年末挨拶 訪問。 年末年始の挨拶回りで恥をかかないためのビジネスマナー | VOKKA [ヴォッカ]

【恥かく前に】取引先への年末年始の挨拶マナーとメール例文3つを纏めてみた

年末挨拶 訪問

早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。 皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 本年も格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年もWEBサイト「訪問看護エデュケーションパーラー」の内容・利便性の向上、セミナーの質の向上をはじめ、少しでも皆様のご要望に応えられるよう誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。 また、365日24時間、在宅医療・介護の最前線に居る専門職の方々、寝ても覚めても経営・スタッフの繁栄を考えている経営者・管理職の方々にとっては、年末年始も関係ないかとも存じます。 そういった方々においてもホッと一息つける情報を、当方Facebookで随時配信を継続していきます。 尚、当法人 一般社団法人訪問看護エデュケーションパーラー の年末年始の休業期間は 下記の通りです。 ただし各種お問合せ等のご返信は1月4日以降になります。 今後とも相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、 歳末のご挨拶とさせて頂きます。 来年もどうぞよろしくお願い致します。 WEBサイト「訪問看護エデュケーションパーラー」 管理人 上原良夫 一般社団法人訪問看護エデュケーションパーラー 専務理事•

次の

年末年始の挨拶回りで恥をかかないためのビジネスマナー | VOKKA [ヴォッカ]

年末挨拶 訪問

挨拶回りの基本マナーを知る アポ取りは相手の都合を最優先に! 挨拶回りをする際に先ず気をつけるべき点は「アポイント」でしょう。 もちろん、近くに寄ったからといって突然押しかけるのは、相手にあまり良い印象を与えません。 短時間の用件であれ、必ず事前にお伺いをたてるのはビジネスマンではなくても当然のマナーと言えます。 さらに、アポイントを取る際は、訪問希望日の2〜3週間前に連絡しておくのがベターです。 とは言え、仕事によっては急にお伺いしなければならないケースも出てくるでしょう。 その際は遅くとも、前日までに電話などで時間を決めておくべきです。 また、どんなケースであっても、こちら側の都合で日時を決めるのではなく、相手に合わせることを心がけましょう。 アポ取りのタイミングにも注意しよう 一日でも早く相手にアポイントを取らなければならないという焦りから、思い立ったその時に先方へ連絡してしまうそそっかしい方もいらっしゃるかと思います。 しかし、アポ取りの連絡をする際も相手の都合を考え、個人宅、企業問わず、お食事時や遅い時間を避けるなどの工夫が必要です。 お伺いする際の「身だしなみ」にも気を遣おう 外回りの多いビジネスマンとって、最も注意すべき点が「身だしなみ」です。 露出が多い服装や、着崩したスタイル、さらには派手なヘアスタイルや匂いの強い整髪料、香水などは絶対に避けましょう。 さらに、ストッキングが伝線していたり、靴が泥だらけなど、見た目でだらしない印象を与えるのもNGです。 例えば雨が降っている日などは、靴下の替えを持参したり、靴を拭く布などを用意しておくなどの準備をしておくと良いでしょう。 さらにパーティーなど正装でお伺いする場合は、会場に着くまでの間はレインコートなどを着ておき、衣服を汚さない工夫もすべきです。 やむなくお伺いできなくなった際の対応は? アポイントを取っていたにも関わらず、移動中の事故や急用などによって、意図せずお伺いするのが難しくなってしまうケースもあるでしょう。 その際は、すぐに相手先に電話をかけ、お伺いできない旨を伝えましょう。 伝える内容として適切なのは、きちんと先方が納得できる理由を丁寧に話すことです。 「急用によりお伺いできなくなってしまいました」だけでは不十分ですし、理解してもらえないかもしれません。 さらに、数日中にお詫びのお手紙やメールを出すなどの心配りも必要です。 そのまま放置してしまうと、相手に悪い印象しか与えず、ビジネスの機会をみすみす失いかねませんので、十分注意しましょう。 ちなみに、渋滞や事故などにより、設定した時間に間に合わない場合も早めに連絡し、遅れる旨を伝え、お詫びしておきましょう。 その際は、遅れる理由と到着時間について伝えることを忘れずに。 年末年始の挨拶回りはどうするか? 訪問準備は入念に! 年末年始に「今年もお世話になりました」「来年もよろしくお願いします」という感謝の意を込めて、挨拶回りを行うビジネスマンは少なくないでしょう。 ただでさえ忙しい時期にお伺いする訳ですから、いつも以上に気をつかう必要があります。 まず、年末年始の挨拶は基本「数分」で終わるものがほとんどです。 故に、飛び込みで相手先に伺うケースも多いようですが、それは絶対に避けるべきです。 前記したように、年末年始は業務だけでも手一杯の状況であるところがほとんどです。 それは企業に限らず、一般のお宅にしても同様です。 きちんとお伺いする数日前にアポイントを取り、「歳末・新年のご挨拶にお伺いしたいのですが、近々でご都合の良い日時はございますか?」とお伺いしておきましょう。 仕事の話に繋げない方がいい? 前記したように年末年始は殊更忙しく、中々ゆっくりお話しする時間もないところが多いものです。 年末ならクリスマス後から29日頃まで、年始であれば4日から7日頃まではバタバタしているケースが多いのではないかと思います。 そんな中、ゆっくりお仕事の話をしている余裕などあるはずもなく、多くは軽い挨拶を交わした程度で終わらせたいと思っているでしょう。 無理にお仕事の話をし、今後はどうするべきか? などの相談を持ちかけることで、相手から嫌な印象を持たれてしまっては、これまでの営業努力が水の泡です。 潔く、挨拶のみで身を引く気遣いが大事なのではないでしょうか。 手土産は必須? お世話になったお礼として挨拶に伺う訳ですから、手ぶらという訳にもいきません。 中には会社オリジナルのカレンダーを渡すケースもありますが、そういったアイテムがない場合は、簡単な品物を用意しておくと良いでしょう。 一般的には白いタオルに「御挨拶」、年始なら「お年賀」というのしを付けてお渡しするケースが多いようです。

次の

年末のご挨拶に使えるビジネスメール文例集|ferret

年末挨拶 訪問

今年もとうとう一年を締めくくる時期がやってきました。 お歳暮、忘年会、年末調整、そして挨拶回り。 挨拶回りを失敗をしてしまうと、来年からの仕事にも支障をきたしてしまいます。 そのため、しっかり意識しておきたいのが『挨拶回りのマナー』です。 取引先に失礼のないよう、きちんとした知識を持って挨拶回り・営業回りに赴くべきでしょう。 多忙な年末年始!挨拶回りで失礼のないように 自身はもちろん、訪問先にとっても仕事が忙しい年末年始。 挨拶回り・営業回りをする上で、しっかり身に付けておきたいマナーは何でしょうか。 仕事上での丁寧な対応は、良い印象を与えることでしょう。 裏を返せば、挨拶回りで礼を欠く営業マンだと「忙しいのに邪魔しに来たのか?」と認識されかねません。 年末年始の挨拶回りをはじめとする営業回りで守るべきマナーをいくつかあげてみましたので、ぜひとも参考にしていただければと思います。 挨拶回りでは直接訪問前にアポイントを必ず取ろう 挨拶回りの基本は直接訪問です。 そして直接挨拶回りでうかがう前に、アポイントを取っておきましょう。 年末年始の動き方として、挨拶回りをはじめスケジュールの管理はとても重要です。 また、アポイントを取り付ける電話の際に、「挨拶のみですぐに失礼いたします」と一言添えておきましょう。 相手が不在の場合は謹賀新年の朱印をした名刺を置く 基本的にはアポイントを取り訪問する挨拶回りですが、営業先の担当者が急を要する事態になり、会社に行っても会えないといった場合は、第三者、もしくは受付の方に朱印を入れた名刺を渡しておきましょう。 「挨拶に来ましたよ」という証明書のようなものです。 挨拶回りではお歳暮なども名刺と一緒にお渡ししておいて大丈夫です。 挨拶回りの滞在時間は長くても30分を目安にする 挨拶回りは『迷惑をかけないこと』が大事です。 事前にアポイントはとっているといっても、お互い忙しい時期での顔合わせとなるわけですから、営業先での滞在時間は短めとするべきでしょう。 玄関先での挨拶のみでも失礼にあたることはないので、あまりにも忙しそうであれば、時間をとらせることのないようにする気遣いも年末年始の挨拶回りでは必要です。 挨拶回りでのお歳暮の渡し方・紙袋の渡し方の手順 年末年始のお歳暮の渡し方にもお中元と同じでマナーがあります。 基本的には紙袋での持参でOKですが、風呂敷で包むのがベストです。 年末年始に挨拶回り・営業回りで渡す際には、きちんと正面を向けて渡すようにしましょう。 また、紙袋は本来であれば持ち帰るものですが、相手が持ち歩きに便利だったり、他の社員にあまり中身を見られたくない場合もあるので、手渡してもかまいません。 新年の挨拶回り・営業回りは、営業マンにとってとても大切なものです。 挨拶回りはこれからの一年間を気持ちよくお付き合いしていく上で、必要なことです。 年が明け、あらためて信頼関係を築いていくためにもきちんとこなしておきましょう。 また、一般的に挨拶回りは「1月7日まで」という慣習があるため、なるべく営業スケジュールは年末までにたて、早めに営業回りを済ませられるようにしておきましょう。 挨拶回りは「松の内」までに済ませると意識する 基本的に、年末年始の挨拶は「松の内」までに済ませてください。 「松の内」とは元旦に迎えた年に、神様がいる期間のことです。 一般的には上記で説明した1月7日までですが、15日くらいまでとする地方もあります。 マナーを知って、新年からの営業をスムーズに行ってください。 年末年始の営業の挨拶回りは1月7日までに!アポイントも必須! 年末年始の挨拶回りで一番重要なことは、営業周りと同じで『顔を合わせる』ということ。 面と向かって「一年間大変お世話になりました」と言葉を交わすことが大事なのです。 そのため、先んじてアポイントをとり、 営業先と都合を合わせておくのを忘れないようにしましょう。 また、お歳暮を渡す時はお中元と同じように渡し方にマナーがあるので、営業回りに欠かせない知識として押さえておきましょう。 来年からの仕事をスムーズに行うためにも、できる限り早めに挨拶まわりをしに行くようにしましょう。

次の