ゴミ収集車 圧縮 仕組み。 ゴミ収集車に関する豆知識7つ|ゴミ収集車の事故事例3つ

ゴミ収集車の仕組みや種類

ゴミ収集車 圧縮 仕組み

Contents• パッカー車とは パッカー車とは、機械式収集車を意味しています。 オートで荷物が押し込まれ、そのまま圧縮されるという特殊な車のことですので、多くの人が普段運転する自動車とは明確に区別されます。 パッカー車に該当するものとして代表的なものは、ゴミ収集車ですね。 日々多くの地区を回ってゴミを回収するにあたって必要なものであり、全国にたくさんの台数があります。 あれらは、全てパッカー車と言われるものなのです。 気になる呼び方の由来は? パッカー車というのは少し特徴的な呼び名ですので、その呼び名の由来は気になりますよね。 そこで、有力な説をいくつかご紹介しましょう。 英語のPackが由来説 Packというのは、日本語訳で「詰め込む」という意味になります。 そのため、ゴミ収集車のイメージとしても近いものがありますよね。 したがって、Packという言葉がパッカー車の由来になっているという説が有力です。 ただ、英語が標準語のアメリカでは、パッカー車と呼ぶことはないそうです。 よって、Pack説だと確定できるわけではないでしょう。 車両の商品名やディーラーの名称説 車両の数は膨大にあり、中にはパッカー車という名称に近い商品名のものもあります。 そのため、車両の商品名が由来になったのだという説があります。 また、車両の名称ではなく、ディーラーの名称が由来になったという説もありますね。 正式名称は塵芥車 パッカー車という言われ方をされるケースは多いですが、 正式名称としては適切ではありません。 正式名称は「塵芥車」です。 法的にも塵芥車という名称が正しいものとなっていますので、この点はしっかりと踏まえておきましょう。 パッカー車の仕組み パッカー車にもいくつかタイプがあり、タイプ別に仕組みが異なります。 そこで、ここでは3種類のパッカー車の仕組みについてご説明しましょう。 プレス式 プレス式については、圧縮式とも言われていて、タンク内のゴミを圧縮することが特徴です。 また、1次圧縮と2次圧縮があり、2段階の圧縮が行われます。 このことにより、大きなゴミから小さなゴミまで十分に圧縮されるのです。 回転板式 回転盤式とは、反転、かき込み、押し込みという動作が行われるタイプとなっています。 回転盤でゴミをかき込み、そのまま押し込むという画期的なシステムですが、圧縮力についてはプレス式より劣ります。 ロータリー式 ロータリー式については、ドラム回転させる中で、ゴミを巻き込むようにして積むことが特徴です。 連続的にゴミを積んでいけるというメリットがありますが、あまり多くを積むことはできませんので、このタイプのパッカー車はそんなにありませんね。 まとめ パッカー車の由来については諸説あり、有力とされるものもあります。 ただ、どれが絶対正しいということはありません。 また、パッカー車や塵芥車、塵芥収集車という言われ方をされることがありますが、基本的にはどれも同じ車両です。 そのため、それぞれを区別する必要はありませんね。

次の

パッカー車とは?基本的な仕組みから購入時のチェックポイントまで|中古トラックの販売・買取なら上野自動車

ゴミ収集車 圧縮 仕組み

この記事の目次• 交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ! ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。 もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが? またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますので トラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。 また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります! ゴミ収集車が収納できるゴミの量ですが、一般的なゴミ袋の場合、1000袋程度です。 1000袋と言われても実感がわかない方が多いでしょうが、相当な量です。 ゴミ収集車の2トンや4トンなどのタイプがありますが、2トン車が主流であり、上記の1000袋というのは2トン車が収納できる量です。 4トン車の場合は、ゴミ袋を2000袋程度、収納することができます。 豆知識2:ゴミ収集車のパワー 先に触れたとおり、ゴミ収集車が大量のゴミを収納できるのはゴミを圧縮して小さくした上で積み込むからです。 この圧縮するパワーはどの程度なのか、イメージすることができますか。 ゴミ収集車はゴミ袋に入れられている一般的なゴミを小さく圧縮できることはもちろん、家具や自転車、冷蔵庫といったものまで潰せるほどのパワーを持っています。 アメリカのゴミ収集車はさらに強力で、車一台を飲み込んでしまうほどの力を有します。 豆知識3:ゴミ収集車が収集できるもの 基本的にゴミ収集車は家庭から出る一般的なゴミを回収します。 家庭から出されるゴミは、「家庭系一般廃棄物」と言われます。 一方で、一般家庭とは異なる事業所から出る「産業廃棄物」はゴミ収集車では回収できません。 産業廃棄物は各事業所が責任を持って処分する必要があります。 事業所からは「事業系一般廃棄物」も出ますが、事業系一般廃棄物は自治体によって対応が異なるので、不明な点があれば担当部署に確認してください。 豆知識4:ゴミ収集車の運転に必要な免許 一般的な2トンのゴミ収集車の運転に必要な免許は、免許の取得時期によって異なります。 ・2017年3月11日までに普通免許を取得 2トンのゴミ収集車の運転可能 ・2017年3月12日以降に普通免許を取得 2トンのゴミ収集車の運転ができず、準中型免許の取得が必要 これは免許制度の変更によるもので、2017年3月11日までに免許を取得している場合、3トンの車まで運転でき、ゴミ収集車の運転に特別な免許は不要です。 豆知識5:ゴミ収集車の圧縮形式 先に触れたとおり、ゴミ収集車はゴミを圧縮してゴミを積み込んでいますが、圧縮の仕方は複数あることをご存知ですか。 ゴミ収集車の圧縮形式には3つの形式がありますが、それぞれの特徴をみていきましょう。 圧縮板式 最後に「ロータリー式」を紹介しましょう。 ロータリー式は円形のドラムが回転しながらゴミを車に積み込む形式です。 先に紹介した2つの形式を比較して圧縮する力が弱いですが、ドラムが回転している限りゴミを継続して投入できるというメリットがあります。 ただ、先の2つの形式が主流であり、近年ロータリー式の車はあまり見られなくなっています。 豆知識6:ゴミ収集車のメーカー ゴミ収集車はどのメーカーが作っているのかと思われた方もいらっしゃるでしょう。 実は、ゴミ収集車は皆さんがよくご存じのいすゞや日野といったメーカーのトラックをベースにし、そこにゴミ収集の機能を持った構成品を載せています。 ゴミ収集の機能を持つ部分は、極東開発工業や新明和工業、富士車輌、モリタエコノスといった専門の会社が作っています。 ゴミ収集車自体は、私たちが目にするいすゞや日野の名前で販売されています。 豆知識7:ゴミ収集車の値段 ゴミ収集車の値段が気になる方もいらっしゃるでしょう。 小型車においては、新車の場合400〜600万円、中古車では150〜500万円ほどです。 中型車では、新車の場合500~800万円、中古車で200~600万円前後です。 大型車では、新車は800~1000万円、中古車は800万円前後になります。 機能や使用年数などさまざまな要因によって金額は変わるので1つの目安として頭に入れておきましょう。 事例1:ゴミ収集車から発火 1つ目の事例は、ゴミ収集車にゴミを積み込んだ際に発火したというものです。 ゴミが分別されておらずスプレーやライター、電池などが混ざったゴミを収集車に積み込んだ際、火花や着火するゴミが要因となり火災が発生することがあります。 スプレーは使い切ってガスを抜いた上でゴミに出す、ゴミの分別のルールは守る、といった基本的な作業でこうした火災は減らせるので、ゴミを出す側も普段から意識して対応するようにしましょう。 事例2:ゴミ収集車に巻き込まれる 2つ目は、ゴミ収集車に作業員や周囲の方が巻き込まれるというものです。 先に触れたとおり、ゴミ収集車のパワーは相当に大きいので巻き込まれると大惨事になります。 注意不足によるケースがほとんどだと考えられるので、巻き込まれにくい作業服にする、2人以上で作業するなどの対策を取るようにしましょう。 また、ボタンを押し続けないとゴミ収集車が作動しないといった車側での対策が取られている車両もあります。 事例3:ゴミ収集車の交通事故 最後はゴミ収集車の交通事故です。 ゴミ収集車は短時間で多くのゴミ集積所からゴミを集めなければならないので、慌ただしく作業をしていることが多いです。 運転手は周囲が見えにくなっている可能性がある、ということを覚えておきましょう。 可能な限り近づかないようにするなど、各々が可能な対策を取るようにしましょう。 ゴミ収集車の機能や仕組みといった豆知識、事故事例などを紹介してきましたが、いかがでしたか。 生活に密着している存在なのに意外と知らないゴミ収集車について、新たな知識を得ることができたという方も多いのではないでしょうか。 本記事を機会にゴミ収集車について詳しくなっていただき、必要に応じてさらなる知識を習得していきましょう。 交通違反や免許の更新や罰則などの知識はドライバーワークスへ! ドライバー業界は、免許更新や罰則などの知識を蓄えておくことが運転するときに重要となってきます。 もし、何かあったときの為に、この記事を読んでいる方は免許更新や、交通違反などの知識を改めて確認するのはいかがですが? またドライバーワークスでは、免許の取得を負担してくれる会社もありますので トラックドライバーやタクシードライバーを転職先に検討している方はぜひ参考にしてみてください。 また、2020年に開催されるオリンピックの影響でバスドライバーやトラックドライバーの需要が高くなっています。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

ごみ収集車

ゴミ収集車 圧縮 仕組み

Contents• パッカー車の分類と特徴 私たちの生活に密着し、毎日のように目にするパッカー車ですが、その種類などについては意外と知らないもの。 実は法律上は「塵芥車」という呼び名で、他にもメーカーなどによっては清掃車、ゴミ収集車、塵芥収集車などと呼ばれることもあります。 ここでは私たちが最も目にしやすいごみ収集車を前提にお話ししていきましょう。 ゴミ収集車は、一度になるべく多くのゴミを効率的に積み込み、処理場で排出するための仕組みが備えられています。 ゴミの圧縮・荷箱への収納方法の違い、処理場での排出方法の違いにより、タイプが分かれます。 ゴミの圧縮方法によるパッカー車の分類と特徴 ゴミの圧縮方法によって、パッカー車は3つに分類されます。 プレス式(圧縮板式) もっともゴミの圧縮力が高いのがプレス式(圧縮板式)です。 ゴミは2種類のプレートで2回に分けて圧縮され、荷箱におくられます。 家具や、冷蔵庫などの大型家電、自転車なども砕くことができるので、一般的な家庭ゴミのほか粗大ゴミなどの運搬に適しています。 回転板式 ゴミの積み込み口底部にある回転板がゴミをかき上げ、上部にある押込板によって荷箱に送るタイプです。 圧縮力はプレス式に比べると弱めですが、その分飛び散りが少ないため、ビンや缶、生ゴミ、木くずなどの回収に適しています。 ロータリー式(荷箱回転式) 中にらせん状のスクリューが備えられた円柱型のドラムを回転させながらゴミを巻き込んでいくタイプです。 コンクリートミキサーのドラムを想像していただければわかりやすいと思います。 投入口が広いためゴミを入れやすい、回転板式と同様飛び散りが少ないが、板がないため人の巻き込みの危険性が少ないなどのメリットがありましたが、圧縮力・運搬効率の低さから最近ではシェアを下げています。 ゴミの排出方法による分類 積んできた大量のゴミは、処理場でゴミ収集車から降ろされます。 排出方法には、排出板が荷箱の奥から外側までスライドし、ところてんのようにゴミを押し出す「押出式」と、ダンプカーのように荷箱を傾けてゴミを落とす「ダンプ式」の2タイプがあります。 なお、圧縮方法と排出方法について、「圧縮はプレス式、排出はダンプ式」などの組み合わせがあります。 荷箱回転式は仕組み上他の方式との組み合わせはありません。 ドラムを逆回転させて排出します。 ゴミ収集車ならではの特徴 他に、パッカー車の中でもごみ収集車には生ゴミなどを圧縮した際に出てくる水分を一時的にためておく汚水タンクが備え付けられていたり、作業員のゴミ投入作業時の巻き込み事故対策として、緊急停止ボタンがついていたりするのも特徴です。 パッカー車の購入価格・費用はいくら? 以上で見てきたように、ごみ収集の目的に特化した様々な機能を備えたゴミ収集車。 次に、気になる価格を見ていきましょう。 まずゴミ収集車の価格は、サイズによって異なります。 一般的な家庭ゴミ収集用として最も多く使われているのは小型または中型。 最大積載量はいずれも2トン程度です。 価格は、小型の新車で400万〜600万円、中古だと150万〜500万円が相場です。 最大積載量が4トンを超す大型ゴミ収集車もあります。 産廃収集などに主に使用されますが、生産量が少なく、価格も中古でも800万円前後と高額です。 もちろんこれらは目安であり、年式や走行距離などにより差があります。 中古でゴミ収集車を購入する場合は、主機能であるゴミの積み込み・排出に関わるプレートの状態などを考慮の上、使用目的にあったものを選びましょう。 ゴミ収集車の運用で注意すべきこと 一般市民のクリーンな生活に欠かせないゴミ収集車。 ですが、非常に事故や故障が多い車でもあります。 主なものは以下です。 ゴミ収集作業時の作業員の巻き込み• 収集したゴミの内容物による火災• ゴミが引っかかったことによるプレートの破損 車体の故障ももちろん避けたいところですが、人的な被害が発生した場合、そのパワーゆえに最悪死亡事故につながるケースも発生しています。 他にも、万一汚水タンクが破損してしまったりしたら…綺麗に保つための車のはずが、生活環境を悪化させてしまった、なんてことも。 通常のトラック等と同様、車としての点検のほか、ゴミ収集車としての機能を熟知し、特殊なパーツのメンテナンスはとても重要です。 加えて、作業時の事故を防ぐためにも、安全に関する意識・体制の醸成は必須です。 慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。 ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、 「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば 情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。 ただ、ドライバーの仕事は忙しいので じっくり探す時間はなかなか取れないものです。 ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。 それなら、• 転職するしないに関係なく完全無料でサポート• 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる• もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです! ドライバーズジョブは ドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします! 登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

次の