五苓散 低気圧頭痛。 気象病・天気痛、低気圧や台風で起こる頭痛の漢方薬とは

ロート キアガード

五苓散 低気圧頭痛

このように、気圧や湿度の変化でおこる頭痛に長年悩んでおられる方でも、こちらからお天気との関係をお尋ねして初めて自分の頭痛が「天気頭痛」かもしれない、といわれる方もおられます。 このような場合、診断の手助けとして、気圧予測アプリなどを利用してご自分の頭痛と気圧の関係を知ることもよいかもしれません。 また、五苓散という漢方薬は、天気頭痛にシャープに効く薬ですので、おかしいな、と思ったときに五苓散を服用してみて頭痛がおさまるかどうかをみる、いわゆる、診断的治療も有効です。 もちろん、天気頭痛以外にも、頭痛にはさまざまな原因があります。 稀ではありますが、脳の器質的疾患(脳動脈瘤や脳腫瘍)が原因になっているケースもありますので、頭痛が続く、あるいは徐々に痛みの程度や頻度が増してきた、というような場合は、一度受診して相談してください。 次の人は服用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。 1 医師の治療を受けている人• 2 妊婦又は妊娠していると思われる人• 3 今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人• 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、製品外箱を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。 関係部位 症状 皮ふ 発疹・発赤、かゆみ• 1ヵ月位 急性胃腸炎、二日酔に服用する場合には5~6回、水様性下痢、暑気あたりに服用する場合には5~6日間 服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、製品外箱を持って、薬剤師又は登録販売者に相談すること。

次の

低気圧による頭痛の9割は「五苓散」で改善可能!なぜ効くのか検証してみた

五苓散 低気圧頭痛

梅雨が本格化し、今日の福島は雨が強く降ってきています。 そんな風に雨が降ると、決まって体調不良が起こるという方がいます。 雨になると頭痛が起こるとか、関節が痛いとか、リウマチが悪化するとか…。 中には天気予報で明日雨が降るというニュースを見ただけで頭痛が起こる方もいます。 そういった天気が悪くなると悪化する症状のことを「気象病」といい、最近では気圧の変化が原因ではないかとみられています。 気圧の変化によって頭痛・肩こり・腰痛・リウマチ・めまい・神経痛・吐き気などが引き起こされるのです。 それら気象病には非常に効果的と言われている漢方薬があります。 五苓散です。 五苓散は水分代謝を改善し、体の水分バランスを整える働きがあります。 その働きが低気圧時の体調不良に効果を発揮すると考えられています。 五苓散はその他にも、物凄く色々な症状に効果を発揮してくれます。 二日酔いや暑気あたり、胃腸炎、むくみ等々・・・。 飯坂薬局では五苓散を1袋ずつバラ売りもしています。 お得な12包、すごくお得な180包でも販売しています。 一家にひとつ、五苓散! おすすめです!.

次の

低気圧頭痛の対処法とオススメの食品!

五苓散 低気圧頭痛

雨や荒天の日に頭痛を起こす低気圧頭痛の治療には、漢方薬を用いることもあります。 その代表的なものが「五苓散(ごれいさん)」です。 五苓散とは、どんな漢方薬でしょうか?基礎知識をまとめました。 五苓散の組成 五苓散は、茯苓(サルノコシカケ科)・沢瀉(オモダカ科)・蒼朮(キク科ホソバオケラの根茎)または白朮(オケラなどの根茎)・猪苓(チョレイマイタケ)・桂枝(クスノキ科のケイの若枝や樹皮)の5つの生薬で構成されています。 どんな人に処方されるか 漢方医学で「水毒」の状態にある人に処方されます。 水毒は水分循環が悪く、体内に水分が停滞している状態です。 頭痛のほかにも冷え、むくみ、アトピー・鼻炎をもたらすといわれます。 効果・低気圧頭痛との関連 沢瀉・茯苓・猪苓には利尿作用があり、体内の余分な水分を排出します。 蒼朮(白朮)は胃腸機能を調整し、桂枝は血行を促進して体を温め、水分循環を改善します。 低気圧が近づく雨の日には、湿度が上昇して体内の水分を排出する機能が低下するといわれます。 排出されない水分によってむくみが起こり、その部位が脳であれば低気圧頭痛に至ります。 五苓散によって水分循環が改善されて水分が排出されれば、むくみが解消して低気圧頭痛も緩和されます。 低気圧頭痛には冷えなども関係しているので、血行促進効果がある五苓散は、その点でも有効でしょう。 副作用・注意 五苓散の副作用は、胃の不快感や軽い吐き気が主なものです。 発疹・発赤・かゆみなどの皮膚症状が生じるケースもあるでしょう。 全身症状としては、倦怠感があります。 これらの症状が現れたら、服用をやめて受診してください。 肝臓や腎臓に持病がある人は、服用前に医師に相談しましょう。 水分循環を改善して低気圧頭痛に効果を発揮する五苓散の服用は、ほかの薬との飲み合わせも考えて医師に相談してからが安心です。 低気圧頭痛の人に多い「痰濁中阻証」と有効な漢方薬について 漢方医学では、痰濁中阻証という体質の人に低気圧頭痛が起こりやすいといわれます。 痰濁中阻証はどんなタイプの人が当てはまるのか、有効な漢方薬とともに説明します。 痰濁中阻証の特徴 いわゆる「水太り」のタイプが痰濁中阻証には多いでしょう。 生野菜や生ものを好んで食べ、冷たいビールやジュースなどをたくさん飲む傾向にあるようです。 低気圧が近づき、湿度が高くなると頭に水が溜まったような重さを感じ、圧迫感をともなう頭痛を生じます。 頭痛だけではなく、胸苦しさや吐き気を感じやすい人もいます。 むくみ、下痢、めまいを改善します。 ・半夏白朮天麻湯 消化機能が弱く、めまいや吐き気、耳鳴りをともなう頭痛に有効です。 自律神経を整えるはたらきもあります。 下痢や腹痛に用います。 水分循環を良くすることで頭痛やめまいを緩和するはたらきがあります。 日ごろからこれらの漢方薬を服用すると体質改善の効果が得られ、低気圧頭痛が起こりにくくなるかもしれません。 注意 体質改善が目的の場合、服用が長期間にわたります。 持病や常用している薬との飲み合わせも考慮してください。 自己判断で漢方薬を組み合わせて使用せず、医師や薬剤師の指示を守って服用しましょう。 低気圧頭痛は痰濁中阻証以外にも、複数のタイプが重なって発症するケースがほとんどです。 ほかの漢方薬も含めて検討し、自分の体質に合ったものを選んでください。 漢方薬でまれに副作用が起こることもあります。 異変を感じたら服用をやめて病院へ行ってください。 低気圧頭痛の対処法~鎮痛薬がわりになる?ハーブティーの効能とオススメのハーブ 低気圧頭痛を起こしやすい人は、梅雨や台風のシーズンが憂うつですね。 頻繁に頭痛が起こる場合、そのたびに鎮痛薬を服用するのがためらわれるかもしれません。 穏やかに作用するハーブを利用すれば、少しでも快適に過ごせるでしょう。 気圧の変化によって脳血管が縮小・拡張して、血流や脳圧に変化が生じると低気圧頭痛が起こるといわれます。 鎮静効果が高いハーブが有効です。 低気圧頭痛は、片頭痛と同じようなメカニズムで生じるので、フィーバーヒューで痛みが緩和することがあります。 フィーバーヒューは、和名で「夏白菊」。 パルテノライトという成分が血液の流れをスムーズにして、頭痛を緩和します。 解熱や炎症を抑えるはたらきがあります。 ごくまれに胃のムカつきなどを感じますが、重大な副作用は起こりにくいでしょう。 2歳以下の子ども、妊娠・授乳中の女性は控えてください。 和名は「西洋シロヤナギ」。 鎮痛・消炎効果が非常に高く、かゆみや痛みを取り除きます。 「天然の鎮痛剤」とも呼ばれます。 ヨーロッパでは古くから使われているハーブで、副作用もほとんど報告されていません。 神経疲労からくる頭痛を緩和するともいわれます。 和名は「花ハッカ」。 ハーブティーのほか、トマト料理のスパイスとしてもおなじみです。 昔から広く利用され、副作用などの心配はまずありません。 低気圧頭痛を起こしやすい人は、カフェインを摂りすぎない方が良いといわれます。 ここで紹介したハーブを使ったハーブティーを、コーヒーや紅茶の代わりに飲んでみてはいかがでしょうか。 低気圧頭痛の対処法~マグネシウム補給に予防効果が!オススメの食品 低気圧が近づくと起こる低気圧頭痛は天候が原因なので、避けようがないと考えがちです。 しかし、マグネシウムが症状緩和に役立つかもしれません。 低気圧頭痛とマグネシウムの関係についてまとめました。 マグネシウム不足が頭痛を招く マグネシウムは、カルシウムとともに血管や筋肉、神経の収縮・弛緩のバランスを保っています。 マグネシウム不足になると、カルシウムの作用で血管の緊張が持続し、頭痛が起こりやすい状態になります。 マグネシウムの必要量 アメリカの研究では、片頭痛の患者に1日600mgのマグネシウムを投与したところ、頭痛の発作の頻度が4割減少したという結果が出ています。 マグネシウムと頭痛の関連が認められたといえるでしょう。 1日に600mgの摂取は多いかもしれませんが、1日あたりの栄養所要量は満たしたいものです。 マグネシウムを摂取できる食品 100mgあたりのマグネシウム含有量が多いのは、いりごま・アーモンド・乾ひじき・インゲン豆・干しエビ・油揚げ・ほうれん草・全粒の穀物類・魚介類全般です。 海藻や乾物、雑穀類を中心にした和食は、理想的なマグネシウム補給食です。 ヒジキの煮物、海藻や油揚げを入れた味噌汁、煮豆、ほうれん草の胡麻和え、焼き魚がおすすめです。 オヤツには、ナッツ類をつまむと良いでしょう。 ビフィズス菌やオリゴ糖が、マグネシウムの吸収を助けます。 食後のデザートにバナナ、ヨーグルト、ハチミツなどを摂取するとマグネシウムの吸収率がアップします。 食事から摂取する範囲ではほとんど問題がありませんが、マグネシウムのサプリメントを利用する場合は摂りすぎに注意が必要です。 過剰摂取によって、下痢をすることがあります。 Photo by:.

次の