こどもちゃれんじ うた。 こどもちゃれんじ

しまじろうのえいごのうた

こどもちゃれんじ うた

〈こどもちゃれんじ ぷち〉先行お届けの教材「」を購入したので、その感想を書いていきます🎄 申込方法についてはをご覧ください。 記事のUPが販売期間終了後になってしまいましたが、2018年以降に購入検討される方々の参考になればと思い、残しておきます。 最新かつ正確な情報はベネッセの公式サイトをご覧ください。 「クリスマスセット」が届いた! 電話で申し込んでから3日後、〈こどもちゃれんじ baby〉同様に郵便(ゆうメール)で届きました。 厚みがあるためか、配達員さんからの手渡しでした。 サンタ姿のしまじろうがカワイイ! 封筒の裏はこの様になっていました。 ちなみに、上に写っているのは〈baby〉11か月号に同封されていた〈ぷち〉のサンプル冊子です。 <曲目> ・こんにちは しまじろう ・ ・おつかいん ・いちご だいすき ・あわてんぼうの サンタクロース スイッチはスライド式で、ONにしてもしばらくすると自動で切れます(スイッチの位置はそのまま)。 その場合、スイッチを1度OFFに戻してから再度スピーカーマークまで動かすと、短いメロディが流れ電源が入ります。 リピートや巻き戻し/早送り再生機能はありません。 〈baby〉特別号(3〜5か月号)にも同様のものがありましたが、若干音が大きかった特別号のとは異なり、今回のはちょうど良い音量でした。 なお、音量は2段階調節です。 「1さいのおたんじょうび特別号」(別便で届く)のDVDに各曲の振り付き動画がありますが、これ単品でも十分楽しめます。 また、本のタイトルの割にクリスマスソングは1曲のみのため、 クリスマス以外の季節でも使えます。 当初は 「無料ので十分では?」という思いもありましたが、実際子どもに触らせてみて、以下の点がより優れていると感じました。 ・振り付けがある(「1さいのおたんじょうび特別号」のDVDに) 親が振り付きで歌うと子どもの反応が良かった。 ・わざわざCDプレイヤーやを開かなくても、ワンタッチで曲が流せる。 子ども自身が曲を流せる (「このボタンを押すとこの曲が流れる」という経験&学習ができる) クリスマスうたあそびCD <曲目> 〜日本語〜 ・てを たたきましょう ・あたま かた ひざ ポン ・くまさん くまさん ・むすんで ひらいて ・グーチョキパーで なに つくろう 〜英語〜 ・We Wish You A Merry Christmas ・Jingle Bells 日本語の曲は、 クリスマス以外の季節でも使えます。 CDが入っている冊子に、親子でできる振り付けガイド有(日本語曲のみ)。 CDをPCに取り込んだところ、曲情報のアーティストが「しまじろう」でした😄 とはいえ、しまじろうは歌っていません。 掛け声(?)や笑い声が曲の合間に入っているだけです。 こちらも届く前は 「無料ので十分では?」と思っていましたが、やはり以下の点がより優れているのかもしれません。 ・子どもと一緒にできる振り付けが載っている冊子付き ・子どもにTVや動画を見せないで済む(そのような教育方針のご家庭もあるため) ・しまじろうの合いの手(?)が入っている はこぼう わたそう クリスマスつみき 意外と遊び方が多いです。 「キラキラ クリスマス えほん」の最後に、具体的な遊び方の例が載っています。 1さいの生活習慣しかけえほん しまじろうパペットを使って「食事」「歯磨き」「お風呂」「ねんね」をおままごとする事で、生活習慣のしつけをする。 キラキラ クリスマス えほん 第一印象は「大きい!」 参考として、左右に10か月号の絵本『おはよう おはよう』 と11か月号の絵本『とって とって』を並べてみました。 10か月号までの絵本は『おはよう おはよう』 サイズだったのですが、急に大きくなってきました。 我が子は絵本含め物を大きく振って遊ぶ事が多いのですが、この大きさになると少々危なっかしいかも…。 ストーリーは、一言でいうと「サンタさんがプレゼントを配る話」。 「はこぼう わたそう クリスマスつみき」と連動しています。 具体的には… ・絵本の中に(サンタさんの真似をして)プレゼント箱のつみきを置くページがある ・絵本に出てくるプレゼントがプレゼント箱のつみきと一緒 ・絵本の最後に「はこぼう わたそう クリスマスつみき」の遊び方ガイド有 早生まれの子どもでも大丈夫? 結論からいうと、1月上旬生まれ(=当時10か月〜11か月)の我が子は 「遊び方は限られるが大丈夫」 でした。 「クリスマスセット」の対象は、「1さいの〜特別号」と異なり、今年度1才になる学年=クリスマスの頃に8か月後半〜1才8か月の子ども向けと幅広いです。 そういう意味では、今後始まる〈ぷち〉と同様です。 我が子が早生まれの場合、「うちの子には早過ぎるのでは?」と不安になりますよね。 我が子はまだ赤ちゃんなのに、同じ学年の他の子達は身体が一回りも二回りも大きく、歩き回っていたり、階段を上り下りしていたり、言葉を話していたり…。 「こんな子達と同じ教材を!?うちの子は付いていけるの?」と不安になるのも自然な事だと思います。 とはいえ、そこはさすが「ちゃれんじ」でした。 赤ちゃんなら赤ちゃんなりの、1才なら1才なりの遊び方ができる様に作られています。 ポジティブに考えれば「早生まれの子には遊べる期間が長い」です。 来年のクリスマスシーズンはまだ1才だし、来年も使えるはず…! 値段分の価値はあった?「買い」か? 我が子には 値段分の価値はあったと思います。 実際、〈baby〉1回分と同様のボリュームでした。 保護者向けの育児本がない分、絵本の冊数が〈baby〉よりも多かったです。 どの教材を気に入るかは、子どもの月齢&好みにより異なると思われます。 ちなみに、音遊び好きの我が子は「1さいのクリスマスうたえほん」が一番のヒットで、ボタンを押して音楽が流れるとのおたけびを上げます。 拍手をする事も。 また、「クリスマスつみき」をカチカチ叩いて鳴らすのも大好きです。 まとめ ・「クリスマス」の季節感がある「ちゃれんじ」の教材が欲しいならオススメ。 ・あくまで「オプション」。 なくても「損」というほどではない。 「クリスマスセット」を検討している方々へ、何かしらの参考になれば幸いです。 sukima55.

次の

しまじろうのえいごのうた

こどもちゃれんじ うた

月齢5ヶ月目までの受講内容 受講すると「五感で楽しむ4WAYベビージム」、えほん「あかちゃん」、育児情報誌「おやこですくすく特別号」が送られてきます。 また生後4ヶ月になる月の12日までに申し込むと、「みてさわって!タオル絵本」、「ことりのメロディートイ」、「うたあそびBOOK」がそれぞれ特別特典で付いてきます。 五感で楽しむ4WAYベビージム まだ寝返りのうてない月齢2ヶ月の息子をシートの真ん中に置くと、息子は上にぶらさがっている鳥、太陽、はちを興味津々で見ていました。 左上の鳥は取り外せるのですが、握ると「くしゃくしゃ」と音がなり、息子もこれには凄く興味を持っていました。 うつぶせが出来るようになると、今度はシートにあるめくれる仕掛けになっている絵を触ったりし始めます。 えほん「あかちゃん」 語りかけしながら、子供と一緒に楽しめる絵本です。 おやこですくすく特別号 3〜5カ月頃のお世話やスキンシップ遊びのしかたが書かれています。 結構ここで書かれていることを参考に息子とスキンシップを取りました。 ことりのメロディートイ 童謡曲5曲が収録されています。 ・おおきなくりのきのしたで ・グーチョキパーでなにつくろう ・いっぽんばし ・あたまかたひざポン ・ちょうちょう 下のうたあそびBOOKと一緒に使って、息子と遊んでました。 うたあそびBOOK 「ことりのメロディートイ」に収録されている歌の歌詞と、歌に合わせてできるスキンシップ遊びが分かりやすく書かれています。 月齢6ヶ月目以降の受講内容 月齢6ヶ月目以降は毎月教材が送られてきます。 その中で特に良かったなと思うものを紹介します。 しまじろうのおきあがりこぼし 6ヶ月号 揺らすとカランコロンと鳴ります。 息子は左右に揺らして喜んで遊んでました。 でるでるキューブ&くるくるキューブ 8ヶ月号 布の引っ張りしかけ、ドアを開けるとくまさん、鏡、音がなる星ボタン、色が変わるくるくるしかけなど、赤ちゃんの興味を掻き立てる工夫が盛りだくさんのおもちゃです。 えほん「きらきらなあに?」 8ヶ月号 息子が一番好きになったえほんです。 えほん「ことりのぴっぴ」 9ヶ月号 大人の自分には何が面白いのか分からないんですが、このえほんのなかで出てくる「ぴっぴ」のところをリズムよく言うだけで息子は大ハッスルでした。 すいすいルーピングコースター 11ヶ月号 手指で操作する力が養われるおもちゃです。 ころりんメロディーケーキ 1歳号 玉を入れると音楽が流れる、玉が下から出るなどの仕組みを楽しめます。

次の

しまじろうの えいごの うた English Songs (しまじろうの歌えほん)

こどもちゃれんじ うた

スポンサードリンク こどもちゃれんじベビー特別号のうたあそびBOOKで歌遊び まずは、生まれてすぐにでもできる赤ちゃんとの遊びである歌遊びから。 こどもちゃれんじベビー特別号の先行特典のうたあそびBOOKとメロディートイを使って歌遊びをしてみました。 こどもちゃれんじベビー特別号の対称月齢となっている3ヶ月~5ヶ月の赤ちゃんは室内遊びが中心ですので、歌遊びができると遊びの幅が広がりますよね~。 わたしも娘が生後1ヶ月の時に行った両親学校で1つだけ歌遊びを教えて貰ったのですが、なんせ1ヶ月なのでね…。 特に遊ぶこともなく、気がついたらすっかり歌遊びの存在を忘れていましたw そして、こどもちゃれんじベビー特別号に入っていた歌遊びセットがこちら。 小鳥のメロディートイに収録されている歌は5曲で、うたあそびBOOKに、収録された歌での遊び方が載っています。 収録曲は ・おおきなくりのきのしたで ・グーチョキパーでなにつくろう ・いっぽんばし ・あたまかたひざポン ・ちょうちょう の5曲。 そういえば、甥っ子が歌を歌い始めた2歳前後の時に、グーチョキパーでなにつくろうを良く歌っていたので、赤ちゃんの時期が終わってもメロディトイは使えるかもですね~。 対称月齢は3ヶ月~5ヶ月となっているのですが、最初に見たときは生後3ヶ月に歌遊びって早くない?と、思ったのですが、5曲中3曲は首がすわるねんね期から遊べる歌遊びなので、3ヶ月からでも充分遊べます。 うちの娘は、始めたのが5ヶ月になる少し前だったので、ねんねの頃から遊べる3曲より、首すわりから遊べる「あたまかたひざポン」と「ちょうちょう」の2曲の方が好きなようです。 首がすわってからは、遊びの幅が大きく広がりますが、首すわり前の3ヶ月頃までは赤ちゃんとできる遊びって本当に少ないんですよね。 なので、寝転びながらできる遊びとして歌遊びは赤ちゃんとのコミュニケーションとしてありですね~! スポンサードリンク そして、特別号のメインのおもちゃといえばやっぱりスキンシップジムですよね。 マットやパペットと一緒に遊ぶことができたので、特別号のプレイマットはにじタイプにして良かった~! こどもちゃれんじベビー特別号の絵本は「いっしょいっしょ」 次は、こどもちゃれんじベビー特別号の絵本「いっしょいっしょ」。 ページ数8ページ 枚数は16枚 のとってもシンプルな絵本です。 そしてこの絵本も、うたあそびBOOKと同じように…。 スキンシップジムと連動していて、イラストがおそろいになっています! スキンシップジムにうつぶせになっているときに、絵本の絵を見せながら読んだり…。 仰向けになっているときに、一緒に寝転んで読んだり…。 椅子に座っているときに膝の上に乗せて読んだり…。 うちの娘は、お風呂に入ってから、寝るまでの時間の遊びタイムがあるのですが、できるだけ汗を掻かせたくないので、絵本が大活躍です。 今のところ、一緒に遊んだのはスキンシップジムよりも、絵本を読んだ時間の方が多いです! 「ぎゅ」「ぴた」などのオノマトペを使った絵本ですので、動作と付けながら読み聞かせるのも楽しいです。 ちなみに娘は、「ぽよ~ん」のページがお気に入りらしく、「ぽよ~ん」と言いながらページをめくると笑ってくれます。 そしてそして、この絵本にも娘の好きなちょうちょが描かれています。 ちなみに今、スキンシップジムのちょうちょはジムから外して遊んでます。 届いた頃は、絵本はまだ早いかな~と思っていたのですが、絵本は思った以上に使えて役立ちました。 赤ちゃん用の絵本は、本屋さんで買っても1冊1,000円近くするものが多いので、月2,000円で絵本が毎回セットに入ってるのって結構お得ですよね~。 絵本を増やしたくない人にとっては邪魔にしかならないですがw こどもちゃれんじベビー特別号のうたあそびBOOKと絵本のまとめ こどもちゃれんじベビー特別号のうたあそびBOOKと絵本のレビューでした。 わたしはこどもちゃれんじベビーに入会していなかったら自分で絵本を買うこともなかったと思うので、絵本に興味を持ついい切っ掛けになりました~!.

次の