タイミング 類語。 「タイミング」とは?意味や使い方を解説!

「タイミング」とは?意味や使い方を解説!

タイミング 類語

概要 直進運動を回転運動に変換するレシプロエンジンでは、(の場合には空気)を取り込み、圧縮し、させ、するという過程を繰り返す。 このとき、内と外界を隔てるための機構がバルブである。 一般的な4ストロークエンジンと、ほとんどのの排気バルブにはが用いられている。 吸入時には吸入するためのバルブを開く• 圧縮、燃焼時には気密するため、すべてのバルブを閉じる• 排気時には排気するためのバルブを開く 上記がバルブの主な役目である。 吸入効率・排気効率を高め、混合気の燃焼をスムーズに行わせるためには、バルブタイミングを回転数や負荷に応じて変える必要があり、これを実現したのがである。 この機構には、バルブタイミングを段階的に変えるもの、連続的に変えるもの、さらにはバルブのリフト量を段階的に変えるもの、連続的に変えるもの、以上の複数を組み合わせたものなど、さまざまなバリエーションが提案されている。 4ストロークエンジンのバルブタイミング この節のが望まれています。 IO Intake Valve Open — 吸気バルブ開放 — このタイミングからシリンダー内に混合気が吸入され始め、 吸入行程がスタートする。 上死点の少し手前(BTDC)から開くことで、排気バルブと同時に開いている の時間を作り出し、吸気効率を高める効果を発揮する。 IC Intake Valve Close — 吸気バルブ閉鎖 — このタイミングで吸入行程が終了する。 このICを経て1回転目の上死点(圧縮上死点)に到達するまでの区間は 圧縮行程となる。 下死点を過ぎた位置(ABDC)までバルブを開けているのは、吸気自体のを用いて更に充填効率を高めるためである。 点火から膨張行程へ — ICから1回転目の上死点(圧縮上死点)に到達する直前(BTDC)でによる点火が行われ、次のEOまでの区間は 膨張行程となる。 EO Exhaust Valve Open — 排気バルブ開放 — 膨張行程の中途にあるこのタイミングから排気バルブが開き、 排気行程がスタートする。 実際には下死点の少し手前(BBDC)から開き始め、膨張の圧力を利用して排気ガスを強制的に排出させる効果を利用する。 EC Exhaust Valve Close — 排気バルブ閉鎖 — このタイミングで排気バルブが閉じて排気行程が終了する。 実際には上死点(排気上死点)の少し後(ATDC)で閉じる上に、吸気バルブの開放(IO)が排気上死点の少し手前(BTDC)から始まるため、排気行程と吸気行程が同時に行われる区間が存在する事になる。 これが後述の オーバーラップである。 バルブタイミング例 この節のが望まれています。 シリンダーが排気行程から吸気行程に移行する際に、排気バルブ閉鎖の前に吸気バルブ開放が始まることで、吸排気バルブが同時に開き混合気の流入と排気ガスの流出が同時に起きる区間が発生する。 これがバルブオーバーラップと呼ばれるものである。 排気ガスがに排出される際の(排気パルス)の力を利用して、混合気をシリンダー内に引っ張り込んで充填効率を増すために、このような区間が設けられている。 一般的に排気ガスの力でを回転させて強制的に混合気をシリンダー内に押し込むエンジンでは、過給圧で混合気が排気ポートへ押し出されてしまわないように、バルブオーバーラップはやや短めになっている。 逆に過給機の圧力を利用出来ないエンジンでは、排気パルスの力を最大限利用するため、バルブオーバーラップは大きめに取られることが多い。 作用角・リフト量の大きいを使用する事で高回転でも吸気量を確保する事で高出力を得られる。 しかし作用角。 リフト量が大きくなることで結果的にバルブオーバーラップ領域も拡大されるため、や始動、発進が困難、軽負荷時の燃焼が不安定になるなどのデメリットも発生する。 2ストロークエンジンのポートタイミング この節のが望まれています。 なお2ストロークエンジンでは、ピストンの上下によってシリンダー内壁に設けられた掃気・排気ポートが開閉される構造上、ポートタイミング図では上死点と下死点を結んだ中心線に沿って、 開閉タイミングが必ず左右対称となって図示されることが特徴として挙げられる。 また、 掃気によってシリンダー内の排気ガスと混合気の入れ替えが行われる関係上、4ストロークのバルブオーバーラップに相当する 掃気区間が非常に大きい事も特徴である。 が装備されたエンジンの場合は、排気ポートのポートタイミングが回転域に応じて変化する。 また、一部のエンジンでは特殊な掃気ポート形状により、掃気ポートタイミングを左右非対称としたものやのように掃気ポートのみのシリンダーを有したなども存在する。 6つのポートタイミングパラメータ この節のが望まれています。 IO Intake Port Open — 吸気ポート開放 — このタイミングからクランクケース内に混合気が吸入され始める。 シリンダー内はこの時 上昇行程(圧縮行程)を経て点火が行われている。 IC Intake Port Close — 吸気ポート閉鎖 — このタイミングでクランクケース内への混合気吸入が終了する。 シリンダー内は点火を経て 下降行程(膨張行程)が始まっており、ピストンの下降に併せてクランクケース内の混合気の 一次圧縮が行われる。 EO Exhaust Port Open — 排気ポート開放 — 下降(膨張)行程の中途にあるこのタイミングから排気ポートが開き、シリンダー内の排気がスタートする。 実際には下死点の手前(BBDC)から開き始め、膨張の圧力を利用して排気ガスを強制的に排出させる効果を利用する。 SO Scavenging Port Open — 掃気ポート開放 — 排気ポートの開放から少し遅れて掃気ポートが開放され、 掃気区間が始まる。 掃気ポートも下死点の手前(BBDC)から開き始め、クランクケース一次圧縮の圧力を利用して混合気をシリンダー内に押し込みつつ、排気ガスの追い出しも同時に行う。 SC Scavenging Port Close — 掃気ポート閉鎖 — このタイミングで掃気ポートからの混合気吸入が停止する。 下死点の少し後(ABDC)に閉鎖され、ピストンは既に上昇行程に転じているため、クランクケース側に若干の吹き戻しが発生する。 この時クランクケースから側に混合気が逆流しないように、吸気ポートにはやが設けられることが一般的である。 EC Exhaust Port Close — 排気ポート閉鎖 — このタイミングで排気ポートが閉じてシリンダー内の排気が終了する。 実際には下死点(排気上死点)の少し後(ABDC)で閉じるため、シリンダー内の混合気が若干内に流出してしまう。 しかしこの時、先にエキゾーストチャンバーに排出された排気ガスがチャンバー内部で応力波となって排気ポートまで戻ってくるため、 適切な排気ポートタイミングとチャンバー容量選択が行われたエンジンであれば、応力波によって流出した混合気は再びシリンダー内に押し戻され、充填効率が増す。 これはエンジンの回転数によって効果が変化するため、最大の充填効率が達成される回転域を俗に パワーバンドと呼び、この回転域に入ることを パイプインするともいう。 ポートタイミング例 この節のが望まれています。

次の

バルブタイミング

タイミング 類語

公開日: 2019. 14 更新日: 2019. 14 「間が悪い」と「タイミングが悪い」の意味の違いと使い分け 「間が悪い」と「タイミングが悪い」という言葉をご存知でしょうか。 「間が悪い思いだ」「タイミングが悪くて困る」といったように使います。 では、それぞれの意味についてしっかりと理解しているでしょうか。 どちらも日常会話で使われていることが多いです。 見聞きしただけでは、同じように使えると思いますよね。 二つとも非常に似ていますが、実は意味が異なります。 正しく使うためには、それぞれの意味を知っておくことが必要です。 そこで今回は「間が悪い」と「タイミングが悪い」の使い分けについて解説していきます。 適切に覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう! 「間が悪い」と「タイミングが悪い」の違い 「間が悪い」・・・運が悪いこと、恥ずかしくなるほどその状況に合っていない言動をとること 「タイミングが悪い」・・・物事を行うのにちょうど良い時期や機会を逃してしまうこと 「間が悪い」と「タイミングが悪い」はどちらも「 ちょうど適した時期を逃すこと」を表します。 ほとんど同じように使うことができますが、「間が悪い」は「 その状況や状態に適していない言動をとる、きまりが悪い」という意味でも使うことができます。 例えば、「彼女は間が悪くて鬱陶しい」と言えます。 これは「彼女はその場に合っていない行動をとってばかりで鬱陶しい」という意味になります。 この場合の「間が悪い」は「タイミングが悪い」に言い換えることはできません。 「間が悪い」と「タイミングが悪い」の類語には、「折が悪い」「生憎」「具合が悪い」「都合が悪い」などがあります。 また、「間が悪い」には他にも「きまりが悪い」「ばつが悪い」「面目が立たない」といった類語もあります。 「間が悪い」の意味と使い方 「間が悪い」の意味は、 ・引け目を感じる、肩身が狭いこと ・運が悪いこと、時機が悪いこと です。 「間」は「ちょうど良い機会、良い頃合い」、「悪い」は「好ましくない、良くないこと」を意味します。 状況や状態に合っていない言動をすることを表す場合に「間が悪い」を使います。 「間が悪い」はなんとなく照れくさい、きまりが悪いことを表します。 例えば、「仕事をしている最中に、携帯を触っているところを見られて間が悪かった」と言います。 これは「仕事中に携帯を触るのは禁止されていないがなんとなく恥ずかしい、面目が立たない」という意味になります。 また、「間が悪い」は「ついていない、良い機会ではない」という意味で使うこともできます。 例えば、「せっかく来たのに、定休日で店が閉まっていて間が悪い」といったように言います。 これは「わざわざ来たのに、店が休みとは運が悪い」という意味になります。 「間が悪い」の反対語は「 間が良い」となります。 例文 「引け目を感じる」という意味 ・授業の内容がつまらないと話していたら、近くに先生がいて間が悪い思いをした。 ・彼女とデートしているところを友達に目撃されるなんて、間が悪い思いをした。 「運が悪い」という意味 ・寝ていたら間が悪いから、もう少し時間を置いて彼女に電話しよう。 ・間が悪いときにお客さんが来たが、待たせるわけにはいかない。 ・間が悪いことに彼は留守にしているので、帰ってくるまで待つことにしよう。 ・遠いところから来たのに、楽しみにしていたレストランが休みだったとは間が悪い。 ・高速道路で渋滞に巻き込まれるなんて間が悪いが、我慢するしかない。 「タイミングが悪い」の意味と使い方 「タイミングが悪い」の意味は「 物事を行う時期や機会を逃してしまうこと」です。 ちょうど良い時期や頃合いなどがずれたり、不運であることを表します。 「タイミング」は「物事を行うのにちょうど良い時機」、「悪い」は「好ましくない、良くないこと」を意味します。 「タイミングが合う」「タイミングを外す」「タイミングをとらえる」といったように使います。 望んでいた時間・好ましい時間にある物事が起こったり、電話がかかって来たり、品物が届いたりしないことを「タイミングが悪い」と表現します。 例えば、ある業者から電話がかかってくることになっていて、連絡が来るまでずっと家で待っているとしますなかなか電話が来ないので、少しの時間住んでいるマンション内にあるコンビニでお菓子を買いに行きます。 その少しだけ買い物に行っている間に、業者から電話がかかっていました。 このような場合に「タイミングが悪い」と表現できます。 「タイミングが悪い」の反対語は「 タイミングが良い」となります。 例文 ・彼に仕事を頼もうと思ったが、タイミングが悪くて話を聞いてもらえなかった。 ・昨日までなら予定が空いていたのに、今日遊びに誘ってくるなんてタイミングが悪すぎる。 ・留守にしている間に彼女が訪問したなんて、本当にタイミングが悪い。 ・ドラマの主演が決まったすぐ後に、週刊誌にスキャンダルを撮られてしまうなんてタイミングが悪い。 ・タイミングが悪かったようで、何度家に電話しても彼女は出なかった。 ・ちょっとの間出掛けているときに宅配便が来るなんて、本当にタイミングが悪い。 ・教室でやっと彼と二人きりになれたのに、下校時間になってしまうとはタイミングが悪い。

次の

バルブタイミング

タイミング 類語

概要 直進運動を回転運動に変換するレシプロエンジンでは、(の場合には空気)を取り込み、圧縮し、させ、するという過程を繰り返す。 このとき、内と外界を隔てるための機構がバルブである。 一般的な4ストロークエンジンと、ほとんどのの排気バルブにはが用いられている。 吸入時には吸入するためのバルブを開く• 圧縮、燃焼時には気密するため、すべてのバルブを閉じる• 排気時には排気するためのバルブを開く 上記がバルブの主な役目である。 吸入効率・排気効率を高め、混合気の燃焼をスムーズに行わせるためには、バルブタイミングを回転数や負荷に応じて変える必要があり、これを実現したのがである。 この機構には、バルブタイミングを段階的に変えるもの、連続的に変えるもの、さらにはバルブのリフト量を段階的に変えるもの、連続的に変えるもの、以上の複数を組み合わせたものなど、さまざまなバリエーションが提案されている。 4ストロークエンジンのバルブタイミング この節のが望まれています。 IO Intake Valve Open — 吸気バルブ開放 — このタイミングからシリンダー内に混合気が吸入され始め、 吸入行程がスタートする。 上死点の少し手前(BTDC)から開くことで、排気バルブと同時に開いている の時間を作り出し、吸気効率を高める効果を発揮する。 IC Intake Valve Close — 吸気バルブ閉鎖 — このタイミングで吸入行程が終了する。 このICを経て1回転目の上死点(圧縮上死点)に到達するまでの区間は 圧縮行程となる。 下死点を過ぎた位置(ABDC)までバルブを開けているのは、吸気自体のを用いて更に充填効率を高めるためである。 点火から膨張行程へ — ICから1回転目の上死点(圧縮上死点)に到達する直前(BTDC)でによる点火が行われ、次のEOまでの区間は 膨張行程となる。 EO Exhaust Valve Open — 排気バルブ開放 — 膨張行程の中途にあるこのタイミングから排気バルブが開き、 排気行程がスタートする。 実際には下死点の少し手前(BBDC)から開き始め、膨張の圧力を利用して排気ガスを強制的に排出させる効果を利用する。 EC Exhaust Valve Close — 排気バルブ閉鎖 — このタイミングで排気バルブが閉じて排気行程が終了する。 実際には上死点(排気上死点)の少し後(ATDC)で閉じる上に、吸気バルブの開放(IO)が排気上死点の少し手前(BTDC)から始まるため、排気行程と吸気行程が同時に行われる区間が存在する事になる。 これが後述の オーバーラップである。 バルブタイミング例 この節のが望まれています。 シリンダーが排気行程から吸気行程に移行する際に、排気バルブ閉鎖の前に吸気バルブ開放が始まることで、吸排気バルブが同時に開き混合気の流入と排気ガスの流出が同時に起きる区間が発生する。 これがバルブオーバーラップと呼ばれるものである。 排気ガスがに排出される際の(排気パルス)の力を利用して、混合気をシリンダー内に引っ張り込んで充填効率を増すために、このような区間が設けられている。 一般的に排気ガスの力でを回転させて強制的に混合気をシリンダー内に押し込むエンジンでは、過給圧で混合気が排気ポートへ押し出されてしまわないように、バルブオーバーラップはやや短めになっている。 逆に過給機の圧力を利用出来ないエンジンでは、排気パルスの力を最大限利用するため、バルブオーバーラップは大きめに取られることが多い。 作用角・リフト量の大きいを使用する事で高回転でも吸気量を確保する事で高出力を得られる。 しかし作用角。 リフト量が大きくなることで結果的にバルブオーバーラップ領域も拡大されるため、や始動、発進が困難、軽負荷時の燃焼が不安定になるなどのデメリットも発生する。 2ストロークエンジンのポートタイミング この節のが望まれています。 なお2ストロークエンジンでは、ピストンの上下によってシリンダー内壁に設けられた掃気・排気ポートが開閉される構造上、ポートタイミング図では上死点と下死点を結んだ中心線に沿って、 開閉タイミングが必ず左右対称となって図示されることが特徴として挙げられる。 また、 掃気によってシリンダー内の排気ガスと混合気の入れ替えが行われる関係上、4ストロークのバルブオーバーラップに相当する 掃気区間が非常に大きい事も特徴である。 が装備されたエンジンの場合は、排気ポートのポートタイミングが回転域に応じて変化する。 また、一部のエンジンでは特殊な掃気ポート形状により、掃気ポートタイミングを左右非対称としたものやのように掃気ポートのみのシリンダーを有したなども存在する。 6つのポートタイミングパラメータ この節のが望まれています。 IO Intake Port Open — 吸気ポート開放 — このタイミングからクランクケース内に混合気が吸入され始める。 シリンダー内はこの時 上昇行程(圧縮行程)を経て点火が行われている。 IC Intake Port Close — 吸気ポート閉鎖 — このタイミングでクランクケース内への混合気吸入が終了する。 シリンダー内は点火を経て 下降行程(膨張行程)が始まっており、ピストンの下降に併せてクランクケース内の混合気の 一次圧縮が行われる。 EO Exhaust Port Open — 排気ポート開放 — 下降(膨張)行程の中途にあるこのタイミングから排気ポートが開き、シリンダー内の排気がスタートする。 実際には下死点の手前(BBDC)から開き始め、膨張の圧力を利用して排気ガスを強制的に排出させる効果を利用する。 SO Scavenging Port Open — 掃気ポート開放 — 排気ポートの開放から少し遅れて掃気ポートが開放され、 掃気区間が始まる。 掃気ポートも下死点の手前(BBDC)から開き始め、クランクケース一次圧縮の圧力を利用して混合気をシリンダー内に押し込みつつ、排気ガスの追い出しも同時に行う。 SC Scavenging Port Close — 掃気ポート閉鎖 — このタイミングで掃気ポートからの混合気吸入が停止する。 下死点の少し後(ABDC)に閉鎖され、ピストンは既に上昇行程に転じているため、クランクケース側に若干の吹き戻しが発生する。 この時クランクケースから側に混合気が逆流しないように、吸気ポートにはやが設けられることが一般的である。 EC Exhaust Port Close — 排気ポート閉鎖 — このタイミングで排気ポートが閉じてシリンダー内の排気が終了する。 実際には下死点(排気上死点)の少し後(ABDC)で閉じるため、シリンダー内の混合気が若干内に流出してしまう。 しかしこの時、先にエキゾーストチャンバーに排出された排気ガスがチャンバー内部で応力波となって排気ポートまで戻ってくるため、 適切な排気ポートタイミングとチャンバー容量選択が行われたエンジンであれば、応力波によって流出した混合気は再びシリンダー内に押し戻され、充填効率が増す。 これはエンジンの回転数によって効果が変化するため、最大の充填効率が達成される回転域を俗に パワーバンドと呼び、この回転域に入ることを パイプインするともいう。 ポートタイミング例 この節のが望まれています。

次の