デススト 親密度 確認。 施設の親密度

【デススト】依頼一覧|発生時期・詳細【デスストランディング】

デススト 親密度 確認

今回、レポートする範囲はエピソード3の終了まで。 ストーリーの展開やゲームの謎解きなどに関するネタバレは掲載しませんので、ご安心を。 『DEATH STRANDING』は、『メタルギア』シリーズの生みの親として世界中に多くのファンを抱える小島秀夫監督が、新会社・コジマプロダクションを設立して初めて手がけるアクションゲーム。 2016年のElectronic Entertainment Expo(E3)で初披露されてから3年。 その後、秘められていた各種要素やそれぞれの感想についてレポートしていきます。 またプレイを補足する動画も掲載するのであわせてごらんください。 もう1つ。 サムが所属する組織・BRIDGES(ブリッジズ)の長官を務めるダイハードマンの声優が大塚明夫さんで、どうしても某人気キャラクターの雰囲気が感じられるんですよ。 そのため、第一線を退いた彼が、後継者のサムに命令を出しているような……。 そんなことを勝手に妄想しながら楽しんでいました。 そこにアメリの声優で井上喜久子さんも加わってくるから、もう大変! ……と、この先はぜひプレイして確かめてください。 よろめいたときにL2ボタン、R2ボタンを押して踏ん張らないと、転倒してそれらを周囲にぶちまけてしまいます。 主人公が盛大にずっこけるゲームは初体験でしたので、この点には衝撃を受けましたね。 例え荷物が散乱しても、まるで掃除機で吸い取るかのようにテキパキと回収してくれますが、やはり無茶はほどほどに。 どういった方針で進めるかはプレイヤーごとに違ってくるので、このあたりには性格が反映されそうです。 なお、荷物と装備一式は、背中に背負うか、肩や足のハンガーに取り付けるか、手に持つか、などを選択できます。 ゲイザーという空中を浮遊するBTに察知されると、ハンターというBTが現れ、ハンターに引き倒されると中型のBTのもとに連れて行かれます。 BTがいるエリアに近づくと肩に付けているセンサーのオドラデクが自動的に起動するんですが、これがけっこう怖い! BT関連の演出は、コントローラが振動するなどホラーテイストに仕上げられています。 1人プレイだけど1人じゃない! ゆるい繋がりが新鮮 本作は1人用のゲームですが、オンライン(PlayStation Plus未加入でもOK)でプレイすることで他のプレイヤーが操作するサムと繋がり、協力プレイの感覚が擬似的ながら味わえる設計になっています。 DEATH STRANDING コレクターズエディション• メーカー: SIE• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年11月8日• メーカー: SIE• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年11月8日• メーカー: SIE• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年11月8日• メーカー: SIE• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年11月8日• 希望小売価格: 9,612円(税込) DEATH STRANDING(ダウンロード版)• メーカー: SIE• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年11月8日•

次の

デス・ストランディングやりこみまとめのまとめ

デススト 親密度 確認

第1部逃げ込んだ廃屋から外に出た時• 第2部開始直後ドギ• 第2部マクシムと初めての会話• 第2部ペンドルトン商会でキリシャ・カーラと会話• 第2部ストーリー終盤でパークスがダンデリオンメンバーになる• 第2部ストーリー終盤でシャンテがダンデリオンメンバーになる• 第2部ストーリー終盤でユファがダンデリオンメンバーになる• 第3部クエスト「急病の原因」をクリアしてサラディを冒険日誌に登録する• 第3部クエスト「消えた一家の行方」をクリアしてテイトがダンデリオンメンバーになる• 第3部ユファに麦わら帽子をプレゼントする• 第3部空壕跡で鷹がパーティに加わる• 第3部クエスト「囚われたメイドの頼み」をクリアしてシルエットを仲間にする• 第4部キリシャに花の帽子飾りをプレゼントする• 第4部クエスト「とある囚人の脱出」をクリアしてイリスを仲間にする• 第4部テイトに業物のナイフをプレゼントする• 第4部エスタット街道でアネモナが仲間になる• 第5部パークスにマジック用のトランプをプレゼントする• 第5部クエスト「無実の囚人を救え」をクリアしてルシアンを仲間にする• 第5部シルエットにコーヒー豆をプレゼントする• 第6部クレドにおしゃれな眼鏡をプレゼントする• 第6部クエスト「グリア葉巻の調達」をクリアする• 第6部アプリリスに羽根飾りのチャームを渡す• 第6部正門通りでジュールが仲間になる• 第7部アネモナに人形用のティーカップをプレゼントする• 第7部ジュールに《五大竜》の伝承の本をプレゼントする• 第7部ドギにエステリア産のリンゴをプレゼントする• 第7部シャンテに虹光石のピアスをプレゼントする• 第7部ルシアンによく効く軟膏をプレゼントする• 第7部マルゴットに年代物のワインをプレゼントする• 第7部クエスト「伝説の木の実を求めて」クリア後にシルエットと話す• モルビアンに餌付けで8種の食材を渡す• 第8部以降&シルエットの「過去を解き放つ」解放済みでシルエットと話す• 第8部イリスに少女の絵画をプレゼントする• サラディにマンドラゴラの根をプレゼントする• 第8部シエル峡谷道突入前以後、リンゴプレゼント済み以後のイベント• 第8部謎の研究棟でグザヴィエを助ける• 最終幕開始時• 最終幕以降&サラディにマンドラゴラの根をプレゼント済みの状態でサラディと話す• 最終幕以降&8種の食材を渡した状態でモルビアンと話す• 最終幕キリシャと話す• 最終幕イリスと話す• マクシムに極上の燻製肉をプレゼントする• マクシムに極上の燻製肉をプレゼントしたあとに話す• 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」受注以降ジュールと話す• 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」受注以降パークスと話す• 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」クリア後にクレドと話す• 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」クリア後にアネモナと話す• 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」クリア後にマルゴットと話す• 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」クリア後にユファと話す• 最終幕前半3つのクエストをクリアし、ダンデリオンから出た後にアプリリスと話す• 最終幕クエスト「騎士たちの哀歌」クリア後にルシアンと話す• クエスト「一振りの剣」クリア• 怪人 レベル タイミング アドル 1 第2部グリムワルドの夜「農園に這い出す巨蟲」をクリア 2 第4部「満月のグリムワルド」をクリア 3 第6部「満月のグリムワルド、再び」をクリア キリシャ 1 第2部キリシャがアドルの仲間になった時(キリシャの正体がばれた時) 2 第4部キリシャに花の帽子飾りをプレゼントする 3 最終幕キリシャと話す クレド 1 第3部空壕跡でクレドがパーティに加わる 2 第6部クレドにおしゃれな眼鏡をプレゼントする 3 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」クリア後に話す アネモナ 1 第4部エスタット街道でアネモナが仲間になる 2 第7部アネモナに人形用のティーカップをプレゼントする 3 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」クリア後に話す ユファ 1 第2部ストーリー終盤でダンデリオンメンバーになる 2 第3部麦わら帽子をプレゼントする 3 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」クリア後に話す ジュール 1 第6部正門通りでジュールが仲間になる 2 第7部ジュールに《五大竜》の伝承の本をプレゼントする 3 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」受注以降に話す 仲間 レベル タイミング アプリリス 1 第2部グリムワルドの夜「農園に這い出す巨蟲」終了後レベル 2 第6部アプリリスに羽根飾りのチャームを渡す 3 最終幕前半3つのクエストをクリアし、ダンデリオンを出てから話す ドギ 1 第3部開始時(第2部開始直後) 2 第7部ドギにエステリア産のリンゴをプレゼントする 3 第8部シエル峡谷道突入前以後、リンゴプレゼント済み以後のイベント パークス 1 第2部ストーリー終盤でダンデリオンメンバーになる 2 第5部パークスにマジック用のトランプをプレゼントする 3 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」受注以降に話す シャンテ 1 第2部ストーリー終盤でダンデリオンメンバーになる 2 第7部シャンテに虹光石のピアスをプレゼントする 3 第8部以降&「過去を解き放つ」解放済み テイト 1 第3部クエスト「消えた一家の行方」をクリア 2 第4部テイトに業物のナイフをプレゼント 3 伝説の武器を作れるようになってからテイトと話す シルエット 1 第3部クエスト「囚われたメイドの頼み」をクリア 2 第5部シルエットにコーヒー豆をプレゼントする 3 第7部クエスト「伝説の木の実を求めて」クリア後にシルエットと話す イリス 1 第4部クエスト「とある囚人の脱出」をクリア 2 第7部クエスト「イリスの葛藤」クリア(第8部イリスに少女の絵画をプレゼントする) 3 最終幕イリスと話す ルシアン 1 第5部クエスト「無実の囚人を救え」をクリア 2 第7部ルシアンによく効く軟膏をプレゼントする 3 最終幕クエスト「騎士たちの哀歌」クリア後に話す サラディ 1 第5部クエスト「美女に誘われて」をクリア 2 第8部サラディにマンドラゴラの根をプレゼントする 3 最終幕以降&マンドラゴラの根をプレゼント済みの状態でサラディと話す マルゴット 1 第6部クエスト「グリア葉巻の調達」をクリア 2 第7部マルゴットに年代物のワインをプレゼントする 3 最終幕クエスト「ベルガーの依頼」クリア後に話す マクシム 1 第8部クエスト「監獄最深部への潜入」クリア 2 マクシムに極上の燻製肉をプレゼントする 3 極上の燻製肉をプレゼントしたあとにマクシムと話す グザヴィエ 1 最終幕ダンデリオンでグザヴィエと話す[レベル2まで上がる] 2 最終幕ダンデリオンでグザヴィエと話す[レベル2まで上がる] 3 クエスト「一振りの剣」クリア モルビアン 1 モルビアンを仲間にする 2 餌付けで8種の食材を渡す 3 最終幕以降&8種の食材を渡した状態でモルビアンと話す へ戻る.

次の

【デススト】親密度上げ方|メリットについて【デスストランディング】|ゲームエイト

デススト 親密度 確認

どのような設備が共有されるかは、つながったプレイヤー次第。 邪魔であれば撤去することも可能だ。 自分の世界からのみ消えるので、ほかのプレイヤーに迷惑はかからない。 目的地への最短距離を取ろうとすると、道中には、断崖や、崖としか思えないほど勾配が急な坂があることが多い。 深い川もある。 そしてついに目的地にたどり着き、荷物を届ける。 ちょっとした冒険だ。 メインストーリーと関係ない配達依頼は、おそらく数百以上ある。 シティやプレッパーズの住人には親密度が存在し、荷物や落とし物を届けることで上昇。 一定値に達すると、資源を融通してくれることも。 プレッパーズの場合、親密度が最大になると、シェルター内で休めるようになる。 また、道中では自分が設置した梯子やロープの近くに看板を立てるようにした。 険しい道を突き進む物好きの、せめて少しでも助けになるように。 仲間がいたこと、褒められたことがうれしく、自分の設置物と、その近くに再び看板を立てる。 そして、また評価される。 設置物の共有ではなく、プレイヤーどうしの助け合いと賞賛の循環が、ソーシャル・ストランド・システムの真髄なのかもしれない。 BTが出現する)を通ることも多かった。 BTは死体に寄ってくるため、ミュールもそれを恐れてか、殺傷武器を使ってこない。 サムはあくまで配達人であるため戦闘能力はないが、ひとりずつ相手にすれば、一帯の全員を無力化することもできた。 ミュールの拠点のポストには、彼らに奪われたプレイヤーの荷物が入っていることも。 拠点まで持っていけば、持ち主に返すこともできる。 しかし、BTは別だ。 彼らは、時雨が降る場所ならどこにでも際限なく現れる。 座礁地帯をバイク(リバース・トライク)に乗って全速力で突破しようとしたところ、これがうまくいく。 「これは大発見だ」と思ったが、障害物が多いとバイクが失速したり、ゲイザーと接触したりする可能性もあるため、かなり危ない。 私はこの手を試すこと4回目で、ゲイザーと衝突した。 サムと左肩に備わったオドラデクの反応で、ゲイザーの位置、サムとの距離を確かめられる。 気付かれても、息を止め、ゆっくりと移動すれば逃げ切れる。 かわいい。 キャッチャーとの戦闘は、それなりに準備が必要だ。 物語が進むにつれ、サムの血液を武器に転用した血液グレネードやチャージ式対BTハンドガンなどが登場するのだが、キャッチャー自体の体力が多く、長期戦になりやすい。 装備の消耗も激しく、戦っているあいだも時雨は降り続けているため、キャッチャーを倒せても、野晒しの荷物は劣化しきっている。 要は、デメリットのほうが大きい(ただし、キャッチャー撃破の報酬として、各種装備の開発などに必要なカイラル結晶が大量に手に入る)。 ちなみに、キャッチャーと遭遇しても、一定の範囲内から外に出れば戦闘を回避できる。 キャッチャーとの戦いでは、実弾系の武器はあまり効果がなく、血液グレネードを始めとする特殊な武器がなければ話にならない。 しかし、サムとBTのあいだに血液グレネードの炸裂によって発生した霧を挟むことで、弾が霧を通過する際に血が付着するため、大ダメージを与えられるようになる。 このように、難所を構わず進み、迫る敵には一歩も退かぬ精神のせいで、私が動かすサムの配達は、山あり谷あり、ミュール&BTとバトル満載の大冒険で、休憩が欠かせないのである。 プライベート・ルームのシャワー室でサムが済ませたおしっこから何色のEXグレネードが作成されるのか、いつも申し訳ない気持ちで見ている。 本作は、なにかを、誰かに配達することを軸に据えたゲームだ。 ふつうのゲームでは目的のための手段として用意されるようなサブクエストこそが、本作の目的なのだ。 食料や薬品、化粧品に、核爆弾、ビールなど、サムは多くの荷物を背負う。 そして、広大な北米大陸をひとりで横断する。 道中には、ミュールやBTが立ちはだかる。 険しく、辛い。 だが、ソーシャル・ストランド・システムによって、つながった世界中のプレイヤーと助け合うことはできる。 なにより、脅威に怯えて籠もった人たちは荷物を受け取り、サムとプレイヤーに感謝してくれる。 そして、その意味が少しでも深くなるように、私はサムとともに危険な道を拓き、後続を導き、人々に感謝され、達成感に浸る。 私の世界のサムは、ポーターであり、アドベンチャラーなのかもしれない。 配達人兼インフラ整備士兼編集者・北埜トゥーンの場合 ストーリーが進行するメインミッション以外のサブミッションも全部クリアーしたくなる性格の自分にとって、限られた時間で遊び尽くすには効率よく配達を行うことが重要だった(なお、記事執筆時点ではエンディングまでたどり着いたものの、すべてのサブミッションはクリアーできていない)。 しかし、第2章ではバッテリーが切れた状態のリバース・トライク(バイク)を発見したものの、そのときはまだ発電機を建設できず、放置して徒歩で配達を続けているうちに存在を忘れてしまい、かなり後になってから思い出して後悔するというような出来事があった。 国道の復旧には、大量のカイラル結晶や金属、セラミックが必要。 ゲーム序盤は装備品などがまだ揃っておらず、一度に持ち運べる荷物の量も限られるので、素材集めの効率があまりよくない。 そのため、国道の復旧は後回しにするべきかと悩んだが、試しにひとつだけ復旧してみたところ非常に便利そうだったので、配達を中断して、国道の整備を優先することにした。 苦労しながらも3つほど国道を復旧したとき、ふとほかの編集者の画面を見てみると、ほとんどの国道が復旧されていた。 そこで「そんなにも復旧するのはたいへんじゃなかったですか?」と自分が尋ねると、「ひとつだけ復旧したら、残りはほかのサム(オンラインでつながったほかのプレイヤー)が復旧してくれた」と予想外の回答が返ってきた。 しかし、自分の世界は何度確認してみても、みずから素材を運んだところ以外はほとんど復旧されていない(もちろん、国道周辺のカイラル通信をつないで、ほかのプレイヤーと共有される条件は整っていたはず)。 「なんで、自分の世界では、あまり国道が復旧されないんだ?」と少し不満を抱きつつも、諦めてそのまま国道を復旧し続けていた。 そんなあるとき……いままでもらったことのないほどの大量の"いいね"が届いて驚いた。 その瞬間に、小島監督が本誌のインタビュー対して、「間接的なコミュニケーションをいま皆さんに与えることで、思いやりが出てくる」と語っていたことを思い出して、その意味を改めて理解できた気がした。 それからも、引き続き国道の整備を積極的に続けているし、梯子やロープなどを使用する際にも、「ここにあると、自分以外に使う人たちも便利かな?」と他人をつねに意識するようにしている。 ゲームでこんな素敵な体験をしたのは初めてで、ぜひ多くの人に体感してほしい! いかがだっただろうか。 同じゲームを遊んでいたはずなのに、人によって違った楽しみかたや体験をしたことが少しでも伝わっていたら幸いだ。 そして、最後にレビューの内容を凝縮したプレイ動画をお届け。 こちらもぜひ視聴してほしい。

次の