グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後。 また、ジョルジュ・スーラ作の『グランド・ジャット島の日曜日の午後』につ...

【美術解説】ジョルジュ・スーラ「点描絵画の創始者」

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

「ジョルジュ・スーラ」とはどんな画家?その技法とは? スーラのポートレート (出典:Wikimedia Commons User:Coldcreation) スーラは「新印象主義」の画家 ジョルジュ・スーラ(1859年~1891年)は、19世紀後半に、新印象主義を創始したフランスの画家です。 新印象主義とは、印象主義(印象派)から発展した美術運動です。 それまでフランス美術界の中心であった印象主義が失ってしまった造形の秩序を回復し、体験的だった印象派の色彩理論をより科学的に追求しました。 スーラが画家を志した時、フランスの絵画界ではモネやルノワールなど、それまでの伝統を打ち破った革新的な芸術集団である「印象派」が勢いを持っていました。 しかしスーラは印象派に加わることはなく、独自の絵画方法である点描技法を研究しました。 新印象主義の画家たちは、点描技法を共通の手法とします。 スーラの創始した革新的な絵画は、20世紀の前衛芸術に大きな影響を与え、スーラが亡き後はポール・シニャックがその技法をさらに発展させ、近代絵画に影響を与えました。 スーラは科学的理論に基づく「点描技法」を創始した スーラは、印象派が経験的に行っていた「筆触分割」を科学的に体系化し、発展させました。 筆触分割とは、絵の具を混ぜずにカンヴァスの上に直接置くことで、混色による濁りを防ぎ、明るく鮮やかな色彩を表現することができる手法です。 スーラは論理的、科学的な計算のもとに筆触分割の技法を発展させ、カンヴァスに絵の具を点で配置する点描技法を見い出しました。 色彩を分割するため分割主義とも呼ばれます。 「加法混色」の効果を持つスーラの点描技法 絵の具などの、物体に光が当たった際に生じる色は、混色すればするほど濁った色になります。 これを「減法混色」と呼び、基本色であるイエロー・シアン・マゼンタを全て混ぜ合わせると黒に近い色になります。 その一方で、赤・緑・青の光の三原色は混色させると明度を増し、三原色を等量で混ぜ合わせると白色光になります。 これを「加法混色」と呼びます。 パソコンのディスプレイは加法混色で作られた色です。 スーラが創始した点描技法では、絵の具でありながら加法混色の効果を得ることができます。 例えば黄色と赤色の小さな点をたくさん並置すると、遠くから見ると鮮やかな橙色に見えます。 これは加法混色の一つである並置混色と呼ばれるものです。 スーラはさまざまな色彩理論を研究し、点描技法を生み出しました。 スーラの代表作品 点描を完成させた作品『グランド・ジャット島の日曜日の午後』 (出典:Wikimedia Commons) 『グランド・ジャット島の日曜日の午後』(1884年~86年)は、縦2メートル、横3メートルの大作で、この作品をもって点描が完成したとされるスーラの代表作です。 1886年に開催された最後の印象派展に出品され、ポスト印象派の代表作品ともされています。 パリ郊外のセーヌ川の中州にあるグランド・ジャット島は、当時の市民の憩いの場所で、さまざまな年齢、階級の人々が訪れていました。 この作品では、夏の一日を過ごす大勢の人々を整然とした構図で描きました。 スーラはこの大作のために多くの習作を制作しています。 習作の段階では点描ではなく粗いタッチで描き、改めて点描に置き換えて描き直しました。 幾何学的構図の『サーカスの客寄せ』 (出典:Wikimedia Commons User:白拍子花子) 図像を簡略化・抽象化し、幾何学的な形態に整理して描くこともスーラの絵画の特徴です。 当時の娯楽として人気だったサーカスのチケットを買わせるために、路上で行われた客寄せのパフォーマンスを描いた『サーカスの客寄せ』(1887年~88年)においても、現実の光景を巧みに整理して描かれています。 緻密な点描の生み出す幻想的な色彩と、幾何学的な構図が現実離れした不思議な光景を生み出しています。 遺作となった代表作『サーカス』 (出典:Wikimedia Commons User:Coldcreation) 『サーカス』(1890年)は、未完のまま1891年のアンデパンダン展に出品されましたが、点描技法の理論が際立つ作品として認められ、スーラの代表作品となりました。 赤、黄、青の三原色を主体とした点描で色彩を調和させ、青と橙色の反対色の効果が際立っています。 スーラは展覧会の会期中に風邪をこじらせ、絵を公開してから10日もたたずに亡くなったため、この作品は遺作となりました。 31歳の若さでの夭折でした。

次の

スーラのグランド・ジャット島は全部点で、変な静けさのある絵

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

シカゴ美術館、Wikipediaより引用 『グランド・ジャット島の日曜日の午後』解説 英語で何という? 英語では A Sunday Afternoon on the Island of La Grande Jatteといいます。 La Seine et le pont de la Grande Jatte、1887年、ゴッホ美術館 これはゴッホの絵 『グランド・ジャット島の日曜日の午後』解説 画面上の光、そしてタイトルから、 舞台が日差しの強い日曜日の午後の一時であることが分かります。 セーヌ川に浮かぶ島で思い思いにくつろぐ人たちの情景が描かれています。 日の射す芝生とすずしげな木陰のコントラストのおかげで、まばゆい夏の光の強さが際立ちます。 パラソルを手に散策を楽しむ人々、花を摘む少女、トランペットを吹く人、川辺で釣り糸をたらす人もいます。 川にはヨットやボート、白い煙を吐いてすすむ蒸気船が見えます。 『フローズン・タイム』という映画を思い出します。 日差しが強いからでしょうか、皆さん日傘を差して長袖と日焼け対策は万全です。 日傘は丸くてお洒落。 流石はフランスといったところでしょうか。 手前の女性の足元にいるのは猿でしょうか? 画面中央と右奥にいる女の子が天使過ぎます。 中央の女の子はいかにもお嬢様といった感じで白いワンピースに身を包んでいる姿は天使という言葉がよく似合います。 右側の女の子は走っているのかダンサーの様にくるくると回っているのか。 どちらにしてもこちらも可愛らしい。 おそらく意図的に静と動の女の子を描き分けているのでしょう。 ぐっと近づいて画面を見てみると、 この絵は光の粒をひとつひとつ画面に置いていくように小さな絵の具の点の集合からできていることが分かります。 これは「点描法」というもので、キラキラ輝く光の印象を一層強めています。 モネをはじめとする「印象派」と呼ばれる画家たちは、光の表現を追求してきたわけですが、かれらが移ろいゆく瞬間のイメージをスナップ・ショットのように描きとどめたのに対し、 この作品では人物たちのポーズは様式化されており、不動の彫像のように見えます。 全体の構成も垂直、水平の軸が強調され、モニュメンタルな印象を与えています。 この絵は 批評家アルセーヌ・アレクサンドルによって「すべてがあまりにも美しい」と評されました。 これは非常に造形的な作業だったため、作品の完成までに3年かかったと言われています。 ドガの絵を観るといつも人体ののしなやかさに驚かされます。 踊り子の体の柔らかさがよく伝わってくる。 これも色点の効果。 『一生に一度は見たい西洋絵画 BEST100』 『一生に一度は見たい西洋絵画 BEST100』 大友義博 美術に苦手意識がある人はこの本から読みましょう。 検索: 検索 最近の投稿• アーカイブ• カテゴリー• 20 プロフィール.

次の

ジョルジュ・スーラ

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

ここをクリックすると、作品のある のページにリンクします。 当時の新進気鋭の批評家フェリックス・フェネオンは、 「グランド・ジャットは無数の斑点でできたタピストリーのように眼前に広がっている」 と感想を述べています。 その言葉どおり、この作品においてスーラは、色彩をすべて原色とその補色、もしくはこれに近い色調に統一して、相互の並置の効果を綿密に計算しながら、豊かに響き合う色彩のタピストリーを織り上げていったのです。 スーラの作品は、一見印象派に似た美しさで、彼自身にも「新印象派」といった名が冠されたりもしたのですが、実は印象派の画家とスーラの描いた作品には決定的な違いがありました。 この絵を見てもわかりますが、印象派に特徴的な光と色彩のきらめき、とどまることなく変わっていく、あの流動的な空気はありません。 人も木も、そしてサルや犬たちも、さらには草上に何気なく置かれた扇子、本、帽子や日傘にいたるまで、すべてがまったく動かしがたく、整然とその場所に位置づけられ、非常に堅牢な画面を構築しているのです。 ここでは、微妙であるべき光の煌めきまで、みじんも揺るぎなく固定されてしまっています。 描かれた40人以上の人々は、もちろん歩いていたり、走り回っていたり、音楽を奏でていたり…と、思い思いの日曜日を楽しんでいます。 にもかかわらず、彼らはまるで時間が停止した世界で身じろぎもしない、いつ覚めるとも知れぬ夢の世界の住人のように見えるのです。 ここには、スーラの持つ確固とした古典主義的な性格があります。 彼は若いころ、アングルの弟子であったアンリ・レーマンに師事し、アングルや古典作品の模写やデッサンをしています。 クラスでは決して目立つ存在ではありませんでしたが、熱心にルーヴル美術館に通い、色彩、光学、美学に関する論文に深い興味を持っていったようです。 そうした下地があってはじめて、あらゆるフォルムと無数の細かい色の斑点が緊密に連関しながら揺るぎない統一を示す、この画面を生み出すことができたのだと思います。 スーラがこの作品に着手したのは1884年で、この205. 8㎝の大画面を仕上げるのに2年間を要しました。 彼は数カ月間、毎日のようにセーヌ川のこの小さな島に通い、行楽客と陽の光あふれる風景をつぶさに観察したのです。 そして実際の光景から、想像の世界…彼自身の夢の世界を喜びをもって組み立てていったのです。 スーラは、穏やかで動きのない人物たちをカンヴァスの上に巧みに配置しながら、どれほどの幸福感にひたっていたことでしょうか。 彼の内なるグランド・ジャット島の人々は、静かでやさしく、色彩の粒で描かれた陽光の中で、永遠の時を生きているのです。

次の