あなきやぷ。 コロナ禍で新たな“名もなき家事”が誕生…その負担が女性に大きいワケと対処法を聞いた

果てなき早詠みの杖は「両手杖装備時のみ有効」なので説明文を修正してほしい!

あなきやぷ

しかも、この名もなき家事の 9割は妻が負担しているということも調査の結果わかっているそうです。 主婦の皆さん、見るとモヤモヤしませんか。 なんかわたし、言語化されると「 確かに普通にやっていたけどコレ、自分で出来るやつよね?」と再認識してしまいました。 かなり、「 うちでも妻が当たり前にやっている」ということが多いのでは? 名もなき家事を見てモヤモヤする原因その1:誰でも簡単に出来る事ですよね? まずわたしが思ったのは、これ「 家族の誰がやってもいい家事」であり、たいていのことはなにかのついでにできてしまったりするものですよね。 もちろん、小さな子どもにやれと言っても無理ですが、小学生以上ならお手伝い出来るレベル。 成人男性ができなかったら驚愕なレベル。 育児以外のことは、男性も一人暮らしだったら自分でやっていた事ですよね。 名もなき家事を見てモヤモヤする原因その2:共働き世帯が調査の対象? そもそも、共働き世帯に家事負担の割合を聞いた所、こうなったそうです 共働きの夫婦に家庭での家事負担の割合を聞いたところ、妻の認識では、「夫1割:妻9割」 37. 3% がトップ。 次が「夫2割:妻8割」 22. 3% で、「妻10割」 17. 7% と「夫3割 : 妻7割」 11. 3%)を加えると、妻の88. 6%が「自分の家事負担が7割以上」と回答。 夫を含めた全体でも、80. 9%が「妻の家事負担が7割以上」と回答しており、共働きにもかかわらず、圧倒的に妻の家事負担が多いことがわかりました。 夫の回答でも妻の家事負担の方が多いという結果でしたが、夫の1位は「夫3割:妻7割」 27. 0% で、妻が思っているよりも「自分はやってる」と思う夫が多く、夫婦間で大きな意識の差がありました。 また、年代別にみると、夫の年代が上がるにつれて妻の負担率が高くなっており、特に40代男性では「夫1割 妻9割」 32. 0% が最も多く、妻に家事のほとんどを依存している傾向がみられました。 出典: 妻が家事だと思っていることを夫が家事とは認識していない項目が多く、このようなギャップが生まれたのだということですね。 しかし上記の30項目は、共働き世帯に限らず、 専業主婦がいるお家で夫がやってもいいことだと思うのです! 生活していて当たり前のことを、「家に妻がいるから」といって全て任せていると負担がかかり、不満の原因になります! これは、いつも風呂掃除のときに一緒にやっているけど、オットに風呂掃除を頼むと絶対やらない部分。 後でわたしがやればいいと思ってるんだろうね〜。 誰がやってもいいやつなのです。 そして、夫が知らないうちに妻はそれらのことを、何かのついでに自然にこなしていたはずです。 ちょっと大げさかもしれないけれど、聞いて欲しいのです。 いきなりですが、うちの母は毒親でした。 (詳しくはこちらの記事で ) 父は仕事人間で、家事なんて一切やりませんでした。 もちろん、ここで「名もなき家事」として挙げられていることも全て。 母は専業主婦でしたが、こういう、見えない家事やら見える家事やらを自分がやることのストレスはかなり溜まっていたようです。 そのストレスのはけ口は子供に向けられました。 父の見ていないところで子供に暴力をふるいましたし、とにかく父の悪口を散々聞かされました。 毒親になってしまうのはその人が持つ本来の性格や育った環境が大きく影響していると思いますが…。 もし、父が母のそういう不満を理解して、少しでも自分で身の回りのことをやっていたなら、母に感謝や気遣いの言葉をかけていたなら…少し状況は変わっていたと思うのです。 もちろん、不満を子供に向けた母が悪いことには変わりないのですが、機能不全だった家庭の責任は父にもあります。 これはちょっと例えが極端だったかもしれませんが…。 小さなお子さんがいるおうちは特に、夫が名もなき家事をすることが重要! 特に、まだ幼児くらいの小さなお子さんがいるお家の妻は大変なのです。 次から次へやることがあって、黙っていても子供が散らかして、子供には日本語が通じず、家事に終わりがない。 そこへ帰ってきた夫が、靴を揃えず、服を裏返しに脱いでポイ、ご飯だけ食べながら「何か散らかってるなあ」と一言「感想」を言った日には、妻カッチーン!です。 (ええ、これはわたしの体験談です) 突然妻が怒り出しても夫には理解できないでしょう。 「 終わりのない家事」「 名もなき家事」を理解していないのですから。 でも、この記事を読んだあなたはもう理解しましたよね!(にっこり) 妻さんが読んだ時は夫さんにも読んでもらいましょう! まとめ:なんだかんだオットには感謝しているけれども! うちの話で恐縮ですが… 外で働いているオットの仕事はオットにしかできない!感謝してる! そして「 今日もお仕事してきてくれてありがとう」とオットには時々言ってる! (え?わたし?言われたことないですけど) だけど、だけどです! こんな細かい「 名もなき家事」は妻じゃなくてもできること。 別に料理や掃除をやれと言っているわけじゃないのです。 夫が簡単なことをちょっとやる気になるだけで、妻はほっとするし、不満は減るし、笑顔が増えて、みんなハッピーです。 具体的な解決策があるのですが、それはまた別の記事で。 まずは、「名もなき家事」というものの認識をお願いします。

次の

【三浦春馬】三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?|日刊ゲンダイDIGITAL

あなきやぷ

「亡くなられた方々を心から哀悼されるとともに、ご遺族と被災された方々にお見舞いのお気持ちをお持ちでいらっしゃいます」 7月最初の週末に熊本、鹿児島を襲った豪雨被害について、週明けの6日、宮内庁はいち早く天皇皇后両陛下のお気持ちを発表した。 その後も記録的な大雨は続き、豪雨被害は九州全域から西日本、岐阜、長野にまで及んでいる。 宮内庁関係者が明かす。 「陛下と雅子さまは日増しに拡大する被害に、深く心を痛めていらっしゃるそうです。 できるだけ早く被災地に駆けつけ、地元の人々に心をお寄せになりたいと思われているでしょう。 しかし宮内庁としては、両陛下が新型コロナに感染される可能性をゼロにできない限り、被災地ご訪問をお止めせざるをえません。 そうお考えになっている陛下と雅子さまは、強いジレンマをお感じでしょう」 これまで両陛下は、心を込めて被災地へのお見舞いをされてきた。 昨年10月12日から13日にかけて日本列島に甚大な被害を与えた台風19号に際しては、15日にお見舞いの気持ちを表明。 22日に予定されていた即位のパレード「祝賀御列の儀」は延期となった。 「お忙しいなか、年末も押し迫った12月26日に被害の大きかった宮城、福島を見舞われたのは、その年のうちに訪問されたいという陛下と雅子さまの強いご希望があったからなのです」(前出・宮内庁関係者) 国民の前にお出ましになれない日々が続くなか、7月10日、雅子さまは「御養蚕納の儀」に臨まれ、今年の養蚕作業を終えられた。 皇室担当記者が言う。 まず収穫された生糸の写真を報道機関に提供されました。 さらに侍従を通じて、初めての養蚕を無事に終えたご感想を公表されたのです」 御養蚕納の儀の直後、侍従は次のように、雅子さまのご感想を伝えた。 「お導きをいただかれた上皇、上皇后両陛下、そして、おそばで見守られた天皇陛下をはじめ、作業に携わっていただいたご養蚕所主任や関係者に、深い感謝のお気持ちをお持ちです」 しかし、雅子さまのご決断に驚く宮内庁職員や記者もいたという。 平成以前のご養蚕では、神事である御養蚕納の儀の取材自体がなかった。 皇室ジャーナリストの渡邉みどりさんもこう話す。 「上皇ご夫妻が実践されてきたように、祈るだけではなく行動することによって、国民との距離は縮まり、被災者に寄り添う心も伝わります。 両陛下は医療や介護などさまざまな分野の専門家から、コロナ禍における現場の状況をお聞きになっています。 ただ、両陛下はそれだけでは足りないとお考えのはずです。 コロナ禍の今だからこそ国民を思う気持ちを具体的な形で示したいとお考えになっていることでしょう」 すでに皇室内では、さまざまな前例なき試みに向かって、皇族方が動きだしている。 秋篠宮ご一家は、新型コロナに関して何度も専門家とオンライン会談を重ねている。 また、三笠宮家の彬子さまは7日、オンラインセミナーに参加され、九州の豪雨で被災した人たちに向けて、お見舞いの言葉を述べられた。 「すでに皇室の中でもオンライン交流は取り入れられているのです。 陛下と雅子さまも、オンラインによる被災地へのお見舞い、国民にメッセージを送ることなどをお考えでしょう。 直接会えない中でも、お気持ちでは『国民とふれあう』ことができるはずです。 その研究活動をサポートしている尾田栄章さんはこう話す。 「陛下は水問題のエキスパートとして、利水や治水に関する高い知識と洞察力をお持ちです。 それだけに、今回のように水害で苦しむ人々に寄り添われる気持ちは強いのだと思います」 日本が毎年のように記録的な豪雨に見舞われている今こそ、天皇陛下の「水」についての知見が生かされるとき。 これまでにない情報発信が求められている。 「女性自身」2020年7月28日・8月4日合併号 掲載.

次の

非正規に広がる「補償なき休業」 「シフト制」や「登録型派遣」でも休業補償の義務(今野晴貴)

あなきやぷ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 やにおける概念。 典型的なものとしては、設立登記前のや(入会団体)などがある。 法人格がないため 人格なき社団、 人格のない社団ともいう。 なお、法人格のない団体には「」と呼ばれるものもあるが 、後述のように日本では最高裁の判例で権利能力なき社団の要件が示されており(最判昭和39・10・15判決)、の預金者の区分などでは法人格がなく権利能力なき社団・財団の要件も満たさない団体を「任意団体」として区別している場合もある。 権利能力なき社団は、財産処分に関する代表者設置の規定を持つかどうかによって、「代表者の定めのある権利能力なき社団」と「」に大別され、前者が狭義の「権利能力なき社団」、後者を含めたものが広義の「権利能力なき社団」である。 なお、社団と同様にについても法人格を有しないものを観念でき、これらは と呼ばれる(権利能力なき財団は権利能力なき社団とは異なり人的要素がないため外部関係についてとして扱うべきとする説が有力となっている)。 各法分野における取り扱い [ ] 民法における取り扱い [ ] を有しないため、それ自体はおよびの主体となりえないにもかかわらず、社団としての実質を備えて活動しており、時として社団の名において権利を有し、または義務を負うがごとき外観を生じる。 このような場合に権利・義務関係をいかに処理すべきかが問題とされる。 成立要件 [ ] 民事訴訟法第29条において、権利能力なき社団で「代表者の定め」のあるものは訴訟の当事者となることができる旨が規定されていることから、権利能力なき社団は、「代表者の定め」が有るものと無いものに分類することができる。 前者が狭義の「権利能力なき社団」、後者を含めたものが広義の「権利能力なき社団」であって、成立要件が異なる。 代表者の定めが無い場合(広義の「権利能力なき社団」)について、判例は「権利能力なき社団の財産は、実質的には社団を構成する総社員の所謂総有に属するものであるから、総社員の同意をもつて、総有の廃止その他右財産の処分に関する定めのなされない限り、現社員及び元社員は、当然には、右財産に関し、共有の持分権又は分割請求権を有するものではないと解するのが相当である。 」(最判 昭和32年11月14日民集 第11巻12号1943頁)としているから、所有財産が総有となる形態を取ることが、最低限の成立要件である。 さらに、訴訟の当事者となり得る狭義の「権利能力なき社団」となるためには、「団体としての組織をそなえ、そこには多数決の原則が行なわれ、構成員の変更にもかかわらず団体そのものが存続し、しかしてその組織によつて代表の方法、総会の運営、財産の管理その他団体としての主要な点が確定しているものでなければならない」(最判 昭和39年10月15日民集18巻8号1671頁)としている。 のある血縁団体()は、構成員を明確に特定でき、少なくとも明治時代にさかのぼれる慣行により代表・事務員の選出方法が確定しており、祖先により寄付された財産を有して収益を祭祀等の行事や相互扶助事業に充てるなどの実態を有していたことから、代表者の定めのある権利能力なき社団と認定されている()。 財産の帰属 [ ] 権利能力なき社団それ自体は権利能力を有しておらず、権利・義務の主体にはならない。 したがって、実質的に権利能力なき社団が権利・義務となっている外観がある場合は、権利・義務の帰属は社団の構成員に解消されなくてはならない。 この場合の法的性質をどのように理解するかが学説上争われている。 この点に関して、判例はこれを であると理解している。 総有とは、財産の共同所有形態の一種であり、団体の構成員は財産の使用収益権を持つが、団体的拘束が強いために、個々の構成員の持分権の大きさを観念することが困難であり、個々の構成員が共有財産の分割請求や自己の持分の処分をすることができないものという()。 共有持分権の大きさを観念できないため、業務執行方法の決定には、結果的に構成員全員の合意が必要となる。 実際には、全員の合意によって定款が設けられ、定款に基づいて業務執行がなされるため、個々の事項について構成員全員の意向が確認されることは、ほとんどない。 構成員の責任 [ ] 権利能力なき社団の構成員が社団のにつき弁済の責任を負うかが論じられる。 判例は、構成員の責任を有限責任と理解し、構成員が社団に出資した限度でのみ責任を負うとする(参照)。 学説によっては、社団の性質を考慮せず一律に有限責任であるとするのは不当だと批判し、の原則から、営利目的の社団については無限責任、非営利目的の社団については有限責任とすべきだと主張しているものもある。 もっとも、一律に有限責任であるとしても、契約において債権者と構成員の合意により無限責任とする連帯保証特約を設けることは妨げられないから、契約における標準の意思表示がどちらになるかという問題にすぎない。 判例に従うならば、権利能力なき社団であることを明示したうえで、連帯保証特約等を設けない標準の意思表示で契約したときは、有限責任となる。 不法行為による債務の場合は、各構成員の過失に応じて無限責任を負うことがある。 出資の払い戻し [ ] 共有持分の観念がないため、共有持分の払い戻しはできない。 ただし、構成員全員の合意により、共有持分を確定させたうえで解散することはできる。 なお、出資を行う際に提示された条件が履行されない場合の出資金返還請求は、権利能力なき社団を被告として、(代表者の定めがない場合は、構成員全員を被告として、)債務不履行による損害賠償請求の方法により可能である。 団体名義の登記 [ ] 権利能力なき社団名義の登記を認めるべきかが裁判上争われたことがある。 判例は、この点に関し、権利能力なき社団の有する権利は構成員に総有的に帰属するのであるから、社団自体は登記請求権を有しないと結論付けた(最判 昭和47年6月2日民集26巻5号957頁、の項において「基本判例」という)。 仮理事の選任について [ ] 代表者の定めのある権利能力なき社団については、代表者が欠け遅滞のため損害を生ずるおそれのある場合には、裁判所は民法56条を類推して仮理事を選任することができるとした判例がある()。 の結果、民法第56条は廃止されているが、相当する規定が第79条第2項等に存在する。 民事訴訟法における取り扱い [ ] 「法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあるもの」は、その名において訴え、また、訴えられることができるとされる()。 ここでいう「代表者又は管理人」とは、肩書きのことではなく、財産の処分について、全構成員から委任を受けている者のことをいう。 代表者の設置に関する規定が定款にない場合や多くの入会団体のように、共有持分を観念せずに共同の事業を営んでいる場合で代表者または管理人が存在しない場合(いわゆる「代表者の定めの無い権利能力なき社団」)は、「共有物の変更に関する規定」の準用によりとなる。 代表者の定めのある権利能力なき社団で代表者が欠員となっている場合は、仮理事を選任することにより訴訟の当事者となることができる()。 行政法における取り扱い [ ]• 法人でない社団又は財団の不服申立て(第10条) 法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあるものは、その名で不服申立てをすることができる。 法人税法における取り扱い [ ] 「法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあるもの」(法人税法2条1項8号)は同法上、「人格のない社団等」として法人とみなされる(同法3条)。 と同様に(法人税法施行令5条に列挙の事業)を行う場合または退職年金業務を行う場合に限り、納税義務を負うこととされ、この場合、税率は普通法人と同じである(同法66条1項2項)。 法人でない社団の意義については、判例では、「権利能力のない社団といいうるためには、団体としての組織をそなえ、そこには多数決の原則が行なわれ、構成員の変更にもかかわらず団体そのものが存続し、しかしてその組織によって代表の方法、総会の運営、財産の管理その他団体としての主要な点が確定しているものでなければならないのである。 」 、「外形的事実に着目する限りにおいては、Eは、意思決定機関としての会員総会、業務執行機関ないし代表機関としての理事会ないし会長が置かれるなど団体としての組織を備え、会員総会の決議が支部において選出された会員代表の多数決によって行われるなど多数決の原則が行われ、定款の規定上は構成員である会員の変更にかかわらず団体として存続するとされ、代表の方法、総会の運営、財産の管理その他団体としての主要な点が確定しているようにみえるというべきである。 」 と述べるものがあり、法人税法のいう「人格のない社団」とは、民事実体法上の「権利能力なき社団」の借用概念であり、法的安定性の観点からの概念は民法と一義的に解釈されるのが相当である。 しかし、判例が示す社団性判断基準の要件を全て満たさなければならないとすれば、例えば多数決ではなく全員一致であれば課税客体とならないのかなど、租税の公平な負担に課題が残る。 消費税法における取り扱い [ ] 「法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあるもの」(消費税法2条1項7号)は同法上、「人格のない社団等」として法人とみなされ、普通法人と同様の取り扱いを受ける(同法3条)。 間接税では本来の税負担者が消費者であることから、事業を行えば当然に納税義務を負うことになるからである。 地方税法における取り扱い [ ] 「法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあるもの」は「人格のない社団等」として法人とみなされ(地方税法12条)、かつ、を行う場合に限り「人格のない社団等」(より狭い定義)とみなす規定がある(地方税法24条6項)が、住民税均等割部分については法人みなしを経ずに納税義務者としている(道府県民税:24条1項4号、市町村民税:294条1項4号)。 不動産登記 [ ] 登記の可否 [ ] で述べた基本判例が出る以前から、登記実務では権利能力なき社団名義での登記はできないとされている((22年) 民甲141号回答)。 また、社団の代表者である旨の肩書きを付した代表者個人名義の登記も基本判例により許されないとされたが、登記実務では判例以前からできないとされている((36年) 民三635号回答)。 登記は、代表者個人名義または権利能力なき社団の構成員全員の名義でするというのが登記実務である((23年) 民甲1897号回答)。 なお、代表者でない個人名義でも登記できるとした判例がある(最判 平成6年5月31日民集48巻4号1065頁)。 この判例によると、代表者でない個人名義で登記をすることができるのは、その個人が所有権登記の管理に関する権限を全構成員から委任されているためであるという。 また、登記名義人(登記研究457-120頁)、登記名義人(登記研究464-116頁)、登記の受益者((59年) 民三1131号回答)としても権利能力なき社団は登記できない。 一方、権利能力なき社団はなどのとしては登記できる((31年) 民甲1317号回答)。 債務者は登記名義人ではなく登記事項の一つにすぎないからである(1項2号)。 同様に個人のも、例えば「債務者 何市何町何番地 A商店」のように登記できる(同先例)。 ただし、権利能力なき社団をとする不動産工事の保存登記を申請することはできない(登記研究596-87頁)。 不動産工事の先取特権にはのような性格はないからである。 代表者の交替 [ ] なすべき登記 [ ] 権利能力なき社団の代表者個人名義で所有権登記されている不動産につき、代表者が死亡・更迭などにより交代した場合、判例は、登記更正や氏名変更の手続きによって所有権登記名義を書き替えるのではなく、権利移転の手続きによって所有権登記名義を書き替えるべきであるとしている。 登記実務では当該判決が出る以前から権利移転の手続きによるとしている((41年) 民甲1126号回答)。 登記原因は「委任の終了」であるが、所有権そのものを委任されていたという意味ではなく、所有権登記の管理に関する委任が終了したという意味である。 なお、権利能力なき社団が第1項の認可を受けた場合になすべき登記についてはを参照。 登記に関する実例 [ ] 権利能力なき社団の代表者個人名義で登記されている不動産につき、当該代表者の死亡後当該社団がにそのを譲渡した場合、現在の代表者の個人名義にをしてから第三者名義に所有権移転登記をするべきである((2年) 民三1147号回答)。 権利能力なき社団の代表者個人名義で登記されている不動産につき、代表者の交代によるがされている場合、当該不動産は実質的には権利能力なき社団の所有に属すると推定されるので、当該不動産につきを原因とする所有権移転登記は原則として受理すべきでない(登記研究459-98頁)。 しかし、当該不動産を代表者個人のものとした可能性もあり、その場合例えば代表者AからAへの所有権移転登記はすることができないので、結局相続登記が申請されれば受理せざるを得ない(登記研究572-75頁)。 権利能力なき社団の代表者個人名義で登記されている不動産につき、当該代表者をとする相続登記がされている場合、代表者の交代によるをするためには、前提として相続登記に対してをするのが相当である(登記研究550-181頁)。 登記申請情報(一部) [ ] 登記の目的(3条5号)は、代表者がAからB又はB・Cに交代した場合、「所有権移転」とする。 AからA・Bに交代した場合、「所有権一部移転」とする((53年) 民三1102号回答)。 A・BからA又はA・Cに交代した場合、「B持分全部移転」とする。 A・BからC又はC・Dに交代した場合、「共有者全員持分全部移転」とする。 なお、A・BからA・B・Cに交代した場合、「A持分一部移転」又は「B持分一部移転」または「A持分何分の何、B持分何分の何移転」とする(登記研究546-153頁参照)。 登記原因及びその日付(不動産登記令3条6号)のうち、登記原因は「委任の終了」である((41年) 民甲1126号回答・(53年) 民三1102号回答)。 日付は原則として新代表者選任の日であり、登記申請の日ではない(登記研究450-127頁・573-124頁)。 ただし、代表者がA・BからAのように交代した場合、Bが退任等した日である。 そして、原因と日付を併せて「平成何年何月何日委任の終了」のように記載する。 登記申請人(不動産登記令3条1号)は、を得る新代表者をとし、失う旧代表者をとして記載する。 なお、新代表者が2人以上いる場合は持分の記載も必要である(不動産登記令3条9号本文)。 一方、で述べた基本判例は、代表者の交代による手続きはにおける受託者の更迭の場合に準ずるとしており、それに従うなら持分の記載はできないことになる(不動産登記令3条9号かっこ書参照)。 添付情報(34条1項6号、一部)は、(・不動産登記令7条1項5号ロ)、の(本文)または及び書面申請の場合には(不動産登記令16条2項・不動産登記規則48条1項5号及び同規則47条3号イ 1 、同令18条2項・同規則49条2項4号及び同規則48条1項5号並びに同規則47条3号イ 1 )、の(不動産登記令別表30項添付情報ロ)である。 一方、代表者の選任に関する議事録や権利能力なき社団の規約の添付は要求されていない(登記研究449-88頁)。 また、移転登記の対象がであっても、3条の許可書(不動産登記令7条1項5号ハ)の添付は不要である((58年) 民三2983号回答)。 登録免許税(不動産登記規則189条1項前段)は、不動産の価額の1,000分の20である(別表第1-1 2 ハ)。 なお、端数処理など算出方法の通則についてはを参照。 参考文献 [ ]• 「法人格なき社団」。 『外国の観点より解説したイギリス法』、『』第285号(版)。 262頁。 香川保一編著 『新不動産登記書式解説(一)』 、(18年)、• 「カウンター相談-85 権利能力なき社団を債務者とする不動産工事の先取特権保存の登記について」『登記研究』596号、テイハン、(9年)、87頁• 「質疑応答-6550 法人格のない社団の代表者の変更の登記」『登記研究』449号、テイハン、(60年)、88頁• 「質疑応答-6568 法人格なき社団の代表者が更迭した場合の登記原因の日付」『登記研究』450号、テイハン、(60年)、127頁• 「質疑応答-6680 法人格を有しない社団又は財団を債権者とする仮処分登記の受否」『登記研究』457号、テイハン、(61年)、120頁• 「質疑応答-6708 「委任の終了」を登記原因として取得した不動産の相続登記」『登記研究』459号、テイハン、(61年)、98頁• 「質疑応答-6759 権利能力なき社団名義の仮差押登記の可否」『登記研究』464号、テイハン、(61年)、116頁• 「質疑応答-7379 均等な各共有者の持分を数人に均等移転する場合の登記の目的について」『登記研究』546号、テイハン、(5年)、152頁• 「質疑応答-7403 いわゆる権利能力なき社団の代表者名義の不動産につき相続登記がされている場合の登記手続について」『登記研究』550号、テイハン、(5年)、181頁• 「質疑応答-7526 権利能力なき社団の代表者が死亡した場合の登記原因の日付」『登記研究』573号、テイハン、(7年)、124頁• 「登記簿 委任の終了を原因として取得した不動産についてする相続の登記」『登記研究』572号、テイハン、(7年)、75頁 参照 [ ]• ここで「 人格」という単語は法令上の用法として「権利能力」と同じ意味で用いられているものである。 (『有斐閣 法律用語辞典』内閣法制局法令用語研究会 編、有斐閣、1993年、 740頁目)• 環境省. 2019年7月9日閲覧。 預金保険機構. 2019年7月9日閲覧。 最高裁第一小法廷昭和39年10月15日判決(民集18巻8号1671頁)「法人に非ざる社団の成立要件」• 最判 平成16年7月13日民集214号751頁• 田邉 正『いわゆる熊本ねずみ講の主宰者に対する所得税課税処分の適否が争われた事例 -熊本ねずみ講事件-』36頁、長岡大学生涯学習研究年報 3 、2009年()• 佐藤 孝一『人格のない社団の成立要件についての一考察 -類型論による租税法解釈の一展開として-』144頁、税大論叢18号、昭和62年() 関連項目 [ ]•

次の