コロナ ストレス チェック。 休校明けの子供が感じる不安と心のケア【新型コロナ対策】|みんなの教育技術

新型コロナウイルス感染症対策(こころのケア)|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

コロナ ストレス チェック

今、新型コロナウイルスの感染が世界で広がる中、少しも不安を感じないという人はいないはず。 ウイルスそのものに関する心配だけでなく、国の対策、仕事や金銭的な状況、学校の休校など、まだ終わりが見えない点が多く、不安は募るばかり。 すでに多くの人が「まだなんとか対応できる」感覚から「 PLEASE HELP ME(お願い、誰か助けて!)」というレベルのコロナ疲れを感じているはず。 未曾有の危機の状況下で不安を取り除くのは簡単なことではないけれど、今の自分の精神状態と、気分を良くするもの、悪くするものを把握すること、そして自分で対処できない場合はプロの力に頼ることが大切。 コロナ疲れや、コロナ鬱を感じている人は、心理学や流行疫学のエキスパートに聞いた、 10のアドバイスを参考にしてみて。 既存のストレスチェック診断に現状を当てはめない。 ストレスをテーマにした記事の多くは、「まず初めに、これらの項目にいくつ以上該当したら危険信号」といったチェックシートからスタートすることが多い。 結果次第で、第三者に相談するべきか、もしくはプロの助けを求めるべきかの参考にすることも。 ただし、今回の新型コロナウィルスがもたらすストレスについては、一般的なチェック項目を使うことでより混乱を招きかねないのでご注意を。 一般的に、不安やストレスが病的になってきているかを判断する際に専門家がチェックするのは、仕事や学校に行くのに支障をきたしていないか? 社会との関わりを閉ざしていないか? いつもなら好きなことを避けていないか?といったように、あなたの日々の生活にストレスが大きな影響を与えているかどうか。 でも今は、不安の源である新型コロナウイルスそのものが私たちの生活を脅かしているので、こういった判断材料が意味を持たない。 強迫神経症と不安症を専門とする心理学者、ジェニー・イップ医師は「コロナウイルスはまさに今実際に起きていることなので、不安を感じてしまうのも当たり前のことかもしれません」という。 ストレスフルな毎日が続く今、コロナ不安が日々の生活に与えている影響よりも、自分を思いやる力が衰えてきていないかどうかに注意を払う方が大切。 まずは以下のアドバイスを参考にして自分の心を労ってあげて。 それが難しい人は、プロの力を借りることを優先して。 新型コロナウイルスの最新情報入手先を絞る。 四六時中ツイッターやありとあらゆるニュースチャンネルをチェックする必要性を感じている人は要注意。 常に舞い込んでくる新しい情報を追うことは、適切な視点を保つ、という点では良いけれど、常にアンテナをはっていることは不安材料を増やすだけになりかねない。 「過度なメディア報道、特に何度も繰り返すものは心理的苦痛を生みがちであるというリサーチ結果が出ています。 信頼性のある情報源だけからアップデートを入手して、他は見ない。 WHO、厚生労働省、住んでいる区市町村のホームページなどで最新の数字や医療情報が確認できる。 最新情報の入手方法や量を管理する。 ほとんどの人が仕事でインターネットを使用している今、ニュースを1つだけチェックしようと思っても、次から次へと記事を読んでしまうこともしばしば。 そこで、新聞社などから毎朝届くデジタルニュースレターに登録したり、ツイッターはリストを作成して必要な専門家やレポーターのアカウントだけをチェックできるようにしたり、最新情報の入手方法を制限すると、他の時間は別のことを考えられるようになる。 自分でコントロールできることに目を向ける。 「不安というのは疑問や不確実性が高いほど広がります。 新型コロナはまさに疑問と不確実性のかたまりで避けるのは難しい。 そこで、できないことよりもできることにフォーカスすることが重要」(イップ医師) 幸いなことに、私たちが今できることは少なからずある。 厚生労働省が啓発している新型コロナウイルス感染症の予防方法の他にも、非常用キットの準備や非常時のプラン作成など、「今できること」にフォーカスして。 「非常時の準備は冷静な視点で行いましょう。 現在のコロナ不安は正当で理にかなっているので受け入れても大丈夫、と言われてもびっくりするかもしれない。 「自分を大切に、感染予防のために推奨されていることに従いましょう。 非常時の準備を過度にしてしまったとしても、不安障害の症状が出てしまった、などと気にする必要はまったくありません」(イップ医師)• コロナ不安に常に対処する必要はナシ。 実際に準備をするのは良いこと。 でも、マインドフルネス(今起きていることに気を配る状態)も同じくらい大切。 感染予防のアドバイスに従っているのであれば、それ以上の必要はナシ。 「自分が恐怖・不安を感じていること、それらが普段の行動と気持ちにどう影響を与えているかを認識していることが大切。 すべての不安をその場で解消・解決しないといけないわけではないので、焦らずに。 そう感じる自分を受け入れるところからはじめましょう。 」(スザンヌ・マウトン・オドゥム医師・心理学者) ただし、不安によって無気力になってしまったら注意を。 例えばいつも以上に不安を感じて、食料品の買い出しにさえ行く気が起きないとしたら…? まずは冷静に状況を分析し、必要以上に不安になっていないかを確認しましょう。 「自分の地域で感染は起きている?自粛勧告は解除された?事実を確認せずに勝手に危険だと予測して家にこもってしまうのではなく、恐怖を理性に照らし合わせなければならない時です」(オドゥム医師) 不安は孤立と活動のスロー化を促進させてしまいがち。 一般的に孤立は精神面に悪いだけでなく、時間があればあるほど強迫観念が強くなり、事実以上にリアルな恐怖心を生んでしまう。 心配事を15分間、思いっきり書き出す。 心の中に抱えている恐怖心を外に出すことで、明確に把握することが目的。 実施の際には以下2つのルールを守って。 1つ目は、心配事を反芻させて書くのではなく、言い切り型の陳述として書く。 反芻の場合は、堂々巡りのスパイラルに陥るだけに対して、陳述はその時の感情よりも結論へと導いてくれるから。 陳述の例: -「コロナウイルスへの感染が心配だ」 -「感染した場合には死ぬかもしれない」 -「死んでしまったら家族が悲しんでしまう」 反芻の例: 「感染したらとても具合が悪くなって家族も感染させてしまい、みんな一緒に死ぬかもしれない。 そんな最悪な結果になりたくない…だから感染したくない。 でも防ぎようがなく自分が感染して家族に移ったら…」 2つ目は、15分きっちり使うこと。 もし心配事が足りない場合は、同じことを何度も繰り返して書く。 1日のうちにこの15分間セッションを複数回やっても良いとのこと。 「飽きるまで同じことを繰り返すのがポイントです。 いずれ頭が疲れて、恐怖心から距離を置き、感情にがっつりと固定されてしまっていた心ではなく、現実に基づいた異なる見方をすることができるようになります」(イップ医師)• ベストを尽くしていると、自分を労う。 前述の通り、不安は不確かなことが多いほど増殖する。 今の状況がまさにそう。 旅行はやめるべき? 地下鉄は避けるべき? ジムは安全?など、質問は挙げたらキリがないし、答えも確かなものは出てこない。 推奨されているアドバイスに従うしかない。 この厳しい状況にできるベストなことは、プレッシャーをできるだけ払拭すること。 「一般的に、人は皆思慮深く、慎重で、正しいことをしようと心がけます。 ただ、私たちが感化されやすい2つの偏った考え(バイアス)があることを忘れてはなりません。 新型コロナについて新しい情報が明らかになってくると、『あのとき、あれをする代わりにこれをすれば良かった』と思うこともあるでしょう。 誤った選択をしないように、また後悔しないように、私たちは、余計に不安を感じてしまうのです。 しかし、この2つのバイアスをどちらもなくすことは恐らくできません。 今やれることをやって、思慮深い決断をしているのであれば、十分最善を尽くしているのです。 結果、物事が悪い方向で進んでしまったとしても、後悔や自分を非難はしないようにしましょう」(フィスコフ医師)•

次の

コロナ禍であなたの「心のストレス度」は大丈夫? セルフチェックできる特設ぺージを政府が開設

コロナ ストレス チェック

コミュニティの危機とこころのケア (日本心理臨床学会・支援活動委員会) 支援活動委員会は、東日本大震災(2011. 11)が生じた直後より、被災地での心のケアに関する知識と方法を提供するために「東北地方太平洋沖地震と心のケア」のサイトを立ち上げました。 その後も様々な自然災害や事件・事故などの心のケアを必要とする深刻な出来事が、日本の各地で生じている状況を鑑みて、より広い領域での最新・最善の知識と方法を提供をすべく、サイトをリニューアルさせることとしました。 今後、情報を更新・追加していきますので、ご活用いただければ幸いです。 なお、引用される場合には、作成元・作成者を明記してください。 支援活動委員会 新型コロナウィルス対応に関する情報 新型コロナウィルス対応に関する情報を対象別に掲載しております。 情報量が多くなりましたため、対象者別に詳細ページを設けました。 下記(ア)~(オ)の項目を選択いただくと、それぞれのページが表示されます。 新着記事だけを確認されたい場合は、下の方をご覧ください。 (ア)• (イ)• (ウ)• (エ)• (オ) 新着情報• NEW! (作成:Covid-19子どものサポートチームA(代表:秋冨慎司・冨永良喜)) 心とからだのチェックリスト(コロナ知識3項目、ストレス反応5項目、日常生活行動8項目)の一人一人の児童生徒のチェックリストの結果の数値をエクセルファイルに入力すると、アドバイスシートに、コメントが出力されるように設計されています。 NEW! (作成:働く人のセルフケア研究会(代表;畠中雄平(琉球大学・教授・精神科専門医・博士(医学)) 新型コロナウイルスでの支援者の支援サイトです。 セルフケア・チェックリストを活用して自分でできるストレス軽減の方法が掲載されています。 NEW! (作成:災害,事件・事故後の子どもの心理支援研究会) 本資料は、災害,事件・事故後の子どもの心理支援研究会において、新型コロナウイルスによる【学校再開時】に児童生徒のどのような点をチェックしたらよいのかをまとめた資料です。 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が一部解除され、全国的に学校が再開されてきております。 学校再開時の子どもたちの支援をどのようにすればいいか戸惑っていらっしゃる先生方、その支援者の方々、ぜひご活用ください。 NEW! (作成:鳥取大学医学部竹田研究室) コロナ禍のような終わりの見えづらい強いストレスによって、つい攻撃的な言葉づかいになってしまうことがあります。 そうしたコミュニケーションに気づき、そこから降りてアサーションを生活のなかに無理せず取り入れる工夫について紹介しています。 (作成:鳥取大学医学部竹田研究室) ステイホーム等の感染防止行動を、ストレスではなく心を満たす行動に変えるための工夫について紹介しています。 「」のコーナーに(3)として下記情報を追加掲載いたしました。 (作成:鳥取大学医学部竹田研究室) コロナ禍のような終わりの見えづらい強いストレスに伴って起こりやすいストレス反応への、日常のなかで簡単に取り入れられる対処法について紹介しています。 コミュニティの危機とこころのケア.

次の

新型コロナウイルスの対応で疲れないために

コロナ ストレス チェック

子どもたちがストレスフルなのは当然 子どもたちは、大きなストレスを抱えているという前提で対応を考えましょう。 長い間、抑制的な生活を強いられているのです。 いつもの休みなら、テーマパークや遊園地に行ったり、様々な施設に遊びに行ったりすることもできました。 友達とも自由に遊べました。 でも、そういう遊びが一切できずに、主に家に籠もって過ごしてきたのです。 休みで楽しいのは一週間もなかったという子も多いかもしれません。 「学校はやっぱり楽しいところだ」と、実感できるようにしていきましょう。 子どもは家庭では弱者である 新型コロナの影響で仕事の無くなったおうちもたくさんあります。 イベント関係、飲食業界、観光関係…みなさん苦しんでいます。 保護者の仕事が無くなったり家計がひっ迫したりすることは、子どもたちに関係のないことではありません。 家族で心配したり、おうちでの言い合いが増えたりしているかもしれません。 ものすごいストレスだと思います。 子どもたちは家庭の弱者なのですから、そのストレスは学校が受け止めなければなりません。 また、残念なことですが、僕のところにはDVが増えているという情報が入ってきています。 DVの多くは大人のストレスのはけ口が子どもに向くということですから、家庭にストレスが充満していたら、増えるのは当たり前ですね。 学校は、子どもにとって逃げ場でもあったのだと痛感しています。 よく観察しておかないと、DVを受けている子どもはなかなかわかりません。 そういう子どもがいるのだという前提で子どもの様子を見ましょう。 生活リズムも崩れているでしょうし、ぼんやりして寝とぼけたような感覚になっているかもしれません。 驚くほど学力が低下している子どもたちもいるようです。 初日は久しぶりの学校だという喜びで元気そうに見えるかもしれませんが、そうした高揚感は一週間ともたないでしょう。 そこでいきなり「さあ、勉強だ」と圧をかけないで、あせらずにゆっくりとスタートを切ることを心がけましょう。 子どもたちは、はりきりすぎた先生に心は開けません。 子どもの意欲が高いうちに対話を重ねる 子どもたちの意欲が高いうちに、子どもたちと繋がることを最優先で考えましょう。 例えば、振り返りジャーナル(下記参照)や日記を書く時間をとるのもよいと思います。 たまにしか登校しないのなら、来た時に10分でもいいから自分の思いを書く時間を作って 書けなくてもいいと伝え、決して無理強いはしないようにしましょう 、先生もそれにコメントで答えるようにするのです。 直接対話できないのなら、文章と文章で対話していきましょう。 【参考】 岩瀬直樹 ・ちょんせいこ 著(ナツメ社) 多賀一郎著(明治図書出版) 続く不安というストレスと共存していく いつまた休校になるかわかりません。 また、学校へ行くことに対する不安を感じている子もいます。 不安というストレスはなかなかぬぐえません。 子どもたちの心が癒されるような話をしたり、絵本の読み聞かせをするなどして、少しでも教師がほっとできる場所にできるように心がけたいですね。 【参考】 多賀一郎著(黎明書房) もちろん、ストレスフルなのは、子どもたちだけではありませんよね。 先生方も、どうか自分の心身を大切に、この大変な時期を共に乗り越えましょう。

次の