肺炎 の 症状。 高齢者の肺炎の症状|健康知識の宝箱

肺炎

肺炎 の 症状

原因 肺炎が起きる原因の多くは、細菌感染によって引き起こされる。 原因となる菌はさまざまあるが、その中でも一番多くみられるのが肺炎球菌によるもの。 また、インフルエンザのようなウイルスや、クラミジアなどの微生物でも発症する他、マイコプラズマ、ストレプトコッカス、黄色ブドウ球菌などによる感染が主な原因として挙げられる。 こうした菌やウイルス類が、口や鼻から体内に入ると、喉から気管支を通り、最終的に肺胞まで到達して肺炎が引き起こされる。 特に体力が低下して免疫力が落ちている時に感染しやすく、糖尿病などの慢性疾患を持つ患者は気をつける必要がある。 この他、高齢者によく見られるのが誤嚥(ごえん)性肺炎で、これは、食べ物や飲み物を飲み込む力が衰えることが原因となる。 その結果、飲食物や唾液が気管に入り込んでしまい、そこに含まれていた細菌から肺炎が起きやすくなる。 治療 原因となっている細菌やウイルスに対して抗菌薬を用いる。 一部の抗菌薬に耐性があるマイコプラズマ肺炎など、どの薬剤を投与するか吟味が必要な肺炎もある。 また、抗菌薬が効かないウイルス性肺炎などには、発熱や咳、たんなどを抑えるための対症療法を実施する。 若年層で他に疾患を持っていない患者であれば、通院治療で対応するケースもあるが、重症の場合や小さな子ども、高齢者などでは、基本的には入院しての治療が推奨されることが多い。 これは薬剤が効き、状態が安定するまでの経過を見る必要があったり、脱水などの症状を確実に改善する必要があるため。 誤嚥性肺炎の場合は、絶飲や絶食をした上で治療を行う必要がある。 糖尿病や慢性腎臓病など、慢性疾患を持っている患者は、肺炎により病状が悪化する場合もあるので、抗菌薬を投与するかどうかよく見極めながら治療を行う必要がある。 都道府県からクリニック・病院を探す 内科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 呼吸器内科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の

猫の肺炎~症状・原因から予防・治療法まで呼吸器の病気を知る

肺炎 の 症状

肺炎の症状 公開日:2016年7月25日 15時00分 更新日:2019年6月12日 11時47分 肺炎かな?と思ったら 肺炎の症状として代表的なものは、せきや発熱、呼吸困難、くしゃみ、たん、のどの痛み、胸痛などがあります。 風邪の症状に似ていますが、肺炎と風邪とのの違いは症状の重さです(表)。 細菌性肺炎の場合は、湿った咳が黄色や緑色などの痰とともに出てきます。 非定型肺炎の場合は乾いたせきが長く続きますが痰はあまり出ません。 非定型肺炎とは、ウイルスより大きく細菌より小さいサイズの病原微生物が原因で起こる肺炎のことで、代表的なものとしてマイコプラズマ肺炎があります。 発熱 風邪の場合は、おおよそ38度前後で治まりますが、インフルエンザでは39度以上の高熱が出ることがあります。 肺炎も高熱が出ますので、一時的に39度や40度の熱が出ます。 しかし、高齢者の場合、あまり高い熱が出ないケースもありますので、自己判断で薬を飲んだりすることは避けましょう。 呼吸困難 肺胞の中に水が溜まると、息が苦しくなり、呼吸困難となることがあります。 重症化すると、酸素をうまく取り込むことができず、体全体が酸素不足になり、チアノーゼ(顔や唇が紫色に変色する)になることもあります。 また、肺に水が溜まっていなくても、気管や肺に炎症が起きている場合は、上手く空気を吸い込むことが難しくなり、呼吸困難となることもあります。 のどのあたりに痰が溜まっている時も、空気の通り道(気道)が狭くなるので、呼吸困難となります。 胸の痛み 肺の炎症が強くなり、肺の組織を覆っている「胸膜」まで炎症が広がると、胸が強く痛むことがあります(図)。 痛みが長く続く時や、呼吸の動きに合わせて痛みの強さが変化する時は、胸膜の炎症が起きているかもしれません。 発症している日数は、風邪の場合は数日から1週間くらいですが、肺炎の場合は1週間以上症状が長く続き、入院治療が必要となるケースが多くなります。 肺炎の症状が起こる仕組み 肺炎は、細菌やウイルスがのどを通過して、肺にある肺胞に侵入し、炎症を起こすことで発症します。 肺胞は、酸素と二酸化炭素のガス交換をする役割をしていますので、肺胞で細菌やウイルスが増殖すると、本来の肺胞が持つ「ガス交換」という機能が上手く働かなくなり、呼吸困難や息切れなどの症状を引き起こします。 一般的に、「風邪」はのどに感染し、細菌やウイルスが増殖して起こる病気です。 そのため、咳とともに痰が出るものの、のどのあたりで作られる痰なので、痰の量が多いことはあっても、比較的、出しやすい痰であることが多いです。 風邪の時に発熱するのは、私たちの平常時の体温よりも、少し高い体温の方が、免疫機能が働きやすくなるためです。 一方で「肺炎」は、肺の奥の方で感染し、細菌やウイルスが増殖して起こる病気です。 そのため、咳や痰は肺の奥からこれらを排出しようとして起こりますので、強い咳、粘度が高い痰を出そうとします。 痰の量も多く、粘度が高いためなかなか吐き出すことが出来ません。 肺炎の時に発熱する理由は風邪と同様ですが、より強い免疫力で細菌やウイルスと戦おうとするため、高熱が続くことになります。 人数にすると、およそ12万人です。 その中でおよそ95%が65歳以上の高齢者であるといわれています。 その理由はいくつか考えられますが、もっとも分かりやすい理由は、免疫力の低下や、もともと持っている慢性的な疾患の影響です。 高齢者が肺炎で死亡する理由 もともとの慢性的な疾患があると、免疫力は常に低下気味となります。 慢性的な疾患があると、それに対抗すべく、体はより多くのエネルギーなどを必要とします。 さらに高齢になると食事などからエネルギーを上手く取り込むことが難しくなり、免疫力にまでエネルギーが行きわたりにくくなります。 この状態で肺炎を発症させるような細菌やウイルスに感染すると、免疫力が十分に働くことができません。 高齢者が肺炎になっても、あまり高い熱を出さない理由もここにあります。 人の体を発熱させるには多くのエネルギーを必要としますが、高齢者になるとこの「発熱させる」機能が十分に働かず、免疫力がその機能を十分に発揮するまで、体温を上げることが難しくなるのです。 その結果、肺炎の原因となる細菌やウイルスなどの病原微生物を、早期に排除することが出来なくなり、周囲の人が気づいた時には、すでに命にかかわる状態になっていることも珍しくありません。 例えば、呼吸が浅い、呼吸が速い、無口になる、食欲不振が3~4日続くことです。 このような変化は、普段の様子を知っている身近な人しか気がつくことは出来ません。 高齢者が自分自身で気づくうちは良いのですが、「何だか体調がおかしい」「いつもとは違う」「風邪が治らない」などに気づいたら、肺炎を疑ってみることが必要です。 すぐに専門医を受診して、検査を受けましょう。 画像引用元 1 画像は、生命科学教育シェアリンググループコーディネータから文面で胸膜に関する「一歩一歩学ぶ生命科学(人体)」コンテンツの使用許可を得て、掲載しています。

次の

肺炎になるとどうなるの?

肺炎 の 症状

同じ呼吸器感染症のとの違いについて説明します。 どちらも感冒症状、いわゆる風邪の症状の発熱や咳が出ますが対応が異なりますので見分けることが重要です。 とはいえどちらも呼吸器系の感染症で似た症状が出やすいです。 見分けるポイントを紹介します。 風邪症状で終わることもあれば重症化し肺炎を起こすこともある新型コロナウイルスについても記載しています。 風邪と肺炎の定義• 風邪と肺炎の症状• 風邪と肺炎の検査結果• 風邪と肺炎の治療方針• 新型肺炎コロナウイルス感染症と細菌性肺炎の違い の順に記載します。 風邪と肺炎の定義 まずそれぞれの疾患について説明します。 風邪:ウイルスによる 上気道の感染です 肺炎:主に細菌による上気道から 下気道、肺胞まで感染が広がった状態です *ちなみに気管支炎は細菌による気管支までの感染です。 肺炎と同様の症状なのにレントゲンに異常がない状況と考えて下さい。 は、ウイルス感染にも関わらず肺炎を起こす特殊なウイルスと考えて下さい。 *同じ上気道炎の風邪とコロナの違いも出ています。 詳しくはこちらをご参照下さい。 風邪と肺炎の症状 感染が上気道にとどまるか、下気道にまで広がるかで治療法が変わってきます。 特にウイルス感染に限って言えば、一般的な風邪と新型コロナの区別は下気道まで及ぶかがとても大きな違いです。 そのため症状や身体所見、検査所見で明確に区別をつけて治療方針を決める必要があります。 上気道のみでも下気道まで広がっても、どちらも呼吸器系の感染症のためいわゆる風邪(上気道炎)症状があります。 具体的には、 咽頭痛、鼻汁、咳、痰、発熱、頭痛や倦怠感などです。 肺炎の場合には、色の付いた痰(鉄錆色、緑色など)や1週間以上続く高熱、夜間の大量の汗、呼吸困難感などが特徴です。 咳の特徴としては、痰の絡んだ湿生咳があります。 表にまとめておきます。 風邪(上気道炎)でも起こる症状 倦怠感、咽頭痛、鼻汁、咳、熱 肺炎に特徴的な症状 色のついた痰、高熱、呼吸困難感、盗汗 こういった下段の症状がある場合には感染が下気道まで及んでいないのかの確認が重要です。 下気道まで感染が広がった場合、身体所見では呼吸音の変化が出ます。 具体的には、水泡音や捻髪音が聴取されます。 よく医師が聴診器で患者さんの呼吸音の確認をするのはこのためです。 聴診では当てた場所では正常な呼吸音でも、遠い場所の呼吸器感染を見逃していることもあります。 また明らかな水泡音などが聞こえても気管支炎と肺炎の区別はつけられません。 そこで、症状及び聴診所見から肺炎が疑わしいとなった場合にはレントゲン写真での確認が必要です。 風邪と肺炎の検査結果 レントゲンでの確認の結果、肺炎がある場合には、血液検査で炎症反応や腎機能の確認(薬の用量調整が必要な場合があります)、肺炎球菌の抗原を調べる尿検査などが追加で行われます。 レントゲンの影(異常陰影)の性状によってはCTも撮影します。 細菌性肺炎ではなく間質性肺炎や、肺がんが無いかといったことの確認に有効です。 特に新型のコロナウイルスによる肺炎では、画像の特徴として、• 両側性• 網状影 が多いという報告があります。 風邪と肺炎の治療方針 細菌性肺炎の治療は抗菌薬の点滴や内服、場合によっては酸素吸入や人工呼吸器の使用です。 ウイルス性の風邪の場合には抗菌薬は無効ですが、細菌性の肺炎では重要な治療です。 () 5. 新型肺炎コロナウイルス感染症と細菌性肺炎の違い ウイルス性ですが肺炎を起こすコロナウイルス感染を普通の細菌性肺炎と区別をつけることは少し難しいとされています。 もちろんPCRの検査で確認をすればコロナウイルス感染の有無は分かるのですが現状は手軽にできる検査ではなく結果が出るまで時間もかかります。 症状としては、コロナによる肺炎では咳はあるが痰がない• 画像所見に特徴がある(CTでのコロナに多い所見がいくつか報告されています)• 血液検査の結果で細菌性肺炎では好中球優位に白血球が上昇するがコロナでは白血球の上昇がなく、リンパ球優位がありそう(と言われていますが全く非特異的な変化で血液検査は有効でないという話もでています)• 感胆道系酵素の上昇がよくみられる といった特徴で予想されます。 また最近は、 重症化する症例ではLDH,Dダイマーなどが上昇していることが多いという報告もあります。 治療方針が異なるために風邪と肺炎を見分けることが重要です。 上記の症状で肺炎の可能性がある場合には主治医に相談しましょう。 , ,.

次の