条件 キャッシュバック金額 条件 受け取り 120,000円 ・NURO光+光でんわ+ポケットWi-Fi契約 ・開通月から6か月経過後にオープンプラットへ連絡 ・30ヶ月間の継続利用 開通月+6ヶ月後中旬に案内メール 114,000円 ・NURO光+指定サービスを契約 ・開通月から6か月経過後にオープンプラットへ連絡 ・30ヶ月間の継続利用 19,000円 ・NURO光のみ契約 ・開通月から6か月経過後にオープンプラットへ連絡 ・30ヶ月間の継続利用 当然ですが オプションに加入すれば毎月の利用料金は高くなりますし、ポケットWi-Fiに関しては 2年契約であるため更新月以外で解約すれば解除料金が発生してしまいます。 また、 キャッシュバックの受け取り期間が半年~1年後であることが多いので受け取り忘れる危険性もあります。 高額キャッシュバックは非常に魅力的ですが、 必ず詳細条件やキャッシュバックの受け取り時期を確認するようにしましょう。 ポイント6. 光回線の開通までは、最低でも2週間はかかる プロバイダと契約をして実際にインターネットが開通するまでは、 どんなに早くても2週間程度の時間がかかると思っておきましょう。 特にNURO光など、人気のプロバイダはそれだけ申し込みも多く、工事の予定が抑えづらいことが多いです。 また、 引っ越しが多くなる2~4月、9~10月頃は光回線プロバイダへの申し込み数が増えるので、 開通工事のスケジュール調整が難しくなります。 開通工事には申込者の立ち合いが必要となりますので、 プロバイダへの申し込みは時間に余裕をもって行うようにしてください。 【完全版】おすすめプロバイダ・光コラボ20社比較まとめ それでは、 あなたに合ったプロバイダを比較検討していきましょう。 まず、これまでご紹介してきたポイントを踏まえて本当におすすめできるプロバイダを全20社の中から比較して6社に絞りました。 その売りのとおり、 最大通信速度は業界内でも屈指の2Gbps~10Gbpsを誇り、他社と比較して最大値の下限が2Gbpsであることが特徴です。 基本的な料金プランである「NURO光 G2V(戸建てタイプ)」は4,743円/月で、 光回線プロバイダの中でも中間から安い部類に入ります。 ソフトバンクのスマホを使っている人なら「おうち割光セット」が適用できて、毎月の携帯電話料金から最大1,000円の割引が受けられます。 非常に魅力的なメリットがたくさんありますが、 So-netが自社構築している独自の光回線のため、提供エリアが狭めなことがデメリットです。 月額料金は中間から少し高い部類に入りますが、 ドコモのスマホユーザーであれば「ドコモ光セット割」で最大3,500円の割引を受けることができます。 さらに、 ドコモ光をGMOとくとくBB経由で申し込むと最大15,000円の現金キャッシュバックや、 18,000円相当の新規工事料が無料になるなど、まさにドコモユーザーはこれ一択でOK、なプロバイダです。 月額料金は下限と上限の幅が広く、 ソフトバンクのスマホユーザーであれば「おうち割光セット」で最大1,000円の割引を受けることができます。 ソフトバンク光は代理店が数多く存在しますが、 代理店の中ではアウンカンパニーとNEXTの2社が両社ともオプションに加入する必要なくキャッシュバックを受け取ることができます。 なお、ソフトバンク光もドコモ光と同様で、 ソフトバンクのスマホユーザーには向いていますが、それ以外のユーザーであればわざわざ契約するメリットはありません。 月額料金は中間から高めの部類に入りますが、 auのスマホユーザーであれば「auスマートバリュー」で最大2,000円の割引を受けることができます。 キャッシュバックが高額かつ受け取りのハードルが低いのは代理店ネクスト経由での契約です。 メリットが多いauひかりですが、 解約する際に発生する費用が高めだったり、一部エリアでは提供されていなかったりなどデメリットもあります。 また、 auスマートバリューは他のプロバイダを選んでも適用されるものもありますので、デメリットが気になる人は他の回線を検討するのも手です。 auひかりは、 auスマホを使っていて「滅多にネット回線は変えないし通信速度は速い方が良い!」という人に向いているプロバイダです。 月額料金はキャンペーンが適用されている(月額1,600円(マンションは1,500円)割引が36ヶ月適用)ので、 戸建て・マンションともにかなり安い金額で利用することができます。 キャッシュバック金額はNEXT経由が最も高額で最大60,000円です。 さらに、auスマホを使っている人なら「auスマートバリュー」が適用されるので、毎月の携帯電話料金が最大2,000円割引されてとてもお得に使えます。 月額料金がとにかく安い光回線なので、 セット割の恩恵が受けづらい格安SIMを使っている人にもおすすめです。 月額料金は他社と比較して中間の部類に入りますが、 auのスマホユーザーであれば「auスマートバリュー」で最大2,000円の割引を受けることができます。 さらに、BIGLOBE光では最大25,000円のキャッシュバック(代理店NEXT)か月額料金割引の好きな方の特典を選べるのも嬉しいポイントです。 auひかりの提供エリア外に住んでいて、auスマホを使っている人ならBIGLOBE光がオススメです。 上記の格安SIMを利用している人は、ぜひセット割が組める光回線プロバイダを選んでみてください。 上記以外の格安SIM(mineo、LINEモバイルなど)を使っている人は、キャンペーン適用で月額料金が安い「So-net光」がおすすめです。 地方に住んでいる方におすすめできる電力系プロバイダ おすすめプロバイダの対応エリアより外に住んでいる人は「電力系光回線」もおすすめです。 各地方にある電力会社が運営している光回線で、 フレッツ光や一般的な光コラボと比べて利用者が少ないので回線混雑を起こしにくいことが特徴です。 その地域に住んでいる人でなければ契約できないので、以下のエリアにお住いの人はぜひ比較してみてください。 電力系おすすめプロバイダ比較表 プロバイダ名 月額料金 提供エリア セット割 コミュファ光(中部) ・戸建て 3,990円~6,350円 ・マンション 3,980円~6,350円 愛知県、岐阜県、三重県、静岡県 au:auスマートバリュー eo光(関西) ・戸建て 4,953円~8,239円 ・マンション 3,124円~3,791円 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県 Pikara(四国) ・戸建て 5,200円 ・マンション 4,000円 徳島県、香川県、愛媛県、高知県 MEGA EGG(中国) ・戸建て 4,200円 ・マンション 3,200円 山口県、島根県、広島県、鳥取県、岡山県 BBIQ(九州) ・戸建て 4,400円~5,800円 ・マンション 3,800円~5,800円 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県 電力系プロバイダはいずれもKDDIと提携・子会社化しているので、auスマホを使っているユーザーであれば「auスマートバリュー」が適用されます。 光回線が導入できない場合は…WiMAXを検討してみる 光回線に対応していない集合住宅に住んでいる人が光回線プロバイダを導入したい場合、管理会社や大家さんに確認を取る必要があります。 快く受けてもらえればラッキーですが、 中には回線工事を嫌って管理会社や大家さんに光回線プロバイダの導入を断られるケースもあります。 そんな時はデータ通信が無制限で使い放題の「WiMAX」がおすすめです。 最新機種の「W06」であれば最大通信速度は固定回線に迫る867Mbpsで、月額料金は3,000~4,000円台で利用できます。 しかも持ち運びができるので非常に便利です。 WiMAXについては以下の記事でくわしく解説しています。

次の

プロバイダーの【乗り換えするメリットは?】手順と注意点

プロバイダ 乗り換え おすすめ

目次 ドコモ光はプロバイダで速さが変わる? ドコモ光の理論上の最大通信速度は1Gbpsです。 しかし、ドコモ光に限らず インターネットは常に一定の速さを保証するものではありません。 また、ドコモ光は契約時に下記プロバイダの中から1社を選ぶ仕組みになります。 ドコモ光 プロバイダー一覧 タイプA タイプB• ドコモnet• ぷらら• GMOとくとくBB• nifty• DTI• BIGLOBE• andline• Tigers-net. com• エディオンネット• BBエキサイト• hi-ho• SIS• IC-net• SYNAPSE• Rakutenブロードバンド• @ネスク• TiKiTiKi• コアラ• OCN• @TCOM• TNC• Asahinet• WAKWAK• ちゃんぶるネット 選択可能なプロバイダは全部で24社なり、理論上の最大速度はすべて1Gbpsで提供されています。 しかし、プロバイダによって実際に利用する際の実行速度には差があるのです。 インターネットの速度に影響するプロバイダの加入者数と設備 ネット回線の速度はさまざまな理由で上下しますが、プロバイダも影響を及ぼす理由の1つです。 プロバイダの設備や居住地域の加入者数が、インターネットの速度に影響することも少なからずあります。 一般的に「プロバイダの設備が悪い」「加入者数が多い」と回線が混雑してインターネットは遅くなるといわれています。 しかし、大手プロバイダは知名度が高い分、通信設備が充実しているところがほとんど。 それにもかかわらずインターネットの速度が遅くなるのは、加入者数が多いことが原因と考えられます。 一方、加入者数が少ないけどインターネットの速度が遅くなるのは、プロバイダの設備が整っていない可能性大です。 ドコモ光がプロバイダ以外に速度が遅くなる理由 通信速度が遅くなる理由の1つとして、プロバイダの設備などによるものがあります。 ただ、もちろんプロバイダ以外にも速度が遅くなる原因は存在します。 プロバイダ以外でドコモ光の速度が遅くなる理由をまとめてみました。 マンションの配線方式 別記事『』でも解説している通り、マンションでは複数のユーザーが同じ設備をシェアするために速度低下が起きるケースが多々あります。 また、マンションには建物ごとに共有設備から宅内までケーブルの配線方式に違いがあり、この配線方式の違いによる速度の開きがあるのです。 マンションタイプの配線方式• 光配線方式• VDSL方式• LAN配線方式 マンションタイプで配線方式がVDSL方式やLAN配線方式は設備上の都合で最大速度は100Mbpsに定められています。 そのため、どんなにプロバイダの設備が優れていても通信速度は最大100Mbpsしか出せません。 また、宅内までのケーブルの素材はVDSL方式だと電話線、LAN配線方式はLANを使っており、光ファイバーケーブルを使っていないので1Gbpsの高速通信は難しいのです。 なお、配線方式は建物のによって設備が決まっているので、個人で自由に選ぶことはできません。 パソコン、Wi-Fiルーター、LANケーブルのスペック パソコンやWi-Fiルーター、LANケーブルもインターネットの速度に影響する原因の1つです。 別記事『』でも解説の通り、特にLANケーブルにはカテゴリという規格があり、古い規格のケーブルを使用していると有線接続であっても満足な速度はでません。 また、パソコンの機種自体が古い、ハードディスクに不要なファイルが溜まっているとインターネットは遅くなります。 Wi-Fiルーターも古い機種だと利用可能な最大速度が低く、ドコモ光の最大1Gbpsが生かせないことがあります。 ドコモ光で通信速度に悩んでいる方は、一度自宅の通信機器のスペックを見直してみるとよいでしょう。 利用者が多い平日夜や土日祝日は回線が混雑する 利用者が多い平日夜や土日祝日も回線が混雑して、平日昼間と比べてインターネットの速度は遅くなりがちです。 ドコモ光で速さ重視ならIPv6対応プロバイダを選ぶべき ドコモ光で高速インターネットを楽しむならIPv6対応のプロバイダがおすすめです。 IPv6は最新のインターネットプロトコル。 2020年7月現在、最も復旧しているインターネットプロトコルはIPv4です。 IPv6はIPv4と比べて一般的にインターネットの速度が速いといわれています。 IPv6は接続方式が「PPPoE」と「IPoE」と2種類あります。 その中でもインターネットの速度が速いのは、通信事業者のネットワークに直接アクセスするIPv6・IPoE方式v6プラスです。 そのため、インターネットの利用者が多い時間帯やプロバイダの加入者数が多い地域でも回線速度が遅くなる心配はありません。 プロバイダにより「IPv4 over IPv6」「v6プラス」など呼び方はちがいますが、どれも同じものと考えてください。 インターネットプロトコルがIPv6でも接続方式がPPPoE方式やただのIPoE方式では、v6プラスほどインターネットは速くなりません。 ドコモ光で快適な速さでインターネットを楽しみたい人は、必ずIPv6・IPoE方式v6プラス対応のプロバイダを選ぶようにしましょう。 速さが人気のプロバイダ【GMOとくとくBB】• キャンペーン: 6,500~20,000円キャッシュバック• 戸建てタイプ月額料金: 5,200円• マンションタイプ月額料金: 4,000円 申し込みページ: 2020年7月現在、24社あるドコモ光のプロバイダの中でv6プラスが利用できるのは14社ですが、その中でも一番おすすめのプロバイダは です。 GMOとくとくBBとは、国内最大手のインターネットプロバイダ・GMOインターネットが運営するプロバイダであり、ドコモ光以外にもauひかりやWiMAXのプロバイダとしても人気があります。 他プロバイダにないGMOとくとくならではのメリットを3つご紹介します。 実測値100Mbps以下だとGMOとくとくBBポイント進呈 GMOとくとくBBでは、インターネットの速度が100Mbps以下になった場合、 100円分のGMOとくとくポイントがもらえます。 GMOとくとくポイントは、インターネットの利用料金に使えるお得なサービス。 その他には割引クーポン共同購入サイト「くまぽん」などにも利用できて何かと便利です。 GMOとくとくポイントが進呈されるまでの流れや注意事項、適用条件を調べてみました。 GMOとくとくポイント進呈までの流れ 1. GMOとくとくBB指定の速度計測サイトにアクセスして、速度を計測。 ・速度計測サイト 2. 計測結果が表示された画面を「計測日」「速度」がわかる状態でキャプチャ。 ドコモ光計測データ提出用フォームから以下を入力して申請します。 毎月1日から末日まで1回申請した分が翌月中旬に100pt進呈されます。 1ヶ月に何回申請しても進呈されるポイントは1回だけで、その他は無効になります。 1ヶ月間で速度が低下した回数分申請しても、ポイントが進呈されるのは1回だけと覚えておきましょう。 ハイスペックなv6プラス対応Wi-Fiルーターの無料レンタル インターネットの速度はWi-Fiルーターの性能にも大きく左右されます。 GMOとくとくBBでは、無料レンタルできるv6プラス対応W-Fiルーターを3機種用意しています。 v6プラス対応Wi-Fiルーターを無料レンタルするプロバイダ数社で機種ごとの速度のちがいを比較してみました。 4GHz) GMOとくとくBB WXR-1750DHP2 最大1300Mpbs 最大450Mpbs Aterm WG1900HP2 最大1300Mpbs 最大600Mbps WRC-2533GST2 最大1733Mbps 最大800Mbps So-net Aterm WG1200HS3 最大867Mbps 最大300Mbps plala WN-AX1167GR2 最大867Mbps 最大300Mbps DTI WRC-1167GST2 最大867Mbps 最大300Mbps 表からもわかるように他社と比べてGMOとくとくBBのWi-Fiルーターは3機種とも圧倒的な速さです。 速度重視でプロバイダを選ぶなら、無料でハイスペックのv6プラス対応Wi-FiルーターがレンタルできるGMOとくとくBBを選ばない理由はありません。 キャッシュバックなどお得なキャンペーンが勢揃い 通信速度とは直接関係はありませんが、キャンペーンの内容も速度と同じぐらいプロバイダ選びで重視されるポイントです。 GMOとくとくBBは、新規契約者向けに 最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンを用意しています。 ドコモ光のネット契約にオプションの加入でキャッシュバック金額が変わるため、適用条件やキャッシュバック額の違いを表にまとめてみました。 申込月を含め5ヶ月以内の開通• キャッシュバックの手続き完了 ドコモ光2年定期契約プラン + DAZN for docomo 16,000円• 申込月を含め5ヶ月以内の開通• キャッシュバックの手続き完了• DAZN for docomoをはじめて利用• DAZN for docomoを申し込みから90日以上の継続利用 ドコモ光2年定期契約プラン + ひかりTV for docomo(2年割) 18,000円• 申込月を含め5ヶ月以内の開通• キャッシュバックの手続き完了 ドコモ光2年定期契約プラン + DAZN for docomo + ひかりTV for docomo(2年割) 20,000円• 申込月を含め5ヶ月以内の開通• キャッシュバックの手続き完了• DAZN for docomoをはじめて利用• DAZN for docomoを申し込みから90日以上の継続利用 最大20,000円のキャッシュバックを受け取る場合は、「DAZN for docomo」と「ひかりTV for docomo(2年割)」のオプション加入が必須なので注意してください。 『映像サービスとかいらないんだよなぁ…』という方は、オプション無しで高額キャッシュバックが貰えるプロバイダ を紹介している『』を参照ください。 ドコモ光の速度に不満…プロバイダを変更する方法 すでにドコモ光を使っていて「週末になると遅い」と不満に思う人もいますよね。 この記事を読むまで「v6プラスを知らなかった」人もいることでしょう。 もし、v6プラス非対応のプロバイダと契約していたり、プロバイダによる速度低下が考えられる場合、ドコモ光では契約期間中にプロバイダの乗り換えが可能です。 ドコモ光プロバイダの変更する際の費用 プロバイダの乗り換えのパターンは次の4種類。 どれが自分に該当するか表からチェックしてみてください。 STEP1:ドコモにプロバイダ乗り換えの連絡 以下のいずれかにプロバイダ乗り換えの連絡をしてみてください。 ドコモインフォメーションセンターに電話• 営業時間:9:00~20:00(年中無休)• 電話番号:151(ドコモ携帯)、0120-800-000(一般電話) 2. 最寄りのドコモショップ 手続きには運転免許証や保険証など本人確認書類が必要です。 STEP2:新プロバイダの各種書類が自宅に到着 手続きから10日前後で新プロバイダから申し込み内容、設定マニュアルが郵送で自宅に送られます。 STEP3:新プロバイダ切替日にパソコンの設定変更 旧プロバイダから新プロバイダへと自動的に切り替わります。 切替日当日になったら2で送付されたマニュアルを見て、パソコンの設定変更を行いましょう。 ドコモ光プロバイダ変更の注意点 ドコモ光のプロバイダ変更は、それほど難易度が高いものではありません。 ただ、プロバイダを変更することで生じる注意点もあるので、事前に把握しておきましょう。 メールアドレスが変わる 旧プロバイダで利用中のメールアドレスは、プロバイダ変更の際に消失してしまいます。 ただ、プロバイダによっては月額2~300円でメールアドレスのみ使用できるプランを用意しているところもあります。 メールアドレスにこだわりがある方、利用中のプロバイダへ変更前に連絡しましょう。 違約金 基本的に、ドコモ光に提携している24社内のプロバイダであれば違約金の心配はありません。 しかし、プロバイダを別途契約する単独プランを使用している場合、プロバイダによっては違約金を請求するケースがあるので注意が必要です。 オプションサービス 旧プロバイダでオプションサービスを使っていた人は、解約手続きを自分で行う必要があります。 新しいプロバイダでオプションサービスを利用する場合も申し込みは自分で行います。 ドコモ光は単独プランを除き、光回線とプロバイダがセットになったサービスです。 光回線とプロバイダの利用料金はNTTdocomoもしくはNTTファイナンスから毎月合算請求されます。 ただし、追加でプロバイダのオプションサービスを申し込んだ場合は、プロバイダから直接請求されるので注意しましょう。 ドコモ光でプロバイダ変更してもダメなら他社の検討も! 「すでにGMOとくとくBB ドコモ光を使っているけどやっぱり遅い」 「インターネットは速ければ速いほどいい!ドコモ光にこだわらない」 こんな悩みを抱えている人は、思い切って他社光回線の検討するのも1つの手段です。 特に近年、通信速度の圧倒的な速さで話題を呼んでいるのがソニーネットワークコミュニケーションズが提供する。 その通信速度は、最大2Gpbsにもなり、理論上はドコモ光の2倍の速度になります。 平日夜や週末の混雑する時間帯でも、ゲームや動画など通信量を消費するコンテンツの視聴も快適な速さで楽しめるという評判も多く、現在業界トップの光回線とも言われています。 キャンペーン: 45,000円キャッシュバック• ドコモ光の戸建ての月額料金はタイプAが5,200円、タイプBが5,400円なので、NURO光のほうが500~700円お得になります。 高速通信ができてセキュリティサービスや無線LANHGWも含めて、月額5,000円以下で利用できるNURO光はコスパのよい光回線といってもよいでしょう。 利用可能エリアが少ないのがデメリット NURO光は全国各地で利用できる光回線ではありません。 2020年7月時点でのNURO光の利用可能なエリアは、全国47都道府県のうち1都2府15県だけです。 北海道• 関東…茨城県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、栃木県• 東海…愛知県、静岡県、岐阜県、三重県• 関西…大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県• 九州…福岡県、佐賀県の一部 上記エリアでも一部利用できない地域もあります。 NURO光への乗り換えを検討している人は、必ず公式ホームページから自分の住んでいる地域が利用可能エリアか調べるようにしましょう。 まとめ:速度重視ならv6プラス対応のプロバイダを選ぶべし 「ドコモ光をとにかく快適な速さで使いたい!」人はv6プラス対応のプロバイダがおすすめです。 v6プラスは直接光回線の通信網にアクセスするため、回線が混雑する心配はありません。 時間帯やエリアに関係なく常に快適な速さでインターネットが使えて便利です。 ドコモ光でv6プラスが使えるプロバイダは2019年6月時点で14社あります。 その中でも一番おすすめなのが。 通信速度が100Mbps以下になったらGMOとくとくポイントを進呈する速度保証サービスや高性能のWi-Fiルーターを無料で使えるからです。 速ければ特にドコモ光でなくてもよい人は、2Gbpsの超高速通信のNURO光も候補に入れてみるとよいでしょう。

次の