ワード アンカー 削除。 アンカーマークについて【Word】

アンカーマークについて【Word】

ワード アンカー 削除

図のレイアウト 図を任意の場所に貼ったりドラッグで移動してきたりすると、 図は「行内」扱いで貼り付けられるため、 例えば下図のように、 行の幅が写真の大きさ分だけ大きくなってしまいます。 そんな時は、レイアウト「文字列の折り返し」で、 図と文章の関係性を設定すると、 図を思い通りの位置に配置できます。 図を選択した状態で、[図形ツール]タブの「配置」エリアにある [文字列の折り返し]をクリックしてください。 「文字列の折り返し」リストが表示されます。 この「文字列の折り返し 」リストの 各設定について説明します。 図の形に関係なく、四角く文字列が折り返されます。 図の挿入によるテキスト自体の移動は起こりません。 図と重なった後ろのテキストは読めなくなります。 「背面」と同様、図の挿入によるテキスト自体の移動は起こりません。 こちらの「外周」と次に説明する「内部」では、 折り返し点を表示して、 文字列と図の間の空間を手動で調整することができます。 図を選択した後、[図ツール]の[書式]タブにある [文字列の折り返し]をクリックして、 リストから[折り返し点の編集]をクリック。 図の周りに折り返し点が表示されるので、 黒い点をドラッグして、 図から近づけたり遠ざけたり自由に設定できます。 なお、前出の「外周」ではテキストを入れることができません。 多くの図では、「外周」と「内部」に違いは見られません。 「内部」は入り組んだ画像のスペースにも テキストを流したいときに使う特殊な折り返しだと言えます。 「行内」では、図はまるで一つの文字のように扱われます。 文字と同じ状態なので、「中央揃え」などの配置も可能となります。 図が入った行の幅が極端に大きくなってしまうため、 論文制作等においては、 あまり文字列の折り返しを「行内」にしないと思います。 たとえばワードアートで作ったタイトルなどは、 中央や左、右など配置のアレンジが簡単にできるため、 「行内」にすると便利な時もあります。 アンカーの使い方 アンカーとは Wordでは、改行すると同時に図が一緒に移動してしまう、 文字を削除したら図も消えてしまった、 などの悲劇が間々あります。 それを防ぐには、事前に「アンカー」を設定する必要があります。 Wordでは、図は段落に結び付けられています。 どの段落に結び付けられているのかを表すマークが「アンカー」です。 図を選択すると、結びつけられている段落の左余白等に、 錨マークのアンカーが表示されます。 図の移動によるアンカーの移動 Wordの既定 により 、 図は最も近い段落に結び付けられることになっており、 図を移動すると、図は移動した先の段落に結び付けられるため、 アンカーも次の段落に移動します。 下図では、オレンジ色テキストの段落に結び付けられていた図が、 緑色テキストの段落に移動することにより、 アンカーが移動しています。 図は、緑色テキストの段落に結び付けられていることを示しています。 アンカー移動で防ぐ図の消去 例えば、上記の例にある緑色のテキスト部分を削除すると、 図は消えてしまいます。 図を消えないようにするには、 テキストを削除する前に、 結び付ける段落を変更する =アンカーを移動する必要があります。 アンカーを目的の段落までマウスでドラッグすると、 アンカーは移動します。 アンカーを移動後、 緑色テキストの段落を削除しても、 図は消えずに残ります。 結び付ける段落の固定方法 図を移動すると結び付けられる段落も移動します。 図を移動しても結び付けられる段落を変更したくない場合は、 図を選択し、アンカーが結び付けたい段落横にあることを確認し、 マウス右ボタンをクリック。 メニューリストから、[その他のレイアウトオプション]をクリック。 [レイアウト]ダイアログボックスの下部にある [アンカーを段落に固定する]にチェックを入れ、 [OK]ボタンをクリックしてください。 図をオレンジ色テキストの段落に移動しても、 アンカーは緑色テキストの段落にあり、 図が結び付けられている段落は変わっていないことがわかります。 アンカーは鍵マークが付与されているものに変わり、 段落に固定されていることを表しています。 見出しにアンカーを固定する 図をページ上の定位置に固定しておきたい場合は、 あまり削除や移動がおこらない段落に アンカーを固定するのがいいと思います。 論文作成時などでは、「見出し」などにアンカーを固定する と 、 図の移動や削除に困ることは少なくなります。 人気の記事• 今回は「数式機能」をとりあげます。 Word 文書に、[数式]ツールバーを使用して 数... 2017年6月7日 に投稿された カテゴリ: ,• こちらのページでは、 Microsoft Office 2010版 「ITスキル」Word... 2017年3月16日 に投稿された カテゴリ: ,• Part2では、「図のレイアウト」と「アンカーの使い方」について取り上げます。 文章内での... 2017年5月23日 に投稿された カテゴリ: ,• 4回にわたって説明してきた図の設定についての説明は今回が最後です。 図Pa... 2017年6月2日 に投稿された カテゴリ: ,• 社会人学生として、例えば通信制の大学や、 科目履修生などで学んでいる場合でも、 「学割(学生割引)」がきく... 2017年7月11日 に投稿された.

次の

アンカー(錨マーク)について:Word(ワード)2010基本講座

ワード アンカー 削除

アンカー 錨マーク について:Word ワード 2010基本講座• アンカー 錨マーク について スポンサードリンク• 下図はアンカーを表示している状態です。 常に表示する• [表示]を選択して、常に表示する編集記号で「アンカー記号」にチェックを入れます。 [編集記号の表示]をオンにした時だけ表示する• 上記の「アンカー記号」のチェックを外します。 [ホーム]タブの[段落]グループにある[編集記号の表示]をクリックしてオンにします。 図や図形を選択するとアンカーが表示されます。 アンカーが表示されない? 上記の設定や操作をしてもアンカーが表示されない?・・・・といった状態があります。 図や図形の 文字列の折り返しが「行内」に設定されていると、アンカー記号は表示されません。 図や図形をどこに配置するのかの情報はアンカーの位置と関連付けられています。 アンカーが設置してある段落を削除すると、段落と一緒に図や図形も削除されます。 アンカーの設置してある段落を選択すると、図なども一緒に選択されますので、削除時には一緒に削除されます。 挿入している図のアンカーは1つ目の段落にあります。 1つ目の段落を選択します。 (トリプルクリックで段落を選択します。 ) 図も一緒に選択されています。 2つ目の段落を選択します。 図は選択されていません。 (アンカーがこの段落に設定されていないから)• 図や図形を移動すると移動先の近くの段落にアンカーが移動します。 このようなアンカーの移動をしないように固定することができます。 図や画像の場合• 図や画像を選択します。 図ツール リボンの[書式]タブを選択します。 [位置]タブを選択して、オプションの「アンカーを段落に固定する」にチェックを入れます。 鍵の印が付いたアンカー記号に変わります。 図形の場合• 図形を選択します。 描画ツール リボンの[書式]タブを選択します。 [位置]タブを選択して、オプションの「アンカーを段落に固定する」にチェックを入れます。 鍵の印が付いたアンカー記号に変わります。 図や図形の位置を固定したいときには、上記の「アンカーを段落に固定する」にチェックを入れ、「文字列と一緒に移動する」のチェックを外します。 固定した段落の前に文字を追加しても、前の文字列を削除しても図や図形は固定された状態で動きません。 固定した段落の前に文字列を追加します。 図や図形の位置を固定する方法です。 固定といっても図や図形を選択してドラグすると移動することができます。 文字列や段落と一緒に動かさなくするといった固定方法です。 図や図形を選択します。 [位置]タブを選択します。 「アンカーを段落に固定する」にチェックを外します。 「文字列と一緒に移動する」のチェックを外します。 水平方向で右方向の距離の基準を「ページ」にしました。 垂直方向で下方向の距離の基準を[ページ」にしました。 なお、基準は[ページ]以外にも「余白」にすることもできます。 右方向の距離が「50mm」になっているのが分かります。 下図はインデントを使って図の位置を調べたものです。 説明のために、画面上に図の位置をmm単位で表すために利用したもので、本来の使い方ではありません。 スポンサードリンク |||アンカー 錨マーク について.

次の

アンカー(錨マーク)について:Word(ワード)2010基本講座

ワード アンカー 削除

アンカーを段落に固定した状態で画像を移動させる場合、1ページ内であれば移動できますが、他のページには移動できません。 画像をページ間で自由に移動させたい場合は、アンカーの固定を外す必要があります。 そのため、「文字列の折り返し」を「行内」以外にしている場合は解除することはできません。 アンカーマークを非表示にしたい 1. 「 ファイル」タブをクリックし、左側のメニューから「 オプション」を選択します。 [Wordのオプション]画面が開きます。 左の一覧から「 表示」をクリックします。 右の画面に表示方法などの設定が表示されます。 常にアンカー記号を表示するには、 [常に画面に表示する編集記号]の「 アンカー記号」にチェックを付けます。 表示しない場合はチェックをはずします。 画面右下の「 OK」ボタンをクリックし非表示の設定は完了です。

次の