グロー センス カートリッジ。 glo sens(グローセンス)のフレーバーポッド の価格はいくら?何回吸えるのかコスパも検証!

glo sens(グロー・センス)の特徴まとめ|「フレーバー・リキッド+たばこ葉」の低温加熱式たばこ

グロー センス カートリッジ

グローセンスのレビュー サンプルキットの内容• すぐ吸えるフルセット• glosens本体• デバイスキャップ• カートリッジ たばこポット• ユーザーガイド• USBケーブル• 充電ACアダプター 広告でグローセンスを見た第一印象は、 「なんだこの形?」 って感じでしたが、実物を見てみると、アリですね。 触った感も、 手のひらにフィットして使いやすい。 イメージより、小さくてビックリしました。 持ち運びやすい大きさ• 邪魔にならないサイズ感 に仕上がってますね。 箱が2段になってるな~と思ったら• 全種類のフレーバーも サンプルキット箱の下段に、フレーバーがズラーと並んでました。 こりゃ~テンションが上りますね! 我慢できず、開けた直後に、実際使ってみました。 sensを使ってみた• 使い方もカンタン 1. ボタンを3回押して準備OK 3. 吸う時は、ボタン長押し 今までのスティックたばこと違って、専用のカートリッジを使います。 は、かなりシンプル! 1つのカートリッジで、約180回分の喫煙ができます。 紙巻きタバコ20本と同じ量のカートリッジ ってことですね。 早速、吸ってみました~! グローセンスの吸いごたえは?吸ってみた感想 吸いごたえ ベイプに近い吸いごたえ グローセンスは、加熱式タバコですが、フレーバーの構造が全く違います。 リキッドを加熱して蒸気にして、楽しむため、ベイプ 電子タバコ と似てる味わいになっています。 リキッド液体を 熱する時の、バチバチって音が、より吸う前のテンションを上げてくれますね。 電子タバコ?• 加熱式タバコ? 「ちょっと違いがわかんない!」 ってあなたは、以下の記事で詳しく説明してますので参考までに。 グローセンス>>プルームテックプラス って感じですね。 グローセンスは煙が多い分、吸いごたえ を感じますね。 味わいはどうなんでしょうか? 味の感想 ニコチン感は弱め 今までのグローは、独特な苦味があり、ニコチンを求める人には、ヤミツキになる風味だったと思います。 でも、グローセンスは、タバコ独自の苦味は少し弱め。 そのため、タバコ自体が苦手な人でも、 デビュー品としてはもってこいの吸いやすさ。 苦味が薄いので、より体に優しい感覚がします。 「将来、ニコチンを抜いて、禁煙したい」 ってあなたへも、 禁煙前のワンステップにもおすすめ。 グローセンスの評価 良い評価 爆煙で、吸った感がアップ 一吸いした瞬間に、「おぉ~」って驚きがあるくらいの煙の量です。 グローセンスくらい煙が出ると、吸った気がして気持ちよくなりますね。 グローだと感じられない、モクモクした煙による満足感を味わえます。 「 タバコの苦味が嫌いだけど、思い切り吹かしたい欲がある」 ってタイプにはピッタリです。 それぞれの味もしっかり感じられる ニコチンが弱いと言っても、• リッチ・ブレンド• メロー・ブレンド• クリスタル・メンソール• ブリーズ・ミント• サンシャイン・ベリー• エレクトリック・フルーツ 各フレーバー風味は、きちんと感じることができます。 それぞれの味の説明は、下の記事が参考になります。 紙タバコはガツンとしたキック感を求める人が多いと思いますが、• フレーバーごとの風味を味わえる一品 になっていますね。 ベイプの良さを取り入れた本体に仕上がっています。 悪い評価 ボタンを押しながら吸う必要がある ボタンを押しながら吸わないといけないのが、気になる点。 使用中、ずっとではないですが、 指先をボタンに当てないと吸えないのが、ちょっとしたストレスにはなるかも。 慣れてくると違和感はなくなりますね。 交換のサインがない 「あと何吸いしたら終わるよ~」 「赤く光ったら取り替えて~」 みたいな交換の合図がありません。 そのため、 交換するタイミングが読みずらいってデメリットがあります。 でも、 味が出なくなったら交換すればいいだけなので、気にしない人も多いかもしれませんね。 プルームテックプラスの方が吸いごたえ感はあり リキッドを加熱するタイプが同じなので、プルームテックプラスと比較しやすいですね。 実際吸ってみるとわかりますが、キック感は若干負けてる感じ。 プルームテックプラス>>グローセンス でも• 煙の量がハンパない• かなり吸いやすさがUP されてるので、あとは好みの問題ですね。 グローセンスをおすすめする人しない人 買うべき人 軽い吸い心地を求める人 軽さのあるタバコを楽しめる フレーバー本来の味を存分に味わえる って吸い心地がとても良い感じ。 ニコチン感を薄いため、 「キック感がない」 って声も多く出ていますが、• タバコ初心者が吸い始めるには、もってこい の吸いやすさになっています。 デバイス本体はミニサイズがうれしい人 は、小柄な男ですが、 手のひらよりすっぽり収まるくらいのサイズ感。 女性でも握りやすい大きさなので、使いやすさは、より改善されてますね。 先がニョキッと突き出してるので、持ってる時も安定します。 タバコの交換がめんどくさい人 グローだと、1本のスティックで美味しく吸えるのが、20から30吸いくらいが目安。 でも、グローセンスだと、1つのカートリッジで180回も吸えるんですね。 吸い終わりのスティックの処分に困ったり• いちいち取り替えたりする手間 を考えると、 落ち着いて長くタバコを楽しめるスタイルになっています。 買わなくていい人 煙の量は求めてない人 中には、タバコの煙はあまり出てほしくないって人もいますよね。 ガンガン出るので、煙量を少なくしたい人には不向き。 でも、 吸った後の煙を眺める時間って、気持ちがいいもんですよね。 個人的には、ニコチンの苦味があまり得意ではないので、煙の量で吸った感を味わえるタイプです。 軽さと煙を重視するならピッタリ。 現状のデバイスで満足してる人 グローだけでなく• アイコス• プルームテック 色々と新型が出まくっていて、何がなんだかわからなくなりますよね。 正直、自分に合ったタバコデバイスを発見してるなら、試さなくてもいいかも。 でも、.

次の

「グローセンス」は低温加熱式タバコの新しいグロー!値段や使い方・人気の新フレーバーの種類を紹介

グロー センス カートリッジ

この記事を3行でまとめると• glo sensはプルームテックとも異なる新たな「低温加熱式タバコ」• 現在ストアで発売されているフレーバーは全10種類• 全体的にメンソールの爽快感は弱め。 その代わり珍しいフレーバーも多い gloシリーズでは初の低温加熱式 最近になってようやく一般販売も開始された「 glo sens」。 しかし今回取り扱うgloは これまでのgloと全く違う種類のデバイスとなっています。 というのもこのglo sensは 一つ上のメローブレンドと、甘さのタイプが変わった気がする。 カフェラテやバニラフレーバーフレーバーと似た甘みが感じられた。 反対に焦したようなメープルの香ばしさは消えた。 総評 : 基本的に美味しいが、glo sensは独特な銘柄多め ということで最後にもう一度今回の記事を簡単にまとめておくと。。 glo sensはプルームテックとも異なる新たな「低温加熱式タバコ」• 現在ストアで発売されているフレーバーは全10種類• 全体的にメンソールの爽快感は弱め。 その代わり珍しいフレーバーも多い ということです。 プルームシリーズ(基本的な吸い心地は変わらない)でもフレーバーは多く用意されているのですが、普通の紙タバコでもあるようなフレーバーが多くラインナップされているので、少し風変わりなフレーバーを試してみたいという方にはglo sensがおすすめです。

次の

【2019年11月最新】グローセンスのフレーバー10種/全銘柄吸ってみてレビューしてみた!

グロー センス カートリッジ

ネオスティックの種類は全11種類! 現在(2019年12月時点)で、発売されているglo(グロー)の ネオスティックの種類は全20種類です。 KENT系全10種類、NEO系全10種類のフレーバーが発売されていますので、それらを合わせると全20種類のフレーバーになります。 同業他社である、になりますので、グローは加熱式たばこ業界で最もフレーバー数の多い加熱式たばこになります フレーバーの種類は豊富であれば豊富であるほどユーザーは嬉しいので、グローは最もユーザー目線に考えているということが伺えますね。 アイコスはマールボロ系が20本入りで500円、HEETS系が20本入りで470円、プルームテックのたばこカプセルがメビウス系、ピアニッシモ系共に5個入り(30本相当)で490円ですので、glo(グロー)は種類が多いだけでなく値段も安いのが特徴です。 また、glo(グロー)は全国どこでもデバイス本体やネオスティックを購入することが出来ます。 MEMO上記に記載の価格は、2019年12月時点の情報です。 ネオスティックのフレーバーの味は? 続いて、glo(グロー)における ネオスティックのフレーバーの味についてご紹介していきます。 グローのネオスティックは、アイコスとは違い表面から熱して水蒸気を発生させます。 その際手汗だったり湿気だったりの影響、あるいはクリーニングを怠ってしまうと味が変わってしまう可能性があります。 とは言え、私も実際に吸ってみたところ『さすがはグロー』と感じるほどに満足のいく加熱式たばこだと感じましたので、特に心配はないかもしれませんね。 余談はさておき、グローのネオスティックの味をそれぞれ掲載していきます。 ネオスティックの種類を大きく分けると、以下のようになります。 注意一部製造中止となっている場合があります。 詳しくは公式ページをご覧ください。 以下全20種類のうち11種類のネオスティックをご紹介していきます。 リッチ・タバコ【レギュラー】 グローのネオスティック「リッチ・タバコ」の味は、 喉元にガツンと感じるほど強めのレギュラータイプです。 アイコスで言うところのレギュラーや、プルームテックのレギュラーと同等の扱いでしょうか。 2019年12月時点では製造中止となり、その代わり「ケント・ネオスティック・リッチ・タバコ・エックス」が販売されています。 よりタバコ感が増して、レギュラー好きの方におすすめです。 上質なたばこ葉をブレンド。 芳醇で深みのあるリッチな味わい。 名称:ケント・ネオスティック・リッチ・タバコ 価格:460円(税込)20本入り ブライト・タバコ【レギュラー】 グローのネオスティック「ブライト・タバコ」の味は、 軽さはあるもののたばこ本来の味わいがあるレギュラータイプです。 リッチタバコが強めのレギュラーだとすると、ブライトタバコは弱めのレギュラーです。 吸った感想としては、若干弱さが気になり、人によっては吸った気がしないと感じる方もいるようです。 紙巻タバコ時代に、1mg程度のレギュラータイプを吸っていた方におすすめです。 上質なたばこ葉をブレンド。 軽やかな中にしっかりとした香ばしい味わい。 名称:ケント・ネオスティック・ブライト・タバコ 価格:460円(税込)20本入り インテンスリー・フレッシュ【メンソール】 グローのネオスティック「インテンスリー・フレッシュ」の味は、ネオスティックの中で 最も強烈な強めのメンソールです。 普段からメンソールを好む方におすすめですが、メンソールが強めなので、たばこ本来の味わいができているかは疑問です。 ひんやりミントを贅沢づかい。 極上の氷冷感が突き抜ける。 名称:ケント・ネオスティック・インテンスリー・フレッシュ 価格:460円(税込)20本入り フレッシュ・ミックス【メンソール】 グローのネオスティック「フレッシュ・ミックス」の味は、 たばこ本来の味わいと丁度良いミント感のあるメンソールです。 インテンスリーフレッシュが強めのメンソールだとすると、フレッシュミックスは弱めのメンソールです。 2019年12月時点では製造中止となっています。 数種類のミントを上質ブレンド。 爽快感とたばこのベストバランス。 名称:ケント・ネオスティック・フレッシュ・ミックス 価格:460円(税込)20本入り スムース・フレッシュ【メンソール】 グローのネオスティック「」の味は、 ほのかに甘さを感じるメンソールです。 ただ私個人的には、甘さよりも少々苦味を感じる味わいだなと感じましたので、それがたばこ本来の味なのかなとも思います。 より紙巻たばこ感を味わいたい方におすすめです。 ひんやりミントとバニラのような甘さが絶妙のバランス。 なめらかで心地いい爽快感。 名称:ケント・ネオスティック・スムース・フレッシュ 価格:460円(税込)20本入り シトラス・フレッシュ【フレーバーメンソール】 グローのネオスティック「シトラス・フレッシュ」の味は、 風味のあるメンソールシリーズの一つです。 名称:ケント・ネオスティック・シトラス・フレッシュ 価格:460円(税込)20本入り スパーク・フレッシュ【フレーバーメンソール】 グローのネオスティック「スパーク・フレッシュ」の味は、こちらも 風味のあるメンソールシリーズの一つです。 ほのかに感じる甘酸っぱさが抜群です。 名称:ケント・ネオスティック・スパーク・フレッシュ 価格:460円(税込)20本入り ダーク・フレッシュ【フレーバーメンソール】 グローのネオスティック「ダーク・フレッシュ」の味は、同じく 風味のあるメンソールシリーズの一つです。 分かりやすくいうと、アイコスのパープルメンソールに似ており、グレープ風味のアロマといった感じです。 ただし、アイコスとは違い吸いやすいというのが率直な意見です。 ひんやりミントの冷涼感と、完熟グレープのようなリッチなアロマに包まれる。 名称:ケント・ネオスティック・ダーク・フレッシュ 価格:460円(税込)20本入り ミント・ブースト【カプセルメンソール】 グローのネオスティック「ミント・ブースト」の味は、 『THEメンソール』といった感じです。 カプセルをつぶす前はしっかりとタバコ感があり、スムースフレッシュやフレッシュミックスに近いメンソール感です。 また、カプセルをつぶすと一気に歯磨き粉風味のメンソールが広がり、インテンスリーフレッシュのように強烈なメンソールを感じます。 弱めのメンソールと強めのメンソールを、一度に味わいたい欲張りさんにおすすめです。 ひんやりミントの冷涼感。 カプセルをつぶすと、さらにミントの爽やかなアロマがはじける。 一般的に販売されているカプセル付きのフレーバーは、カプセルをつぶすことで一気にメンソールが強まるものが多いですが、こちらはカプセルをつぶすことでベリー系の味わいが出ます。 吸い始めは軽めのメンソール、カプセルを潰したあとはベリー系のメンソールになりますので、こちらも一度に2種類の味を味わいたい方におすすめです。 ミントの心地いい爽快感。 カプセルをつぶすと、ベリーのようなフレッシュなアロマがはじける。 私も実際に吸ってみましたが、残念ながら紙巻たばこのKOOLと同様の味はしませんが、かなりたばこ感のあるメンソールだと思いました。 それでいて、カプセルのおかげでメンソールの強弱を操作出来るので、ネーミングとパッケージのせいか30円高くても買ってしまう味わいです。 ひんやりミントの冷涼感。 カプセルをつぶすと、さらに強烈なミントの冷たさが突き抜ける。 名称:クール・ネオスティック・ブースト・ミント 価格:450円(税込)20本入り 注意2019年12月時点で全国の販売は実現されていません。 今後も販売は未定のようです。 ネオスティックのタールはどれくらい? 最後に、 glo(グロー)のネオスティックにはどれくらいのタールがあるのか?について解説していきます。 glo(グロー)のタールの件に関しては、アイコス同様に存在しません。 というのも、タバコのタールとは燃焼した際に発生するものであって、加熱式たばこはそもそも燃焼させないので微量のタールしか発生しません。 しかし、有害物質のニコチンは含まれていますので、もちろん未成年の方が吸うことは法律違反ですし、妊娠中の方や授乳中の方にはおすすめはできません。 まとめ まとめになりますが、加熱式たばこの『glo(グロー)』は、加熱式たばこの中でも一番フレーバーの種類が多いです。

次の