ご了承いただきたく存じます。 「ご了承いただきたく存じます」意味と使い方・ビジネスメール例文

「ご了承いただきたく存じます」意味と使い方・ビジネスメール例文

ご了承いただきたく存じます

ご了承 / 「聞き入れてもらう」または「認めてもらう」ときに使用する敬語。 類語に「ご承知」「ご了解」「ご容赦」などがある。 誠に勝手ながら来る1月1日から1月4日までを年末年始のお休みとさせていただきますので、何とぞご了承ください。 12月30日から1月4日まで、年末年始休業とさせていただきます。 ご迷惑をおかけすることと存じますが、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます• 2週間のご猶予をいただけませんでしょうか。 ご無理を申し上げますが、なにとぞ事情をおくみ取りいただきご了承くださいますようお願い申し上げます• 皆様には大変ご不便をお掛けいたしますが、何とぞご承知くださいますようお願い申し上げます• 貴社におかれましても、いろいろなご事情がおありと存じますが、何とぞご了承いただきたくお願い申し上げます。 11月5日までにお支払いなき場合は、遺憾ながら相応の手段をとらせていただきますので、ご承知おきください。 7月以降でしたら参加できますが、今月は貴意に添い兼ねますので、事情をご賢察のうえ、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます• 勝手ながら来る3月10日は、臨時休業とさせていただきます。 ご迷惑かと存じますが、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。 なお、弊社の仕事始めは1月5日からとなります。 なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。 今回の貴兄のご要望には添いかねますこと、何とぞ悪しからずご了承ください。 応募者多数のため貴意に添いかねることになりました。 何とぞ、悪しからずご了承ください• の際は、遺憾ながら相応の手段をとらせていただきますので、ご了承ください• 折角ながら今回はお断わりさせていただきます。 何とぞご了承のほどお願い申し上げます。

次の

「させていただきたく存じます」意味と使い方・敬語|メール

ご了承いただきたく存じます

日本語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語など、さまざまな言い回しがあり、立場に応じて使い分けていかなくてはなりません。 しかし、上下の関係に不慣れな若いうちは、そうした言葉遣いが苦手な人もいます。 ここでは、「ご了承いただき~」という言い回しの、意味や使い方についてご紹介していきます。 了承の読み方は? 了承の読み方は「りょうしょう」です。 了承の意味は? 了承の意味は、「相手の申し出や事情などを納得して承知すること」です。 一般的には、目下の人が、目上の人から承諾を得る場合に用いる言葉です。 そのため、自分自身が誰かに承諾の意思を伝える時は「了承しました」とは言いません。 自分が目上の人に対して承諾の意思を伝える場合は「承知いたしました」「承りました」「かしこまりました」などが一般的ですし、それほど丁寧でない言い回しの場合は「分かりました」「了解しました」と言うことなどもあります。 「ご了承いただき~」の意味と使い方は? 「ご了承いただき」、は「目上の人から承諾していただき」という意味です。 「ご了承いただき~」の例文にはどんなものがある? 「ご了承いただきたく存じます」はどんな時に使う? 「ご了承頂きたく存じます」は、お客様や上司、目上の人に向かって了承を得たい場合に使用します。 例えば、受注した商品の納期が発注から一か月必要な場合です。 それをあらかじめ、顧客にも納得してもらわなくてはなりません。 その際、 「ご注文いただきました商品の納期は、ご発注から1ヶ月後となります。 その旨、あらかじめご了承いただきたく存じます」 という使い方をします。 「ご了承いただきありがとうございます」はどんな時に使う? 「ご了承いただきありがとうございます」は、自分が同意していただきたい内容に、お客様や上司、目上の人から同意していただけた場合などに使用します。 例えば、商品の納品までに一か月の納期がかかるということに対して、顧客が同意してくれた時などに、 「納期の件、ご了承いただきありがとうございます」 といった使い方をします。 「ご了承いただき~」の類語・同義語は? 【シチュエーション1】 顧客に納期の延長を願い出て、それが承認された。 先輩「君、このお客様の納期、当初予定していた月末から翌月の5日に変更されているが、これはお客様からご了承を得ているのか」 後輩「はい。 お客さまに事情を説明して、ご了承いただきました。 課長にも報告済みです。 気に掛けていただき、ありがとうございます」 【シチュエーション2】 前日、深夜まで残業していたため、翌日は午後からの出社が認められた。 先輩「どうしたの、遅刻?」 後輩「昨日深夜まで残業だったので、今日は午後からの出勤になりました。 」 先輩「上司の許可は得たの?」 後輩「はい。 部長にご了承いただきました」 目上の人に「ご了承いただき~」と使うのは失礼なの? よくある謙譲語の誤用 シチュエーション1 別の担当者が一度説明したことを改めて説明する時 誤用: 「既に別の担当者から伺っていただいていると思いますが」 「伺う」は謙譲語。 正用: 「既に別の担当者からお聞きいただいていると思いますが」「既に別の担当者からもご説明申し上げたとおり」 シチュエーション2 顧客に資料を見せる時 誤用: 「まずは、こちらの資料を拝見していただきたいのですが」 拝見は謙譲語。 正用: 「まずは、こちらの資料をご覧頂きたいのですが」 社会人1年生2年生と言った新人さんだけでなく、既に20代後半に差し掛かった中堅どころのビジネスパーソンの中にも、こうした言い回しをする人は実在します。 こうした間違いは、社外の人はなかなか正してくれません。 社内で上司や先輩にあたる人が、しっかりと教育してあげる必要があるでしょう。 ビジネスで「ご了承いただき~」を使う際の注意点は? 「了承を得る」ということと、「お伺いを立てる」ということは、似ているようで実際のニュアンスはかなり異なります。 ビジネスで「ご了承いただき~」という言葉を使う際は、ここを混同してしまわないよう、注意することが必要です。 確かに、有給休暇の取得は社員の権利です。 しかし、休暇を取得する時期については、それが事業に影響を与える時期である場合、上司は休暇の日程を変更する権限を持っています。 つまり、休暇が希望の日程で許可されるとは限りません。 にもかかわらず、勝手に自分が指定した日程で休暇の取得を了承していただきたい、というのは、話の進め方としては少し勇み足と言わざるを得ません。 ご了承いただきを使ったほうが良い場合 前章のパターンとは逆に、了承を得ておかなければならない場面で、お伺いを立てる形で話を進めてしまうと、ややこしいことになってしまうケースがあります。 例えば、最低限の納期や価格、契約条件など、契約を結ぶ上で変えることのできない要素は、「この条件で良いでしょうか?」とお伺いをたてる形ではなく、「このような条件になりますので、あらかじめご了承いただきたく、お願い申し上げます」といった表現が適切でしょう。 メールで「ご了承いただき~」を使う際の注意点は? 「ご了承いただき~」という文言をメールで使う場合も、基本的な使い方は変わりません。 ただ、言葉で話す時と文字に起こした時では、文字の方がキツく感じる、というのはよくあることです。 ただ、書いている時にはそれになかなか気づくことができませんので、自分が書いた文章が、相手にきつい印象を与えないか、失礼な点がないかなどをチェックしたい場合は、文章を書き上げた後、少し時間をおいてから再度読み返す、という方法がおすすめです。 尊敬語・謙譲語をスマートい使いこなせるビジネスパーソンはカッコイイ!.

次の

鰻のひろ瀬

ご了承いただきたく存じます

この記事の目次• 「ご承諾いただきたく存じます」の意味・敬語 「ご承諾いただきたく存じます」は「(要望などを)受け入れてもらいたいと思います」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご承諾の意味は(要望・要求・意見などを)受け入れること 「ご承諾」のそもそもの意味は「相手の意見・希望・要求などを聞いて、受け入れること」 たとえば、 【例文】メーカー側の承諾を得る 【例文】仕様の変更を承諾する のようにして使います。 もとになる語「承諾」に尊敬語or謙譲語「お(ご)」で「ご承諾」という敬語にしています。 「自分がご承諾する」のであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの「相手がご承諾くださる」のであれば尊敬語としての使い方。 「お(ご)」は尊敬語と謙譲語の使い方があり、ややこしい敬語です。 敬語は以下のとおりに使用しています• 「もらう」の謙譲語「いただく(頂く)」• さらに願望の「~したい」で「いただきたい」• さらに「思う」の謙譲語「存じる」で「いただきたく存じる」• +丁寧語「ます」で 「いただきたく存じます」 これらをあわせると意味は「~してもらいたいと思う」と解釈できます。 ちなみに「頂きたく存じます」というように漢字をもちいても、「いただきたく存じます」というように平仮名をもちいてもOK。 ご承諾いただきたく存じます の意味は「(要望などを)受け入れてもらいたいと思います」 これまでの解説から「ご承諾いただきたく存じます」の意味は… 「(要望などを)受け入れてもらいたいと思います」 というように解釈できます。 ここで使う謙譲語「お(ご)~いただく」は「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのように、ビジネスシーンでよく使われます。 覚えておくと本当に役立ちます。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがちですのでご注意を。 「(要望などを)受け入れてほしい!」と覚えておけばよい 「ご承諾」「いただきたく」「存じます」などという堅苦しい敬語をつかっていますが… ようは「(要望などを)受け入れてほしい!!」という意味です。 「(要望などを)受け入れてほしい!」をすご~く丁寧にした敬語が「ご承諾いただきたく存じます」なのですね。 「ご承諾いただきたく存じます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご承諾いただきたく存じます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる語 「承諾」• さらに願望の「~したい」で 「ご承諾いただきたい」• さらに「思う」の謙譲語「存じる」で 「 ご承諾いただきたく存じる」• +丁寧語「ます」で 「 ご承諾いただきたく存じます」 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「承諾」に謙譲語「お・ご」で 「ご承諾」• さらに「もらう」の謙譲語「いただく」をくっつけて 「ご承諾いただく」• さらに願望の「~したい」で 「ご承諾いただきたい」• さらに「思う」の謙譲語「存じる」で 「ご承諾いただきたく存じる」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ただし謙譲語にも「お・ご」を使い始めると文章が「お・ご」だらけになって読みにくくなります。 文章のバランスを考えて使い分けしましょう。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 「ご承諾いただきたく存じます」使い方・ビジネスメール例文 つづいて「ご承諾いただきたく存じます」の使い方をビジネスメール例文でご紹介します。 文字どおり目上や上司・社外取引先に「(要望などを)受け入れてほしい」と言いたいときに使えます。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズにしていますのでご参考にどうぞ。 転職・ノマドでございます。 昨今の原材料価格高騰およびユーティリティーコストの上昇がおもな背景となっております。 つきまして、貴社にてご使用いただいております「製品名:エチレンAB」につきましても下記のとおり価格を改定させていただきたく存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 まぁようするに「(要望などを)受け入れてほしい!」というシーンであればたいていは使えます。 転職・ノマドでございます。 このたび、弊社では製品規格のグローバル統一化をめざし、iPhone10における製品仕様を下記のとおり変更いたしたく存じます。 以上 ご不明な点等ございましたら何なりとお申し付けください。 突然のお願いにて大変恐れ入りますが、 どうか ご承諾いただきたく存じます。 よろしくお願い申し上げます。 こんな感じでビジネスメールに使うと丁寧ですね。 まぁようするに「(要望などを)受け入れてほしい!」というシーンであればたいていは使えます。 前置きに気づかいのフレーズを! ビジネスメールの結び締めを丁寧にするためのコツ。 前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますが、ご承諾~」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご承諾~」 「たびたび恐縮ではございますが、ご承諾〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますが、ご承諾〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご承諾〜」 「たびたび恐れ入りますが、ご承諾〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますが、ご承諾〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますが、ご承諾〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますが、ご承諾〜」 「ご承諾 vs ご了承」違い ここで少し横道にそれます。 「 ご承諾いただきたく存じます」と似たような表現には 「 ご了承いただきたく存じます」があります。 「 承諾」の意味は… 相手の意見・希望・要求などを聞いて、受け入れること 【例】メーカー側の承諾を得る 【例】仕様の変更を承諾する• 「 了承」の意味は… 事情をくんで納得すること。 承知すること。 【例】メーカー側の了承を得る 【例】仕様の変更を了承する ということで、 どちらもほとんど同じ意味であり、似たような使い方をします。 「ご了承・ご承諾いただきたく存じます」はどちらも同じ意味 で結局のところ… 「ご了承いただきたく存じます」vs「ご承諾いただきたく存じます」はどちらもほとんど同じ意味であり、使い方もほぼ一緒です。 ビジネスシーンで使い分けする必要はないと思いますね。 どちらかお好みのほうをお使いください。 「ご承諾」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご承諾いただきたく存じます」だけでなく、いろいろ使える「ご承諾」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 すでに登場した例文もありますが、いちおう全てをまとめておきます。 自分が「承諾する」ときに使える敬語 「ご承諾いただきたく存じます」だけじゃない「ご承諾」の使い方 自分が「(要望などを)受け入れます!」と言いたいときには…• ここで(ご・お)というように( )書きにしているのは、あってもなくても敬語としては丁寧だからです。 ちなみに敬語「ご承諾いたします」は自分が「(要望などを)受け入れる」ときにつかいます。 相手に「(要望などを)受け入れてもらう」としたいときには… 「ご承諾いただく=(要望などを)受け入れてもらう」 「ご承諾くださる=(要望などを)受け入れてくれる」 という敬語をつかいます。 依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご承諾」 ビジネスシーンにふさわしい「ご承諾」の使い方 何かしら目上や上司・取引先に「(要望などを)受け入れてほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 たとえば、• 例文「 ご承諾くださいますようお願い申し上げます」 意味は「(要望などを)受け入れてくれるようお願いします」• 例文「 ご承諾をお願い致します」 意味は「(要望などを)受け入れてほしい、お願いします」• 例文「 ご承諾いただきますようお願い申し上げます」 意味は「(要望などを)受け入れてもらうようお願いします」• 例文「 ご承諾賜りますようお願い申し上げます」 意味は「(要望などを)受け入れてもらうようお願いします」• 例文「 ご承諾の程お願い申し上げます」 意味は「(要望などを)受け入れてくれるよう、お願いします」• 例文「 ご承諾いただければ幸いです」 意味は「(要望などを)受け入れてもらえたら嬉しいです」• 例文「 ご承諾いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「(要望などを)受け入れてもらいたいと思います」• 例文「 ご承諾いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「(要望などを)受け入れてもらえたらと思います」 のようにお願いすると丁寧です。 「ご承諾いただければ幸いです」「ご承諾賜りますようお願い申し上げます」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするに「(要望などを)受け入れてね!よろしく」という意味なのです。 お礼メールに使う「ご承諾」 ビジネスシーンにふさわしい「ご承諾」の使い方 あとは何かしらに(要望などを)受け入れてもらったときの、お礼ビジネスメールにも使えます。 たとえば、• 例文「 ご承諾ありがとうございます」 例文「 ご承諾いただきありがとうございます」 例文「 ご承諾いただきましてありがとうございました」 例文「 ご承諾賜りましてありがとうございました」 例文「 ご承諾くださいましてありがとうございました」 のようにビジネスメール書き出しの挨拶にお礼として使うと丁寧です。 まぁ、ようするに「(要望などを)受け入れてくれてありがとう!」という意味なのです。 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご承諾くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご承諾くださいますよう お願いいたします」「ご承諾くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご承諾くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 ほかにも色々ある「ご承諾」の例文 敬語の種類というのは本当にいろいろあります。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。

次の