自律 神経 失調 症 薬 市販。 自律神経失調症に効果的な6つの市販薬とは?

自律神経失調症|知りたい!市販薬

自律 神経 失調 症 薬 市販

こんにちは コピペで失礼します。 知恵袋で自律神経失調症の事に悩んでいる人が多い事とても驚いております。 そして、その多さに対して自律神経失調症の知識が少ないと思います。 私も自律神経失調症さらにうつ病で酷く悩んでいた時期がありました。 今は完治しておりますが、以前の私と同じように悩んでいる方のお力になりたく知恵袋で書き込みを続けております。 実は、自律神経失調症は自分が治ったと思えたら、その時点で完治です。 何を言っているか分からないかもしれませんが、そういうものなのです。 自律神経失調症という病気の定義は「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないものと暫定的に定義されている。 」という事です。 簡単に言い換えると、調子の悪さを訴えているが原因が分からない状態です。 だから、調子の悪さを感じなくなれば治った事になります。 これだけ聞くと「思い込んでるだけじゃないか?」とか「精神力が弱いんだ!」とか言われてしまいそうですが、そうではありません。 自律神経失調症で胃の痛さ・吐き気を感じていたとすると、胃の病気と同じくらい、場合によっては胃の病気以上に痛み吐き気を感じる事もあるのです。 さて、突然ですが、結果から書いてしまうと、私は自律神経失調症は整体に通う事で治りました。 これも精神的な病気が、整体のような外からのアプローチで治るわけがないと思われがちなのですが、自律神経失調症は神経の問題であり精神の問題ではありません。 そう、神経の失調症なのです。 胃の痛みは、胃が痛いという感覚を脳が察知して痛みを感じます。 胃が直接痛みを感知するのではなく、痛みの信号が神経を通って脳に伝え、脳が痛いと感知します。 詳しい話は私が通っている整体のお店のブログに書いてあるので参照してください。 (私、こちらのブログ紹介しまくってますが別に業者とか回し者ではありません。 私の独断ですのでお店の方にはご迷惑ならないようお願いしたいと思います。 単純に感謝しており紹介する事で恩返しが出来ればと考えています。 ) 胃が痛い場合、胃のエラー、脳のエラー、そして信号の通り道である神経のエラーも考えられます。 この神経のエラーではないかというのが自律神経失調症です。 そしてエラーの原因は筋肉が硬くなり圧迫される事で正常な循環を妨げてしまっている事によります。 特に全身の神経は、首を通り脳と繋がっているます。 首が硬い・首の凝り等により首の神経を圧迫するという事は、全身の神経系にエラーを起こす可能性があるという事です。 むち打ち症(頚椎捻挫とも言う)が全身の不調を訴える事が多いのも、同じメカニズムのようです。 整体の世界では自律神経失調症や鬱病の人が治ったというのはごく当たり前の事のようです。 医学的に立証されていないという事ですが、人体の事で科学的に立証されていない事なんて沢山あります。 統計的には多数の結果が出ていますし論理的に考えても確かであるでしょう。 一度、整体やマッサージ、鍼灸等に通ってみてはいかがでしょうか。 十年二十年続けてしまった姿勢等の悪い習慣によって首肩の凝りはできてしまっています。 パソコンを長時間同じ姿勢で使うとかスマートフォンの操作に夢中になるとか。 長年かけて作った悪い習慣を改善させるには一回二回で治るものではないでしょうが、私はセルフケアと合わせて5回程通う事でだいぶ変わってきました。 4年以上前の話ですが今でも通っています。 お医者さんの言う事を聞かないというのは問題あると思いますが、薬に頼らないで良くなるにこしたことはありません。 薬というのはカタカナで書くとクスリ、どういう偶然か反対から読むと「リスク」になります。 ご存知かと思いますが、薬は副作用を伴うものですので100%安全とは言えません。 先ほど書いた私の通っている整体のお店のブログにストレッチ等のセルフケアも書いてあるので色々やってみてはいかがでしょうか。 私は、つい先日…心療内科に初めて行って来ました。 ちょっと勇気がいりましたけど… ・・; 汗 夜、中々寝付けなくなり!イライラしたり!落ち込んでみたり!肩凝りもひどく!腰も痛く!汗も大量に出たりし!色々と…これまでに無かった症状が出てきて…仕事もやる気が失せてきて!! そんな事から思いきって!! このままじゃドンドン参っていくから、行ってきました。 すると、処方されたクスリが良かったお陰で!! 今は、だいぶ良いですょ。 寝る前にだけ飲んでますが…ソラナックスと言う薬です。 市販の薬でだと!! 命の母と言う薬が良いと聞きますが…ただ!! すぐに効果を実感出来るものでは無く、漢方系なので…飲み続けて行く内に、いずれ良くなるかも!? と言った薬だそぅです。 病院に行けず…即効性を求めないのなら 命の母が良いのでは!! と思います。 首こりは無視できないと思います。 私は自律神経失調症やうつ病などの気分障害の原因が首こりであると考えている者です。 精神的なストレスは発症のきっかけの1つにすぎず、主因は他にあるという解釈です。 診断自体は異なる病名でしたが、数年前から自律神経失調症の症状でもある、息苦しさ、不安感、集中力低下、思考力低下などに悩まされ、医療機関での投薬治療を進めましたが全く治らず、結局自力で治した経験があります。 当初から幸か不幸か、数多くの体の不調があり、それが全ての解決に導いてくれたと思っています。 原因はまさに「首こり」でした。 正確にはこの首こりの原因も見つけたのでそれが根本原因という事になりますね。 なった方ならイメージしやすいのですが、首こりや肩こり、また首こりによる頭部の緊張というのが精神的ストレスレベルの高まりの要因になってしまい、ちょっとした精神的ストレス(人との会話、満員電車への乗車など)の上昇により発作のようなものが生じるという解釈をしています。 ・顔面と後頭部の痺れ ・顔面の歪みによる笑いにくさ ・唇が歪むような喋りにくさ ・飲み込み辛さ ・喉が押されたような苦しさ ・歯ぎしり ・日中のかみ締め ・食事中の片顎で食べる癖 ・首こり ・肩こり ・腰痛 ・立っていても座っていてもフラフラする感じ ・立っていても座っていても真っ直ぐになっていない感じ ・真っ直ぐ歩きにくい歩行障害 ・息苦しさ ・不安感 ・人と対面したときの著しい緊張感の高まり ・緊張したときの異常な口の渇き ・心臓辺りの痛み ・わき腹の痛み ・目のクマ 寝ても覚めても精神的にも身体的にも辛すぎる日々でしたが、「首こり」を解消したことで全てが好転していきました。 また、この「首こり」にも原因があることを突き止めました。 首こり、肩こりというと、もちろん首や肩をマッサージすると思いますが、そもそも見るべき箇所が違っているという解釈です。 首こりの根本原因については私の知恵ノート ・自律神経失調症の原因 ・慢性的な首こりの原因と首こり解消法 をご覧ください。

次の

自律神経失調症に効く市販薬はドラッグストアで購入できますでしょうか?

自律 神経 失調 症 薬 市販

以下の成分を含みます。 ビタミンB群• ビタミンB1• ビタミンB2• ビタミンB6• ビタミンC• ビタミンE• 滋養強壮の成分• エゾウコギ• オウギ• オキソアミヂン• アミノ酸• L-アルギニン• カフェイン(無水カフェイン)• 当帰は血の巡りを改善する生薬です。 自律神経失調症に対して処方される当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)などの漢方薬にも当帰が含まれています。 不眠に効く漢方薬 自律神経失調症による不眠に適した市販の漢方薬の例として次のものがあります。 抑肝散(ヨクカンサン)• 虚弱体質でいらいらし、怒っりぽいような証に適した薬です。 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)• 比較的体力があり、のぼせ気味でいらいらや頭痛、不安などがあるような証の人に適した薬です。 帰脾湯(キヒトウ)• 虚弱体質で胃腸が弱く、気味であったり不安を伴うような証の人に適した薬です。 酸棗仁湯(サンソウニントウ)• 心身の疲れがあり、不安や神経過敏であるような証の人に適しています。 夜間、目がさえて眠れないなどの中途覚醒にも有効です。 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)• 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)• 更年期障害による自律神経失調症に効く漢方薬 が自律神経失調症を引き起こしている場合に適した漢方薬の例を挙げます。 加味逍遙散(カミショウヨウサン)• 体力が中等度からやや虚弱気味(痩せ気味)で、冷えやすいなどの人に適した漢方薬です。 不眠や不安、抑うつ傾向などの症状を改善します。 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)• 加味逍遙散よりもさらに虚弱気味(痩せ気味)で、疲れやすく冷えやすいなどの証の人に適した漢方薬です。 めまい、脱力感、頭痛、 動悸などの症状に効果が期待できます。 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)• 体質や体格が中等度からやや充実気味(比較的体格ががっしりしているなど)で血色が比較的良く、下腹部の痛みや肩こりなどがある証の人に適しています。 いずれも市販薬として手に入ります。 これらはなどの婦人科疾患にも使われています。 不安症状に効く漢方薬 自律神経失調症で現れやすい不安症状に対して以下の漢方薬が使われています。 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)• 比較的体力があり、動悸、不安やいらいら、耳鳴りなどがあるような証の人に効果が期待できる漢方薬です。 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)• 冷え症があり神経質で、喉に異物感があるような証の人に適した漢方薬です。 不安障害による喉のつかえが原因の、呼吸困難感や窒息感などを改善する効果が期待できます。 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)• 冷え症があり胃腸が虚弱気味な証の人に適した漢方薬です。 めまい感や頭の重さ、頭痛などのある場合に適しています。 桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)• 冷えやお腹の張り、腹痛などを伴うような証の人に適した漢方薬です。 不安障害による腹部の緊張を改善する効果があります。 柴朴湯(サイボクトウ)• 不安や抑うつ、めまいなどに効果が期待できます。 香蘇散(コウソサン)• 不安や不眠、頭痛などに効果が期待できます。 桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)• のぼせてがちな証に適しています。 頭痛、めまい、不安などに効果が期待できます。 いずれも市販薬としても買える薬です。 詳しくは「」で説明しています。 漢方薬の副作用は? 一般に漢方薬は副作用が少ないとされます。 ただし、注意するべき場合もあります。 生薬成分自体が体に合わない場合も非常にまれですが考えられます。 また体質に合わない漢方薬を使った場合や、適正量を超えて使った場合などでは好ましくない作用があらわれることも考えられます。 例えば、元々お腹が緩くなる傾向のある人に対して下剤作用がある大黄(ダイオウ)が入った漢方薬を使った場合などは悪化の恐れがあります。 ほかの例としては、多くの漢方薬に含まれている甘草(カンゾウ)はグリチルリチン酸という成分を含み、による高血圧や筋力低下を引き起こす可能性があります。 自分の体質・症状などをしっかりと薬剤師などの専門家に伝え、適切な漢方薬を使ってください。 心理療法 自律神経失調症の治療には薬なしで治す方法もあります。 次のような心理療法が行われています。 自律訓練法• 自律訓練法は自己暗示をかけることで心と体をリラックスさせ、自律神経失調症を改善します。 臨床心理士などが施術します。 仰向けに寝るか座った状態で、「気持ちがとても落ち着いている」、「右手が重い」、「右手が温かい」などと心のなかで唱えながら、自分に暗示をかけていきます。 認知行動療法• 認知行動療法は、ものごとのとらえ方を変えることで精神的ストレスを少なくし、自律神経失調症を治療します。 臨床心理士などが施術します。 森田療法• 森田療法は、「あるがままの自分を受け入れる」という考え方にもとづいた心理療法です。 バイオフィードバック法• バイオフィードバック法は、自律神経失調症の中でも筋肉の緊張が原因の症状に有効です。 心拍数や血圧などの生体情報を記録して、緊張の度合いが数字として患者本人に見えるようにします。 数字を見ながらリラックスできる方法を探します。 抗不安薬 抗不安薬は不安や緊張の症状を改善する薬です。 主にベンゾジアゼピン系抗不安薬と呼ばれる種類の薬が使われます。 ベンゾジアゼピン系抗不安薬には睡眠を改善する効果もあります。 比較的速やかに効果が現れます。 比較的速やかに効果が現れます。 筋肉のけいれんを和らげる効果もあります。 比較的速やかに効果が現れます。 比較的高い抗不安作用などを持つ薬です。 他の薬との飲み合わせに関して問題が少なく、肝臓に負担がかかりづらいことから高齢者でも服用しやすいとされています。 作用の持続時間が比較的長い薬です。 感情に関係するセロトニンの作用に関わる薬です。 副作用としてまれに吐き気や食欲不振を起こします。 ベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用として、日中の眠気やふらつきなどがあります。 また、ベンゾジアゼピン系抗不安薬には依存性があります。 ベンゾジアゼピン系抗不安薬、タンドスピロンともに、妊娠中には治療上必要な場合に限り使用される薬です。 睡眠薬 自律神経失調症による不眠の症状に睡眠薬が使われます。 不眠の中でも、症状の特徴によって睡眠薬の種類を使い分けます。 睡眠薬は一般にアルコールの影響で作用が強くなってしまう恐れがあり、飲酒に注意が必要です。 超短時間作用型睡眠薬• 寝つきが悪いときに適しています。 日中に効果が残りにくい利点があります。 服用中の飲酒は厳禁です。 短時間作用型睡眠薬• 寝つきが悪いときや、夜中に目が覚めてしまうときに適しています。 中間作用型睡眠薬• 夜中に目が覚めるときに向いています。 翌日の眠気やふらつきに注意が必要です。 長時間作用型睡眠薬• 夜中に目が覚めるときに向いています。 熟眠感が得やすい一方、翌日の眠気やふらつきにも注意が必要です。 抗うつ薬 自律神経失調症によるうつ症状に対して抗うつ薬が有効です。 抗うつ薬の中にも細かい分類があります。 近年ではのどの渇きやなどの副作用が少ない、SSRI、SNRI、NaSSAなどの種類の抗うつ薬が主流になってきています。 SSRI• 副作用に吐き気や、下痢など• SNRI• 副作用に吐き気や、下痢など• NaSSA• 副作用に体重増加(太る)など• 女性ホルモン製剤 特に女性の自律神経失調症で、ホルモンバランスが崩れている場合に、ホルモンを補う治療法があります。 エストロゲン製剤• 妊娠中はエストロゲン製剤は使えません。 黄体ホルモン製剤• エストロゲン・黄体ホルモン配合剤• エストロゲン・黄体ホルモン配合剤は妊娠中には使えません。 経口避妊薬(ピル)もエストロゲン・黄体ホルモン配合剤にあたります。 女性ホルモン製剤の副作用として、ごくまれに 血栓症などを起こします。 信頼関係が一番大切 名医を探すよりも大切なことは医師と患者の間の信頼関係です。 「このお医者さんが言っていることは本当なのかな」と感じてしまうと、生活習慣の改善もなかなかアドバイスどおりにはできません。 心理面や社会面を含めて、患者自身が積極的に治療に関わるためには、確かな信頼関係が必要です。 治療を長く続けるためにも信頼関係が大切です。 自律神経失調症の治療には時間がかかります。 一時的に症状が悪くなることもあります。 しかし、「この医者は自分に合わない」と早々に判断して病院を変えてしまうと、治療はやり直しになってしまいます。 信頼関係を築くためにも時間がかかります。 最初に信頼できそうな医師を見つけて、治療を始めたら根気よく通いながら時間をかけて信頼関係を築くことが、治療効果につながります。 自律神経失調症は何科? 最初に行った病院で自律神経失調症と診断されたら、治療には心療内科がおすすめです。 特に臨床心理士がいて心理療法ができる施設が合っています。 心療内科は自律神経失調症に特有の難しさに対処するのに向いています。 自律神経失調症の診断や治療が難しい理由は、3つあります。 症状が客観的に伝わりにくい• めまいや頭痛、手足のしびれ、息苦しさなどの症状は主観的です。 採血や CT、 MRIなどの検査では異常が見つかりません。 症状や治療経過の個人差がとても大きい• 症状にも、治療に対する効果にも個人差が大きいので、柔軟な対応が要求されます。 原因にも症状にも、体と心の両方が密接に関係している• 内科や脳神経外科など、ほとんどの診療科は体を治すのが得意です。 一方で、精神かは精神面に特化しています。 しかし、両方を同時に扱うのが得意な診療科は多くありません。 心療内科は、身体的ストレスと精神的ストレスの両方に対処します。 自律神経失調症の診断と治療に適していると言えます。 ただし、診断の段階では自律神経失調症に似たほかの病気もチェックする必要があります。 明らかな体の異常を感じるときは一般内科、心や気分の症状があるときは精神科、めまい・耳鳴りの症状があるときは耳鼻咽喉科が向いています。 自律神経失調症になったら職場や上司に知らせるべき? 自律神経失調症で仕事の悩みができたら、できるだけ上司や同僚、または職場の産業医で相談できる人を探してください。 会社や職場にサポートしてもらうことはとても大切です。 次に当てはまるときは危険なサインです。 症状のせいで仕事が期限どおりにできない• 症状が強い日には仕事に行けず休む• 働いているときに立ちくらみで倒れてしまう• 症状のせいで仕事に支障がある すでに病院で自律神経失調症と診断されていれば、治療をうまく進めるためにもやはり職場に伝えるのがベストです。 自律神経失調症の症状は、 がんやに比べると個人差が大きく、主観的です。 人に伝えるのが難しいと感じることや、相談していいのか迷うこともあります。 職場や上司の雰囲気によって相談しにくい場合もあるはずです。 悩むところですが、誰か相談できる人を見つけることで状況が変わります。 産業医は職場に関係する悩みを聞くための医師です。 秘密を守る義務もあります。 仕事の妨げになるような症状が出ていれば、長期的に隠し通すのは難しいでしょう。 治療のためには、上司に相談して休みを取ったり、休みやすいポジションに異動してもらうことも大切です。 上司の勧めで病院を受診して診断がつく人も、上司の勧めで休んで心が楽になる人もいます。 世の中全体としても以前よりは自律神経失調症のような病気の理解が広まってきています。 社会全体が困っている人と協調する方向に進みつつあります。 職場や上司に自律神経失調症をもっと理解してもらうために、このサイトもぜひ利用してください。 自律神経失調症で休職や退職はするべき? 休職や退職で自律神経失調症が良くなって復帰する人もいます。 休んで治療に専念したほうが効果が出そうかどうか、医師と相談してみてください。 自律神経失調症の大きな原因として、ストレスがあります。 仕事や職場が原因となることもよくあります。 避けられないストレスがある場合には、薬物療法や心理療法だけではなかなか十分な効果が得られません。 仕事を続けながら苦労して治療するよりは、いったん休んで治療に専念するほうがいい人もいます。 自律神経失調症になる人は熱心で真面目な人が多いです。 仕事に打ち込んでいる人ほど、休職や退職にはためらいを感じてしまいます。 しかし、休むのも治療の一環です。 上司から休職を提案されて、実際に休んで復帰する人もいます。

次の

自律神経失調症を改善させるお薬にはどのようなものがあるのか

自律 神経 失調 症 薬 市販

自律神経の乱れ 最近、なんだか疲れる、疲れが取れない、だるい、、、などありませんか? 夏バテかな?生理前かな?風邪気味かな? 特にこれといった原因は分からない、なぜだろう? こういう場合、 自律神経の乱れが原因になっている可能性が高いです。 自律神経の乱れ、、、。 聞きなれない人にとっては、えっ!?自律神経!?と思うでしょう。 自律神経について 自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立っています。 自律神経は、とても重要な働きをしています。 朝も昼も夜も、生きている間ずっと働いています。 私たちが生きていくために重要な心臓の動き、食べ物の消化や吸収、汗や体温、瞳孔などの調整を24時間365日につかさどっています。 そして、自律神経は、シーソーのような関係にあり、一方が働いていると、もう一方は休んでいる状態になります。 交感神経とは 交感神経とは、別名、活動神経とも呼ばれています。 交感神経は、• 活動しているとき• 興奮しているとき• 緊張しているとき• ストレスを感じているとき などに働いています。 交感神経は、主に活動しているときや緊張しているときに優位に働いているのですが、感情面であるストレスを強く感じている時にも働きが活発になります。 前述したように、ストレス社会に暮らしている私たちは交感神経が優位になりがちです。 そして、体調を崩している人が多いのです。 休む暇なく忙しいことは、時には良いですが、体も心もいつか疲労してしまいます。 副交感神経とは 副交感神経とは、別名リラックス神経とも呼ばれています。 副交感神経は、• 休息しているとき• 回復しているとき• 睡眠中• リラックスを感じているとき などに優位に働いています。 副交感神経は、主に休息しているときや睡眠中などに働くほか、リラックスしているときにも活発に働いています。 ストレス過多で、体調不良を感じている人は、リラックスタイムを多く作るように意識しましょう。 副交感神経を優位にすることで、徐々に、自律神経のバランスを整えることが出来ます。 自律神経の乱れを整えるとは、交感神経と副交感神経のバランスの乱れを整えていくことになります。 症状は、乱れを整えない限り、そのまま継続するか、さらに悪化してしまいます。 症状の改善のためにも、乱れを整えていきましょう。 自律神経失調症とは 自律神経の乱れから、さまざまな症状が起きてくることを、自律神経失調症と呼びます。 乱れから出てくる症状も、人それぞれです。 例えば、眠れない、イライラする、頭痛、頭重感、動悸、胸部圧迫感、めまい、たちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動、息苦しい、息の詰まり感、息切れ、食道のつかえ感、吐き気、腹部膨満感、胃の不快感、便秘、ガスがたまる、下痢、手のしびれ、手が冷えるなど。 このような症状は、程度が軽ければ、病院に行くまでもなく様子をみようかな?とも思います。 風邪やインフルエンザなどのように高熱が出たり、頭痛がひどかったり、咳や鼻水が止まらなかったりすると、病院に行こうと真っ先に思うでしょうが。 しかし、上記のような症状であっても、本人は万全ではない体調に不快感を感じていることが多いのです。 それはそうですね、なんだか調子が悪いっていうのは、身体が疲れている証拠でもあります。 大きな病気にならないように、または、ばったり、ぐったりとダウンしてしまわないように身体が何かしらのサインを出してくれているのです。 何か調子がおかしいと感じるときは早めに帰って、休息するなどして身体をいたわってあげましょう。 それでも、仕事や家事が忙しい人は、なかなか休めないのが現実だと思います。 すると、自律神経の乱れはもっと大きくなり、症状も強度や時間が増したりします。 自律神経の 乱れを整える薬を、飲めば良いんじゃないの?という声もあります。 薬と聞くと、怖いイメージを持つ人から、安心する人から色々です。 薬を嫌いな人は、多少調子が悪くても飲まない人もいます。 医師に処方されても飲まない人もいます。 反対に、薬、大好きという人もいます。 こちらのタイプの人は少し体調が悪かったら、すぐに薬を飲みます。 また、予防のために事前に、薬を飲んだりする人もいます。 いうことで、薬の好き好きは人によって異なります。 あなたは、薬好きですか? 便利なことに、自律神経の乱れを整える作用のある市販薬があります。 自律神経失調症に効果がある市販の薬 今は、薬局にいくと手軽に市販の薬を買うことが出来ます。 種類は限られますが、市販の薬はインターネットでも簡単に買えますね。 病院に行く時間がない人、病院に行きたくない人などにとっては、市販の薬は強い味方です。 まず、はじめに言いますが、自律神経失調症を治す特効薬みたいな薬はありません。 ここは、重要なので覚えておきましょう。 間接的に働くとイメージしましょう。 しかし、自律神経失調症の不眠に対する睡眠補助薬や頭痛に対する鎮痛薬、便秘や下痢に対する整腸剤などは、市販の薬としてもたくさんあります。 ホルモンのバランスを乱れを整える作用のある漢方薬なども市販の薬としてあります。 インターネットは24時間、買えますし、薬局でも遅くまで営業されているところが多く、市販の薬を買うのに、そう苦労しません。 コンビニにも市販の薬があるかと思います。 大変、便利になりました。 薬局などで買えます。 睡眠の質を高めて、自律神経の乱れを整える効果が期待できます。 しばらく様子をみて試してみるのも良いですが、市販の薬には限界があります。 明らかな睡眠障害に、市販の薬は適していません。 市販の薬は、比較的軽度な不眠に適しています。 市販の薬を数日服用しても、なかなか不眠の症状が改善しないときは、病院に行きましょう。 自律神経失調症に適したビタミン剤、市販薬 適切な量のビタミン摂取は、自律神経失調症の予防だけではなく、健康を維持増進する上でも大切です。 またビタミン不足は、自律神経の乱れに影響を与えます。 少しビタミンについて見ていきましょう。 ビタミンB1 ビタミンB1は体内のエネルギー産生を助ける働きがあります。 疲労の蓄積を防ぐ効果などが期待されています。 ビタミンB6 ビタミンB6は、たんぱく質の代謝などに関係しています。 さまざまな脳内物質は、たんぱく質が元となっているため、ビタミンB6が不足すると不眠や神経過敏、手足のしびれなどの症状が出てきます。 ビタミンB12 ビタミンB12は、神経細胞の修復やたんぱく質合成を助ける働きがあります。 手足のしびれや痛みを改善したり、精神状態を安定させたり、集中力を高める効果なども期待されています。 ビタミンC ビタミンCは、有名ですね。 ビタミンCは、肝臓での解毒作用などに関わっています。 肌、皮膚のハリを維持するコラーゲンの生成にも関わります。 ビタミンE ビタミンEは、血液の流れを良くする、血液循環の改善などが期待できます。 ビタミンB6、ビタミンB1、パントテン酸など ビタミンB6は神経機能の維持を助けます。 ビタミンB1やパントテン酸は、体内のエネルギー産生や代謝などに関わる成分になり、肉体疲労やストレスなどを改善します。 そのほか、ビタミンAなども、自律神経系の乱れの調整に関わるとされています。 自律神経を改善する成分が含まれる市販の薬 市販の薬にもいろいろありますが、自律神経の乱れを整える成分を含む市販の薬は、「アリナミンEXプラス」です。 一度は、「目の疲れ、肩こり、腰の痛みに、アリナミンEX」このフレーズ、どこかで耳にしたことがあると思います。 病院で処方される薬に含まれる成分と同じ成分の薬を、市販の薬で手に入れることが出来るのは大変、有難い話です。 以下の成分が含まれています。 ビタミンB1• ビタミンB6• ビタミンB12• パントテン酸カルシウム• ビタミンE• ガンマオリザノール これらの有効成分のはたらきによって、肉体疲労、目の疲れ、筋肉痛、神経痛、手足のしびれなどを改善する効果が期待できます。 聞き慣れないのが、ガンマオリザノール。 ガンマオリザノールは、米の胚芽や米ぬかに多く含まれるポリフェノールの一種です。 体内で作られるノルアドレナリンの働きを高め、自律神経を刺激することにより不安感や抑うつ、耳鳴りなどの症状を改善します。 市販の薬の注意! ここで大事なことです。 市販の薬の服用にあたっては、注意が必要です。 市販といえど、薬は薬ですので、副作用や禁忌などもあります。 市販に薬にも、決められた用量がありますので、しっかり守りましょう。 心配な方は、購入前に薬剤師に相談しましょう。 市販の 薬を上手に使って、自律神経の乱れを整えて健康的に過ごしていきましょう! こちらの記事もご覧下さい!.

次の