なん の やる気 も 起き ない。 やる気が出ない原因と、やる気を取り戻す方法

週末に何もやる気が起きない時の対策【週末の過ごし方】

なん の やる気 も 起き ない

なんだか健康番組のような書き出しになりましたが(笑) イライラしたりやる気が出なかったりする原因は様々あると思いますが、冒頭のチェックが多く当てはまる人には 外部からの情報を遮断してゆっくりすることをお勧めします。 なぜかというと、 情報の取り過ぎで頭が疲れているからです。 インターネットでは少し検索すれば、SNSを覗けば、無限に情報が得られます。 Aを調べていたはずなのに派生してBやCについての情報も得ていたり…という方は多いのではないでしょうか。 というか私がそうです(笑) 多くの情報を得られるというのは便利なことですね。 ニュースなんかは多くの意見が読めてより公平な判断ができることでしょう。 しかし、人ひとりの頭のキャパシティはそう大きなものではありません。 個人差あり 毎日多くの情報を入れていると、そのうち処理しきれなくなって疲れてしまうのです。 情報デトックスをしよう 私はいつも起床後すぐと夕食後にブログやTwitterを見ることが習慣となっていたのですが、このゴールデンウィークはブログを更新せずほとんどPCやスマホにも触らずに過ごしました。 読者登録しているブログもすごく読みたかったけど我慢! テレビも情報を発信しているニュースやワイドショー等は見ないようにしました。 ここ1ヶ月くらいイライラしたり何をやるのも億劫で、「なんでかなー」と思っていたんですよね。 好きなことするのも面倒だったりして。 でもこのGWが終わるころには頭の中がスッキリして「ブログを書くぞ!」と前のようにやる気が出てきたんです ただし記事の質には反映されない 生活する上で他に変えたところはなかったので「脳が疲れていたんだな」と。 デトックス中は何をしたらいいの? 情報デトックスは何をするのかというと、「 情報を仕入れようとしない」ということをします。 インターネットはしない。 テレビ、ラジオ等の情報番組は見ない。 これを数日続けます。 私の場合は6日間行いましたが、2〜3日くらいでも十分でしょう。 商品の比較をしたいからといって情報収集もしない。 とにかく頭を休ませます。 勉強やゲームはどうかな。 情報収集ツールではないものの頭を使うので、ひどく疲れている人は控えた方がいいと思います。 いつもより時間を減らすとか。 することがないのなら一体何をしたらいいの?ということになるんですが、まぁガッツリ頭を使うことをしなければ何でもいいです(笑) 1日くらいならボーーーッと過ごすのも良いと思います。 個人的には晴れた日に窓を全開にして寝転がるのがオススメ。 自分の場合は以前ブログに書いた「GWにやりたい事」をこなしていたのですが、大掃除など普段していないものが多かったので新しい刺激になりました。 期間中は眼を休めるために本や新聞なども読んでいなかったので、「文字を読まない」ということも休むために有効だったのかもしれません。 尚、デトックスが終わったらデトックス中に見なかった記事や番組は遡らないようにしましょう。 休んだ分だけ働かせてしまっては意味がありませんよ! 情報収集はほどほどに.

次の

「やる気が出ない…もしかしてうつ病?」そんな時の対処法

なん の やる気 も 起き ない

やる気が出ない原因とは? そもそも、なぜやる気が出ないのでしょうか? それは… ドーパミン 不足 ドーパミンとは、脳内の神経伝達物質。 「やる気」と「ワクワク」の源です。 ドーパミンがうまく放出されていないから…• やる気が出ない• ワクワクしない という現象が起こってしまう。 だったら、ドーパミンを増やしてあげればいい! 次に、ドーパミンを効果的に増やす2つの方法をご紹介します。 「やる気が出ない」2つの対処法 「ドーパミンを増やす方法」 というキーワードでネット検索すると… 『笑う』・ 『ときめく』などの方法が出てくると思います。 しかーし! 「どうしても、笑えない」 「全然、ときめかない」 だから、困っているんですよね。 これからご紹介する方法は… 「やる気が出ない」を 根本的に解決する方法でもあります。 なぜ「褒める」と伸びるのか? 褒められると… 脳内にドーパミンが放出され 「やる気が出てくる」からです。 なので、 ドーパミンを増やしたかったら 「人から褒められる」のが一番! なのですが… 残念ながら、大人になるとなかなか褒めてもらえません。 「最近、褒められた記憶がないなぁ」という人も少なくないはずです。 だったら、どうしたら良いのでしょうか? 自分で自分を褒めてあげればいいのです! 不思議なことに、 自分で自分を褒めていると 「やる気」が戻ってきます。 徐々に「やる気」が出てきて、早ければ数日で改善するはずです。 そのためには、とにかく たくさん自分を褒めること。 「残さず食べて偉い!」 「満員電車で毎日通勤。 オレって頑張ってるよなぁ~」 「毎朝子どものお弁当作り。 わたしって偉い!」 どんなに些細なことでもいいので、一日に10回も20回も自分を褒める。 褒める回数が多ければ多いほど「やる気の回復」も早くなります。 さらに、自分を褒めることの効果は「やる気の回復」だけではありません。 いわゆる自己暗示にかかり 「オレって立派だよなぁ」と思えるようになってくる。 つまり 「自分に自信が持てるようになる」のです。 早くて1週間、遅い人でも1ヶ月程度。 自分を褒めまくっていれば… 自分のことを好きになり 「等身大の自分」に自信が出てくる。 「自信」が出てくると、どうなるのか? これまた、 ドーパミンが出やすくなります! チャレンジ精神が出てきて、ワクワクするからです。 自分で自分を褒めていれば… ドーパミン不足に悩まされることがなくなり、「やる気が出ない」の根本的な解決につながるのです。 これは、 「蛇口をひねれば、水が出る」 のと同じことです。 しかし、水道局に水道を止められていたらどうでしょう? 水は出ませんよね。 ドーパミン水道局の役割をしているのが 運動です。 運動不足になると… ドーパミンをはじめ「心のバランス」に必要な神経伝達物質の分泌量が減少します。 そうなると、 どうあがいても「明るく」なれないし「自信」も持てないのです。 心のバランスを保つために必要な運動量は… 週4日、1日30分以上。 かなりハードルが高いのですが… これに近づけるよう、まずは 「運動習慣」を持つことが肝心。 おすすめは、ウォーキングや水泳です。 やる気が出ないのまとめ 「全然やる気が出ない」というときは…• 自分で自分を褒める• 運動 この2つを習慣にすることで、 徐々にやる気が出てくるし「再発防止」にもつながるはずです。 また、自分に 「自信」を持てるようになるので… チャレンジ精神が旺盛になり、顔つきもイキイキとしてきます。 つまり、 魅力的な人になれるのです。 「自分を褒める」ことに慣れていない人は、最初は違和感を感じるかもしれませんが、気にすることなく続けてみてくださいね。 それから… もしも、 「1ヵ月以上続けても変化がない」 というのであれば、 『心の病』の可能性があります。 精神科、神経科、心療内科、メンタルクリニックなどの病院で受診することをお勧めします。 ちなみに、いい病院選びのコツは 「ホッとする先生」。 診察室に入ったときに「ホッとする」ような先生が、あなたにとって一番いい先生です。

次の

【学生必見】勉強する気が起きないときに、無理なくやる気を出す方法|#タウンワークマガジン

なん の やる気 も 起き ない

1:何もやる気が起きないし、眠い…その原因とは? 誰だって、何もやる気が起きないとか、しないといけないことがあるのはわかっているけど眠いというような経験、あると思います。 はたして、その原因は何なのでしょうか。 (1)疲れている 当たり前の話ですが、疲れているときは何もやる気が起こりません。 何もやる気を起こさせないことで、頭や体を休ませようとさせているわけです。 ですので、自分が明らかに疲れているなと感じていたり、仕事や勉強のスケジュールがパンパンで忙しいと感じていたら、意識的に休むようにしましょう。 無理して、取り組んでもパフォーマンスは上がりません。 (2)うつ状態の可能性 疲れすぎた結果、眠いのに寝られないとか、食欲がないとか、ずっとイライラするという状態になってしまうことがあります。 いわゆる「うつ状態」です。 こういう場合は、たんに休むだけでは解決しないこともあるので、専門の病院に行く必要もあるでしょう。 (3)ルーティン化している 仕事も勉強も同じような作業が続くと、飽きますよね。 いわゆる「ルーティン化」「マンネリ化」してしまうわけですが、これもやる気を失わせてしまいます。 例えるなら、いくら好きでも一週間続けて夕食がカレーライスだったら、「もう食べたくない!」って思いますよね。 それと一緒です。 (4)やるべきことが多すぎる パソコンに、一度にたくさんの作業をさせようとすると、限界を超えてしまってフリーズしてしまいます。 人間だって同じです。 やらないといけないことが多くなると、もう何から手をつけていいのかわからず、フリーズしてしまうことがあります。 それが結果的に、何もやる気が起こらないということになってしまうんです。 (5)やりがいを感じられない 仕事は決してやりがいだけでするかしないかを決めるべきものではありません。 ですが、それでも自分がやって楽しい仕事を率先してやってしまいますよね。 反対に、自分の好きじゃない仕事は後回しにしてしまうこともあるでしょう。 やらないといけない仕事が、自分の好きじゃないことだったり、自分がやりがいを感じられていなかったりすると、何もする気が起こらないことにつながってしまうことがあります。 2:何もやる気が起きない休日…どう過ごす?3つ 個人的には、休日なんですから何もやる気が起こらないんだったら、ダラダラして何もしないというのもいいともいます、ですが、休日だって、洗濯や掃除などしないといけないことがあるでしょう。 そんな人は、どうすればいいのでしょうか。 (1)とにかくはじめる ダラダラっとでもいいので、とにかくはじめてみることが大事です。 仕事や勉強にもあてはまりますが、まずは机に座る、まずはパソコンを開くというところからでも大事な一歩なんです。 (2)疲れたら休む 眠たかったら寝てもいいでしょうし、テレビが気になるならテレビを見てもいいでしょう。 疲れたら、やらないといけないことからいったん手を止めて、休むようにしましょう。 性格的にやりはじめたら終わるまでしっかりやらないと気が済まないという人もいるでしょう。 ですが、それも自分を疲れさせてしまう原因です。 昼寝だって、していいんです。 むしろ最近の研究では、短時間の昼寝はパフォーマンスを向上させるといわれているくらいです。 (3)運動をする 運動というのは、体を動かすことですよね。 運動自体にストレスを改善させる効果もありますが、実際に体を動かすことが、やらないといけないことをするためのストレッチ的な働きをしてくれます。 30分くらいウォーキングやストレッチでもいいので、体を動かしてみましょう。 3:主婦ですが…何もやる気が起きないときの対処法 主婦(主夫)の人だって、やる気が起こらないときってありますよね。 そんなときの対処法は、基本的には休日にやる気が起こらないときと同じです。 すでにお伝えした3つ以外にも、紹介します。 (1)マルチタスクを避ける 主婦(主夫)の人だと、洗濯も掃除も料理の買い出しもしないといけないですよね。 つまり、「To DO リスト」の内容が多すぎて、つねにマルチタスク状態になっている状態。 よく女性はマルチタスクが得意で、男性は苦手といわれますが、最近の研究では、そこに男女差はないと言われています。 また、マルチタスクによって結果的にはパフォーマンスが下がるともいわれています。 やらないといけない仕事は多いでしょうが、まずは優先順位を決めてひとつずつやるようにしましょう。 (2)達成率を80%にする 何事もちゃんとやらないと気が済まないという性格の人は少なくないでしょう。 ですが、完璧を求めると、必ず心身ともに疲れてしまいます。 よく部屋の掃除だって、すべての部屋を毎日掃除するのではなく、ひとつずつ日替わりで掃除をしたらいいっていいますが、完璧を追求するのをやめましょう。 8割くらいしかしなくても、家族はみんな感謝するはずです。 (3)自分の楽しみの時間も作る やらないといけないことが多いと、どうしても自分のことが後回しになってしまいますが、自分の時間もしっかり確保しましょう。 そしてその時間は、めいっぱい好きなことに取り組みましょう。 それが、ストレスをためない方法ですし、疲れをためない方法でもあるのですから。 4:何もやる気が起きないのはうつ?無気力症候群とは 冒頭で、疲れすぎた結果うつ状態になってしまい、やる気が起こらないこともあるという話をしました。 専門的には、意欲が低下したり、自発性が低下したり、感情の起伏が小さくなったり、周囲に無関心になったりするような無気力な状態のことを「無気力症」「無気力症候群」「アパシー・シンドローム」とよんでいます。 いわゆる「五月病」も、これに当てはまるとされています。 そして、強いストレスから心を守るための逃避行動として、やる気が起こらないことが原因だという説が有力です。 もしも自分や周囲の人がこの状態に該当すると思ったら、専門家に相談したほうがいいでしょう。 5:何もやる気が起きないを英語でいうと? 外国の人に「週末遊びにいかない?」と誘われたとき、とても疲れていたとしtら「今日は何もやる気が起きないんだよね」なんていってお断りするようなシチュエーションがあるかもしれません。 」とか、「I wanna have a lazy. 」と表現したりします。 6:まとめ いかがでしたでしょうか。 やる気が起こらないのには、それなりの理由があります。 しっかり休んで、それでもまったくやる気が戻ってこないようであれば、必要に応じて専門家に相談してくださいね。 この記事を書いたライター 平松隆円 R. Hiramatsu 大学教員。 化粧研究で博士(教育学)の学位を取得。 専門は化粧心理学や化粧文化論。 大学では魅力をテーマに恋愛心理学も担当。

次の