増加 の 一途 を たどる。 取り締まり不可能? 非合法な白タクが増加の一途をたどる理由

訪日韓国人はなぜ増加の一途をたどるのか。意味不明です。

増加 の 一途 を たどる

Anti-Phishing Working Group(APWG)によると、個人の口座情報をオンラインユーザーから盗み出すという犯罪の防止に向けて金融機関各社が格闘する中、10月のフィッシング詐欺の件数は大幅に増加した。 APWGが今週公表した報告書によると、先月フィッシング詐欺で利用されたサイトの数は1142に上り、9月の543サイトと比べて110%の増加となった。 APWGは、オンライン攻撃を追跡する取り締まり当局、金融機関およびコンピュータセキュリティ企業で構成される団体。 同グループが10月に報告を受けたフィッシングメールの種類は約6600。 APWGのピーター・キャシディ事務局長によると、7月以来、平均すると毎月36%のペースでフィッシングメールの種類が増えているという。 「フィッシング技術は組織犯罪で用いられており、自動化によって同技術を利用しやすくなった。 フィッシング詐欺は極めて巧妙化してきた」と同氏は指摘する。 詐欺師がユーザーに偽の電子メールを送信し、有名な金融機関のホームページを装ったWebサイトにユーザーをおびき寄せるというのがフィッシングの手口。 フィッシングメールはサイトに口座情報を入力するようユーザーに指示し、詐欺師はその情報からユーザーのIDを詐取するのだ。 米連邦取引委員会によると、昨年、1000万人以上の米国人がID盗難の被害に遭っており、またフィッシングメールを受け取ったインターネットユーザーの数は5700万人と推定されている。 フィッシングで最大の影響を受けているのが金融サービス業界だ。 先月出回ったフィッシングメールの1つが、米国最大手の銀行であるCiticorpからのメールを装ったものだ。 Gartnerの最近の報告によれば、昨年、銀行およびクレジットカード会社がフィッシング詐欺で被った損害は102億ドルに上る。 銀行では、フィッシングに対抗すべく、詐欺メールに関する消費者教育を進めている。 Webサイトや月例報告書にフィッシングに関する情報を掲載している銀行もある。 APWGでは、フィッシャーらが地方銀行もターゲットにすると予想していたが、キャシディ氏によると、地方銀行を狙った攻撃はまだ起きていないという。 「フィッシャーたちは、CiticorpやBank of Americaといった有名銀行以外には攻撃の範囲を拡大していないようだ。 フィッシング攻撃を集中的に受けている有名銀行の数は、7月の4行から10月には6行に増えた。 その数はさらに増える見込みだが、われわれの予想よりも増加ペースはやや鈍いようだ」とキャシディ氏は話す。 APWGは企業およびユーザーに対して、についても警告している。 キャシディ氏によると、この新手法は今のところブラジルでしか見つかっていないが、これは本格的な展開に向けたテストの可能性が高いという。 司法省は8月、、告発あるいは有罪判決に持ち込んだことを明らかにした。 これらの犯罪の多くはフィッシング詐欺に関係したもの。 米連邦捜査局(FBI)では、違法なインターネット活動の多くが国際的な犯罪組織が絡んだものであることから、サイバー犯罪を取り締まるための体制を再編した。

次の

増加の一途をたどるフィッシング

増加 の 一途 を たどる

増加の一途をたどっている うつ病ですが、具体的にはどのような病気なのでしょうか。 私のブログ、「症状で調べる心の病気」で何度も出てきましたが、あらためて2回に分け、より詳しく説明していきます。 今回は、その第1回目です。 【どんな病気?】 気分の落ち込みのほか、身体面にもさまざまな症状が見られる うつ病というと、「憂うつな気分が続く病気」というイメージをもっている人が多いと思われます。 おおむね間違いではありませんが、症状は精神面だけでなく、身体面にも現れます。 まず、精神面の症状を見てみると、前述の「憂うつな気分が続く」「イライラする」のほか、「普段は楽しいと感じる活動に喜びや興味を失う」「考えが浮かばない」「頭の回転が鈍くなる」「集中できない」「決断できない」「能率が低下する」などがあります。 これは、「抑制症状」と呼ばれる症状です。 さらに進むと、悲観的になって、自分には生きている価値がないと考えるようになり、「この世から消えたい」「自殺したい」と思うようになります。 身体面の症状としては、以下のものが典型的です。 眠りが浅い。 途中、何度か目覚めてしまう。 早朝に目が覚める。 好物を食べてもおいしく感じられない。 身体が重い。 すぐに横になる。 息苦しい。 めまい。 口が乾く。 吐き気がする。 便秘と下痢を繰り返す。 性欲がない。 体重が減る。 うつ病の患者は多くの場合、身体の不調のために元気が出ないのだと考えて、内科や整形外科、脳外科などを受診します。 そのとき、患者が精神的苦痛を訴えないと、更年期障害や自律神経失調症と診断されることも少なくありません。 なかには原因不明の病気とされ、いくつもの病院を回ったり、必要のない精密検査を繰り返したりすることもあります。 うつ病にかかりやすい人は、気分がすぐれなくても相手への配慮からにこやかな対応を心がける傾向にあるため、医師が内面の深刻な苦痛に気づかず、正しい診断が下されないケースもあります。 日本における年間自殺者は2012年以降、3万人を下回るようになりましたが、そのなかにはうつ病を患っていた人も多数含まれていると考えられています。 うつ病を放置すると死に至る危険もあることから、早期発見、早期治療が望まれます。 そのためにも、医療機関で正しく症状を伝えられるように注意が求められます。 鍛治 剛史.

次の

増加の一途をたどる新薬の開発コストをいかにして回収するか

増加 の 一途 を たどる

増加の一途をたどっている うつ病ですが、具体的にはどのような病気なのでしょうか。 私のブログ、「症状で調べる心の病気」で何度も出てきましたが、あらためて2回に分け、より詳しく説明していきます。 今回は、その第1回目です。 【どんな病気?】 気分の落ち込みのほか、身体面にもさまざまな症状が見られる うつ病というと、「憂うつな気分が続く病気」というイメージをもっている人が多いと思われます。 おおむね間違いではありませんが、症状は精神面だけでなく、身体面にも現れます。 まず、精神面の症状を見てみると、前述の「憂うつな気分が続く」「イライラする」のほか、「普段は楽しいと感じる活動に喜びや興味を失う」「考えが浮かばない」「頭の回転が鈍くなる」「集中できない」「決断できない」「能率が低下する」などがあります。 これは、「抑制症状」と呼ばれる症状です。 さらに進むと、悲観的になって、自分には生きている価値がないと考えるようになり、「この世から消えたい」「自殺したい」と思うようになります。 身体面の症状としては、以下のものが典型的です。 眠りが浅い。 途中、何度か目覚めてしまう。 早朝に目が覚める。 好物を食べてもおいしく感じられない。 身体が重い。 すぐに横になる。 息苦しい。 めまい。 口が乾く。 吐き気がする。 便秘と下痢を繰り返す。 性欲がない。 体重が減る。 うつ病の患者は多くの場合、身体の不調のために元気が出ないのだと考えて、内科や整形外科、脳外科などを受診します。 そのとき、患者が精神的苦痛を訴えないと、更年期障害や自律神経失調症と診断されることも少なくありません。 なかには原因不明の病気とされ、いくつもの病院を回ったり、必要のない精密検査を繰り返したりすることもあります。 うつ病にかかりやすい人は、気分がすぐれなくても相手への配慮からにこやかな対応を心がける傾向にあるため、医師が内面の深刻な苦痛に気づかず、正しい診断が下されないケースもあります。 日本における年間自殺者は2012年以降、3万人を下回るようになりましたが、そのなかにはうつ病を患っていた人も多数含まれていると考えられています。 うつ病を放置すると死に至る危険もあることから、早期発見、早期治療が望まれます。 そのためにも、医療機関で正しく症状を伝えられるように注意が求められます。 鍛治 剛史.

次の