昭和 天皇 戦争 責任。 昭和天皇の戦争責任論

「東条にだまされた。しかし…」という天皇の論理

昭和 天皇 戦争 責任

昨日(23日)、昭和天皇が戦争責任について晩年に侍従に語った件がされた。 元侍従の小林忍が日記に書いていて、共同通信がそれを入手し公開したものだ。 全体の文脈を読むと、85歳(死の1年半前)の昭和天皇が侍従に愚痴をこぼしていて、長生きしても楽しいことはない、近親者も不幸になるし、戦争責任のことを言われるしと嘆いている。 朝日のを見ると、その昭和天皇の愚痴に対して、小林忍は「戦争責任はごく一部の者がいうだけで国民の大多数はそうではない。 (略)お気になさることはない」と慰めている。 おそらく、この小林忍の慰めが欲しくて、昭和天皇は愚痴をこぼしたのだろう。 テレビのでは、右翼の古川隆久が解説に登場し、「昭和天皇が戦争責任の問題を長年重く受け止め、高齢になるにつれその思いが強くなっていたことがうかがえる」と「分析」を垂れていた。 昭和天皇が戦争責任を重く受け止めていたというフィクションを撒き、視聴者にフェイクを刷り込んでいる。 驚いたことに、朝日の紙面(2面)にも古川隆久が出ていて、NHKと同じ「解説」を記事にしている。 脱力させられた。 われわれの通念からすれば、こうした問題を朝日が記事にするときは、原武史か保阪正康を起用するのが自然で、古川隆久はまさかと目を疑う人選だ。 どういうことなのだろう。 この23日の地方紙1面を飾ったスクープは、共同通信が小林忍の遺族から日記を預かり、半藤一利と保阪正康と共に分析した上で出したものらしく。 その経緯から考えれば、まずまず筋のいい情報であり、右翼が昭和天皇を美化する目的で仕込んだものとは考えにくい。 この「情報」と「報道」の意味を読み解くのは至難の業だが、一つ言えるのは、半藤一利と保阪正康が絡んでいるのなら、間違いなく平成天皇本人も関わっているということだ。 半藤一利と保阪正康は平成天皇に近く、かなり緊密に平素から連絡を取り合っていることは間違いない。 今回、「報道」の解説に、分析に加わったはずの二人が登場しておらず、黒子として隠れた形になっている。 そして、マスコミの「報道」には古川隆久が登場した。 意味が分かりにくい政治だ。 いったい、平成天皇はこの「情報」に接して半藤一利と保阪正康に何と言ったのだろう。 平成天皇は、昭和天皇の戦争責任の問題をどう始末するつもりなのか。 私は個人的に、リベラルの平成天皇の口から昭和天皇の戦争責任について語ってもらいたいと思うし、戦争責任と向き合わず、反省せず卑劣に逃げ続けた昭和天皇を批判して欲しいと願っている。 平成天皇の言葉として、昭和天皇の戦争責任を断罪し総括することをやり遂げてもらい、昭和天皇の戦争責任についての議論に終止符を打ってもらいたいと考えている。 それが、平和憲法で定められた象徴天皇の使命であり、平成天皇の義務だろうと求めたい。 そのことによって国論が統一され、歴史認識のカタがつき、韓国中国をはじめアジア諸国と国際社会に対するけじめも果たせる。 明仁天皇と美智子皇后が死ぬ前に、昭和天皇の戦争責任について正論を発し、その宿題(負債)を皇太子や秋篠宮に残すことをしないで欲しい。 それが親としての責務だと確信する。 あの生前退位のときと同じように、勇気を出してこの課題に挑戦し、将来の日本人のために正しい地平を切り拓いて欲しい。 責任回避は許されない。 欺瞞も無視も詭弁も許されない。 侵略戦争をやったのは昭和天皇だった。 あのアジア太平洋の戦争は「昭和天皇の戦争」だった。 ヨーロッパの戦争が「ヒトラーの戦争」であるように。 この問題について、すぐに志位和夫がを発し、「昭和天皇は、中国侵略でも対米英開戦決定でも、軍の最高責任者として侵略戦争拡大の方向で積極的に関与した。 個々の軍事作戦に指導と命令を与え、戦争末期の45年に入っても戦争継続に固執して惨害を広げた。 歴史の事実だ」と述べた。 素晴らしい。 この志位和夫の勇敢な発言には拍手を送りたい。 よく言った。 このとおりだ。 さすがに日本一のステイツマン。 見事に正論を切り込んで一刀両断にしている。 このツイートは歴史に残り、後世高く評価されることになるだろう。 責任のある政党の党首がこう言い切るのは、よほどの覚悟がないといけないし、裏打ちされた歴史の知識がないといけない。 普通の人間がこれを見て思うのは、軽薄さとは無縁で、深い知性を持った志位和夫がここまで断言するのだから、豊富で確実な歴史的資料の根拠があり、公の場で反論されればいくらでも反証を挙げられるだろうということであり、つまり、信用できる主張だということだ。 実際、歴史学者の地道な研究は、その証拠を積み上げ、昭和天皇のイメージを大きく変えてきた。 私も、20年前とは大きく異なり、あの戦争と昭和天皇の概念を変えた。 政治学的にプリミティブに考えて、戦争をする国家というのは強力な指導者がなければできないのである。 特に総力戦となった第二次大戦はそうだ。 国家そのものが軍隊であり、国民一人一人一人が兵士であり、すべては戦争に従属する。 国民生活とは軍隊生活のことである。 英国はチャーチル、米国はルーズベルト、ソ連はスターリンが連合国側の最高司令官として戦争を指導した。 枢軸国側(ファシズム側)は、ムッソリーニとヒトラーと昭和天皇である。 だからこそ、当たり前のことだが、豪州は昭和天皇の戦犯有罪死刑を要求した。 私を含めて多くの者は、嘗ては、昭和天皇というのは軍部に操られた木偶人形だと考えていたし、その神輿の表象を補強するのが、天皇には国家の政策決定の権限はないとか、実権はなく介入できないとかの法的なタテマエ論だった。 それが全くの作り話であり、壮絶な神話であることを察知したのは、私の場合、最近のことで、吉田裕や豊下楢彦の昭和天皇の終戦史の研究を読んで啓発されたことが契機だった。 何もかもあの男の主導だったのだ。 有効な一撃に拘ってずるずる講和を引き延ばしたのもあの男だ。 米国に占領させて国体護持を図ったのもあの男だ。 そうして、ようやく、終戦前に首相がコロコロ替わっている事情も理解した。 意味が分かった。 権力が空洞であるようで、実際には空洞ではなく、中心に権力を持って差配している男がいたのだ。 ああしろ、こうしろと。 志位和夫の簡潔なツイートは一言残らず正しい。 よく言い切ってくれたと思う。 中国への侵略戦争(陸軍)もこの男だし、米国との無謀な開戦(海軍)もこの男だ。 この男の意思決定だ。 東条英機を買ったのはこの男で、石井部隊の細菌戦も、中国でのアヘン密売も、おそらく耳に入れていただろう。 軍の情報は必ず上に上がる。 外には漏れないが、上には真っ直ぐ上がる。 統帥と機密というのはそういうものだ。 ぜひプライムニュースは志位和夫をスタジオに呼び、櫻井よしこでも誰でもいいから右翼の猛者を相手にさせ、この昭和天皇の戦争責任の問題で討論を組んで欲しい。 志位和夫が論破しまくって、一晩で正しい歴史認識がこの国に確立するに違いない。 今回この問題で、志位和夫は見事なファインプレーを演じたが、それをエンドースする政治学者が一人も出て来ない。 政治学者が不勉強で、知識もなく、勇気もなく、志位和夫に続くことができない。 論点に中身を肉付けして右翼に説教してやることができない。 「リベラル」の人達は、2004年の「国旗国歌が強制でないのが望ましい」に一縷の望みをかけ更なる右傾化の歯止めとして天皇を利用? と言うと言葉は悪いが してきたと思います。 今では「日本国憲法を破壊し戦後民主主義を終焉させる」シンゾーVS 「日本国憲法の擁護者であり戦後民主主義の体現者」天皇みたいな構図で、天皇は反安倍の象徴。 私もシンゾーの歴史修正主義、極右思想に対しあの戦争を深く反省すると言う「お言葉」を聞くとホッとしてました。 でも「反省」「不幸な出来事」「膨大な数の無辜の市民の死」と言われても決して誰が不幸な出来事を起こしたとか、何故膨大な死者が出たかには一切触れない、オバマの「空から降ってきた原爆」と同じ。 結局シンゾーとマッチポンプの関係じゃないかと。 で、危惧した通り、毎日新聞が「現代の知の巨人」 びっくり と崇める内田樹の「天皇主義者」宣言。 「福音と世界」に掲載されたインタビューを読んだだけですが、そこに皇居清掃のボランティアをしている青年が天皇から深々と頭を下げられ「ご苦労様」と言われ「首相の為には死ねないが、天皇陛下の為なら死ねる」と言うくだり。 戦後日本のレゾンデートル全否定じゃない、これ。 自称「リベラル」と言う人や新聞は本気で戦争反対しませんよ。 初めてコメント投稿致します。 御ブログは結構いつも読ませていただいています。 今回の天皇に関する記事を読んで、ずっと思っていた事をここならコメント出来るのでは?と思いました。 私の父は89歳で一昨年他界いたしましたが、太平洋戦争の時に東大生で東京にいて、終戦近くの頃は学徒動員で巣鴨の軍需工場に通っていましたし, 東京大空襲にもあっています。 その父は昭和天皇の戦争責任についていつも語っていました。 聞いている私はあまりピンと来ていなかったのですが、現代の日本という国の方向性を左右する事になったとても重要な局面における大いなる責任問題ですよね、これって。 戦争って、意味のない悲しい悲惨な禍根を残す行為でしかないです。 ほとんどの人々が戦争なんてしたくないと思っているのに、力を持った少しの人々が戦争で利益を得る為に戦争を始める。 とても分かりやすい事なのですが。 この世界に庶民として生まれて、この世界のおかしさを身にしみて感じて、それじゃあどうしたらいいのかって考えて次の行動を起こす事。 それが、必要な事だと切に思っています。

次の

「何故攻撃に出ぬか…」太平洋戦争下の昭和天皇「お言葉」の数々(辻田 真佐憲)

昭和 天皇 戦争 責任

先日もを書いたばかりだが、またこの人物の無自覚・無責任ぶりを示す新たな史料が出てきてしまった。 これは1974年から晩年まで侍従を勤めた故小林忍氏の日記で、共同通信が氏の遺族から日記を預かり、各紙でその内容が紹介されている。 特に東京新聞は二日間に渡って特集を組み、半藤一利氏と保阪正康氏の対談まで載せている。 他人から「言われるから」辛い戦争責任 この日記によると、裕仁は1987年4月、小林氏に次のように語ったという[1]。 死去の2年前、85歳のときである。 「長く生きても戦争責任いわれる」 昭和天皇85歳 大戦苦悩 昭和天皇が八十五歳だった一九八七(昭和六十二)年四月に、戦争責任を巡る苦悩を漏らしたと元侍従の故小林忍氏の日記に記されていることが分かった。 共同通信が二十二日までに日記を入手した。 昭和天皇の発言として「 仕事を楽にして細く長く生きても仕方がない。 辛(つら)いことをみたりきいたりすることが多くなるばかり。 兄弟など近親者の不幸にあい、戦争責任のことをいわれる」と記述している。 日中戦争や太平洋戦争を経験した昭和天皇が晩年まで戦争責任について気に掛けていた心情が改めて浮き彫りになった。 小林氏は昭和天皇の側近として長く務め、日記は昭和後半の重要史料といえる。 八七年四月七日の欄に「昨夕のこと」と記されており、昭和天皇がこの前日、住まいの皇居・吹上御所で、当直だった小林氏に直接語った場面とみられる。 当時、宮内庁は昭和天皇の負担軽減策を検討していた。 この年の二月には弟の高松宮に先立たれた。 東京新聞はまるで裕仁が晩年まで自己の戦争責任について苦悩していたかのように書いているが、冗談ではない。 裕仁が「辛い」のは他人から「戦争責任のことを言われる」からであって、自己の負うべき重大な責任を自覚し、内発的に反省したからではない。 もちろん天皇裕仁には戦争責任がある。 帝国陸海軍を統帥する大元帥として戦争を始めた当人にさえ戦争責任がないとしたらいったい誰にあるというのか。 大日本帝国憲法では天皇が陸海軍に出す統帥命令には国務大臣による副署が明記されていない。 つまり天皇に対して責任を負う者がいないということ。 統帥事項について天皇は全権の保持者であり、それ故全責任を負っている。 退位さえせずに済ませた裕仁はうまく逃げ切ったつもりだっただろうが、そうやって何十年も当然負うべき責任から逃げ続けたあげく、誰かから「天皇には戦争責任がある」と指摘される程度のことが辛いとは、どこまで甘えているのか。 天皇裕仁はなんにも後悔なんかしてないやんか。 戦争の罪を背負わずに済んでやっと無事に老後を迎えたのに、戦争責任とか言うてワシの老後を邪魔すんな!って怒ってるのを「戦争責任いわれて辛い」言うて被害者面してるだけやんか。 — イシカワ(頑張らないし頑張れない) ishikawakz 「国民はもう忘れたから気にするな」と天皇を「励ます」侍従 そしてある意味、この無反省な裕仁の泣き言以上にひどいのが、これを受けて小林侍従が天皇を励ましたという言葉だ。 小林氏はその場で「 戦争責任はごく一部の者がいうだけで国民の大多数はそうではない。 戦後の復興から今日の発展をみれば、もう過去の歴史の一こまにすぎない。 お気になさることはない」と励ました。 この「励まし」ではまず、裕仁の命令で自国に押し入ってきた「皇軍」によって理不尽に殺され、強姦され、家族や財産を奪われた何千万というアジアの被害者の嘆きと恨みを「国民」の一言で切り捨てている。 「日本国民統合の象徴」として安全な国内に収まっている天皇にとって、「国民ではない」被害者のことなどおよそ考える必要さえないということなのだろう。 もちろん、たとえ「国民」だけに限っても、南方のジャングルで補給もないまま見捨てられ餓死していった兵たちや、「天皇陛下の御為」と信じて敵艦に突っ込んでいった特攻隊員、「国体」を守るための沖縄戦で日本軍にガマ(洞窟)から追い出されて死んだ沖縄の人々、逃げずに火を消せと強いられて焼き殺された空襲被害者、さっさと逃げ出した「皇軍」に取り残されて地獄の逃避行を強いられた旧「満州」への入植者たちなど、天皇がその被害に責任を負うべき人々は何百万人もいる。 しかし、戦後政府とマスコミが総力をあげて続けてきた天皇免罪キャンペーンのおかげで、旧軍部はともかく天皇に戦争責任があると主張する真っ当な日本人は確かに限られていた。 それをいいことに、戦争責任のことを言う者など少数だから気にするな、というのだ。 どこまでもトップの責任者に甘く、被害を末端に押し付けて恥じないこの国の支配層にふさわしい侍従発言である。 いまだに「大元帥」裕仁の責任を総括できないマスコミ こんな無責任者とその追従者のやりとりを、「心奥触れる「昭和後半史」」だの、「晩年まで戦争の影を引きずる天皇の苦悩が克明につづられている」だのと解説してみせるマスコミには、情けないとしか言いようがない。 リベラルとされる東京新聞ですらこうなのだ。 あの破滅的敗戦から70年以上が経ってもその明白な最高責任者の責任さえ総括できないのでは、ありとあらゆる責任がなし崩しにうやむやにされ、何の反省もないままずるずる戦前へと回帰していくのは当然だろう。 その行き着く先は、また同じ過ちの繰り返しである。

次の

天皇の戦争責任は?

昭和 天皇 戦争 責任

陸軍特別空地連合演習の視察で宇都宮陸軍飛行場を訪れた昭和天皇。 もっとも削除部分があると語った松井自身は、削除内容は戦争責任への言及だったとしており、この点については明確な結論は出ていないように感じる。 むしろ私は、この時期の天皇が、東条批判と自らの戦争責任を 相反するものとは考えず、この2方向の発言を比較的ぞんざいに重ねていたのではないかと考えている。 昭和天皇とは、 そのような人だったのだ。 矛盾を来す二つの言動は、この人の中ではそれぞれの居場所を得て動じることがない。 GHQ政治顧問ジョージ・アチソンがマッカーサーからの聞き書きをまとめたとされる「覚書」が、この二つの内容を一連の文章に織り込んでいるのはその証ではないのか。 すなわち、アチソンによれば天皇はこう語った。 「私は合衆国政府が日本の宣戦布告を受取るまえに、真珠湾を攻撃するつもりはなかったが、東条が私をだましたのだ tricked。 しかし私は責任を免れるためにこんなことをいうのではない。 私は日本国民の指導者であり、国民の行動に責任がある」 松尾前掲書より引用 私は東条にだまされた。 もちろん豊下もこれに気づいている。 ただ彼は、以下の引用にあるように、マッカーサーの「表舞台」と「裏舞台」の使い分けとして、二つのメッセージに位置を与えている。 マッカーサーは東京裁判の開廷に前後して、全く相反する「天皇発言」を文字通り「裁判対策」として実に巧みに駆使した、ということであろう。 軍事秘書官で心理戦の責任者でもあったボナー・F・フェラーズは、1944 昭和19 年の報告書『日本への回答』の中で「天皇は日本軍の完全な降伏を実現するうえで不可欠であるだけでなく、平和的傾向をもった戦後の日本政府の精神的中核としても必要である」と書いた。 彼らがその予測に基づいて立てた作戦は「くさび戦術」と呼ばれた。 すなわち、天皇と軍部 「軍国主義者のギャングたち」 の間にくさびを打ち込んで分断し、天皇を戦争責任から救い出そうと考えたのである。 そのスケープゴートとしてうってつけだったのが、拳銃自殺に失敗し 9月11日 、進駐軍による迅速な救命措置で死を免れた東条英機であったことはよく知られている。 また日本側にも、マッカーサー側のプランに近似 または同調 する構想を持つ人々がいた。 その一人、近衛文麿は9月14日、重光葵外相に対し、天皇が外国人記者に向かって、真珠湾攻撃が東条の独断であった旨の発言を行うべきとの案を持ち出している その結果は先に書いたように『ニューヨークタイムズ』の東条批判発言になった。 アメリカ本土では、天皇の戦争責任を問うべしとの声が大勢を占めていた。 マッカーサーは太平洋の向こうのその囂々 ごうごう たる世論を感じながら、天皇がどのように使えるかを確かめてみないわけにはいかなかった。 第1回会見はそのような値踏みの機会でもあったのだ。 ケイズワーク代表取締役、東京経済大学大学院 コミュニケーション研究科 講師 1952年、東京生まれ。 76年、慶應義塾大学文学部卒業。 同年、筑摩書房入社。 89年、同社を退社。 編集工学研究所などを経て、99年、ケイズワークを設立。 企業の組織・コミュニケーション課題などのコンサルティングを行なうとともに、戦後史を中心に、の変容を考察している。 現在、株式会社ケイズワーク代表取締役、東京経済大学大学院 コミュニケーション研究科 講師、国際大学グローバル・コミュニケーションセンター客員研究員。 著書に『「若者」の時代』(トランスビュー、2015)、『「幸せ」の戦後史』(トランスビュー、2013)など。

次の