無理言ってすみません 敬語。 勝手なお願いをする際のビジネスメールの例文は?わがまま/身勝手

至急お願いします!!

無理言ってすみません 敬語

「ご無理を言ってしまい〜」は上司・目上に失礼? ビジネスメールに使えるもっと丁寧な敬語ってなに? とご心配のあなたへ。 「ご無理を言ってしまい〜」は目上や上司・取引先へのビジネスメールに使っても失礼ということでは無いのですが… よりビジネスライクな敬語フレーズに言い換えることができます。 ビジネスシーンに応じてたとえば、• 「無理を言ってしまいすみません」と言いたいときは? 丁寧「ご無理をお願いし申し訳ございませんでした。 」 丁寧「ご無理を申しまして申し訳ございません(でした)。 」 丁寧「ご無理を申し上げて申し訳ございません(でした)。 」 かなり丁寧「ご無理を申しましたことを陳謝いたします。 申し訳ございませんでした」 かなり丁寧「ご無理を申しましたことをお詫び申し上げます。 申し訳ありませんでした」• 「無理を言いますがよろしくね!」と言いたいときは? 丁寧「ご無理申し上げますが、ご対応いただけますと幸いです。 」 丁寧「ご無理なお願いとは存じますが、ご検討のほど宜しくお願い致します。 」 かなり丁寧「ご無理を申しまして大変恐縮ですが、明日中にご連絡いただければ幸いです。 「無理なことだとわかっておきながら言いますけど…」と言いたいときは? 丁寧「ご無理を承知で申し上げますが、iPhoneを値下げいただけないでしょうか?」 丁寧「ご無理を承知で値下げをお願い致します。 」 といった敬語をつかうと丁寧です。 どの例文も社内メールで目上(上司や先輩)につかっても、社外のビジネスメールにつかってもよい丁寧な敬語表現ですね。 ざっくりとした解説はこれにて終了。 くわしくは本文中にてそれぞれの敬語の意味と使い方、注意点を述べていきます。 この記事の目次• 「無理を言ってしまいすみません」と言いたいときは? ビジネスで使える「ご無理を言ってしまい」よりも丁寧な敬語・メール例文。 まずは「無理を言ってしまいすみません」と言いたい時につかえる言い換え敬語をご紹介。 【例文】ご無理をお願いし申し訳ございません(でした) 意味は「 無理なお願いをしてすみません」であり、ビジネスシーンではとくにお礼メールに活躍する表現です。 使い方はとくに上司なり社内目上・取引先に 何かしら無理なお願いをし「了解です!」的な返信がきたあと。 返信の返信メール書き出しでまず「ご無理をお願いし申し訳ございません」とすると、相手への配慮があらわれていて好感がもてます。 たとえば、• 【例文】 ご無理をお願いし申し訳ございません。 【例文】 ご無理をお願いし申し訳ございませんでした。 【例文】 ご無理をお願いし申し訳ありません。 【例文】 ご無理をお願いし申し訳ありませんでした。 といったシンプルなお礼フレーズにするだけで丁寧です。 お礼メールだけでなく他にもある使い方としては、• 【例文】ご無理をお願いし申し訳ございません が、ご対応いただけますと幸いです。 【例文】ご無理をお願いし申し訳ございません が、ご検討いただければ幸いです。 のように後ろに お願い・依頼フレーズをもってきてもつかえます。 どれも社内メールで目上の人(上司や先輩)につかっても、社外のビジネスメールにつかってもよい丁寧な敬語表現です。 言い換えとして「 ご無理を申し上げて申し訳ございません」でも丁寧ですが… 「申し上げて」x「申し訳ございません」という組み合わせが非常に読みづらいので「ご無理をお願いして申し訳ございません」に言い換えることをオススメします。 【例文】ご無理を申しまして申し訳ございません(でした) 意味は「 無理を言ってすみません」であり、ビジネスシーンではとくにお礼メールに活躍する表現です。 使い方はとくに上司なり社内目上・取引先に 何かしら無理なお願いをし「了解です!」的な返信がきたあと。 返信の返信メール書き出しでまず「ご無理を申しまして申し訳ございません」とすると、相手への配慮があらわれていて好感がもてます。 たとえば、• 【例文】 ご無理を申しまして申し訳ありません。 【例文】 ご無理を申しまして申し訳ありませんでした。 【例文】 ご無理を申しまして申し訳ございません。 【例文】 ご無理を申しまして申し訳ございま せんでした。 といったシンプルなお礼フレーズにするだけで丁寧です。 お礼メールだけでなく他にもある使い方としては、• 【例文】ご無理を申しまして申し訳ありません が、ご対応いただけますと幸いです。 【例文】ご無理を申しまして申し訳ございません が、ご承諾 ご了承 の程お願い致します。 のように後ろに お願い・依頼フレーズをもってきてもつかえます。 どれも社内メールで目上の人(上司や先輩)につかっても、社外のビジネスメールにつかってもよい丁寧な敬語表現です。 等しく丁寧な言い換えとしては… 「 ご無理をお願いして申し訳ございません」「 ご無理を申し上げまして申し訳ございません」もあります。 個人的には「申しまして」x「申し訳ありません」という組み合わせが非常に読みづらいので「ご無理をお願いして申し訳ありません」に言い換えることをオススメします。 【例文】ご無理を申し上げて申し訳ございません(でした) 意味は「 無理を言ってすみません」であり、ビジネスシーンではとくにお礼メールに活躍する表現です。 使い方はとくに上司なり社内目上・取引先に 何かしら無理なお願いをし「了解です!」的な返信がきたあと。 返信の返信メール書き出しでまず「ご無理を申し上げて申し訳ございません」とすると、相手への配慮があらわれていて好感がもてます。 たとえば、• 【例文】 ご無理を申し上げて申し訳ございません。 【例文】 ご無理を申し上げて申し訳ございませんでした。 【例文】 ご無理を申し上げて申し訳ありません。 【例文】 ご無理を申し上げて申し訳ありま せんでした。 といったシンプルなお礼フレーズにするだけで丁寧です。 お礼メールだけでなく他にもある使い方としては、• 【例文】ご無理を申し上げて申し訳ございません が、ご対応いただけますと幸いです。 【例文】ご無理を申し上げて申し訳ございません が、ご承諾 ご了承 の程お願い致します。 のように後ろに お願い・依頼フレーズをもってきてもつかえます。 どれも社内メールで目上の人(上司や先輩)につかっても、社外のビジネスメールにつかってもよい丁寧な敬語表現です。 等しく丁寧な言い換えとしては… 「 ご無理をお願いして申し訳ございません」「 ご無理を申しまして申し訳ございません」もあります。 個人的には「申し上げて」x「申し訳ございません」という組み合わせが非常に読みづらいので「ご無理をお願いして申し訳ございません」に言い換えることをオススメします。 ガチな謝罪が必要なときに使えるもっとも丁寧な言い換え 「無理を言ってしまいすみません」と言いたい時につかえる丁寧な敬語。 あとは少し違った角度から。 上司や目上・取引先にとんでもなく負担や無理をかけて、どうしても謝罪やお詫びが必要なときにはどうするか?というと… 「申し訳ありません」ではなく、• 【例文】ご無理を申しましたことを 深くお詫び申し上げます。 申し訳ありませんでした。 【例文】ご無理をお願いしましたことを 陳謝いたします。 申し訳ございませんでした。 というように「お詫び申し上げます」「陳謝いたします」といったより、誠意の感じられる謝罪・お詫びフレーズをつかいます。 「無理を言いますがよろしくね!」とお願いしたい時は? ビジネスで使える「ご無理を言ってしまい」よりも丁寧な敬語・メール例文。 つづいて「無理を言いますがよろしくね!」とお願い・依頼したい時につかえる言い換え敬語をご紹介。 【例文】ご無理申し上げますが 意味は「 無理を言いますが」。 使い方はとくに上司なり社内目上・取引先に何かしら無理なお願いをするとき。 「 無理を言ってすみませんが…」のようなニュアンスでつかうと、相手への配慮があらわれていて好感がもてます。 たとえば。 「ご無理申し上げますが宜しくお願い致します」とシンプルにお願いする使い方のほかにも、• 【例文】ご無理申し上げますが、何卒 ご対応の程お願い申し上げます• 【例文】ご無理申し上げますが、どうか ご検討いただきますようお願い致します• 【例文】ご無理申し上げますが、 お取り計らいくださいますようお願い致します• 【例文】ご無理申し上げますが、 ご検討いただけますと幸いです• 【例文】ご無理申し上げますが、 ご教示いただけましたら幸いです といように具体的にお願いしたい内容をあらわす語とくみあわせても丁寧。 どの例文も社内メールで目上(上司や先輩)につかっても、社外のビジネスメールにつかってもよい丁寧な敬語表現です。 等しくつかえる言い換えとしては… 「 無理なお願いとは存じますが」「 不躾なお願いとは存じますが」「 勝手を申し上げますが」などあり。 「ご無理申し上げますが」は「 無理なお願いとは存じますが」に言い換えできます。 「無理なお願いとは存じますが」の意味は「無理なお願いとは思いますが」であり、似たようなビジネスシーンでつかわれます。 無理を言いますが… =ご無理申し上げますが なのか、• 無理なお願いとは思いますが… =無理なお願いとは存じますが という意味の違いはあれど結局のところ上司なり目上・取引先を気づかうフレーズという点においてはおなじ事。 したがって似たようなビジネスシーンでつかえます。 使い方はたとえば、• 【例文】無理なお願いとは存じますが、何卒ご対応いただければ幸いです。 【例文】無理なお願いとは存じますが、ご対応いただきますようお願い致します。 【例文】無理なお願いとは存じますが、ご承諾くださいますようお願い申し上げます。 というように使います。 あとは似たようなフレーズ「 不躾なお願いとは存じますが」に言い換えても丁寧です。 【例文】ご無理を申しまして大変恐縮ですが 意味は「 無理を言って大変申し訳ないと思いますが」。 使い方はとくに上司なり社内目上・取引先に何かしら無理なお願いをするとき。 「 無理を言って大変すみませんが…」のようなニュアンスでつかうと、相手への配慮があらわれていて好感がもてます。 たとえば。 「ご無理を申しまして大変恐縮ですが宜しくお願い致します」とシンプルにお願いする使い方のほかにも、• 【例文】ご無理を申しまして大変恐縮ですが、何卒 ご対応の程お願い申し上げます• 【例文】ご無理を申しまして大変恐縮ですが、 ご検討いただきますようお願い致します• 【例文】ご無理を申しまして大変恐縮ですが、 お取り計らいの程お願い致します• 【例文】ご無理を申しまして大変恐縮ですが、 ご了承いただけますと幸いです• 【例文】ご無理を申しまして大変恐縮ですが、 お時間をいただけますと幸いです• 【例文】ご無理を申しまして大変恐縮ですが、 ご教示いただけましたら幸いです といように具体的にお願いしたい内容をあらわす語とくみあわせても丁寧。 どの例文も社内メールで目上(上司や先輩)につかっても、社外のビジネスメールにつかってもよい丁寧な敬語表現です。 等しくつかえる言い換えとしては… 「 無理なお願いとは存じますが」「 不躾なお願いとは存じますが」「 勝手を申し上げますが」などあり。 シンプルに「 ご無理を申し上げますが」だけでも十分に丁寧です。 「無理だとわかっておきながら言いますけど…」と言いたいときは? ビジネスで使える「ご無理を言ってしまい」よりも丁寧な敬語・メール例文。 つづいて「無理だとわかっておきながら言いますけど…」と言いたい時につかえる言い換え敬語をご紹介。 『ご無理を承知で申し上げますが』+お願いの中身 「無理だとわかっておきながら言いますけど…」と言いたい時につかえる敬語。 【例文】ご無理を承知で申し上げますが+お願いの中身 意味は「 無理なこととわかっておきながら言いますが」。 これまで紹介した言い換え例文のほうが圧倒的につかわれますが… 無理なお願いをするときの気づかいフレーズとしてつかうときもあります。 たとえば。 【例文】ご無理を承知で申し上げますが、明日中に納入いただけますでしょうか?• 【例文】ご無理を承知で申し上げますが、製品価格の改定をお願いしたく存じます。 【例文】ご無理を承知で申し上げますが、なんとかご対応いただけないでしょうか?• 【例文】ご無理を承知で申し上げますが、どうかご教示いただければ幸いです。 【例文】ご無理を承知で申し上げますが、どうかお時間をいただけますと幸いです。 といように具体的にお願いしたい内容をあらわす語とくみあわせて使います。 ただし。 これらの例文は会話や電話対応シーンでよくつかわれ、ビジネスメールでお願い・依頼するときには以下の敬語のほうがよくつかいます。 理由はよくわかりません、すみません…•

次の

「ご無理を言ってしまい」よりもビジネスメールに適した敬語10選

無理言ってすみません 敬語

無理なお願いするときのメールの書き方 急ぎの仕事、安い仕事、たいへんな仕事など、無理をお願いするときのメールでつい書きがちなのが「ご無理を申しまして、申し訳ありません」というメール。 自分が無理を言うのだから、「ご」をつけるのはおかしいと思う人が多数派なので避けた方が無難でしょう。 この場合、 「無理なお願いを致しまして、申し訳ありません」とします。 ただし、相手が無理をしなければならないこと(相手のご無理)をお願いするという意味での「ご無理をお願いしまして」はOKです。 お願いする際のプラス表現としては、 ・急なお願いで申し訳ありませんが ・日にちがなくてたいへん申し訳ないのですが ・誠に厚かましいお願いではございますが、 ・些少なご謝礼で誠に失礼ではございますが、 ・細かいことが多くご面倒をおかけしますが、 ・この期に及んでたいへん申し訳ないのですが、 などのパターンがあります。 状況によって使い分けることが気のきいたメールの極意です。 なお、お願いの文末には以下のパターンがあります。 下にいくほど遠慮がちになります。 こちらも状況に応じて使い分けましょう。 ・お送りください。 ・お送りください(いただき)ますようお願い致します。 ・お送りいただきたくお願い申し上げます。 ・お送りいただけましたら幸いです(幸甚に存じます)。 ・お送りいただけますでしょうか。 ・お送りいただくことは可能でしょうか。 通常業務ではないことのお願いメールの書き方 通常業務ではないことでの、折り入っての相談や頼みごとなどは、最も書きにくいメールのひとつです。 通常業務の範囲外のイレギュラーなメールを送る場合は、 「お手すきのときに、~などご教示いただけましたらありがたいです」など、仕事の邪魔をしない書き方を心がけましょう。 また、相談事の常套句として「折り入って」という言葉があります。 「折り入って」は、真面目に頼みごとや相談をする場合に「お話」「ご相談」などと一緒に使います。 ご無沙汰しております。 今日は小林先生に 折り入ってのお願いがあり、 ご連絡致しました。 実は私、10月20日に結婚式を挙げることになりました。 先生にはぜひ主賓としてご列席いただき、 一言祝辞を頂戴できればと思っております。 突然の厚かましいお願いを、このようなメールで 差し上げる失礼をお許しください。 私の大切な節目の日に、先生に立ち会って いただけましたらこの上ない幸せでございます。 よいお返事をお待ちしております。 本来なら、電話で報告とお願いをしたいところですが、タイミングが難しければこのようなメールでもOKです。 「折り入ってご相談があるのですが、今お電話してもよろしいでしょうか」とメッセージなどで連絡して、相手の都合に合わせて連絡するのもよい方法です。 プラス表現として「私事で恐縮ですが」なども気のきいた言い回しでしょう。 お願いの程度と、言葉遣いを上手に組み合わせることによって、相手に気持ち良くYESと言ってもらえるような「気のきいたメール」になります。

次の

「助かります」は敬語?意味と使い方!ビジネスメールでの返事、言い換え、英語を解説!

無理言ってすみません 敬語

Q 他社のかなり偉い上司に対して どうしてもというわけではないけどできればそうしてほしい くらいのお願い事をするときに、どのようにメールを書けばよいか悩んでいます。 文章の流れとしては、 「~をお願いできますでしょうか。 ご無理なようでしたら他の機会にあたってみますので お気になさらないでください。 」 という感じのものを考えています。 「ご無理なようでしたら」というのはこちらが少し偉そうでしょうか。 また、「あたってみます」というのは口語っぽいでしょうか。 「お気になさらないでください」というのが一番気になっているのですが、 「ください」とするとどうしても命令っぽさが出てしまいます。 なにか良い書き方はないでしょうか。 アドバイスをお願いいたします。 A ベストアンサー うー、他社の上司ですか。 意味はわかるが。 >「ください」とするとどうしても命令っぽさが出てしまいます ほんとですかそれは。 おゆるしください、が上からの物言いだろうか。 くださいの前に来る語が問題でしょう。 気にするな、というのが偉そうなんじゃないですか。 >「あたってみます」というのは口語っぽいでしょうか。 口語うんぬんよりも、「機会にあたる」というのが変でしょう。 あたるのは人かそれに準じるものだもの。 「つぎの機会を待つ」あたりが適当かと。 >「ご無理なようでしたら」というのはこちらが少し偉そうでしょうか なぜ「ご無理でしたら」としないのだろう。 たいがい短ければ短いほど良いのです。 「ご注文のほう」なんぞと同じ。 「ご注文」でたくさん。 余計な尾鰭は毟り取るにしくはなし。 婉曲語法を適切に用いるのは高度の熟練を要すると知るべし。 >「お気になさらないでください」というのが一番気になっているのですが すでに言ったけど、頼みごとをしておいて、駄目なら気にするなというのがなんとも。 ここはきっぱり「ご放念ください」でしょう。 忘れてくれの四角な言い方。 気にするなとはだいぶ違いましょ。 ちゃんとへりくだってる。 うー、他社の上司ですか。 意味はわかるが。 >「ください」とするとどうしても命令っぽさが出てしまいます ほんとですかそれは。 おゆるしください、が上からの物言いだろうか。 くださいの前に来る語が問題でしょう。 気にするな、というのが偉そうなんじゃないですか。 >「あたってみます」というのは口語っぽいでしょうか。 口語うんぬんよりも、「機会にあたる」というのが変でしょう。 あたるのは人かそれに準じるものだもの。 「つぎの機会を待つ」あたりが適当かと。 >「ご無理なようでしたら... 「止めておけ。 無理にとは言わないが」というのはちょっと変な言い回しの気もしますが、「自分は勧めないが、本人がやるというなら仕方がない(止められない)」という感じがします。 「明日からやってくれないかなあ、無理にとは言わないが」は、言い方の雰囲気や場合によりニュアンスが違ってくると思います。 押しつけがましく言われれば半ば強制に聞こえるかもしれないし、遠慮がちに言われれば強いている感じに聞こえないかもしれないし。 受け取る側にもよると思います。 割り切って考える人ならば「無理にじゃないのなら、やるかやらないかは選べる」と考えるかもしれませんし、気弱な人なら「断れない」と判断するかもしれません。 その辞書は和英辞典のようですが、 insistという単語自体には、しつこく要求するという意味があります。 alc. goo. alc. 額面通りに受け取られるか、うまく意図が伝わらない可能性もあるのではないかと思います。 「止めておけ。 無理にとは言わないが」というのはちょっと変な言い回しの気もしますが、「自分は勧めないが、本人がやるというなら仕方がない(止められない)」という感じがします。 「明日からやってくれないかなあ、無理にとは言わないが」は、言い方の雰囲気や場合によりニュアンスが違ってくると思います。 押しつけがましく言われれば半ば強制に聞こえ...

次の