東武鉄道。 東武鉄道 (9001) : 株主優待・優待利回り [TOBU RAILWAY]

東武鉄道の鉄道人身事故一覧

東武鉄道

矢板線(やいたせん)とは、栃木県日光市(旧塩谷郡藤原町)の新高徳駅と、矢板市の矢板駅とを結ぶ、東武鉄道の運営していた鉄道路線である。 高原山麓、沿線の木材、鉱物資源搬送用に開発された鉄道である。 今でも、駅跡近くには製材所の面影を残す建物などが見られる場所が多い。 もともとは現東武鬼怒川線を開通させた下野電気鉄道が開業させたものである。 下野電気鉄道は1943年5月1日、陸上交通事業調整法に基づき東武鉄道へ買収され、同社の矢板線となった。 もと下野電気鉄道でも、東武日光線と接続して浅草駅からの直通列車が走るようになった鬼怒川線とは異なり、メインルートから外れた矢板線は近代化も行われず、1959年6月30日をもって廃止された。 最後まで蒸気機関車が混合列車を牽く昔ながらの運行形態が続いており、矢板線の廃止をもって、東武鉄道から蒸気機関車による旅客列車が消えた。 同線は塩谷町の主要生活路線のため廃止後は東武バスが転換バスを運行させたが、後に撤退。 東野交通、塩谷町代替バス(関東自動車委託)に引き継がれ、現在は藤田合同バスが、新高徳 - 矢板間にバスを受託運行している。 東武バス時代には、矢板駅より日光、今市行き、鬼怒川温泉行きなどの路線もあった。 駅一覧 新高徳駅 - 西船生(にしふにゅう)駅 - 船生(ふにゅう)駅 - 長峰(ながみね)荷扱所- 天頂(てんちょう)駅 - 芦場(よしば)駅 - 玉生(たまにゅう)駅 - 柄堀(からほり)駅 - 幸岡(こうか)駅 - 矢板駅 東武の鉄道車両 90年の歩み 写真集より 昭和34年玉生付近。 駅構造は島式ホーム1面2線、単式ホーム1面1線を持つ地上駅。 単式ホーム(下り線)側に駅舎がある。 構内には、Suica対応自動改札機、みどりの窓口(営業時間 7:00 - 18:00)・指定席券売機がある。 2009年3月31日まではあわせてキオスクもあったが、同日限りで営業を終了し、同年4月8日に店舗は撤去された。 また、駅前にはロータリーがある。 幸岡駅(こうかえき)は、栃木県矢板市幸岡にあった東武鉄道矢板線の駅である。 この小川商店は東武矢板線の廃線後に出来たのでしょうね。 築堤やカーブが良いですね。 それにしても隧道のコンクリートが新しい気もするが・・・閉塞部に色々な文字が書かれているが、暴走族の肝試しの場所にでもなっていたのであろう。 地図上ではトンネルの表記が有るので、一時期はこの隧道も使われていたのであろう。 道路のトンネルに転用したため、隧道のコンクリートが新しいのかもしれませんね。 これから先はしばらくは廃線跡が解らなくなる。 高原建設のダンプの運ちゃんにトンネルを見たいと言ったら、近くに社長の家があるので社長に聞いてくれと言われた。 隧道は閉塞。 天頂駅(てんちょうえき)は、栃木県塩谷郡塩谷町天頂にあった東武鉄道矢板線の駅である。 ホームのスロープが残っていますが、先ほどの廃線跡を考えると、船生(ふにゅう)駅は2面2線の駅だったのではと推測します。 この駅スロープ跡は線路の反対側ではないかと推測する。 先ほどの廃線跡を辿ると、丁度廃線跡は二つのホームの真ん中に来る。 西船生駅側の橋台。 新高徳駅側の橋台。 上下列車の交換が行われる。 浅草発着の特急「きぬ」停車駅であるが、新宿発着の特急「(スペーシア)きぬがわ」は通過する。 駅舎は線路の東側にあり、ホームとは跨線橋により連絡している。 以下の写真は:特別展、鬼怒川線・旧矢板線の歴史より。 Copyright C 2008-2019 hotetu. net All Rights Reserved 外部から直接リンクで飛んできた方は右ホームページリンクへ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

次の

DE10形ディーゼル機関車が東武鉄道へ 2両目は青色に金帯の塗装に!

東武鉄道

東武線運行情報 現在 本線 日光線特急 平常どおり運転しています。 伊勢崎線特急 平常どおり運転しています。 なおDL大樹3号、4号、7号、8号については当面の間、運休いたします。 THライナー 平常どおり運転しています。 東武スカイツリーライン 〜久喜・南栗橋 平常どおり運転しています。 伊勢崎線 久喜 以北エリア 平常どおり運転しています。 日光線 南栗橋 以北エリア 平常どおり運転しています。 亀戸線・大師線 平常どおり運転しています。 東武アーバンパークライン 平常どおり運転しています。 東上線 TJライナー 平常どおり運転しています。 東上本線 平常どおり運転しています。 越生線 平常どおり運転しています。 注1 伊勢崎線 久喜以北エリアは伊勢崎線 久喜〜伊勢崎 、佐野線、桐生線、小泉線となります。 注2 日光線 南栗橋以北エリアは日光線 南栗橋〜東武日光 、宇都宮線、鬼怒川線となります。 あくまでも 目安としてご利用ください。 ただし、この時間外に支障が発生した場合には臨時に情報を更新することがあります。 機械翻訳のため、日本語の原文と異なることがありますのでご注意ください。

次の

東武鉄道|21年卒 総合職のエントリーシート(ES)の選考体験談|就活サイト【ONE CAREER】

東武鉄道

浅草を起点に群馬県両毛地域を結ぶ東武スカイツリーライン・伊勢崎線系統、東武動物公園で分岐して世界文化遺産のある国際的観光地、日光を結ぶ日光線系統、さらに池袋を起点に川越や寄居を結ぶ東上線系統、大宮と船橋を結ぶ東武アーバンパークライン 野田線 で構成される路線網は、関東の私鉄で最長距離を誇ります。 しかし、各路線の成立過程や現在までの経緯は悲喜こもごも、実に興味深い歴史があります。 今回は、そんな東武鉄道を企業、路線、駅、車両、歴史、魅力の6項目から分析していきます。 内容は東武鉄道の協力を得て、2019年3月16日ダイヤ改正を反映。 東上線に復活した特急種別の最新列車「川越特急」や「TJライナー」の新制度も解説しています。 明治時代、当時の主力輸出品である生糸や絹織物を輸送するため、東京と主産地の両毛地域を結ぶことを目的に伊勢崎線が開業。 その後、日本の産業構造は大きく変わったが、沿線は発展を続け、東武スカイツリーラインや東上線は多くの沿線住民に欠かせない通勤通学路線として日々にぎわっている。 また、日光線の複線電化での敷設を決断し、地方の温泉地だった鬼怒川温泉を開発したことは、鉄道王と称される初代・根津嘉一郎の先見の明の賜物である。 日光はその後、世界文化遺産に指定され、国際的観光地として外国人観光客も増え続けている。 東武鉄道はこれからも人・物・文化を結び続けるに違いない。 首都圏でソフィスティケイトされている私鉄と言えば東京メトロ、東急、小田急、京王、と言うところになるだろうか。 ではそうでないのは、と言うと、やはり筆頭は東武、京成、になるだろうか。 もちろん、東武の垢抜けないところが大好きだ、京成のまとまりがなくていい加減なところが良い、と好き嫌いはさまざまだろう。 例えば、半蔵門線では東武と東急が乗り入れているので、メトロの車両はもちろん、東武と東急の車両も併せて観察できるのだが、やはりこの2社はだいぶ雰囲気が違うよね、と言う感じになる。 東急の車両が東武線を走り、東武の車両が田園都市線を駈ける、と言う光景はやはり、きっと東武も田園都市線について研究したのだろうけれども、ううむ、と唸る向きも少なくないのではないだろうか。 これは、日比谷線に乗り入れている東急東横線と東武線にも当てはまるように思える。 この本は、東武の歴史、沿線について多く教えてくれる。 全国で近鉄、名鉄に次いで営業路線距離の長い私鉄だし、北関東でも重要な役割を果たしている会社だから、新旧の車両が入り乱れている。 だが最近の東武は、60000系や70000系のような新型の車両の導入にも力を入れているようだ。 以前は記憶に間違いなければ茶色にオレンジの帯が入った2000型、きっと製造当初は斬新だったのだろうが、はクリーム色一色に塗り替えられて、日比谷線を走っていた時があったが、何かしら違和感があったものだ。 けれども、あの「ジャリ鉄」と呼ばれていた相鉄も、見まごうごとき2000系車両を導入しているし、鉄道車両もどんどん生まれ変わっている。 ところでこうは言っているものの、東武線、特にアーバンパーク・ラインには長年お世話になったものです。 相鉄、京成も、このシリーズに登場するのかな。

次の